無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ジュニアユースさん、それ..
by ゼク at 18:30
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 20:51
MOGUさん、本当に偶然..
by ゼク at 19:39
奇遇ですね。 私もGW..
by MOGU at 20:01
ジュニアユースさん、本当..
by ゼク at 12:16
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 21:11
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ドラマ ( 74 ) タグの人気記事
2017 春ドラマ 1
c0145198_18355650.jpg



春ドラマが前半戦終了し、その感想を書こうと思う。

月曜日は貴族探偵、これはいけません。予想を大きく下回って2点です。
まず、美穂ちゃんが思いのほか老けたこと。私より1つ上のマドンナだったのに
完全におばちゃんになってしもうた。残すは武井さんのかわいい顔をみる以外に
楽しみはない。何が貴族やねん!鳥貴族かいっっ

火曜日はcrisisは面白い。MOZUの再来かと思える予感。
公安系のドラマは筋がしっかりしていると外さない。小栗君がかっこよく、
今後、彼らと局長(長塚さん)がどんな関係になるのか?悪者はだれか?
ストーリーは本筋に入っていくだろう。

木曜日は書いていないが捜査一課長を見ている。今回パート2であるが、
犯人がだれか、こねくり回してしまう気がある。最終的にほとんど無名の
役者が犯人であることが多いが、それでも一課長の気合の入った「ホシを挙げる」は
3回は聞きたいものである。
緊急取調室は前回に続いて面白い。役者のセリフ回しが100%の内容なので、
見ていて緊張感がある。
恋ヘタは高梨臨ちゃんのファンだから見ているが、内容は無いよう。

金曜日は書いていないが釣りバカ2が前回同様に面白い。
映画ではみちこさんと結婚していたが、そろそろ結婚するのだろうか??
僕はすずちゃんより姉ちゃんのアリスの方が好きだ。(どうでもいい情報)
リバースは湊かなえさんのNのためにに続いてサスペンスホラーである。
妻も見ているが湊かなえさんのドラマは女性が犯人の事が多いと言われて
それが頭から離れずに、怪しいのは麦ちゃんとの見解だ。

土曜日は書いていないが4号警備が4点である。
4号とは警備業務の番号で、警備業法第2条の1号に書いてあるのが施設警備で
2号が交通警備で3号が貴重品運搬で4号が身辺警備にあるところからきている。
身辺を警備する側の方から見た、人間模様を窪田くんと北村さんが上手に表している。
NHKだからCMもなくしっかり30分の見切り内容なので見やすい。ABブラザースの
若い方の回がよかった。
ボク、運命の人です。は非常に面白い。何しろ文乃ちゃんがかわいい!!
しかし、しかしである!文乃ちゃんが結婚していたことは知らないかった。
菜々緒もどんどん顔が長くなるし、ちょっと心配している。

日曜日は小さな巨人であるが、なかなか面白い。
ちょっとあり得ない展開ではあるが、ドラマながらの色付があるのはs仕方がない。
香川照之はきっと良い者だろう。そうでないと面白くない。
一番悪いのはきっと他の人だと思う。

予想にあった「母になる」や「人は見た目が・・・」や「あなたのことはそれほど」は
今回、見ないことにした。妻の「こんなん46のおっさんが見るドラマちゃうやん」との
一言で萎えたのである。

以上、中盤はどんな展開があるだろうか!!
by eos1d3 | 2017-05-09 18:56 | 徒然に | Comments(0)
2017 春ドラマ 予想編
春ドラマの時期が来ました、見たいものの一覧を書きたいと思います。


c0145198_1834147.jpg


月曜日は貴族探偵を見る。月9は福山君のラブソング以来に見ます。
脚本は相葉ちゃんの「ようこそわが家へ」の黒岩さん。
今回も相葉ちゃんの主役である。中山美穂ちゃんに武井さんとこりゃ見なあかんでしょ。

火曜日はCRISISである。小栗くんと西島さんが出て、MOZUのような感じを思っている。
公安機動隊のアクションドラマです。
あなたのことはそれほどは、波留さんが好きだからみるだけで△とした。
不倫を題材にしたややこしい内容なので、1回見て判断しよう。

