無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ジュニアユースさん、こん..
by ゼク at 22:23
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:18
丸に橘さん、全部合板なん..
by ゼク at 22:51
Gibson J-160..
by 丸に橘 at 19:33
ジュニアユースさん、やっ..
by ゼク at 15:36
まったく、おっしゃるとお..
by ジュニアユース at 22:36
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ドラマ ( 71 ) タグの人気記事
2017 冬ドラマ 3
c0145198_18543815.jpg



新年もあっという間に2か月が過ぎ、ドラマもあっという間に終盤に差し掛かった。

月曜日は結局何も見ずにいる。

火曜日は嘘の戦争、視聴率こそ良いものの内容はそれほど良くない。
あり得ない展開はドラマだから仕方ないけれども、見事に相手側が引っかからずに
今まできたことが腹立たしい。やっつけ仕事のような時間を急ぐ脚本と、視聴者に
考えさせる時間を与えない展開は不信感が残る。

カルテットは5に近い6点だ。7話での巻夫婦の描写は必要だったのか??
最後におでんを食べて離婚するというシュチュエーションは理解できない。
せっかく言い感じで来ていたのが台無しになってしまった。
必要のない回だったように思える。

水曜日は、嘘の戦争に負けるとも劣らない視聴率のタラレバ娘、私のような40半ばの
オッサンが見る番組ではないことは理解できているが、見てしまう。
内容こそ単調であるが、単調でシンプルだから面白い時もあるいい例だ。

木曜日は、就活家族。これはいけません!まず黒木がいかん!自分勝手である。
大手会社をクビになったと聞いてから手のひらを返すよな気持ちの変わり方は
引きこもりの少年に見せた愛情あふれた人間と同一人物とは思えない。
それと、木村多江の役は必要だろうか?最終回まで尾を引くつもりだろうが、
やっぱり違和感が残ってこのドラマの本筋からは外れていると思う。

嫌われる勇気は期待していなかったが、そこそこである。
最終回に向けて課題がいろいろ出てくる展開は嫌いではない。
まず、ここにきてお父さんが警視庁の部長だった事実がわいてきた。
警視庁の部長はキャリア警察官のポストである。そんな部長が失踪したら偉いニュースになる。
まぁ、ドラマだから仕方がないけど・・・・・。それと、誘拐事件と大文字教授との
関わりがどうなるか、無理なこじ付けはやめていい終わり方を期待している。

金曜日は下剋上受験。前作は興ざめだった。中学受験をやる止めるで騒いで、最後の一瞬で
偏差値が20も上がったって、一番やったらあかんヤッツケドラマや!!

土曜日はスーパーサラリーマン、視聴率は悪いが、安定した面白さがある。
最終回にはどうなるのか楽しみだ。

日曜日は大貧乏、視聴率は最悪であるが、僕としては分かりやすい展開で面白い。

LIFEは今までのキムタクのドラマと比べると脚本自体が面白くない。
どんでん返しがあるのか分からないが、結子が助かり、キムタクはシアトルに帰るのだろう。


さて、次回は最終回の感想になると思います。
by eos1d3 | 2017-03-06 19:16 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 2
c0145198_18431812.jpg



今クールのドラマも中盤を迎えている。
ここで中盤までの感想を書きたいと思う、

火曜日は嘘の戦争ですが、非常に厄介なドラマである。
嘘や騙しがドラマの重要なファクターであるが、その内容があまりに
幼稚である。なんでそんなんで騙されるねん!!と誰もが突っ込んでいるだろう!
1pt下がって3点だ!!
逆にカルテットは視聴率に表れてこないが実に凝った表現方法を使ったドラマである。
見ている人の評判もいい。じっくり見ないと、そのセリフ回しの中や役者の表情に
深い意味が隠されているので面白さが分からないところがあるが、前半戦は120点の
初の6ptである。ここから終盤に向かって慌てずに丁寧に作っていけば最終回に
繋がるだろう。巻さんの結婚観や、その夫が今後出てくることによってさらに
話は膨らんで多様性をもつだろう。

