無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ジュリエッタ ( 63 ) タグの人気記事
まもなく3000km
ジュリエッタが納車されて、3ヵ月半、まもなく3000kmに達します。
1ヶ月にすれば1000km弱で、ここ最近にしては走っているほうだと思います。

昔、ゴルフをしている頃には1年でたくさん走ったこともありますが、車の運転が楽しいので
ゴルフに行く事は、運転+ゴルフと1粒で2度美味しいことになりますね。

c0145198_18213787.jpg



さて、9年間乗ったセルシオから乗り換えたジュリエッタですが最初は不安も多々ありました。
18年ぶりに乗るMT車、外車に乗るのも18年ぶり、しかも壊れやすいと言われるイタリア車で
はたして運転はともかくとしてアフターケア、ディーラーの対応も大丈夫だろうか?といった事です。

私は、いろんな車に乗ってやはり日本車は素晴らしいと感じておりました。
特にセルシオに関しては9年間で不具合が生じたのはバックカメラの故障とオーディオアンプの交換
だけであった。エンジン系統にはなんら問題はなかった。

そんな中、あえて得体も知れない車を選択するには相当の紆余曲折があったのだ。

c0145198_18294743.jpg


まず、次の車はMT車と言う事。これが私の一番の希望であった。
出来ればFRで4Drであって欲しかった。
そう考えれば、なかなか見当たるものがない。
BMW3シリーズにはセダン6MTがあるが、ちょっと違う。

そんな中でアルファロメオのジュリエッタを発見したのであった。
ジュリエッタはFFでハッチバックなので自分の希望とは違ったが、何より妻が大ファンの近藤真彦氏が
その初期型を所有しミッレミリアやプリマベーラに参加ししていることから、一気に選択肢の第一候補に
上り詰めたのだった。

さっそく、ディーラーに見に行った。
車種はクアドリフォリオベルデという、四葉のクローバーを与えられたアルファーのスポーツモデルである。


1750ccではあるが235psでパワフルなモデルであります。
実際に走ってみると、以前乗ったインプレッサのWRC(ATで235ps)とほぼ同じ感覚です。
6MTでこれは面白いと思いました。


c0145198_18373713.jpg



納車後はいろんなところに行きましたが、乗るときは靴をそれなりのものに履き替えたりと、
万人向けの車ではないですが、何より運転すること自体が楽しいです。

今のところマフラーを換えて、サブコンピューターを載せてあるくらいですが、
それでも、なかなか運転もしやすく走りやすい車だと思います。
3000kmで故障もなく、一番心配していた日本の真夏の高温多湿のなかも問題なく過ごせました。

エアコンの効きは日本車と比べればやはり弱いです。
それと、内装の造りはよ~く見てみると荒いです(笑)

それでも、それに余る楽しさがあると感じております。
日本ではプリウスやアクアのようなハイブリット車が多く、公道に溢れ返っています。
エコや省エネや低燃費が車を売る、大事な要素だそうですが、
私のジュリエッタはその点からすれば時代を逆流しております。

まぁ、中には私のように時代を逆流しているような人間もいていいのではないでしょうか(笑)
by eos1d3 | 2013-10-19 18:45 | 徒然に | Comments(4)
ティッシュケース
c0145198_18313619.jpg



元々、車にはティッシュペーパーは積まない主義だったが、最近鼻血がまれに出るので
早急に購入を検討しました。

それにしても、赤い色でいいものがなかなか無かったのですが、ようやく見つけて購入。
丸い輪っかのところを開ければ出てきます。

c0145198_18333056.jpg



こんな感じで掛けようとしましたが、ちょっと角が邪魔でした・・・・。
まぁ、普通に置いて使うとしましょう!
by eos1d3 | 2013-10-18 18:35 | 徒然に | Comments(0)
久々のゴルフ
今日は5月から5ヶ月ぶりにゴルフに行った。
しかも初めてのゴルフ場で楽しみにして出て行った。