水曜日は母になるであるが、沢尻さんは嫌いではないので見るだけである。
3歳で誘拐されて13歳になって戻ってきた息子をめぐる母親の話である。

木曜日は待ってましたの「緊急取調室2」である。第1作を面白く見たので楽しみだ。
特に天海祐希の作品ははずれが少ないと思っている。3年ぶりに2作目が見れる。
人は見た目が100%は△だが、水川さんが遠い親戚なので1回だけは見よう。
同じく「恋が下手でも生きてます」は単純に高梨さんが最高にタイプだから見るのである。
既に1回目が終わりビデオを録ってあります。ウシシ

金曜日はここには載っていないが釣りバカ2が間違いなく面白いので◎である。
リバースは湊かなえさんのNのためにと同じようなミステリーだと予感。
藤原くんと戸田さんのコンビは見ていてきっと面白いだろうと思う。
もちろん◎である。

土曜日はボク運命の人ですは、ジュニーズ好きの妻のごり押しで1回は見よう。
木村文乃ちゃんが出ているのでそれが楽しみだ。

日曜日の小さな巨人は刑事もので脚本は半沢直樹の八津さんであるからきっと
面白いだろう。ノンキャリアとキャリアの対峙を表現するらしい。◎である。
最後は題名が怖い「桜子さんの足下には死体が埋まっている」だ。
脚本は家政婦のミタゾノの山岡さん。怖い話だったら1回で止めよう・・・・。

以上、今クールは12番組+ビデオ2作の14作の視聴です。タイヘンダ~~
by eos1d3 | 2017-04-07 18:54 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 4
c0145198_18315867.jpg


今クールのドラマが全て終わった。
今回は最終回までは良かったが最後でダメになったものが多く思う。

火曜日は嘘の戦争ですが、あれほど憎んでいたのに最終回は中途半端だった。
会長も自分の罪を告白した後にどうなったのか?盛り上がりに欠ける最終回だった。
カルテットは最終回の1回前で巻さんが偽名だったことが判明、この回で終了に
持って行った方が良かったように思う。最終回はやっつけ仕事的で僕は残念に思った。
1年も連絡を絶っていた松さんが、音楽に導かれてすぐに合流するところが、
今までの念入りなドラマ作りに反して呆気なかった。

水曜日はタラレバ娘、46歳のオッサンの私が見るほどのドラマではないが
榮倉奈々さんが妊娠していると知ってから彼女のお腹に目に行くだけのドラマに
なってしまったことが残念だ。

木曜日の就活家族はいけません。あまりに脚本が適当過ぎるし黒木さんが身勝手で
泣けてきた。もう腹立った!!
嫌われる勇気は惜しい所まで行ったが、やはり最終回は誰もが納得いくないようでは
無かったように思う。梶さんが犯人だったなんて、しかも県警部長と言う事はキャリア
だった父の割に、自分一人で操作するなんてありえない。
非現実的なドラマだった。


金曜日は下剋上受験、最後は第一志望には受からずにまるで今年の我が家をみている
ようだったが、あれだけ、1校しか受けないと言っていたのにあっさりと第2志望を
受けてしまうところにナゼの嵐である。

日曜日は大貧乏、これもいけません!最後に奥田社長が捕まるが、それだってお金が返って
きたのだろうか?終始ドラマの目的が何だったかが見失われた脚本だった。
A LIFEも最終回は良かったのか悪かったのか??あまり意味が分からない内容だった。
あれだけ、怒っていた院長(柄本)が何故急に退任して院長を譲ったのか?
その辺りの細かな説明がもう少し必要だったように思う。

以上、今回も頑張って全部見ました!!

