無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ジュニアユースさん、それ..
by ゼク at 18:30
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 20:51
MOGUさん、本当に偶然..
by ゼク at 19:39
奇遇ですね。 私もGW..
by MOGU at 20:01
ジュニアユースさん、本当..
by ゼク at 12:16
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 21:11
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:カワセミ ( 17 ) タグの人気記事
カワセミ再び
c0145198_18424131.jpg
c0145198_18425297.jpg



先週に引き続き今週もまたカワセミに会ってきた。
ここには、最低3羽はカワセミがいる。
同時に2羽川下に飛んでいって、また川上から1羽飛んできたからだ。

機材はカメラがEOS-1D X Mark II になっている以外はこの9年間
ほとんど変化がない。三脚もSLIKの少々小さな旧モデルのままだ。

1脚はジッツオの5型であるので25kgまでOKであるが、
3脚は足が3本あるにもかかわらず10kgまでしか載せれない。

ビデオ雲台もザハトラーが全盛期で三脚もやはりジッツオが主流の動きだ。
私のビデオ雲台はマンフロットの503というゴーヨンを乗せるにはやや貧弱なもの。

まぁ、それでも、十分に使えるのだから、あとはテクニックで頑張ろうとする。
しかし、カワセミが一向に目の前で飛び込まない。通常、魚を捕るには、
結構深くまで潜って、水面に出てくるまで時間がある。その瞬間を撮影するのであるが
より高い所から飛び込むと、その飛び込み位置も捉えにくく難しい。

出来る限り、低い位置から飛び込む時を狙って撮影するのである。
さぁ、今度はうまくいくだろうか??
休日に、カワセミを追いかけながら1日過ごすのもなかなか楽しいものである!
by eos1d3 | 2017-02-16 18:54 | 徒然に | Comments(0)
久々のカワセミ
c0145198_18172563.jpg


今日はほんとにもう何年振りと言うくらいにカワセを探しに行きました。
すると、すぐにやってきましたが、昨日の雨でか水が濁っていて獲物が見えないの?
一向に飛び込む姿を見せませんでした。

それにしても、カワセミはかわいいなぁ~。

それと、1DX2の高感度、やっぱりすっごい!
ISO4000でも、メッチャクリアーや!
by eos1d3 | 2017-02-06 18:19 | 徒然に | Comments(0)
それにしても・・・
なかなかカワセミ君は現れてくれない。
今日も粘りましたが僅かに2度ほど来てくれただけ。
しかもダイビングは予想外のところに・・・・!やっと撮れた証拠写真はこの1枚です。
どうも女の子のようですがキレイな個体でした。

c0145198_17471748.jpg


今回は1D4に初めて搭載されたISOオートを使ってみた。
マニュアル露出にしてシャッター速度を1/400に絞りを開放F4に固定。
この条件に合うようにISOが目まぐるしく変わる訳だが、こう言ったカワセミを撮る場面では素晴らしく使えた。
背景が見苦しいのでどうしても開放近くで撮ってボカシたい。もちろん暗い場所なのでシャッター速度も
稼ぎたい、しかもそのシャッター速度は1/400は何とかキープしたい!しかしこれ以上シャッター速度が
上がればISOも上がり少々ノイジーな写真になる。

1D3にもこれに良く似たISOのセイフティシフトと言うのが搭載されていたが、確かTvで撮ると絞りと
ISOの両方が変わった感じがする。その点、1D4ではMモードで絞りとSS両方を固定できるところがありがたい。

上の写真はISO1600まで上がっている、JPEGで撮って全くNRしなくてもこの通りの画像であります。
しかも3/4程度にトリミングしていてこれなので随分と楽になったものであります!

後はカワセミ君が乱舞してくれるのを待つだけだ・・・・・・。何よりこれが一番難しいのは言うまでもありません!
by eos1d3 | 2010-11-27 17:59 | EOS1DMarkⅣ | Comments(10)
2010年 初カワセミ
今日は今年初めてのカワセミ撮りに行ってきました。
昨年の9月、なんちゃってブルーズマンさんに教えてもらったこのポイント!
いつ行っても楽しませてくれます。今日も、いっぱい遊んでくれました!

