無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ジュニアユースさん、こん..
by ゼク at 22:23
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:18
丸に橘さん、全部合板なん..
by ゼク at 22:51
Gibson J-160..
by 丸に橘 at 19:33
ジュニアユースさん、やっ..
by ゼク at 15:36
まったく、おっしゃるとお..
by ジュニアユース at 22:36
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
岡山国際サーキット ファン感謝デー
c0145198_1850179.jpg

(2011年3月の岡山テストから)


2010年まではSGTの開幕戦は鈴鹿でありちょうど今の時期に開幕戦でした。
ちょうど7年前は鈴鹿の開幕戦でKONDO Racingが安田&JP組で優勝したのでした。
あれから、あっという間に時間が過ぎて、SFもSGTも1戦ずつ減ってしまいました。

今では岡山が開幕戦となっており、その公式テストとして数週間前に岡山国際のファン感謝デーの
中にGTAの公式テストを盛り込んで開催するのであった。

私にとってもSGTは昨年の夏の鈴鹿1000km以来7か月ぶりである。
しかも、新しいチームカラーやドライバーで楽しみが多い。
開幕戦は行けなくなったので、このテストを1日だけですが楽しみたいと思います。
# by eos1d3 | 2017-03-19 08:00 | 徒然に | Comments(0)
Gibson J-160E
c0145198_18371322.jpg



Gibson J-160E
このギターは私が買った3本目のギターである。
1991年だから平成3年であろうか、確か今は無き梅田のイングスの2階の楽器売り場に
その時はJ45を買おうと思い行ったが、たまたま売り切れていてガランスショーウィンドーの
中に入っていたコイツと目が合ったのだった。

シルエットはほぼJ45と同じであるが、TOPもサイドもバックも全て合板である。
それはマイクが仕込まれていてハウリング防止のためと言われている。

とにかく、ALL合板だから他のALL単板のギターと比べると音に伸びがない。
そら板自体の響きによってギターは鳴るのだから、合板であれば動きが制限されるのだから。

それでも、Gibsonということでついに一流品を買った喜びは常にあって、ずっと大事にしてきた。
就職で徳島に行ったときにもこのギターだけは持って行った。

その後、YAMAHA LL55DやMartin D28やMartin D45という素晴らしいギターを購入して
その素晴らしい音にJ160Eを弾くことを忘れていた時期は長くあったが、結局は、
今のところリビングの壁に掛けてあって、いつでも弾ける状態になっているのはこのギターだ。

いい音だから素晴らしいギターとは言い難い。
やや擦れた合板の音であるが、この音は確かにずっと寄り添ってきた信頼のおける音なのである。
# by eos1d3 | 2017-03-18 18:46 | 徒然に | Comments(2)
SanDisk microSDXC 200GB
c0145198_1834965.jpg
c0145198_18343059.jpg



ONKYO dp-x1aで使っていたSAMSUNGのMicroSDXCの相性が悪いのか途中で音楽が
止まったりします。そこで評判の良い上記のものに換えました。

カメラの趣味があるのでメモリーカードはSan製品が信頼が高いことは知っています。
ただ、SanのHPを見てもどこにもこの200gbのmicroSDXCは載っていません。
果たして正規品なのか??使って見てこうご期待!!
# by eos1d3 | 2017-03-17 18:37 | 徒然に | Comments(0)
今の子供たちは凄い
c0145198_2083075.jpg



中学を卒業して2日経つが、すでに2回目の打ち上げ会を行っている息子たち。
昨日は3年生の、今日は2年生のという具合に簡単に仲間が集まる。
それは、SNSなどのコミュニケーションツールの発達とそれを使い切れる子供たちの凄さだ。

私の息子は2001年生まれで、昭和生まれの僕らがずっと言っていた21世紀の子である。
彼らは生まれた時から、家にPCがあり携帯電話がある中で育っている。
文字を覚える前に、ローマ字表を見ながら幼稚園に行く頃には既にキーボードを叩いていた。

やがてスマホの時代に移ったとしても彼らは生まれつきそんな中で育っているので、
簡単に使用方法を飲み込める。
ほぼみんながLINEを入れており、その中でグループ化されて、卒業しても簡単に
招集を掛けれるのだと言う。

私の時代、そう30年前はどうだったろうか??
黒い電電公社の電話が玄関の下駄箱の上に鎮座する時代だ。
卒業してしまえばもう連絡を取るにもこの電話をみんなにかけていくしかないし、
集合場所などどうやって瞬時に周知できようか?

彼らは新しいツールを自分たちの形で上手に取り込んでいる。
もちろん使い方を間違えれば武器にもなってしまうSNSであるが、
今のところ、卒業したらもう二度と会えなくなるなんて言うのは、
昭和時代の詭弁かもと反省せざるをえないのだ。
# by eos1d3 | 2017-03-16 20:18 | 徒然に | Comments(0)