無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 22:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:27
wataruwataさん..
by ゼク at 16:02
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:02
kotodaddyさん、..
by ゼク at 21:47
こんにちは。 画像を見..
by kotodaddy at 14:25
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
鈴鹿1000km 12回目
元々サーキットに通うようになったのはKONDO RacingがSUPER GTに参戦したから。
マッチファンだった妻が子育ても一段落ついたので、マッチを間近でみてみたいと、
2006年の鈴鹿1000kmに行ったのだった。
しかし、その頃はまだフィルムカメラで36枚撮るのがようやくだった。
そしてその時に初めてデジタル一眼で撮影する人を見たのでした。

2007年には7月の鈴鹿FNにもフィルムカメラで観戦にきました。
そしてついに2007年8月の1000km大会にはデジタル一眼を購入してやってきたのでした。
それでも、Kiss DXなので連写は出来ませんし、望遠レンズもありませんでした。
そこから今年で連続12回も鈴鹿の1000km(途中700kmの時もあったが)に行き
サーキット通いが始まるなんて思いもしなかったですが・・・・。


c0145198_18453882.jpg

c0145198_18454246.jpg


KONDO RacingはまだZでした。セパンで初優勝し乗り込んだ鈴鹿でした。
監督も若かったです!今の鈴鹿のようにピットウォールにフェンスがないのでよく見えました。
c0145198_1847756.jpg


なによりうちの子供たちも小さかったです。
妻の足から顔を出しているのが当時幼稚園児の息子で姉ちゃんが横にいます。
今では姉ちゃんは大学2年生で息子も大学生となり、とっくに母の身長を越えています。
c0145198_18485695.jpg




改修前の鈴鹿のピットロードは空が高かったです。
昔のサーキットはほのぼのとしてよかったなぁ~。
c0145198_18494328.jpg


そして、キッズピットウォークでは撮影会があり家族で監督や選手と一緒に記念撮影できました。
今年KONDOに戻ってきたJPと荒選手です。レースクイーンは森飛鳥ちゃんです。

こんな時代があって、家族4人で何回もスーキットに行きました。
今は子供たちはついてくることもなくなって夫婦2人の観戦です。
また4人でサーキットに行きたいですが、叶わぬ夢となりそうです。


この後、さらにカッコいい近藤監督を撮影するためにカメラ機材を充実させて、
10年後の今に至ります。すべてはここから始まっています!!
本当に大事な写真たちです!!今後も出来る限りサーキットに行けたらなぁ~~。
# by eos1d3 | 2017-06-15 18:54 | 徒然に | Comments(0)
スーパー耐久シリーズ2017 第3戦 SUZUKA“S耐”サバイバル KONDO Racing
c0145198_18311043.jpg

c0145198_1832363.jpg

c0145198_18324033.jpg

c0145198_1833897.jpg

c0145198_18331147.jpg

c0145198_18334248.jpg

c0145198_18334744.jpg

c0145198_18335716.jpg

c0145198_1834191.jpg




今回初めてS耐に行ったのは鈴鹿のシーズンシートを購入したこともあるが、
KONDO Racingがチャンピオンを取ってNo.1を付けて走っている姿を写真に納めたかったし
まさか、近藤監督が来ているなんて思ってもいなかったが、なかなか充実した鈴鹿であった。

惜しむらくは近藤監督のインタビューがレース中にあり、その後のピット作業で無具合が見つかり
かなりのLAP遅れになってしまったことだ。
開幕戦から2連覇しておりSGTのようにウェイトハンディがあるので、3連覇はなかなか
難しい状況になっているが、それでも、2位走行中だった直後の修復作業は残念だった。

さて、次は最後となる鈴鹿の1000kmレースになると思う。
また、会いましょう!
# by eos1d3 | 2017-06-14 18:39 | 徒然に | Comments(0)
スーパー耐久シリーズ2017 第3戦 SUZUKA“S耐”サバイバル GRID AND TALKSHOW
c0145198_18153729.jpg

c0145198_18154441.jpg

c0145198_18155015.jpg

c0145198_18155467.jpg

c0145198_18161100.jpg

c0145198_18162378.jpg

c0145198_18162825.jpg

c0145198_1816433.jpg

c0145198_1816475.jpg



日本のモータースポーツ界ではどうやらSUPER GTとSUPER FORMULAが頂点となり
その下のカテゴリーが続いているが、この2つのSGTとSFから退くことを現役を引退すると
言っているように思う。

例えば、かなり前に引退している服部さんや道上さんもS耐では選手として乗っているし、
今回は土屋さんが超久々に走るという事が話題になっていた。

トークショーでは加藤さんだけはGT300ドライバーでまだ「現役」であるが、そういった
レジェンドなドライバーも一緒に走れるという事で面白いカテゴリーだと思った。

大魔神もグリッドに座っていたが誰も気づいてなかった。
その他、結構多くの有名人も見られて面白かったです。
# by eos1d3 | 2017-06-13 18:23 | 徒然に | Comments(0)
スーパー耐久シリーズ2017 第3戦 SUZUKA“S耐”サバイバル
c0145198_2003383.jpg

c0145198_2003864.jpg

c0145198_2011991.jpg

c0145198_2014251.jpg

c0145198_2015687.jpg

c0145198_2022452.jpg

c0145198_202351.jpg



昨日は初めて鈴鹿のSUPER 耐久に出かけた。
実は今年鈴鹿の年間パスを購入したので行ったことのないカテゴリーも
見てみようとなったのである。S耐はKONDO Racingもエントリーしており
近藤監督も関係している。

ここで関係しているというのは実際には采配を握っているのは近藤監督ではなく
日産やNismoや日産大学校であるからである。
昨今、3Kと呼ばれる業界の若い担い手が減っており自動車整備士も例外でなない
状況が続いている。そこで、将来メカニックを目指す若者を日産大学校が集めて
実際のレースの現場で体験させるという活動が数年前から始まっている。
その現場を提供しているのがKONDO Racingである。
昨年、その甲斐あってかS耐の最高位カテゴリーであるST-Xクラスで総合優勝しており
この活動が花咲いた瞬間である。
今年も、その現場実習の提供元として、近藤監督の存在は大きなものとなるだろう。

毎年、S耐の開幕戦と最終戦の日曜日には監督が来られているが、まさか鈴鹿にも
来られているとは、本当に行ってよかった日曜日であった。
# by eos1d3 | 2017-06-12 20:09 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)