前評判ではアップダウンがきつくてDRで思いっきり打てば突き抜けるホールもあるとのこと。
実際に行ってみると、今まで行った中でも最上級のアップダウンでした。


やはり久々にゴルフすると最後の3ホールくらいは足が疲れて集中力がなくなる。
今日も、昼から15番終るまで+2だったのが、残りの3ホールが、+1、+2、+6と9オーバーです。
それまでも一生懸命やってたのですが、1発のOBでブチッときてしまいました。


c0145198_20593856.jpg


それより、ジュリエッタを購入してから初めてゴルフに乗って行ったが、残念ながらゴルフバックは
ドライバーを抜かないと荷台に乗らないが、そんなことよりただ単にゴルフ場まで走る運転が楽しい。
私の場合、古い街並みを見るのも大好きだから、ゴルフに行くことは3つの楽しみが味わえて、
こんなに素晴らしい事は無い。いまであれば、秋祭りの真っ最中で、山間部の農村地帯であれば
どこも、提灯をぶらさげたり、だんじりの用意をしたりといい雰囲気になっている。

都会の神社でのお祭りは、既に田んぼがなくなり収穫も無いために子供達は一体なんのための
祭りなのか分からずに単なる祭りとして楽しんでいるだけだ。
春には恵み多い収穫を祈って、秋にはたくさん収穫できたことの感謝をするという祭り本来の
意味がなかなか分からないでいる。

しかし、農村地帯では祭りは生活に密着している。
その分、盛り上がるのは当たり前であろう。


高速を走ってみて、昨日取り付けたレーダー探知機が役に立った。
以前であれば、ピコピコ鳴るだけだったが、最新機では、カーナビのように1000m手前くらいから
アナウンスしてくれる。これは、なかなか素晴らしい!!

それと、ブースト圧計とアクセルスロット開閉度を表示させているのですが、同時にMAX値も表示できます。
今回の運転では、MAXブースト圧は+1.47でスロットの83%でした。
通常の圧力に対して147%の圧縮空気を以って、爆発させているという事だと思います。

この前取り付けたサブコンも効いているようで、とにかく運転が楽しいし、ゴルフもソコソコだし
こりゃ、これからもっとゴルフに行こうと決心した秋の日でした。
by eos1d3 | 2013-10-10 21:12 | 徒然に | Comments(0)
GWR83sd + OBDF12-RD
車を購入してレーダー探知機も最新のものに換えた。
GWR83sdですが、9月になって画面の大きくなった新型が出たようですが、
ジュリエッタのダッシュボードにはあまりに大きすぎるのでやや旧型となり値段も安くなった本機を購入。

c0145198_2034266.jpg
c0145198_20341124.jpg



私はトロトロ運転と評判がいいのですが、一応レーダーは10年以上前から使用している。
今使っているのは10年以上前のものでGPSはもちろん、液晶画面すらない。
それが、83sdの高性能と言ったら10年の進化の驚かずにいられない。

さて、今回これを買ったのは、OBDⅡに対応で車側から出ているOBD端子に専用コードで繋ぐと、
車の情報が色々見れるからであります。どうしてもブースト圧が見たくて本来販売されていない
輸入車用のOBDF12-RDと言うアダプターコードを取り寄せてもらい取り付けました。
c0145198_20384345.jpg


このコード、国産車には対応表があって、オートバックス等でも取り付け可能であるが、
輸入車には対応表がないばかりでなく、カタログにも載ってなく専ら「秘密の商品」となっているのである。
実際に、対応表が無いので取り付けても電源さえ入らない場合も多く、その辺メーカーとして保証できないので
このコードはユピテル指定店のみが取り扱えるようになっているみたいである。

とは言っても、取り付けは簡単。
車のOBDⅡコネクターに繋ぐだけで電源も取れて情報も取れます。
GPSがとどかなトンネルでもこれに繋いでいると車速から進んだ距離を計算して追尾可能だそうだ。

ジュリエッタではハンドル下のカバーを外すとすぐに取り付け可能!
しかも横のカバーも特殊ドライバーで外すと外れてコードの隠せるようになります。
c0145198_2046138.jpg
c0145198_20461124.jpg
c0145198_20462264.jpg