1羽はちょっと羽が黒くてまだ幼いのか、オスとメスがずっと2羽でいました。
父と娘?恋人?夫婦?
c0145198_2136831.jpg


今日はいつもよりさらに水が澄んでいて、カワセミが水中で泳いでいるのが見えました!!
しかも魚をくわえているのも分かります!!
c0145198_21383251.jpg

c0145198_171823.jpg


しかしこの子は漁があまり上手くないようで、お陰で何回も飛び込んでくれました!
c0145198_21384627.jpg
c0145198_21391419.jpg


新年早々にいい瞬間が撮れて気持ちよかったです!!


撮影機材
ALL PHOTO:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS + EF1.4*II
by eos1d3 | 2010-01-11 21:40 | EF500mmF4LIS | Comments(16)
ビデオ雲台 マンフロット503HDV
僕のブログの検索ランキングでいつも上位に入っている検索ワードは「503HDV」であります。

もちろんこの503HDVとはマンフロットのビデオ雲台の事でありますが、価格的にもリーズナブルで
初心者から中級者まで十分使え、しかもカウンターバランスが3.9kgまでOKと各種ビデオは
もちろんゴーヨンまでギリギリ使える万能的なビデオ雲台と言う事になるのです。

細部の説明は昔の私のBLOGを参照してください。

c0145198_101992.jpg



この雲台を約2年間使って来て、EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LISで使うにはギリギリOKだという
結果に結び付きました。もちろん上を見ればまだまだ幾らでも素晴らしい雲台があります。
でもこの503HDVでも1D3+ゴーヨンの約5kgを何とかコントロールすることが出来ます。
ただしそれには少々の条件があります・・・・。

しかし、ヨンニッパやロクヨンの5kg超級のレンズや800mmF5.6でもおそらく耐性が不足すると思います。
逆に300mmF2.8でしたらさらに問題なく使えると思います。


さて、実際に使用して見ると、ビデオ雲台はカワセミの動きに合わせてスムーズにレンズを触れるように
当然ながら「固定」されていません。しかし500mm(1D3では650mmになる)以上の望遠では
僕の経験上シャッター速度が1/30以下になればどうやって固定してもミラーショックでブレるのであります。
もちろん、三脚自体がジッツオの5型でガッチリした3WAY雲台ならどうか分かりませんが
私の三脚と503HVDではブレます。


固定していてもブレるのだから、その機能上固定されてないビデオ雲台ではさらにブレます。

例えば、1D3では最大秒間10コマの撮影が出来ますがその前後のコマでもブレと成功の2つが存在しています。
これはミラーショックか手ブレか分かりませんが、しっかりカメラ+レンズを押さえておかないとブレます。

これはそれぞれJPEG切り出しそのまま。しかし等倍でみるとブレています!しかしその次のコマはブレていません。
c0145198_18351124.jpg

c0145198_10361612.jpg


c0145198_10371265.jpg
c0145198_10372221.jpg


見れば分かるように、この上下のコマは隣り合うコマなのでおそらく時間的にも0.2秒以内と思われます。
僕は右手をシャッターに左手をフードを押さえながら撮るのですが、それでもやはりブレます。
ちなみに上の木に止まっているのがSS:1/100で魚をくわえているのがSS:1/400です。
今回はテレコンを付けていますので700mm(35mmフィルム換算では910mm)にもなります。

僕の腕ではビデオ雲台であっても固定されていないのでSS:1/400でもコマによってはブレます。
このブレの大きさは個人個人で感覚が違うでしょうが僕は各写真の上のコマは失敗です。
もちろん等倍で見なければ絶対にわかりませんが・・・・。


結論として、ビデオ雲台を使ってしっかり止めて撮影するには何枚か撮った方がいいと言うことです。
そしてその際でもなるべくブレないように細心の注意を払ってシャッターを押すと言うことです。
特に35mm換算で900mm以上になるとSS:1/500以上は欲しいところだと思います。

上の方でも書きましたが、これが「少々の条件」です。
いつも一脚で撮ってる人は天秤ブレを抑えるために必ず左手はフードを押さえます。
ビデオ雲台にも同様の抑制力が必要ではないかと言う事が僕の結論であります。
by eos1d3 | 2009-12-14 10:46 | EF500mmF4LIS | Comments(8)
カワセミ~~ 
今日はあまり天気も良くなかったのですが9月に久々にカワセミに会った場所に行きました。
ここは池ではなく自然の川なのですが目の前を通り過ぎるだけでなかなか止まってくれません。