来クールは浜ちゃんが戻ってきます!!非常に楽しみ!
by eos1d3 | 2017-03-24 18:46 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 3
c0145198_18543815.jpg



新年もあっという間に2か月が過ぎ、ドラマもあっという間に終盤に差し掛かった。

月曜日は結局何も見ずにいる。

火曜日は嘘の戦争、視聴率こそ良いものの内容はそれほど良くない。
あり得ない展開はドラマだから仕方ないけれども、見事に相手側が引っかからずに
今まできたことが腹立たしい。やっつけ仕事のような時間を急ぐ脚本と、視聴者に
考えさせる時間を与えない展開は不信感が残る。

カルテットは5に近い6点だ。7話での巻夫婦の描写は必要だったのか??
最後におでんを食べて離婚するというシュチュエーションは理解できない。
せっかく言い感じで来ていたのが台無しになってしまった。
必要のない回だったように思える。

水曜日は、嘘の戦争に負けるとも劣らない視聴率のタラレバ娘、私のような40半ばの
オッサンが見る番組ではないことは理解できているが、見てしまう。
内容こそ単調であるが、単調でシンプルだから面白い時もあるいい例だ。

木曜日は、就活家族。これはいけません!まず黒木がいかん!自分勝手である。
大手会社をクビになったと聞いてから手のひらを返すよな気持ちの変わり方は
引きこもりの少年に見せた愛情あふれた人間と同一人物とは思えない。
それと、木村多江の役は必要だろうか?最終回まで尾を引くつもりだろうが、
やっぱり違和感が残ってこのドラマの本筋からは外れていると思う。

嫌われる勇気は期待していなかったが、そこそこである。
最終回に向けて課題がいろいろ出てくる展開は嫌いではない。
まず、ここにきてお父さんが警視庁の部長だった事実がわいてきた。
警視庁の部長はキャリア警察官のポストである。そんな部長が失踪したら偉いニュースになる。
まぁ、ドラマだから仕方がないけど・・・・・。それと、誘拐事件と大文字教授との
関わりがどうなるか、無理なこじ付けはやめていい終わり方を期待している。

金曜日は下剋上受験。前作は興ざめだった。中学受験をやる止めるで騒いで、最後の一瞬で
偏差値が20も上がったって、一番やったらあかんヤッツケドラマや!!

土曜日はスーパーサラリーマン、視聴率は悪いが、安定した面白さがある。
最終回にはどうなるのか楽しみだ。

日曜日は大貧乏、視聴率は最悪であるが、僕としては分かりやすい展開で面白い。

LIFEは今までのキムタクのドラマと比べると脚本自体が面白くない。
どんでん返しがあるのか分からないが、結子が助かり、キムタクはシアトルに帰るのだろう。


さて、次回は最終回の感想になると思います。
by eos1d3 | 2017-03-06 19:16 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 2
c0145198_18431812.jpg



今クールのドラマも中盤を迎えている。
ここで中盤までの感想を書きたいと思う、

火曜日は嘘の戦争ですが、非常に厄介なドラマである。
嘘や騙しがドラマの重要なファクターであるが、その内容があまりに
幼稚である。なんでそんなんで騙されるねん!!と誰もが突っ込んでいるだろう!
1pt下がって3点だ!!
逆にカルテットは視聴率に表れてこないが実に凝った表現方法を使ったドラマである。
見ている人の評判もいい。じっくり見ないと、そのセリフ回しの中や役者の表情に
深い意味が隠されているので面白さが分からないところがあるが、前半戦は120点の
初の6ptである。ここから終盤に向かって慌てずに丁寧に作っていけば最終回に
繋がるだろう。巻さんの結婚観や、その夫が今後出てくることによってさらに
話は膨らんで多様性をもつだろう。

水曜日はタラレバ娘、このドラマの対象となっているのはやはり30前後の女性であろう。
既に40歳も半ばを過ぎたおっさんがみるには少々忍びないが、吉高さんのファンなので
仕方ない。

木曜日は就活家族、これはいけません!ここまで引っ張ってようやく友和がクビになったことを
白状した。引っ張りすぎちゃうんかい!そして、就活塾の先生は悪者なのか?
それにしても、俳優陣の割には内容が薄いドラマである。視聴率の低下は仕方なし!
嫌われる勇気は、アドラー心理学を使ったドラマであるが、やや迷走気味である。
やはり、香里奈ちゃんの主役が荷が重すぎてキャスティングミスが否めないのである。

金曜日の下剋上受験、これもなかなか進まない。1ptダウンである。
最終的に偏差値72の中学に受かるのが分かっている最終回の落としどころが難しい。
そのプロセスとなる勉強方法や親子の絆を今後どう表現するかが見せ所。