取り付け時間、僅か15分で完了!!
ブースト圧もちゃんと出ていますよ!!
c0145198_2047081.jpg



もちろん、起動画面は自作のジュリエッタ画面に設定完了!!

c0145198_20473541.jpg



これで、一安心である(笑)。
by eos1d3 | 2013-10-09 20:48 | 機材紹介 | Comments(6)
アクセサリー購入
c0145198_20154576.jpg



今日は奈良桜井市に行った。
その帰りにSFIDAと言うアルファロメオ専門店によりアクセサリーを購入。

その昔、Miniに乗っているときは豊中市浜にあったガレージアウトデルタでよくアクセサリーを買った。
こう言った、車を買うと、アクセサリーを集めたくなる。

英車の次はイタ車、やっぱりなかなか面白い。
by eos1d3 | 2013-09-25 20:22 | iPhone5s | Comments(0)
ASSO FORCE-G ハイパワーブーストアップキット 
c0145198_16421063.jpg




先々週の9/14にディーラーで取り付けられたてもらったASSO FORCE-G ハイパワーブーストアップキットですが、
説明の通りコンピューターで適正化される300kmを10日間で走りました。

今日の行程は阪神高速神戸線でハーバーランドまで行き、そのまま国道ヨンニッパでゴルフ銀座まで行き
彼岸花と稲刈り風景を横目に、西宮北まで一般道を走り、そのまま中国道で帰ってくる150kmの道のりでした。

高速では、Dモードに切り替えて、一般道ではNモードのまま走りましたが、やはり取り付け前よりは、
2700回転からのブースト圧がかなり上がっているように思えました。
高速でのDモードも非常に走りやすく、6速からでも十分に加速します。

僕はセーフティードライバーなので制限時速内で楽しみますが、それでも明らかに取り付け前よりは
クルマが軽くなったように思えました。

今週は仕事で奈良方面に行きますので、その時にまたたくさん乗って、楽しみたいと思います!。
by eos1d3 | 2013-09-23 16:50 | 機材紹介 | Comments(2)
ブーストアップした
今日、ジュリエッタの初めてのオイル&エレメント交換に行った。
2週間前から予約してディーラーに行くと、ASSOと言うメーカーがキャンペーンをやっていた。

そこで「ブーストアップに興味ないですか?」と言われたので、
「興味ないことはないですが、保証の問題とかエンジンに負荷がかかったりとかだと嫌です。」と答えると、
「これはディーラーが保証しているパーツで、ディーラーで責任を持って取り付けるので大丈夫です」との返答。

早速、オイル交換の合間に取り付けてもらい試走して体感してみてくださいと・・・。

そこで、走ってみると、やっぱり2700回転くらいから馬力とトルクが上がっていることが実感できた。
こういったパーツは後々保証継承がややこしいと思っていたのでちょうど良かったと即購入しました。

c0145198_1912854.jpg


このようにカプラーでバッテリBOXの横のBOXに簡単に取り付けています。

メーカーの担当の方によるとQVは20%近く出力が上がるとのこと。
ノーマルで235PSなので282PSほどにアップしたらしい
詳細データー見つけました。AlfaRomeo Giulietta-QV STD235ps/34.7kgm → 266ps/39.8kgm になるらしい。
やっぱり、確かにそう聞いて走ってみると、ターボがかかったときの加速が違うような感じが・・・・。


コンピューター制御されており装着後300km走ると適正化され本領発揮らしい。
まぁ、元々、こんなやつ大好きなので、いいとします!!!
by eos1d3 | 2013-09-14 19:17 | 機材紹介 | Comments(2)
Giulietta having a Bag
c0145198_20451236.jpg




我がブラックジュリエッタ嬢のシートは真っ赤な革張りシートだ。
真っ黒なボディーと真っ赤なシートは、どうかんがえても派手すぎると思った。
しかし2ヶ月乗っていると不思議なものでこれが普通に見えてくる。

初めて見る人は「おっしゃれ~」とか言ってくれてなかなか嬉しいものだ。

そこで調子に乗ってショルダーバッグも同じ赤い革張りにしてみた。
c0145198_20471177.jpg
c0145198_20485941.jpg



ずっと探していたこの本革の赤いバッグ。
阪急メンズ館でようやく見つけることが出来ました!!
ジュリエッタの中に置いてみると、なかなかマッチしているではないか!

