無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
DYMO DM1595 ラベルメーカー
c0145198_19442963.jpg



やっぱりミニと言えばこれでしょう。
凹凸の出来るタイプのラベルメーカーです。
本当はずっと昔の子供の頃に持っていたのですが、
10年間に4回の引っ越しがあったので、その間になくなってしまいました。

c0145198_1947579.jpg



モンテカルロラリーを制したBMCのワークスクーパーにはこの凹凸のラベルが貼ってあります。
楽天やアマゾンで調べるとたくさんの種類が売っていますが、昔持っていた、ひらがな、カタカナ
ともに打てるタイプにしました。

c0145198_19485364.jpg

c0145198_194972.jpg


これで、何を打つか??
今から考えます!!
by eos1d3 | 2017-11-30 19:49 | 徒然に | Comments(0)
揺れる大相撲
最近になって大相撲の横綱が平幕を殴った殴らないの話題でTVがにぎわっている。
朝から晩までメディアもそれを追いかけ、ニュースキャスターは面白おかしく
それをボードで説明して視聴率を稼ごうとしている。

元々相撲は神事として始まり江戸時代には寺院の建造費にあてる興行として開催されていたようだ。
もちろん、今でも巡業として各地を回り興行しているのは間違いないが・・・。

そもそもの始まりは五穀豊穣を祈って地域の力自慢が宮中に集まり、展覧試合にて
その力を競いあり豊作を願い神に捧げた紛れもない神事なのである。
このことに、何ら異論はないが、昭和39年に高見山を最初の外国人力士として認めたところから
少しずつ少しずつ日本人伝統の祭事である相撲が横道にそれていったように思う。

c0145198_18435958.jpg



相撲の中には日本人だからこそわかる、色々な文化が込められている。
大きく勝ち越した力士が7勝7敗の幕尻の力士に負けてやる人情相撲もそうである。
それを見て誰も八百長とは言わなかった。

体重別でない相撲の世界は体の大きな外国人はある意味有利である。
今では、上位を外国人力士が占めていることからそれが論より証拠だと思う。

さて、そうなると日本人が2000年近く守ってきた相撲の大元が狂ってくる。
横綱の在り方も然りである。この部分の存在意味が変われば、末端までの考えが変わっていく。

いろんな意味で、大相撲は岐路に立たされていると感じられずにはいられない。
by eos1d3 | 2017-11-29 18:50 | 徒然に | Comments(2)
小春日和
c0145198_18172942.jpg


最近とても寒い日が続いていましたが、今日はひと時の暖かい小春日和でした。
若いころは暑い方が得意で、寒い方が苦手でした。
ところが、歳をとってしかも昨今の厳しい暑さの夏の日を経験し、夏が嫌になってきました。
しかし、そういってもやはりあまりに寒い最高気温10度にも満たない日は体に堪えます。

世界的な温暖化と聞けば、冬の暖かいのは地球の異変と思い少々気分がよくないが、
やはい今日のような暖かい冬の日はほっとするのであった。
by eos1d3 | 2017-11-28 18:25 | 徒然に | Comments(0)
第5回 全国私学男子ソフトボール大会近畿予選会 その2
昨日は先週に続き表題の予選会がありました。
先週は各ブロックの1位が全国大会に出場決定し、今週は負けた各ブロックの
6校がリーグ戦にて戦い、そのうちの優秀校1校が全国大会に行けるというものでした。
トーナメント形式の他の公式戦と違い5回目ではありますが、この全国私学大会は
本予選ともにリーグ戦で行われ、たくさんの試合が出来るのでマイナーなクラブである
高校男子ソフトの子供たちには最高の大会であると思った。


c0145198_18105596.jpg


敗者復活の1試合目は大阪の強豪校、大阪産大付属高校です。
試合は息子が先頭打者ランニングホームランを放ち優位に進みました。

c0145198_18122819.jpg

c0145198_1812366.jpg


その後一進一退のコウゲームでしたが、何とか2-1で競り勝ちました。
強豪校に勝ったことで自信につながったと思います。
c0145198_18142655.jpg

c0145198_18143815.jpg


c0145198_1815226.jpg



続く第2試合めは今年1回勝っている関西大倉高校です。
試合は優位に進み14-2で勝ちました。
c0145198_18165955.jpg



最終回は息子が投手としてリリーフしました。
c0145198_18173679.jpg



これで、Eブロックの1位となりDブロックの1位である滝川高校と代表を掛けて勝負ですが、
さすが全国的に強豪校と言われているだけあって手も足も出ずに1-8のコールド負けでした。