土曜日のスーパーサラリーマンは下らないように見えてそんなことなない。
どこにでも居そうな全くスーパーでない人がスーパーマンになるのだから、その辺りが
普通で面白い。しかし、キョンキョンの扱いがもうちょっと良くしてほしい!
「私の16歳」でデビューした時からのファンだからである。

日曜日の大貧乏は1ptダウン。ありがちな内容に盛り上がらない展開で興ざめである。
そもそも小雪はタイプでないので見る勇気がわかないが仕方ない。
LIFEはキムタクのドラマであるが、なかなか進まない内容である。
姫川班の班長にしか見えない竹内結子をどうするのか?今後の楽しみである。
by eos1d3 | 2017-02-15 19:02 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 1
c0145198_18432266.jpg



今年に入って、もう既に正月気分も吹き飛んでいると思われるが、
冬ドラマもすべて始まりその序盤での感想を述べたいと思います。

月曜日の月9が結局見ず仕舞になりそうです。

火曜日の「嘘の戦争」は前評判よりは面白くないように思う。前作の銭の戦争のほうが面白かった。
何しろ、詐欺師になった草彅剛君であるが、あれだけうまくいくだろうか??
美人の山本さんやその長男に全く疑われることなく入り込むのはおかしいし、
そらドラマやろ?と言われても、やっぱりかなり無理のある設定だと思う。
 カルテットは超不思議な世界観のドラマである。4コママンガの連続のように全ての事情に
起承転結が用意されている。4人のそれぞれの人生が散りばめられており、それがどう絡んでいくのか?
セリフの繰り方や、アドリブとも思われるようなやり取りも面白い。

水曜日はタラレバ娘、タラレバと言うくらいに落ちぶれていない美しい3人にはちょっと役があっていない。
ここは、オカリナや南海シズちゃん達のような強者がキャスティングされていないとおかしい。
特に、榮倉奈々さんは私生活では結婚したてのウキウキ新婚さんなので、タラレバ感が全く
滲んでいなくて、見ていて恥ずかしい。

木曜日の就活家族はやっぱり5点の予想から3点に急降下である。
宝塚の黒木瞳と百恵ちゃんの旦那の友和がおりなしているのに、あり得ない展開。
超大手の役員にまで大手をかけた人物が、訳の分からないセクワラ疑惑で降格になるだろうか?
そこからおかしいし、それを隠し通してまだバレテいないのが不思議である。
嫌われる理由は香里奈ちゃんが演じるには全くダメで配役ミスは否めないが、ドラマの内容としては
椎名桔平演じる大学教授がアドラー心理学を解きながらドラマとリンクさせていくところが面白い。
このアドラー心理学を今まで知らなかったが、「自分の顔を気にするのは自分だけだ」というテーマに
おいて、それを理解し実行する香里奈ちゃんがドラマの筋とあっていて見ごたえがあると思う。

金曜日は下剋上受験、やはり阿部サダヲのドラマははずれがない。しかも深キョンは
いつまで経ってもかわいいし、いう事がない!!

土曜日のスーパーサラリーマンは、藤子不二雄の作品で、ずっと見ていれば何かいいことがあると
信じている。最後は感動のシーンが用意されていると思いながら我慢してみる!!
それにしてもキョンキョンの役どころが昔あった「ぐうたらママ」の坂口良子以上に悪い!!
私の青春のアイドルキョンキョンの使い方を考えてほしい!

日曜日は大貧乏、これはやはり内容は無いようという感じのドラマである。期待してなかったが見続けよう。
キムタクのA FIFEはそこそこ面白いのではないか??とにかくアンチキムタクが多くて困る。
ジャニーズのど真ん中を歩むにはいろいろなことに耐えなくてはならない!ガンバレキムタク!!
by eos1d3 | 2017-01-27 19:06 | 徒然に | Comments(0)
2017 冬ドラマ 予想
c0145198_18262559.jpg



新年も10日が過ぎるともう正月気分も一気に吹っ飛びます。
するとまたドラマが始まりいつもの生活に戻ります。
さて、今回のクールはどんなドラマを見ようか?前クールは
いいのが多かったが今回は期待できるかな~~??