うん!満足じゃ~~~
by eos1d3 | 2013-09-01 20:50 | 徒然に | Comments(0)
IGNIO シューズ
ジュリエッタを購入して困ったことがあった。
もともと左ハンドルのイタリア車なのでセンターコンソールも左の方が広いままハンドル&ペダルだけを
右に移した形になっており、足元が非常に狭いのである。
左ハンドル仕様にはクラッチの左側に立派なフットレストがあるのですが、ペダル配置をそのまま
右に移した右ハンドル仕様にはそのスペースさえない。

ただ、僕はフットレストは昔から使わずに手前に足を置くスタイルなのでこの辺は問題ないが、
フットレスト派には苦痛を伴うドライビングになるだろう。

それより、問題なのはペダル間が非常にタイトと言う事である。
しかも純正ペダルはツルッツルで滑りやすく雨が降ったら革靴の靴底では滑って運転できないのであります。
靴も、ワイドなタイプだと側部がお互いに干渉しブレーキを踏んだときにアクセルも踏んでしまうことも
あるという危険を孕んでおります。

c0145198_18552783.jpg



そこで、なるべく横幅が狭くてゴムの部分が出っ張らずに、ゴム底が薄くてペダルの感覚を
掴みやすい靴が必要だと考えスポーツデポに駆け込んだのは納車の次の日だった。

そこで、まず高価な靴を買ってもどうなるのか分からないので低価格で探すと、1970円のこの靴が
履き心地がよく、なんか上手く行けそうだと直感した。

実際に履いて運転すると、これが靴同士が干渉しなくて実に運転しやすい。
車には常にこの靴を置いておき、運転するときに履き替えるスタイルで今まで来ている。

c0145198_18595082.jpg


さて、この靴があまりに運転しやすいので、本日色違いを購入した。
靴底も茶色でかっちょいい!
c0145198_190494.jpg


横の部分のはみ出しも少なく運転しやすい!!
c0145198_1912126.jpg




しかし、いちいち運転する毎に靴を履き替えなければならないなんて、そんな面倒な車なんで乗るの?
と思われるかもしれない。

でも、その答えは意外に簡単だ。
・・・・好きだからである。
by eos1d3 | 2013-08-30 19:05 | 機材紹介 | Comments(2)
運転すると言う事
c0145198_1995549.jpg




ジュリエッタを購入してから運転が楽しく思える。
車を運転すると言う事はATやMTで大きく違う。
うちにあるもう一台の車はAT車の日本車だから左手を使うことは殆どない。
方向指示器はハンドルの右にあるし、ブレーキとアクセルも右足で通常操作する。

逆にジュリエッタは多くの外車と同じようにハンドルの左に方向指示器がある。
しかもマニュアルミッションなので当然左手はシフトレバーを換えるのに忙しい。
指示器を変えながらシフトダウンするには左手は2つの仕事が必要である。
それと同時に、もちろん左足はクラッチに右足はブレーキやアクセルを担当する。

昔、免許を取ってすぐにROVER MiniCooper1.3i(4MT)に乗っていたときも方向指示器が
ハンドルの左側で同じ苦労をしたが、それが20年後のジュリエッタに役立つとは思わなかった。
ようするに、日本車のAT車を運転するのとは両手両足をフルに使わないと行けないので大変なのである。

このように、外見から見ると同じ「車を運転する」であるが、内容は全然違うのである。

この忙しさが、「自分が車を動かしている」と言うことを実感するのであります。
確かに、同じ距離を運転すると疲れは大きくなりますが、運転する楽しさが全てを消し去ってくれるように感じます!
by eos1d3 | 2013-08-26 19:21 | 徒然に | Comments(0)