無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 16:02
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:02
kotodaddyさん、..
by ゼク at 21:47
こんにちは。 画像を見..
by kotodaddy at 14:25
ワガマスさん、どうもあり..
by ゼク at 19:18
こんにちは ずいぶん前..
by ワガマス at 12:10
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:アコースティックギター ( 86 ) タグの人気記事
ギター座談会
昨日は我が家でギターが好きな人たちが集まってそれぞれがギターを持ち込み
弾き比べをしました。
c0145198_18442337.jpg




c0145198_18484063.jpg




c0145198_18551295.jpg

c0145198_185679.jpg


今、僕の部屋には7本もギターが置いてあるのですが、それを代わる代わる
弾いてもらったら、やっぱりこのLL55Dが一番弾きごたえもいいし、
よく鳴っているというのである。
私も、自分で弾くことはたくさんあっても、人が我が55Dを弾いているのを
聴くのは初めてだったので、こんな音をしているのかと、その鳴りっぷりに
びっくりしました。

それにしても、昨年の1月に書いた「激鳴り」は他の人も評価が一致したことが
うれしかったです。
by eos1d3 | 2017-04-02 20:17 | 徒然に | Comments(0)
1996 MARTIN D45 DX CFM 張弦
c0145198_18372187.jpg


このギターは2006年に買ったのですが、その後何年か弾き、ロングサドルの
状態が悪くなったらいけないのでここ数年は弦を張らずに湿度調整した部屋で
永遠の眠りについていたのでした。

ところが、ひょんなことから弦を張って弾いてみたくなり、メンテとともにやってみました。

c0145198_18393498.jpg


ロングサドルの調整はこのようにサドルが付いたまま上をサンドペーパーで削るらしいです。
ほんの少しだけ、削ってみました。(0.3mmほど)

c0145198_1841098.jpg
c0145198_184174.jpg


その後はフレットを磨きます。長く置いておくとフレットはくすんできます。
そこで、金属磨きで磨くとピカピカに元通りです!!

指板ガードを取り付けて丁寧に磨いてゆきます。
c0145198_18424821.jpg

そしてオレンジオイルで指板をしっとりと潤いを与えます。
黒檀で出来た指板がこれで、ピカピカになります。

c0145198_18435587.jpg


そして弦を張って終わりですが、この手の指板を持つギターはフレット交換が割高です。
アヴァロン装飾を指板上に施しているとフレットを抜く時に余計な手間が必要らしいです。

c0145198_1846060.jpg
c0145198_1846846.jpg


それにしても美しいギターです。
先日購入した、カポ(Thalia 24K Gold Finish with Dragon Abalone Inlay)も
実にしっくりと馴染んでおります。

このギターは1996年のマーチン社の何周年かを記念して作られたモデルで、
ハカランダモデルとローズウッドモデルが存在します。
ハカの方はロングサドルでオリジナルD45と同じ数の91本が世界中に売られたらしいです。
ローズモデルは普通のショートサドルでアヴァロン装飾もネックサイドにはありません。

10年ほど前まではこのD45 DX CFMはよく中古で見かけたのですが、ここ数年は見たことがありません。
Martin社も最近はハカランダモデルを出さずにマダガスカルローズやココボロを使った
ニューハカランダ的なモデルを量産しています。なので、ハカランダモデルのD45の
現存個数も減っていきオーナーが手放さないのだと思っております。

特にD45 GEはほぼ見なくなりました。アディロン+ハカランダのD45は今後少なくなるので
是非お手元に置いておいた方がいいと勝手に思っております。
by eos1d3 | 2017-03-27 18:53 | 徒然に | Comments(2)
MARTIN '71 D45 VS MARTIN '96 D45 DX CFM
c0145198_15493570.jpg