水曜日はタラレバ娘、このドラマの対象となっているのはやはり30前後の女性であろう。
既に40歳も半ばを過ぎたおっさんがみるには少々忍びないが、吉高さんのファンなので
仕方ない。

木曜日は就活家族、これはいけません!ここまで引っ張ってようやく友和がクビになったことを
白状した。引っ張りすぎちゃうんかい!そして、就活塾の先生は悪者なのか?
それにしても、俳優陣の割には内容が薄いドラマである。視聴率の低下は仕方なし!
嫌われる勇気は、アドラー心理学を使ったドラマであるが、やや迷走気味である。
やはり、香里奈ちゃんの主役が荷が重すぎてキャスティングミスが否めないのである。

金曜日の下剋上受験、これもなかなか進まない。1ptダウンである。
最終的に偏差値72の中学に受かるのが分かっている最終回の落としどころが難しい。
そのプロセスとなる勉強方法や親子の絆を今後どう表現するかが見せ所。

土曜日のスーパーサラリーマンは下らないように見えてそんなことなない。
どこにでも居そうな全くスーパーでない人がスーパーマンになるのだから、その辺りが
普通で面白い。しかし、キョンキョンの扱いがもうちょっと良くしてほしい!
「私の16歳」でデビューした時からのファンだからである。

日曜日の大貧乏は1ptダウン。ありがちな内容に盛り上がらない展開で興ざめである。
そもそも小雪はタイプでないので見る勇気がわかないが仕方ない。
LIFEはキムタクのドラマであるが、なかなか進まない内容である。
姫川班の班長にしか見えない竹内結子をどうするのか?今後の楽しみである。
by eos1d3 | 2017-02-15 19:02 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 1
c0145198_18432266.jpg



今年に入って、もう既に正月気分も吹き飛んでいると思われるが、
冬ドラマもすべて始まりその序盤での感想を述べたいと思います。

月曜日の月9が結局見ず仕舞になりそうです。

火曜日の「嘘の戦争」は前評判よりは面白くないように思う。前作の銭の戦争のほうが面白かった。
何しろ、詐欺師になった草彅剛君であるが、あれだけうまくいくだろうか??
美人の山本さんやその長男に全く疑われることなく入り込むのはおかしいし、
そらドラマやろ?と言われても、やっぱりかなり無理のある設定だと思う。
 カルテットは超不思議な世界観のドラマである。4コママンガの連続のように全ての事情に
起承転結が用意されている。4人のそれぞれの人生が散りばめられており、それがどう絡んでいくのか?
セリフの繰り方や、アドリブとも思われるようなやり取りも面白い。

水曜日はタラレバ娘、タラレバと言うくらいに落ちぶれていない美しい3人にはちょっと役があっていない。
ここは、オカリナや南海シズちゃん達のような強者がキャスティングされていないとおかしい。
特に、榮倉奈々さんは私生活では結婚したてのウキウキ新婚さんなので、タラレバ感が全く
滲んでいなくて、見ていて恥ずかしい。

木曜日の就活家族はやっぱり5点の予想から3点に急降下である。
宝塚の黒木瞳と百恵ちゃんの旦那の友和がおりなしているのに、あり得ない展開。
超大手の役員にまで大手をかけた人物が、訳の分からないセクワラ疑惑で降格になるだろうか?
そこからおかしいし、それを隠し通してまだバレテいないのが不思議である。
嫌われる理由は香里奈ちゃんが演じるには全くダメで配役ミスは否めないが、ドラマの内容としては
椎名桔平演じる大学教授がアドラー心理学を解きながらドラマとリンクさせていくところが面白い。
このアドラー心理学を今まで知らなかったが、「自分の顔を気にするのは自分だけだ」というテーマに
おいて、それを理解し実行する香里奈ちゃんがドラマの筋とあっていて見ごたえがあると思う。

金曜日は下剋上受験、やはり阿部サダヲのドラマははずれがない。しかも深キョンは
いつまで経ってもかわいいし、いう事がない!!