そして、「ツッチィ~~、ピィ~~」と鳴いていると思うと、遠くのほうで飛び込んでいます。
30m以上は離れたところで好き勝手に飛び込んでいます!しかも10回以上も!!
とりあえず、証拠写真は撮っておきましたが・・・・。
c0145198_184186.jpg



その後、ようやく1度だけ近くに留まってくれましたが・・・・・。
ファインダーで見ると、「う~~ん、実にかわいらしい!しかも美しい!!」
c0145198_18425047.jpg


この位置が水面から3mほどあるのでどこに飛び込むか全く分かりませんでした。
もちろんこの位置からファインダーで追う腕もありません・・・・。
結局、飛び込んだところに無理やりノーファインダーで!
「う~~ん、実に惜しい!惜しすぎる!!
c0145198_18445351.jpg



一発で大物を仕留めたようです!それにしてもコイツは羽も輝いて美しかったです!
c0145198_18455650.jpg



今日は10:40~16:00までの時間にこれだけしか撮れませんでした。
今度は天気のいい日にもう一度チャレンジしたいです!!


撮影機材
ALL PHOTO:EOS-1DMarkIII + EF500mmF4LIS + EF1.4*II
by eos1d3 | 2009-12-13 18:47 | EF500mmF4LIS | Comments(10)
久々にカワセミ
今日はいつもお世話になっている、なんちゃってブルーズマンさんと一緒にカワセミを撮りに行きました。
直ぐ後ろでは稲刈りがされていて秋の豊かな日を感じながらの素晴らしい一日でした。

c0145198_2022163.jpg

ここは渓流で野生のカワセミが飛んでいます。羽が結構抜けていますね!!

c0145198_2035840.jpg
c0145198_204972.jpg


500mmで風景的に撮ってみました。秋の風情が染み渡ります・・・・・。
c0145198_2053459.jpg

c0145198_2054974.jpg



撮影機材
ALL:EOS 1DMarkIII + EF500mmF4LIS
by eos1d3 | 2009-09-21 20:06 | EF500mmF4LIS | Comments(20)
やっと会えたけど・・・・・
この3連休、うちは土曜日は仕事なので2連休になりました!
日曜日は鈴鹿サーキットに、月曜日文化の日は朝からちょっと仕事をしてからカワセミ君に
会いに行きました!ある公園でカワセミ君が一直線に飛んで行くのをみて「今日はいけるかも」
と淡い期待を寄せましたが、結果は目の前を飛ぶこと2回、しかもこちらにお尻を向けて
飛んで行ってしまいました・・・・・。

一応朝9時から16時までで成果はこれだけです・・・・・。とほほ
c0145198_9412163.jpg


見た感じ今年生まれた娘のようですね!かわいいなぁ~~
by eos1d3 | 2008-11-05 09:41 | EF500mmF4LIS | Comments(18)
久々に発見!!
本日、ついにカワセミ君を発見しました!!
カメラは持っていってなかったですが15分くらいずっと留まっていました。
やっぱりカワイイですね。

その場所はかなり有名な場所で昨日も14時頃に行きましたがカメラマンもいなくカワちゃんも
いませんでした。
今日は17時頃に行くとゴーヨン、ロクヨン、サンニッパと10台くらいの巨砲が並んでいました。
その先をみるとかわいい「カワちゃん」がいたのです。

c0145198_19385984.jpg

(2008年2月撮影)

ただ、そんなたくさんの中に入っていく勇気があればいいのですが気の小さい私は悩みますね・・・・・。
by eos1d3 | 2008-07-24 19:40 | 徒然に | Comments(27)
夫婦で・・・・
今日は下の息子が2泊のキャンプに、娘は小学校の林間学校に行っており夫婦だけに
なりました。朝の8時に息子をバスまで送り届け2人でサンコウチョウを撮りに行くことにしました。

僕は1D3+ゴーヨン、妻には軽量?のKDX+サンヨンを無理やり持たせ目的地まで1時間
クルマを走らせました。

目的地に着くとサンコウチョウは既に10日前に巣立っておりもう見ることは出来ませんでした。
僕も近くをいろいろ探しましたが結局、鳥さんもほとんど見つけることが出来ませんでした。

そんな中、妻は木に登っているカタツムリを見つけたようです。
何やら必死で撮っています。
c0145198_19564962.jpg


そして僕は・・・・・・

激写・・・・
by eos1d3 | 2008-07-20 19:58 | 徒然に | Comments(20)