(右)
今日は数年ぶりに寝かしておいたMARTIN '96 D45 DX CFMの弦を張ろうと思いつきました。
このギターはスノフレイクインレイのいわゆるオリジナルプリウォーD45のコピーで
1996年にMartin社が出した記念モデルであります。
TOPはシトカスプルース、サイドバックはハカランダのメキシコアワビ貝の装飾が
ボディーだけでなくネックやヘッドまで回っていて豪華なモデルです。
新品では300万円だったそうですが、僕は2006年に中古で買いました。

(左)
一昨年購入した私のバースデーイヤー1971年式のD45です。
なんと長渕剛氏がナイティナインのごちですで弾いた本物です!!
TOPはドイツ松でサイドバックは東インド産のローズウッドになっております。
1970にMartin社はそれまで使っていたブラジル産のローズウッドの枯渇から
東インド産のローズウッドに使用材料を変えました。1971年はそんなMartin社の
初期のローズD45でございます。最近では1974年までのドイツ松のTOP板を持つ
D45の高騰は目を見張るばかりでございます。

c0145198_15582379.jpg


(右)
2000年前後のMartin社のハカランダは写真のような少し赤い板目のものが多いです。
柾目のものもありますが、当然同じ確率で入っているので柾目が好きな人はそっちを
選び板目が残る形になっていると思います。この後に出されたD45GEのハカランダは
おそらく別に保管してあったハカでちょっと材料が違うように思います。

(左)
1971年頃のローズは本当にきれいなこれ以上にない柾目でございます。
当時Martin社はブラジルローズの代替えとしてこんなキレイなローズを使っていたんですね。

c0145198_1623415.jpg
c0145198_1624490.jpg


使われているアヴァロン(メイキシコアワビ貝)も少々違います。
1971年の方が白っぽい貝で施工方法も手作り感が多いです。
最近のアヴァロンは青っぽいですね。このどちらのアヴァロンもソリッドと思います。

糸巻きはMARTIN '96 D45 DX CFMはオープン型です。一方1971はグローバーの
オーソドックスな人気のオイルが入っているものです。


この2本のギターですが、全く違います。
MARTIN '96 D45 DX CFMは低音がとても出るギターです。
まるでグランドピアノのような重厚な音です。ネック幅も昔の広い方なので大きな手の
私には弾きやすいです。
MARTIN '71 D45のほうは軽い音です。もちろん46年経ち、材が枯れてるのかもしれません。
ドイツ松(ジャーマンスプルース)の奏でる煌びやかさがあります。


この2本を持つことはきっとアコースティックギターファンにとっては有意義なものであると思います。
私も出来る限り大事に所有し弾いていきたいと思っています。
by eos1d3 | 2017-03-26 16:11 | 機材紹介 | Comments(2)
Gibson J-160E
c0145198_18371322.jpg



Gibson J-160E
このギターは私が買った3本目のギターである。
1991年だから平成3年であろうか、確か今は無き梅田のイングスの2階の楽器売り場に
その時はJ45を買おうと思い行ったが、たまたま売り切れていてガランスショーウィンドーの
中に入っていたコイツと目が合ったのだった。

シルエットはほぼJ45と同じであるが、TOPもサイドもバックも全て合板である。
それはマイクが仕込まれていてハウリング防止のためと言われている。

とにかく、ALL合板だから他のALL単板のギターと比べると音に伸びがない。
そら板自体の響きによってギターは鳴るのだから、合板であれば動きが制限されるのだから。

それでも、Gibsonということでついに一流品を買った喜びは常にあって、ずっと大事にしてきた。
就職で徳島に行ったときにもこのギターだけは持って行った。

その後、YAMAHA LL55DやMartin D28やMartin D45という素晴らしいギターを購入して
その素晴らしい音にJ160Eを弾くことを忘れていた時期は長くあったが、結局は、
今のところリビングの壁に掛けてあって、いつでも弾ける状態になっているのはこのギターだ。

いい音だから素晴らしいギターとは言い難い。
やや擦れた合板の音であるが、この音は確かにずっと寄り添ってきた信頼のおける音なのである。
by eos1d3 | 2017-03-18 18:46 | 徒然に | Comments(2)
一体なん%なん?
c0145198_1634685.jpg