土曜日のスーパーサラリーマンは、藤子不二雄の作品で、ずっと見ていれば何かいいことがあると
信じている。最後は感動のシーンが用意されていると思いながら我慢してみる!!
それにしてもキョンキョンの役どころが昔あった「ぐうたらママ」の坂口良子以上に悪い!!
私の青春のアイドルキョンキョンの使い方を考えてほしい!

日曜日は大貧乏、これはやはり内容は無いようという感じのドラマである。期待してなかったが見続けよう。
キムタクのA FIFEはそこそこ面白いのではないか??とにかくアンチキムタクが多くて困る。
ジャニーズのど真ん中を歩むにはいろいろなことに耐えなくてはならない!ガンバレキムタク!!
by eos1d3 | 2017-01-27 19:06 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 予想
c0145198_18262559.jpg



新年も10日が過ぎるともう正月気分も一気に吹っ飛びます。
するとまたドラマが始まりいつもの生活に戻ります。
さて、今回のクールはどんなドラマを見ようか?前クールは
いいのが多かったが今回は期待できるかな~~??

月曜日は月9をみるかどうか分からない。
なぜなら私が45歳のおっさんだからである。おっさんにはおっさんに似合うドラマがある。
しかし西内さんはかわいいから好きだ。

火曜日は剛君の噓の戦争を見よう。銭の戦争に続く元SMAPの草彅剛氏主演のドラマで
今回もなかなか面白そうだ。剛君のドラマは外れが少ない。
それとカルテットを見よう。火曜の22時は逃げ恥の枠なので力がはいるだろうなぁ~。

水曜日は東京タラレバ娘、吉高さんのドラマはガリレオ以来である。
新婚でうきうきの榮倉奈々と元AKBの大島優子と吉高由里子の織り成す不思議なドラマだ。
あまり期待せずに見よう。ちなみにその中では吉高由里子が一番好きだ。

木曜日は就活家族と嫌われる勇気である。就活家族はともかく、香里奈ちゃんは人気下降気味なので
頑張って欲しいものである。今夜から2作とも始まります。

金曜日は下剋上受験、阿部サダヲのドラマも外れは少ない。
心はポキッとしないものである!たのしみだ。

土曜日はここの所ずっと休養日であったが、生まれながらのキョンキョンファンなので
スーパーサラリーマンは押さえておく。

日曜日は注目度満点のキムタクの作品である。竹内結子との共演は本当に楽しみである!


こんな感じで見て行こうと思います!
by eos1d3 | 2017-01-12 18:40 | 徒然に | Comments(2)
逃げ恥とドクターXの最終回
昨日のドクターXの最終回を以て私が見ていた今年のドラマのすべてが最終回を迎えた。
特に火曜日の逃げるは恥だが役に立つは当初の予想通り5ptで有終の美を飾った。

それでは、その逃げ恥と略して世間的に認められている逃げるは恥だが役に立つは
一応心の中の整理として、ドラマ中に出てくる主人公の「みくり」とそれを演じる
新垣結衣は全く別の人格という事を理解しておかなければならない。

劇中に出てくる「みくり」はどうも私にとって馴染めない人格であった。
一方の星野源演じる平匡はどこか身近にかんじることが出来た人が多かったのではないか?
みくりがガッキーなので見落としがちであるが、結構な割り切った性格の女性である。

そもそも、仕事として給料をもらう従業員として契約結婚をしている事実は、
もしどういう理由であれ本当に結婚してしまったら破たんすることを前提に考え、
本当は結婚などしたくない女性では?とその計算高さにある。
最終回を見ても尚、この事実は解決してないようにみえ、今後の生活において
うまく行く可能性は0%に近いと思うのであった。

