無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧
古希 再び
c0145198_18464945.jpg



今年の3月に叔父さんの古希を祝う会をやったが、叔母さんも古希を迎え
同じく有馬温泉に親戚があつまりお祝いをした。

叔父さんは母の弟なので、母は2014年にすでに70歳になっている。
ちょうど正月休みを利用して家族でハワイに行っているときに70歳を迎えた母。
古希なる祝いをやるという事を知らなかったが、まぁ、異国の地で息子夫婦や孫に
囲まれて十分楽しかったと思う。

問題は父だ。
父も1945年生まれなので既に古希を超えている。
しかし2015年の70歳の誕生日の日には何んの祝いも出来なかった。
叔父さん夫婦が先に古希をやっていたなら思いついただろうが、もう仕方がない。

それにしても今の70歳の若さと言えば驚く。
自分の子供時代の70歳は完全な老人であったが、おばちゃんは到底70歳に見えない若さだ。
というか、生まれた時から知っているおばちゃんは30年前からほとんど歳を取っていない。
果たして、40代の自分たちが古希を迎えた時は若々しくいられるだろうか。
それより、まず頑張って生きていかなくてはいけないのだ。
by eos1d3 | 2017-07-24 18:54 | 徒然に | Comments(0)
最後は人の力
c0145198_19135642.jpg



どんなに最新の設備や秘術を駆使しても、最後の最後は人の力が必要である。
昨今の日本ではそんな当たり前のことが軽んじられているような気がしてなりません。
例えば、物流の問題。運送会社の大手であるヤマトの人手不足が問題となったニュースが
広まったのは、昨年末くらいからだろうか。
大手通販会社がどんなに素晴らしいシステムを作り上げても、どんなに素晴らしいアプリケーション
を作り上げ、ボタン一つワンクリックで買い物が出来たとしても、最後に運んでくるのは「人」である。

その部分を直視しないでどんどん送料単価を下げて値切るものだから、その「人」の部分が
土台から崩れてゆく。ヤマトが手を引いたアマゾンは今、デリバリープロバイダーという
運送会社数社が実際に商品を運んでいると言う。その数も膨大なもので、なかなか時間ないに
運びきることが出来ない。うちに運んでくる宅配便の人は皆疲れ切っているように思う。

建築の職人も然り。
どんなに素晴らしうCADシステムで設計したとしても、それを工場で組み立てて、
簡素化したものを現場で組み立てれますと言っても、最後の最後に高所に上がって結合するのは
「人」であることに違いない。真夏の熱中症と隣り合わせの中、あるいは真冬の手がかじかんで
動かない極寒の中、「人」によってボルトは締められ、釘は打たれ、ネジは止められる。

そんな、「人」の力の部分でさえ値切ってくるので、もはやもうそこには人はいない。
私たちが出来ることは、そんな「人」の力を信じ、適切な価値を計算しそれに対価を支払う事。
この国を支える人間の力を、もう一度昔のように立て直さないと、何事も停滞して、
回らなくなるだろう。
by eos1d3 | 2017-07-23 19:29 | 徒然に | Comments(0)
ゆうパケット等 厚み測定器
c0145198_1824052.jpg
c0145198_18241924.jpg



最近、メルカリで色々売りさばくのに匿名発送できる「らくらくメルカリ便」や
「ゆうゆうメルカリ便」を多用している。
これらの方法で送ると、とにかく相手の宛名やこちらの住所も何も書く必要が
ないからである。ただただQRコードから伝票を出すだけで送料も売れた金額から
差し引きなので本当に楽な方法である。

しかも、ゆうゆうメルカリ便ではA4で3cmまでの1kg以内であれば、
メルカリが差額を支払いこちらは175円で全国に送れる。

さて、その中で荷物の厚みを測ることは結構な事項である。
そこで、こんな商品を見つけ購入!!
これで、厚みを測って3cm以内にして「ゆうゆうメルカリ便」で送れるぞ!!
by eos1d3 | 2017-07-22 18:00 | 徒然に | Comments(0)
SONY MDR-1A用 2.5mmバランスケーブル 購入
またまたMDR-1AをONKYOやpioneerのDAPで使えるバランスケーブルを購入しました。
意外に近くのお店で売っていまして、隠れた名店かもしれません。

