無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 16:02
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:02
kotodaddyさん、..
by ゼク at 21:47
こんにちは。 画像を見..
by kotodaddy at 14:25
ワガマスさん、どうもあり..
by ゼク at 19:18
こんにちは ずいぶん前..
by ワガマス at 12:10
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ゴルフ ( 64 ) タグの人気記事
ガルシアがメジャー74回目で初優勝
c0145198_21365126.jpg



今朝のマスターズを見て久々にゴルフを見て感動した。
最近は世界のゴルフの世代交代が進んでいて、私が若いころに見ていた
ミケルソンやエルスやウッズたちはシニアに近くなり、ジョーダンスピースや
ジェイソンディやら、顔と名前が一致しなくなってきている。

そんな中、ガルシアは若いころから超一流で「神の子」と呼ばれていたので
私とて良く知った顔であります。
彼は、かつてのミケルソンのようになかなかメジャーに勝てない超一流の1人でした。
そんな彼がついに74回目のメジャーで初めて勝ったと言うのであった。

プレーオフを戦うは同世代のジャスティンローズだ。
ローズもアマチュアの頃から知っている超一流だ。
17歳で全英OP4位に入った時、私はTVを見ていた。
その後、低迷期を迎えるも、数年前に全米OPを制し、またリオ五輪ゴルフも制している。

そんな、長くライバル関係にいる彼らがお互いをリスペクトしながら戦った。
スペインゴルフ界のレジェンドであるセベバレステロスもマスターズで2度勝っている。
今日は生きていればセベの還暦の誕生日だった。

セベが天国で見守る中でのプレーオフ1ホール目のウィニングパットは見ごたえがあった。
本当に、おめでとう! まだ37歳だ!!まだまだ勝てるぞ!!
by eos1d3 | 2017-04-10 21:49 | 徒然に | Comments(0)
日本オープンゴルフ 松山英樹選手優勝
本日、狭山ゴルフクラブで行われた日本オープンゴルフで松山英樹選手が圧倒的な優勝をした。

c0145198_1942829.jpg


彼は米国のPGATourの正規選手であり現在世界ランキング18位の世界のトッププロです。
世界のトッププロの概念は決まってはないが、マスターズに招待されるのが世界ランク50位までだから
それ位内に入っている選手はトッププロと言えるだろう。

ちなみに日本選手で言うと10月10日までの世界ランクは

18位 松山英樹
67位 池田勇太
72位 谷原秀人

と日本のトップでも67位でマスターズには出れない。
松山は異次元に上位にいるといることが分かる。


さて、松山やアダムスコット(予選落ち)はPGAから出場(何らかの出場資格がある)
そして他はJGTO(日本ゴルフツアー機構)のランキング上位と各地区のオープン競技の上位者
日本アマの上位者、日本学生チャンピオンなど、アマチュアにも門戸が開かれる公平な
オープン競技である。


しかし、ここ数年、日本のJGTOと米国PGAのレベルの差はどんどん開いているように思う。
これが今回の結果だろう。日本でプレーしていない松山がパッと来て勝ててしまうくらいに
日本のレベルは低く世界のレベルは高い。一昔前は日本の賞金王は世界の50位に何とか入り
マスターズに招待されたものであるが・・・・。


2011年3月、東北で悍ましいあの震災が起こった時に松山選手は東北福祉大の学生だった。
その前年にアジアアマを制し、アマチュアで日本初のマスターズ出場を決めていたが、
これは震災があったので辞退しようとした。ところが日本を勇気づけるために周囲の人から
応援されて出場し、なんと初のマスターズローアマを獲得したのだった。

その時から、彼は既に日本ではトップの位置にいる超一流のゴルファーであった。
彼の目標は世界の4大メジャーを取ること。

ジャンボや青木や中島や丸山でも成し得なかったこの偉業を必ず達成してくれると信じている。
いやっ、彼が取れなかったら、今後もう日本人はメジャー取れないとさえ思っている。