家事を時給ないし月給化してその年収が300万円~400万円というのは聊か問題である。
家事の中には自分のための選択や掃除も含まれていて、実際に旦那や子供たちの為のみの
用事と分けて考えればそんなにも行かないだろうし、完全な専業主婦であれば、
その家事の給料から、家賃や食費を¥や光熱費を払う必要はないのだから、単純な計算では追いつかない。
逆に、お互いが目一杯働いている夫婦では、家事は分担するのが普通であろう。
社会はドラマを歌うこの逃げ恥はそういったクールな現代の夫婦の形に一石を投じた
いいドラマであったと思う。

ドクターXは最終回でありながら最終回でないようなドラマである。
一体なにが問題視され何が解決されたのか全く分からない内容であった。
間違いなくシリーズ5に続くのは誰もが予想している通りでその布石として
最高峰の東帝大から台湾の病院に舞台を移すかのように見えてきた。
一方、院長として西田敏行がずっと出てきたが、それも今回で最後だと思えた。
やはり滑舌の悪さは歯並びの良さとは反比例する非人間的な印象であるし、
既に地方の16分院に飛ばされたのだからもう出番はないだろう。

1年後、どんな大物をサブの主役として招き、いったいどんなストーリーにするのかが
最大の見どころで、既に内容自体は陳腐化されている。

今回、視聴率20%を超えた両ドラマ、次回作を期待します!
by eos1d3 | 2016-12-23 18:12 | 徒然に | Comments(0)
IQ246の最終回
c0145198_18361842.jpg



ドラマを今までたくさん見てきているがこのIQ246の最終回ほど難解な最終回は
なかったように思う。そもそもこのドラマの本筋となるものはIQ246を持つ今日天才の
主人公があまりに暇を持て余し、完全犯罪に立ち向かい推理し解決するというものであった。

何作かは推理に重きを置いた回もあったが、ほとんどが推理自体があまりに貧相だった。
マリアTが出てきて、いったいそれが何者か?彼女は何を目指しているかが、必死に見ていても
最後まで伝わらなかった。IQ300のマリアTが一体どこにいてどう変装して何をしているのか?の
描写もいい加減だし、殺気というものを全く感じなかった。

最後の方に午前様という訳の分からぬ御人が出てきたが、いったい何者で、警視総監までを
操る割にはセリフもなく、なぜ病気でどうなっているのか全く分からない。
結局のところ最終回の1時間に詰め込んだ割には見ている方に全く何も伝わらない駄作となってしまった。

結構な名優が出ている割に、その良さを出せずに終わってしまったのは脚本の悪さだろう。
マリアTは死んだのか生きているのか?最後はどうなっているのか?幻想なのか??
ドラマであるからには何かのメッセージがあるはずなのに、ほぼ伝わらない難解な内容は
作り手だけの自己満足に他ならないだろう。
by eos1d3 | 2016-12-20 18:45 | 徒然に | Comments(0)
2016 秋ドラマ 最終回
今コールのドラマが最終回を迎えている。
最終回までみた感想を書きたいと思う。


火曜日のメディカルチームレディダビンチは4ptのままである。
ここのところ1クールが10回程度に少なくなっているのでどこか最終回に無理があると感じる。
何しろ羊さんの脳みその手術をしてから女の子の手術をするまでの期間が短すぎるのと、
女の子どんだけ待たせんねんっ!と親ならそう思ってしまう。
幻想を見れなくなるのと自分の病気を取る「究極の選択」のような設定も少し安っぽく感じた。
命を扱う医療ものであるから、この辺りの設定はしっかりと詰めておかなければならない。

先週に終わった水曜日の校閲ガールであるが、これはさとみちゃんの可愛さが不変であるから
5ptの満点であるが、内容としてはやっぱり夢にまで見たラッシーの企画書をあれほどまで簡単に
忘れることができるのか?菅田将暉との恋も成就せずおそらく中途半端な終わりだと思ったに違いない。
最近のドラマの傾向として、はっきりせずに曖昧に終わる傾向がある。
少し残念な終わりであったことは否めない。