【SONY MDR-1A用 2.5mmバランスケーブル】HWV-25BL-M1 

c0145198_13475770.jpg
c0145198_13481396.jpg


金額も抑えめですが、実にしっかりとした音作りで、
MDR-1AにはpioneerのDAP(XDP-30R等)ようのバランスケーブルが付いていないので
これは最高の選択だと思います。
by eos1d3 | 2017-07-21 13:50 | 徒然に | Comments(0)
梅雨明け
c0145198_1818462.jpg



昨日近畿地方も梅雨が明けたらしい。
それにしても、ここ最近の梅雨は今までの梅雨とは違う。
まるで、集中豪雨のように一気に降り、一気にやむ。
昔のように、梅雨の長雨と言ったような何日も降り続く雨の日はない。

たくさん降っているように思うが、このような集中的な豪雨は、常にこれからの
水不足をもたらす。

さて、梅雨も明けて今後もゲリラ豪雨の危険に悩まされるだろう。
熱中症は然り、この大雨と雷にも十分気を付けて苦しい夏の暑さを乗り切ろう!
by eos1d3 | 2017-07-20 18:00 | 徒然に | Comments(0)
YAMAHA LL-100D Jacaranda
先日、何度かギターを購入している梅田の三木楽器にギターを見に行った。
ここはナンバにないレアなアコースティックギターが多く販売されているし、
Martinの在庫の多さは特筆すべきものがある。
この日も、ヘリンボーンの実物1943年のD28も698万円で売られていた。

しかし、私にとって驚いたのはやはりYAMAHAのLL100Dである。
中学生の時からYAMAHAのギターを使っていて、当時のフォークの世界では
名だたるアーティストがヤマハを使っていたからだ。
私の大好きだった長渕剛もL53やCWE58を使っていたので、YAMAHAの
カスタムは常に憧れの対象であった。

1987年、ヤマハは100周年を迎え、LL-100Dを限定20本で発売した。
同じ年にエレアコがCWEから今に続くAPXに変わりその最初のロット(APX-10S)を
購入したのでよく覚えているのだ。

元々、LLには最高峰の55Dがあり、金額は55Dが55万円という感じだったので、
100Dは100万円かと思ったら、150万円という絶望的な金額であったと記憶してる。
30年前に高校生にとって150万円は、どれほどの金額だったか??
今なら1000万円?もっとかもしれない。実物を見たこともなかったし20本しかないし
おいそれと展示できるほどでもないからだ。

その頃のカタログを今でも置いてあった。
c0145198_19365676.jpg
c0145198_1937732.jpg


メキシコアワビ貝が嫌味なほどにおごられており、バブル前夜の日本を象徴する派手さである。
とにかく、バックが2枚のハカランダというのがすごい!L51以来かもしれない!
LL53もLL55も3枚板のハカランダであるが、LL100Dは2枚であった。

さて、その実物を30年を経た現在に目の当たりにするとは思わなかった。
これは三木楽器のサイトからである。
c0145198_19421122.jpg
c0145198_19422124.jpg
c0145198_19423167.jpg
c0145198_19424436.jpg


実際に見ないと美しさはわからないが、これは当時ヤマハが行っていた、
ハンドメイド(特注)を全部合わせたような仕様になっている。
ハンドメイドを全部注文するとおそらくこの100Dのようにすることはできる。
つい最近まで、ハンドメイド受注していたヤハマは最近は中断しているようである。

サイドにもMartin D45のようにアバロンが入っている。
特注でエレアコ仕様にもなっている。
まぁ、ヤマハではこれ以上は出来ない仕様である。

あ~あ、弾いてみたかったなぁ~~。
by eos1d3 | 2017-07-19 18:00 | 徒然に | Comments(0)
初熟成肉
c0145198_1993920.jpg


昨日は今流行っている熟成肉というものを食べてきました。
ようは、少し寝かせて肉のうまみを20割増しで出したものらしいが
夫婦で2種類の肉を食べて、確かにうまみがあるように感じた。