もしメジャー取れば、それは五輪の金メダルに匹敵する、あるいはそれ以上の価値があると思う。
彼なら出来る、僕にはグリーンジャケットを着た松山の姿がはっきりと見えるのである!
by eos1d3 | 2016-10-16 19:58 | 徒然に | Comments(0)
会員権 売却
c0145198_1856222.jpg


最近ゴルフの方がめっきりと遠のいて何件か持っていた会員権の年会費が
年間で17万円となり、家計を圧迫していた。
払い込みの時期になると、「どうにかならんの?」と妻になじられる日々が続く。
それでも、売却するとしても購入時の1/10以下の金額になっており、
喪失感は大きい。

今回の会員権も20年近く親子で持っていたが、売却して退会することになった。
もう1件も、売り希望で出しているが、なかなか買い手が付かない。
330万円で買ったものが10年も経たないうちに20万円って、怖ろしい買い物だ。

レンズやギターなら半分では取引できるので、今後はそっち方向にお金を使おうと思う。
by eos1d3 | 2015-11-26 19:01 | 徒然に | Comments(1)
ゴルフは難しい
4月にゴルフに行ってから実に7ヶ月間一回もクラブを握らず触らずで
無謀にもコンペに参加してきました。
それにしてもここのところいろんなコンペがなくなっていきゴルフをする回数が減少。
昔は1年間で60回も行ってたときもあったのに、今年はこれで3回目、ホンとゴルフから
遠ざかるようになってきました。


c0145198_19225548.jpg




空振りするかと緊張の1打目のティーショットは辛うじてセーフ、ボギースタートでほっとしました。
7番Hまでは+8でこりゃ45-6くらいで回れるかもと思った瞬間OB連発し、午前中は50点、
昼からはPARを取ったらトリプルと凸凹のスコアーで55点。105点で無事終えました。

それにしても痩せて力も出ないし、ボールも飛ばん!!
最近のゴルフは楽しくないぞっっ!!
by eos1d3 | 2015-11-13 19:27 | 徒然に | Comments(0)
タイガーウッズの憂鬱
昨日より全米オープンゴルフが開催されている。
男子メジャーゴルフには年間4つの大会があり、4月のマスターズ、6月の全米OP
7月の全英OP、8月の全米プロとなっている。
その中でも、全米OPはまさにその裾野の広さから世界一を決める大会といわれている。
USGAによる主催で、実力があればアマチュアでも予選会を経て本戦に出場可能である。


日本からは6人が出ている。
私の記憶が確かであれば、松山選手が世界ランキングから出場、
藤田、川村、園田選手は日本の中の予選会(36H勝負で一発で決まる)からの選抜
そして石川遼選手は本国の予選会からの出場である。

先ほど予選ラウンドの2日間が終わり松山が21位タイで決勝ラウンドへ、その他の
日本選手は惜しくも無く予選落ちした。


ここまでは、そんなに驚くべきことではない。
全米OPも全英OPも日本はちょっと優遇されていて国内の予選会から出場出来る。
しかし、そのカテゴリーで出た選手はいずれも予選を通過するのが目標になっているのが現状である。
c0145198_19921.jpg


私が驚いたのはタイガーウッズである。
今年に入って調子を崩しているとは聞いていたが、2日間で+16、ほぼ最下位の成績で予選落ち
したのである。タイガーといえば、メジャー14勝の2000年代のゴルフの立役者である。
通産74勝し、ずっと世界ランク1位を走ってきたが、私情もあり低迷した。
1996年にアマチュアでメジャーに出てきたときは思わず戸張さんが、「この選手の名前を
覚えておいてください」と言ったほどの逸材だった。

タイガーウッズといえば兎角比べられるのがジャックニクラウスである。
彼の名前で調べるとこう言う事が書いてる。

ニクラウスが上げたメジャー18勝の内、
最も感動を与えたのは1986年マスターズでの最後のメジャー優勝です。
ニクラウス自身もこの勝利については次のように語っています。