木曜日のシェフは5ptでいいだろう。ほぼ全員が悪役ではなく最後はいい終わり方だった。
主役の天海祐希が前向きで見ていて気持ちよかった。料理について最後は何が大切か?
「わくわくするか?」これはどんなことについても当てはまることで重要なポイントだろう。
彼女と接した誰もが前向きになり、いい方向に向かえた。
同じテーマでも彼女が感じることで安ぽっさがなくなるのは、やはり宝塚の男役トップスターという
三ツ星俳優であるからだろう。

金曜日の砂の塔は、最終回にぶっこみすぎた典型的な例である。3から2ptにしてもいいほどの
駄作と言ってもいいだろう。金曜日の夜を見ているすべての人を暗い気持ちにさせた陰湿な設定は
最後まで気楽に見ることを許さなかった。最後の10分で親子の情のようなものを説いたが、
それまでのだまし騙しのドラマの見せ方が、視聴者に一気に明るき気持ちにさせるのには
十分な設定ではなかった。菅野美穂演じる亜紀さんの超中途半端な母としての感性は実に
目に余った。ドラマと言えばそれまでであるが、金曜日のこの枠は攻め過ぎであるが
それが十分に視聴者に理解されていないことが残念である。
「私を離さないで」もそうであるが、大きなテーマを持っているように見えているが、それを
十分に伝える術をもっていない展開である。

日曜日のキャリアは3ptのままである。警視庁には警視監が17人もいてさすがに他の道府県に
圧倒して多い。その警視監はもちろん全員キャリアであるが、そのキャリアに対してキャリアの
下っ端が歯向かうことなどあり得ないのである。30万人の警察官のうちキャリアは実に500人ほど。
キャリアの警視正といえばキャリアの中では下っ端なのだから、副総監に口が利ける訳はない。
その辺りの設定がメチャクチャである。ここは警視監より上の階級である日本でたった二人の警察官
警視総監か警察庁長官を使い上手く納めればよかったのでなないだろうか。
by eos1d3 | 2016-12-17 18:43 | 徒然に | Comments(0)
2016  秋ドラマ 3
c0145198_18264297.jpg




秋ドラマが終盤をむかえてきた。

火曜日のダヴィンチの診断はようやく面白くなってきたように思う。
羊さんが幻覚をみているのが分かっていたので、ようやくそれが過去の重大な事故の
トラウマと分かり、おそらくそれを解析診断部で完治させるというストーリーだろう。
その後、脳外科に戻るように完治するが、最終的に解析診断部に残るという話と思う。
ガッキーの逃げるは恥だが~は、現代版の高校聖夫婦かと思っていたがそうでもなさそうだ。
最後は本当の夫婦になるのはわかるが、それにしても源と変わりたいと日本中の男が
そう思っているだろう。何をかくそう私もその一人である。

水曜日は校閲ガール、これはただ単に石原さとみがかわいいと思っていたら、
いやいや本田翼もかわいいぞと発見が多いドラマである。校閲はそんなに簡単に出来るもんじゃないと
真剣にドラマの内容にクレームをつける人がいるが、それはさとみちゃんのかわいさでぶっとんでいる。

木曜日はドクターXであるが、やはりややマンネリ化しているのは辛いところ、今回が最後かも。
西田敏行の滑舌の悪さと泉ピン子の顔を見ているともうあまり見たくないと思ってくる。
内田有紀のかわいさでもっているドラマだと痛感する。
シュフは視聴率は悪いが私は面白い。なぜ小泉孝太郎があれほどに天海祐希を嫌うのか?
そこが不思議である。嫉妬か?憎悪か?川口春奈と親子と分かっての面白さがない。
そこのところがちょっともったいない。

金曜日の運命に似た恋はもう終わってしまったが、知世ちゃんの変わらぬ雰囲気がよかった。
全てが良い話で終わったことに違和感が残るが、妻は一緒に見ていて泣いていたので、
同世代の女性には評判が良かったのだろう。
砂の塔は、当初の気持ちの悪いいじめの話は決着がついたのか、本題の菜々ちゃんの
過去の話にスイッチしてきている。しかし肝心のハーメルン事件の犯人は、消去法を用いても
已然として生方(三代目のがんちゃん)しか残らないのは致し方ない。