若い時はたくさん食べれたが、年を取るにつれていっぱいは食べれなく
なってきた。おいしいものを少しいただく。そんな今日この頃です。
by eos1d3 | 2017-07-18 18:00 | 徒然に | Comments(0)
SONY MDR-1A 購入
c0145198_17531299.jpg
c0145198_17533399.jpg

c0145198_17533777.jpg


昨日、梅田のヨドバシに行くとタイムセールか何かでMDR-1Aが22000円で売っていました。
ポイントもたくさんあったので、購入してしまいました。
家に帰って、早速、XDP-30Rに繋いでみると純正のコードではPioneer SE-MHR5には
到底及ばない音質でした。これは、よく言われている純正の付属コードは音自体が
籠りがちというものである。そこで、ついにこの時のために温めていた、元々の
G&V 2.5mm 4極 SONY MDR-1A対応バランス線でつなぐと、もう完全にかわりました。
低音も籠ることなく、くっきり出ています。

c0145198_17534070.jpg


やはり、ケーブルは本来の使い方をするのが一番ですね!
by eos1d3 | 2017-07-17 18:00 | 徒然に | Comments(0)
OMTP-CTIA 変換プラグでMDR-1Aコードが使える
c0145198_18335783.jpg


先日の自分で書いたプラグの構成図を見ていて、pioneer系(上側)とsony系の(下側)の
バランスケーブルは上から3極目と4極目を入れ替えたら使えることが分かった。
そのまま使うと普通のモノラル線に成り下がってしまうコードが3極目と4極目を
入れ替えるだけでOKと思うと、変換プラグを探したくなるのが人情だ。
すぐさまAmazonを見ると1000円で該当のプラグを発見!!
c0145198_1837566.jpg
c0145198_18381552.jpg


OMTP-CTIA変換プラグです。
ようするに4極プラグの上から3極目と4極目を入れ替えるプラグです。
そもそもは、4極プラグを採用しているiPhoneのリモコンイヤホン等をアンドロイド系の
リモコンコードに変換するプラグですが、理論的には同じなので購入してみたのだ。

c0145198_18403758.jpg


さて、さっそく、接続するのであるが、一筋縄ではいかない。
変換プラグが太いのでPIONEER SE-CH5BL-Kには入らないので、さらに挿入部が細い
延長プラグを使う事になる。それは、まるでブッシュマンの言葉をスワヒリ語に訳し
スワヒリ語をエジプト語に訳しエジプト語を英語に訳して日本語にするような、
あのブッシュマンの通訳と同じような困難さを感じるのである。

c0145198_18435863.jpg
c0145198_18441130.jpg


そして、恐る恐る聞いてみると、間違いなくステレオで聞こえているし、理論上は
PIONEER SE-CH5BL-K付属の純正バランスケーブルと同じ配列なのだから、バランス接続
されているに決まっていると断言してもよい。

純正ケーブルと、私のブッシュマンの変換したG&V 2.5mm 4極 SONY MDR-1A対応
バランスケーブルを聞き比べてもほぼ互角の内容なので、これでこの件は完結したとしよう。

ちなみに、一番きれいに聞こえるのは、やはり一番安い純正のSE-CH9T-Kであることを
ここで書き留めておこう。
c0145198_18472211.jpg


それはまさに、「変な訳のわからんことすんねやったら、最初から純正使っとかんかい」と
言われているかのようであった。
by eos1d3 | 2017-07-16 18:00 | 徒然に | Comments(0)
CSR の反動
c0145198_182919100.jpg


CSRとは企業がそこに存在し地域と接するがゆえに発生する色々な事案に
責任を持ち対処し、また地域に対して何らかの形で寄り添い貢献するというようなことです。

最近、地元の防犯協会の会員数が減っていると聞きました。
防犯協会とはおそらくどこの自治体でも存在し、所轄の警察署の防犯係や、
役所の安全安心関係部署と連携し地域の防犯に寄与している団体であると認識しているだろう。
実際に、年会費を払ってそこに加盟する企業は、協会の防犯行事に対していくらかは協力し
犯罪を減らしたいと思っているに違いない。

しかし、最近はそうではないらしい。
そういったCSRを熱心に進めたい企業は数限りがあって、多くの企業はそこまで考えてないらしい。
当然、協会費を払って、行事に自らの社員を自費で参加させるには、それ相当のメリットがないと
いけないと考える。
当然、見返りを求めるのであれば、なかなか出来ないことがボランティア活動である。
そういった、活動は短期間で報われるのではなく、長い時間をかけて企業の信頼につながり
それが大きなメリットになるとは考えられないだろうか。

非常に難しい話であるが、今後の日本のボランティア活動を考えるうえで、個人としても
企業としてもこのメリットの問題は大きくのしかかってくると思う。
by eos1d3 | 2017-07-15 18:00 | 徒然に | Comments(0)