「1986年のマスターズがなかったら私のキャリアはどうなってしまっていただろう。
18勝ではなく17勝しかできなかったら、私は自分のキャリアに満足できただろうか?」


1980年の全米プロを最後にニクラウスは優勝から遠ざかっていました。
1981年マスターズ、1982年全米オープン、1983年全米プロといずれも2位に甘んじ優勝を逃しました。
そして1985年。
全米オープンで予選落ちをすると、1962年以来、本選出場を続けていた全英オープンでも初めての
予選落ちを経験することになります。



私がゴルフを始めたのは1986年の秋でした。
高校1年生になって、ゴルフクラブを叔父さんにもらって近くの練習場に習いにいったのでした。
だから1986年4月のマスターズは見ていませんでした。
1987年からは見ているのですが・・・・・。



c0145198_1991350.jpg




6年ぶりにメジャーで制したジャック、そして2008年の全米OPから7年間メジャー優勝から
遠ざかっているタイガー。タイガーのほうが当時のジャックと比べてもまだ若い!!


ゴルフ好きとしてタイガーの全盛期を見れて本当に良かった。
もう一度、もう一度、ジャックニクラウスの1986年のマスターズのように、
タイガーのメジャー15勝目をこの目で見て見たいと思う。
by eos1d3 | 2015-06-20 19:12 | 徒然に | Comments(0)
突如の大叩き
c0145198_18583698.jpg




木曜日に半年振りにゴルフに行った。前に行ったのは昨年の10月で、それから練習はもちろん
クラブすら握っていなかった。

久々の1番ティーインググランドに立ちDRを構えたが、特に緊張しなかった。
左に引っ掛けて普通ならOBだが、北六甲の東は結構広いのでセーフのところが多い。
そのまま狙いが定まらないまでも7番終了まで+7とボギーペースで回っていた。

ところが8番ホールにきて、380yのPAR4、ティーショットが当り、残り130yの打ち上げが残った。
FWからだったので9Iで思い切り打てばそこそこには届くと思い渾身の力をこめてショットした!

ところが、やはり練習不足と運動不足から疲れが出始めたのか、大ダフリしてしまい、
40yしか飛ばなかったのだ。それでも、またFWにあったし、PWで軽めに打とうとしたのが、
大きく右にソケット、右側の谷に落ちて、そこからSWで出すだけ。しかし目の前にバンカーがあり
TOPして簡単に入れてしまった。

もうそうなれば、のうみそは異次元の方向に向って飛び出す!!
バンカーの中で10打ほど打っただろうか、もう思考回路もままならぬまま虚人のようになってしまった。


結局、このホール、記憶にもない18打を叩いてしまった。

大崩は得意わざであるが、ここまで大叩きはありえない!!
しかもOBは1球もなしで、実際に打った回数が18である!!

もう当分、ゴルフは止めようと誓った、苦い思いだった!
by eos1d3 | 2015-03-28 19:09 | 徒然に | Comments(2)
ハンディーが20.8に
今日、新しいゴルフのハンディキャップが来て先月20.5から0.3悪くなり20.8になりました。
さっそくホームコースにFAXするとJGAハンディは小数点切り捨てなので20になりますとの返答。

c0145198_17451370.jpg




これで来月からでも何年かぶりに月例に出たいけど、92で回ったら3位に入れるかな~~。
by eos1d3 | 2014-11-01 17:46 | 徒然に | Comments(0)
今日もあかん
c0145198_18293969.jpg



今日は所属している協会のゴルフ大会だった。
天気予報は午前中が雨で昼からは曇りだったが、実際は午前中は降らずに
昼から雨で全く当らない天気予報であった。


法隆寺カントリーは歴史も古く一度行ってみたいコースであった。
ゴルフを初めて27年、まだまだ行ってない所はたくさんある。
予想では、アップダウンが大きく狭く短いコースであったが、実際はアップダウンもなく
決して短い訳でもないいいコースだった。