c0145198_18195431.jpg

c0145198_1820387.jpg



近畿枠で代表となった4校は来年3月に大阪府堺市で行われる全国大会に出場します。
全国優勝を目指して健闘をお祈りいたします。
by eos1d3 | 2017-11-27 18:23 | 徒然に | Comments(0)
ギターのリペアーも始まりました
先日ここにも書いたとおり、自分の持っているMartin D-45(1971)のリペアーを
出したのですが、着々と作業が進められているようです。

c0145198_22303622.jpg
まずは、フレット交換からのようです。
このギターおそらく、前のオーナーがネックをリセットしていますが、
そのときにリフレットしたっきりフレットは換えてないと思うのです。
ネック状態を調整するためにフレットを整えて、ナットを作成し長く弾いても
疲れないギターに仕上げてもらいます。

c0145198_22333924.jpg
この後、エボニー(黒檀)の指板を磨いてフレットを打ち込みました。
ここから、フレットの頭を揃える作業に入るのかな?といった感じです。

さて、この後続く作業も楽しみですね!!



by eos1d3 | 2017-11-26 22:38 | 徒然に | Comments(2)
オーバーホール 仕上がり
10月28日に送った新婚旅行で買ったオメガの時計ですが、
1か月経って帰ってきました。

今回は大阪市北区にあるシエンさんに頼みました。
実はいつも時計の修理をお願いしている近所の時計店が、どうしても
クロノグラフだけは分解掃除したくないと言いまして困っておりました。
何しろ、この針が3つ余計についている分、OHは難しく割高です。
今後、クロノグラフを買う人はその点考慮してください。


さて、梱包キットを注文するとすぐに箱が送ってきてそれに時計を入れて送れば
見積もりが来ます。私の場合は、

c0145198_12552410.jpg


と結構なほったらかし状態だったので想定内の金額でした。

10月28日に時計を送り11月1日には見積もりが送ってきましたので迅速です。
そしてOKなら銀行から振り込んで作業開始です。
約3~4週間かかり、本日送ってきたわけです。


c0145198_18445250.jpg

c0145198_1845486.jpg



革バンドに交換しているのでピカピカ仕上げにはしませんでしたが、それでも
ケースは磨いてくれています。交換した部品も入っています。
1年保証付きとの事で、これでまたこの時計を付けることが出来そうです。
by eos1d3 | 2017-11-25 18:46 | 徒然に | Comments(0)
神戸市立 森林植物園 その2
c0145198_18423659.jpg

c0145198_18424994.jpg

c0145198_18431030.jpg

c0145198_18435183.jpg

c0145198_1844847.jpg

c0145198_18441362.jpg



昨日の続きです。
大阪市と違って神戸市には森林部分が多く本当にうらやましい。
市民の憩いの場でこんなに気持ちのいい所は大阪市にはないなぁ~。

それにしても、目で見たのと同じような感じで撮影し現像するのはほぼ不可能である。
どんなに高価な機材を使って撮影しても人間の目には全く敵わないのが面白いところだ。
by eos1d3 | 2017-11-24 18:47 | 徒然に | Comments(0)
神戸市立 森林植物園 その1
c0145198_1811242.jpg

c0145198_1813146.jpg

c0145198_18155321.jpg

c0145198_18162757.jpg

c0145198_18165230.jpg




今日は紅葉を見に神戸の方へ。
早朝7:30に息子がソフトボールの関係で舞洲に行くと言うので、送迎し
そのまま湾岸線で神戸へ!森林植物園は秋を越えてもう冬支度でした!!

つくづく日本には四季があってよかったと思う。
四季の移ろいを感じながら、また1つ歳を取るのである。
by eos1d3 | 2017-11-23 18:19 | 徒然に | Comments(0)
BRITISH LEYLAND MINI COOPER S MkIII 4
c0145198_1825851.jpg



ミニと言えばミニスカートを思い出すかもしれませんが、私であれば英国の自動車
「ミニ」を思い浮かべます。そして、このミニはあまりに有名で誰もが1回は見たことが
あるオーソドックスな外車であると認識している。
この小さなミニも2000年頃には約40年の歴史に終わりを告げて新型のBMWミニに移行するのである。
なので、今は知っている旧ミニは新しくても15~6年は経っている古い車となる。

さて、ミニ=ミニクーパーと思っている人が多く、写真の本にあるミニをみても、
これはミニクーパーと答える人が多いと思う。
しかし、実はミニとミニクーパーは一緒ではない。スカイラインとスカイラインGTRが
一緒でないのと同じである。