冬になり乾燥してきました。
そこで、加湿器を入れているのですが、50%にすればほぼ加湿器が稼働しぱなしに
なるので40%に機械の方を合わせています。

ところで、加湿器が置いてあるのはもちろん床面です。
その加湿器の湿度計が40%を指していても、ギターの掛けてある壁面は40%とは
限りません。そこで、家じゅうの加湿器を同じ場所にかけてみました。

するとどうでしょうか??
全部がバラバラの数値を示すではあ~~りませんか。
EMPEXの高精度の湿度計は42%を指していますが、もうひとつのデジタル式の
湿度計は40%を指しているので、おそらく41%くらいが正解でしょうか??

湿度計は乾燥したら縮む金属と湿ると膨らむ金属を張り合わせて、ばね状にして
それを0%の部屋に入れて、また100%の部屋に入れてそれを100等分しているのです。

温度計に比べてばらつきが大きく正確な数値を示すのが難しいです。
証拠にホームセンターで売っている湿度計を見れば全部が違う数値を示しています。

信頼性の高し湿度計が欲しい今日この頃です。
by eos1d3 | 2016-12-16 18:48 | 徒然に | Comments(2)
Martin D45(1969)
c0145198_18203158.jpg



アコースティックギターの中古サイトを見ていると稀にMartin D45の1968年と1969年の出モノがある。
金額的には400万円から上は1000万円近くまでいく珍しいギターである。

元々1933年から1942年まで91本作られたD45がオリジナルD45と言われて1000万円はする
アコースティックの王様としたら、1968-69は再製造されて2016年の現在まで続くD45の中でも
ハカランダという木を使っている最後の2年間の273本であり、既に何本残っているかわからない
レアなギターである。

ちなみに私が持っている1971年のD45はすでにハカランダでなはくローズウッドなので200万円
には届かない金額まで下がる。

こうやって1968-69のD45が出るたびに全てのギターを売って追い金して買おうかとも考えるが、
やはりどうやっても手が出せないし出ない。
探している人はたくさんいるので、じきに売れるだろうが、いつも歯痒い気持ちでいっぱいである・・。
by eos1d3 | 2016-12-01 18:28 | 徒然に | Comments(2)
アコースティック
c0145198_18325437.jpg



最近、色々とデジタル音源を機器を使って聞いていると、改めてこの手の
オーディオのハイレゾ化というのは音楽を聞かずに「音」を聞いているんだと感じる。
それでも、理系出身の私には楽しいので文句はないが・・・。

例えば、10万円の家電を購入したとして、ほとんどの物が直接的に役に立つ。
食品を冷やしたいと思い冷蔵庫を買えば、物理的に物が冷える。
寒くて仕方ないので暖房器具を買うと、ちゃんと暖かい。
目に見えて効果があるのが当たり前である。

ところがこのデジタル音源に関する機器の購入は一体どれだけ直接的に役に立っているのか
分かりにくい、いや役に立っていないのかもしれない。
16ビット/44.1kHzのCD音源を、PCソフトやデジタルアンプ等でアップサンプリングして
96kHz/16bitや192kHz/24bitのハイレゾ化して、聞きわけても、それほど劇的に
何か変わったわけではない。
しかし、男のロマンとしてこういった分からないものに執着するファンがたくさんいることは
非常に理解できるし意外と楽しいものである。

さて、私の古い趣味ではフォークギターがある。
実際にフォークギターと言っても最新の技術を誇るデジタル機器よりもずっと高価なものもある。
ビンテージのオリジナルMartin D45などは数千万と言われているからだ。