残念なことにPGMに買収されてパブリック化してしまいメンバーシップとしての品格は
感じられなかったこと。これはPGA、アコーディアの外資系買い叩きゴルフ場によくあることで
古くからのメンバーは悔しい思いをしていることだろうと実感できた。


さて、スコアーであるがどうにもならない。
6000yをようやく超えたティーを使用しているにも関わらずにパーオンが17%である。
まずDRがまともな方向に飛ばずに異次元の方向に吸い込まれていく。
DRが飛ばないのでセカンド以降も良くならない、と言う典型的なダメゴルフだった。

しかし、コース自体は好きなタイプである。
大阪市内からも1時間以内であるし、また行きたいと思った。
by eos1d3 | 2014-10-22 18:38 | 徒然に | Comments(0)
2014 日本オープン チャンピオンシップ
c0145198_18134584.jpg



片山選手は18番ティインググランドで大きく深呼吸した。

昨日は新しいTVで日本のゴルフの最高峰の試合である日本オープンゴルフを見ていた。
日本オープンゴルフはNHKが生放送で臨場感たっぷりに伝えてくれるので見ていてもドキドキする。
やはりスポーツは生放送が一番だと感じる瞬間である。

日本のゴルフにはアマチュアとプロに分かれてアマチュアは日本ゴルフ協会(JGA)が主催する
日本アマチュア選手権を筆頭に関西アマや関東アマと言った試合を行っている。

プロは基本的にJGTOというツアー部門の機構が行っていて幾らPGAテスト(プロテスト)に
受かっても皆が試合に出れるというシステムにはなっていない。
それぞれがJGTOのQTを1stから勝ち残り2nd,3rd,ファイナルまで行ってようやく
来年のJGTOメンバーとなり試合に出れるのである。
それとは別に昨年のJGTO賞金ランキング70位までがシードされている。


さて、この日本オープンは一般的なJGTOの参加資格とは違ったより厳しい参加資格がある。
JGTOからは8/4までの賞金ランキング30位までしか出れない。
その他は以下の通りである。
c0145198_1832827.jpg


これを見ると、日本オープンにはその年の日本中の一番ゴルフの上手い約130人が出場出来る
と言う事になる。

例えば、各ゴルフ場のクラブチャンピオンであれば一般的にHC1~5くらいで「めちゃめちゃゴルフが
上手い人」と言う事になって当然である。
しかし日本には約2000のゴルフ場がありその中の半分にクラブチャンピオンがいたとしても
1000人もいるのである。それに引き換え日本アマには120人ほどしか出れないので
クラチャンよりは日本アマに出るほうが難しいのはよく分かる。
日本オープンに出るには日本アマの4位に入らなければならないので、いかに難しいかということである。


そんなこんなを思い浮かべ、最終日の18番のティインググランドを見れば、日本オープン2勝の片山選手
をしても大きく深呼吸することは理解できる。

たった1打差。

しかしこの1打は何よりも大きな1打で、日本一を決めるには十分な差なのである。
池田選手、日本オープン初優勝おめでとうございます。
by eos1d3 | 2014-10-20 18:43 | 徒然に | Comments(0)
かさぎゴルフ
c0145198_18533549.jpg




今日は2ヶ月ぶりのゴルフだった。
いつもお世話になっているお得先のコンペだった。

先週の台風と今週末に襲ってくるだろう台風に挟まれながら
非常に気持ちのよい秋空に恵まれた。

先月、美奈木ゴルフにて行われた日本女子プロゴルフをみて、
いいイメージで望んだが、流石に見ているだけではダメだと思った。

朝1番のティーショットは右へOB。

う~ん、やはり私には向いていないスポーツなのか・・・・。
by eos1d3 | 2014-10-10 18:57 | iPhone5s | Comments(0)