1950年頃に起こった中東不和によりオイルショックの波を受けたヨーロッパ諸国は
小型車の開発に力を入れた。英国も例外ではなくアレック・イシゴニスが今までにあった
A型エンジンを使ってオトナ4人が乗れる小型車を作ったのである。

1959年にミニはモーリスミニマイナーとオースティンセブンという名前で売り出された。
元々850ccのミニの面白さに目を付けたのが、当時のF1チャンピンコントラクターの
ジョンクーパであった。そして彼がチューニングしたたミニが、名前からミニクーパーと
言うのであった。その後、ミニクーパーはモンテカルロラリーで優勝したり、レースで
優勝する事も多く、3種類のエンジンで1971年まで作られたのである。

その最終形がまさに私が買おうとしているBRITISH LEYLAND MINI COOPER S MkIII である。
ジョンクーパーチューンの1275ccのクーパーSエンジン搭載の最後のモデルである。
Mk-1,Mk-2で48500台ほど作られたクーパーはMk-3では1570台しか作られず、
日本に入ってきたのも正規、平行と入れても100台ほどだと言うのである。
現存する、Mk-3クーパーはおそらく40台ほどでその内にディーラー車は半分くらいでは
ないだろうか??

その後、1972年以降もミニは作られたが、次にクーパーと名前が付くミニがラインナップ
されたのが1990年前後であった。ただ、このクーパーはマニアの中ではジョンクーパーが
チューンナップした1971年までのクーパーとは分けられて考えられている。
私も、1992年のミニクーパー1.3iに乗っていたが、本物のクーパーではなく、レプリカだと
認識して乗っていた。それと、1972年以降もMk-4,Mk-5とマイナーチェンジごとに
進化していくようなネーミングをしているが、これもマニアの間ではMk-3で終わりと言われている。

私にとって、最後のクーパーSのMk-3クーパーは格別のミニで、触るのも恐れ多い逸品なのである。
by eos1d3 | 2017-11-22 18:42 | 徒然に | Comments(0)
ヒガサカメラサービス センサー掃除
c0145198_16282765.jpg


ソフトボールの写真を撮る前に飛行機の写真を撮ったが、NDを持ってなかったので
最大に絞って撮ると、なんとセンサーについたゴミがたくさん写り込むことか!!
そら、昨年6月に購入後1年前に1回だけセンサー掃除してもらっただけで、
レンズ交換の頻度も高いしゴミつくのは仕方ない。
そこで、さっそくセルフクリーニングしてみたが、同じフルサイズでも5D2と
1DX2のセンサーの掃除しにくさは全く違った。それと、センサーのコーティングも
違う感じがして、やればやるほどドツボにはまっていく感じ。

しかし、キヤノンは合理化で今まであったサービスセンターを中之島、梅田を統合して
新しく朝日新聞社の社屋に移したし、1080円で即日センサー掃除もなくなったしで
あんしんパックのような3600円ほどのサービスを受けないとセンサー掃除してもら
えなくっている。

次の日曜日には撮影があるし、WEBで探すと、そのすぐ近くにヒガサカメラサービスという
民間の会社があり、「ヒガサカメラサービスはCanon製のカメラやレンズの修理を行う代行店です。
Canonより認められた技術者がカメラの修理点検を致します。カメラの不具合は
ヒガサカメラサービスにお任せください.」と堂々と書いてあります。

しかも、センサー掃除のみ1080円と書いてあったので電話してみると1DX2でもOKで、
今日は混んでるから2時間ほどかかるけど即日OKですという事だったので、持って行った。

c0145198_163845100.jpg



待つ事2時間、ようやく出来たが、さすがに私がひっ散らかしたセンサー面には
ゴミやケバがありすぎて往生したらしい。「内部にゴミ、ケバがたくさんあります。
出来る限り掃除しましたが過ぎに出る可能性があることを承知してください」とあった。

それと、技術料が1D系だったからかわからないが1500円+税に変わっていた。
それでも、家に帰ってチェックしてみると、めちゃくちゃキレイになっとる!!
確かにキヤノン本体でやったのと変わらんやん!という事で、非常に助かりました。

総ショットも調べてくれて19000枚、ファームアップもしてくれました。
この金額で、各部動作確認とフランジバック確認もしてくれて1620円は安いんちゃうかな?

また、利用させていただきます!!
by eos1d3 | 2017-11-21 16:43 | 徒然に | Comments(0)