日曜日はIQ、どうにも胡散臭いドラマである。ナゾ解きも強引でヤフーのドラマ掲示板では
最高に酷評が多い。これはコメディである。そう思えば太鳳ちゃんが何度も眠らされることも
我慢できるだろう。そうコメディである。
キャリア警官は、つい最近全国ただ一人の現実のキャリア署長が警視庁から警察庁にもどったと
ニュースにあった。36歳で警視であった。ドラマでは36歳で警視正なので、トップ出世組かもしれない。
地方公務員警察官では36歳で警部補なら出世が速く、巡査部長であることが多いだろう。
ひょっとして巡査長かもしれない。キャリアであれば36歳では警視正になると思うと
2本立ての警察システムの欠点があるように思う。
国家警察の警察官が、全く異次元採用の地方公務員警察官の中に入るので、
その統一の指標である階級を合わせるとおかしなことになる。
国家警察官は、警察官の身分を持たずに官僚として法案等の整理に当たるのがいいと思う。
それには、警察業務の掌握は必要ないだろう。
by eos1d3 | 2016-11-28 18:48 | 徒然に | Comments(0)
2016  秋ドラマ 2
c0145198_18403652.jpg



秋ドラマが中盤を迎えつつある。

火曜日のダヴィンチの診断は結構楽しみにしていたが、視聴率の通り
これと言った効果的な面白さはない。相武さんがかわいいから見ている。
一方、ガッキーの逃げるは恥だが役に立つは、視聴率がうなぎ上りだ。
平成版の高校聖夫婦だと思っていたが、そんな感じではない。
悪者がいなく、どこかほんのりするガッキーと星野源の掛け合いが楽しい。
ひょっとしたら最終20%いけるかもしれない。

水曜日は校閲ガールだが、さとみちゃんが毎回ファッションショーのように
色々着替えて出てくるのが楽しみである。翼ちゃんも成長し色っぽくなった。
もう、ドラマは校閲することなどどうでもよくなっている!!
まぁ、それも良しとしよう。
このドラマは石原さとみのための石原さとみによるオンリーワンだ!

木曜日は平均20%を今回も超えているドクターXである。
少々マンネリ化は否めないが、安定した内容で安心して見れる。
脇役もほぼ、主役級で固めたこのドラマ、もう次作の話をしてるとかしてないとか!
チーフは視聴率が極めて低いが、まぁ、そこそこである。
天海祐希の作品は外れがなかったが、今回ばかりはどうもドラマの本筋と言うものがない。
小泉氏がなぜにあれほど天海祐希を嫌うのか?それとかわいらしい矢吹春奈は何者か?
この辺りが見る気力を震え立たしてくれるところだ。

金曜日はNHKの運命に似た恋だ。安定して5%を保っている。
全8作なのでもう終わりだが、最終的にアムロは誰なのか?お前だ~~となるだろう。
斎藤工が間違いなくアムロだろう。
砂の塔は、前々作の私を離さないでとともに金曜日の夜に見るには心重たい内容だ。
菅野美穂の行動にイライラして、見ていてストレスを感じて寝つきも悪くなる。
それと菜々ちゃんは何者か?がンちゃんは悪者か?こりゃ、最終的にどう終わるのかが
それだけが楽しみなドラマである。

日曜日のIQは謎解きが全くIQが高くない展開に視聴者も嫌気がさしているらしい。
私は、織田裕二が新天地を求める役回りを必死に演じているのが良いと思う。
続編があるのか?いや、きっとないだろう。
キャリアは毎年20人弱しかいない警察庁のキャリアが部下の警部補にあんなふうに
言われるはずがない違和感と戦いながら見ている。
実際のキャリアは捜査は行わないし、ドラマとしてもキャリアを面白おかしく描きすぎている。


さて、今夜は砂の塔。また、気が重いな~~
by eos1d3 | 2016-11-04 18:59 | 徒然に | Comments(0)
2016  秋ドラマ 1
秋のドラマがだいたい一巡した。見た感想と視聴率の確認である。

c0145198_18491598.jpg



月曜日の月9は結局見ないことにした。月曜日は休養日にするとしよう!