そもそも、デジタル機器がどれだけ頑張ってハイレゾ化しようが、WAVファイルやDSDファイルが
どんだけ頑張ろうが、自分の抱くMartinD45の鉄弦が空気を震わせて直に鼓膜に届く超アナログの音には
叶わないところが実に面白い所である。
by eos1d3 | 2016-11-21 18:47 | 徒然に | Comments(0)
Thalia 24K Gold Finish with Dragon Abalone Inlay
c0145198_192864.jpg

c0145198_1922059.jpg

c0145198_1922380.jpg

c0145198_1923911.jpg



Thalia 24K Gold Finish with Dragon Abalone Inlay
久々にカポを購入した。
もう10年ぶりになるだろう。

三木楽器のサイトを見ていたら、何やらややこしそうなカポが売っている。
しかもメキシコアワビ貝の装飾と大好きな金のピカピカです!こりゃ買わずにいられません!

何やら、このカポを指板のRに合わせて弦の当たるところを交換できるようです。
そして、ラバーとプラスティックとがあり7種類×2で14種類交換可能だそうです。
MartinやYAMAHAはこの16というサイズのようです。
私は弦が固定されたのでラバーの方を選びました。

さっそく、愛機のMartin D45(1971)に使いましょう。
c0145198_1924593.jpg


写真によると、下からはめるようです。
c0145198_1925094.jpg



しかし、どうも上からはめる方が使いやすいような気がします。
c0145198_1925360.jpg


この方が貝の装飾が見えるしいいような気がします。
しっかり押さえられて素晴らしい高級カポです!!

これで、またギターを弾くのが楽しくなりました!
by eos1d3 | 2016-11-15 19:09 | 徒然に | Comments(6)
Martin D-45(1971) 1年後
c0145198_19232118.jpg


このギターを購入して約1年経ちました。
私の生まれ年である1971年製のしかもMartin D45である。
さらに、この個体は長渕剛がTVで弾いたものと言うので余計に思いが大きなギターである。

あれから中古ギターサイトを見ているが、そもそもの生産台数が少ないD45なので
古くなるほど残っている個体も少なくなるのである。

c0145198_18482916.jpg


この表をみると、1971年には105本しか作られていないので、おそらく世界中探しても
なかなか見つからないと想像できる。

1年近く弾いてまず、僕と同い年の45歳で十分に中年なので私の体と同じように
木も固まっているのである。なので、湿度の高い時期や乾燥している時期、
気温の高い時期、気温の低い時期、どこをとってもほとんど木が動きません。
弦高を1弦12フレットで2.2mm程度にしているのが、ほぼ変わりません。

新しいギターや木が動く個体では簡単に弦高が1mm近く高くなります。
測定するとほとんどがTOP板がフリッジによって持ち上げられて膨らむのであります。
それと同時に、ネックが曲がったり、ひどい場合は起きてきます。

このMartinD45はほぼ動かないギターであるが、もっと古い1949年製のMartin 0-18は
比較的動くギターである。


それと音の変化であるが、おそらく交換してもらったナットが馴染んできて特に1,2弦が
しっとりとするようになった。低さがギリギリでこれ以上低くなるとビビリの原因になるだろう。
音の大きさは、それほどではないが本当にきれいな音が鳴るギターである。


おそらくもうこれ以上成長はしないだろうが、今後フレット交換する時に、全体的に
リフレッシュしてやろうと思っている。
by eos1d3 | 2016-10-04 18:59 | 機材紹介 | Comments(0)
CWE-58 売ってた
c0145198_1921205.jpg



YAMAHA CWE-58というギターをずっと探しているのですが、
やっと見つけたと思ってショップに質問のメール入れた瞬間にHOLDがかかってました。

そら、1980年代のAPXに続く伝説のエレアコのしかもフラッグシップだから、欲しい人はたくさんいる。
しかし、写真でみるとどうも状態は良くないようだ。
実際ショップで見たら分かるが、ネットだけで買うのはどうかと思い、質問した直後にHOLDになってました。

このギター本当にカッコいいんですよね~~。
SOLDになるまではまだ可能性があるか??
by eos1d3 | 2016-07-22 19:25 | 徒然に | Comments(0)