火曜日のダヴィンチの診断はちょっと思ってたのとは違った。医療モノとしては
ドクターXが当たりすぎているのでその影響を少なからずとも受けている模様。
前々作の「コウノトリ」のような感じと医療推理モノとの和合のような作品で、
結構ありがちな内容であった。これと言った思い切りもなく初回視聴率は8.8%だった。

ガッキーの逃げるは恥だが役に立つは、ありえない展開と漫画チックは描写で
若者向きであるが、何しろガッキーが可愛らしいのですべて許容範囲に収まってしまうドラマだ。
昭和の時代を青春時代に過ごした人には「高校聖夫婦」の平成版だと気づかされると思う。
お互いの利益のために結婚を偽装する契約結婚だが、やがて本当の結婚に発展するのだろう。
「てんこ~~、しゅん~~」と呼び合った昭和時代を涙ながらに思い出ずにいられない。
初回は10%を超えていることを付け加えて置こう。

水曜は校閲ガールである。私は5点満点である!なにしろ石原信者の私は、
彼女のかわいらしさで100点満点を与えてもまだ足りないと思っている!!
校閲はそんなのじゃないとか、校閲をなめてるとかの批判もあるようだが、
さとみちゃんの可愛らしさと比べると「ドラマやんっっ」と一言で済ませるに
十分な内容であった。視聴率もさとみちゃんの持っているパワーで12%越えである。


木曜日のドクターXはさすがに多くのファンを持っているために初回20%を超えた。
しかし、マンネリ化は否めずに、最終形をどう持って行くのか??難しい展開になってきた。
ピン子は好きではないが、次第に大物俳優がいなくなりキャスティングも難しいだろう。
Chefは天海祐希の作品には外れが少ないが、今回も期待通り、いやそれ以上であった。
初回は8%であったが、10%はいきそうと思っている。


金曜日は石川五右衛門はパスして運命に似た恋はアムロが斎藤工ではなさそうな
雰囲気で次回がややこしい。最初から年齢差がおかしいではないか??
斎藤工が35として知世ちゃんが48歳で一回り違うやん。
しかし子供のころは中学生と小学生で5歳くらいの差だった。なら、あの髪飾りはどこから
手に入れたのか?視聴率は5%台を行ったり来たりの低空だ。

砂の塔は前クールで良い役だった我らが菜々ちゃんが、今回は家政婦のミタのような
過去があるミステリアスな女に変身した。金曜日のこの枠はちょっと怖い話が多く、
週末を楽しく迎えるにはややこしい設定だ。初回9.8%と10%を割った。
あまり多くのファクターを取り入れると見ている方もややこしくなるので、
出来る限りクリアーでいってほしいと思う。

日曜日は結局、レンタル救世主はパスすることにした。
キャリアは初回7.9%から6.2%に急下降。玉木宏のファンだけが頼りの低い内容のドラマだ。
何しろ、キャリアの署長に高卒のたたき上げの警部補が偉そうに意見を言えるほど警察は甘くない。
そのあり得ない構造に初回から嫌気がさしている。しかも、キャリアでは警視正は42歳くらいまでで
玉木宏も年では既に署長より上の位置にいるのでは?と思う。まぁ、これはドラマである。

IQ246は初回13%で早速ドクターXに続く人気となった。私も4点となっているが5点に近い内容だった。
織田裕二は好まないが、それでも内容自体が新しくて面白かった。



以上、初回を見ての感想である。
by eos1d3 | 2016-10-17 19:15 | 徒然に | Comments(0)