月曜日は月9をみるかどうか分からない。
なぜなら私が45歳のおっさんだからである。おっさんにはおっさんに似合うドラマがある。
しかし西内さんはかわいいから好きだ。

火曜日は剛君の噓の戦争を見よう。銭の戦争に続く元SMAPの草彅剛氏主演のドラマで
今回もなかなか面白そうだ。剛君のドラマは外れが少ない。
それとカルテットを見よう。火曜の22時は逃げ恥の枠なので力がはいるだろうなぁ~。

水曜日は東京タラレバ娘、吉高さんのドラマはガリレオ以来である。
新婚でうきうきの榮倉奈々と元AKBの大島優子と吉高由里子の織り成す不思議なドラマだ。
あまり期待せずに見よう。ちなみにその中では吉高由里子が一番好きだ。

木曜日は就活家族と嫌われる勇気である。就活家族はともかく、香里奈ちゃんは人気下降気味なので
頑張って欲しいものである。今夜から2作とも始まります。

金曜日は下剋上受験、阿部サダヲのドラマも外れは少ない。
心はポキッとしないものである!たのしみだ。

土曜日はここの所ずっと休養日であったが、生まれながらのキョンキョンファンなので
スーパーサラリーマンは押さえておく。

日曜日は注目度満点のキムタクの作品である。竹内結子との共演は本当に楽しみである!


こんな感じで見て行こうと思います!
by eos1d3 | 2017-01-12 18:40 | 徒然に | Comments(2)
逃げ恥とドクターXの最終回
昨日のドクターXの最終回を以て私が見ていた今年のドラマのすべてが最終回を迎えた。
特に火曜日の逃げるは恥だが役に立つは当初の予想通り5ptで有終の美を飾った。

それでは、その逃げ恥と略して世間的に認められている逃げるは恥だが役に立つは
一応心の中の整理として、ドラマ中に出てくる主人公の「みくり」とそれを演じる
新垣結衣は全く別の人格という事を理解しておかなければならない。

劇中に出てくる「みくり」はどうも私にとって馴染めない人格であった。
一方の星野源演じる平匡はどこか身近にかんじることが出来た人が多かったのではないか?
みくりがガッキーなので見落としがちであるが、結構な割り切った性格の女性である。

そもそも、仕事として給料をもらう従業員として契約結婚をしている事実は、
もしどういう理由であれ本当に結婚してしまったら破たんすることを前提に考え、
本当は結婚などしたくない女性では?とその計算高さにある。
最終回を見ても尚、この事実は解決してないようにみえ、今後の生活において
うまく行く可能性は0%に近いと思うのであった。

家事を時給ないし月給化してその年収が300万円~400万円というのは聊か問題である。
家事の中には自分のための選択や掃除も含まれていて、実際に旦那や子供たちの為のみの
用事と分けて考えればそんなにも行かないだろうし、完全な専業主婦であれば、
その家事の給料から、家賃や食費を¥や光熱費を払う必要はないのだから、単純な計算では追いつかない。
逆に、お互いが目一杯働いている夫婦では、家事は分担するのが普通であろう。
社会はドラマを歌うこの逃げ恥はそういったクールな現代の夫婦の形に一石を投じた
いいドラマであったと思う。

ドクターXは最終回でありながら最終回でないようなドラマである。
一体なにが問題視され何が解決されたのか全く分からない内容であった。
間違いなくシリーズ5に続くのは誰もが予想している通りでその布石として
最高峰の東帝大から台湾の病院に舞台を移すかのように見えてきた。
一方、院長として西田敏行がずっと出てきたが、それも今回で最後だと思えた。
やはり滑舌の悪さは歯並びの良さとは反比例する非人間的な印象であるし、
既に地方の16分院に飛ばされたのだからもう出番はないだろう。

1年後、どんな大物をサブの主役として招き、いったいどんなストーリーにするのかが
最大の見どころで、既に内容自体は陳腐化されている。

今回、視聴率20%を超えた両ドラマ、次回作を期待します!
by eos1d3 | 2016-12-23 18:12 | 徒然に | Comments(0)
IQ246の最終回
c0145198_18361842.jpg



ドラマを今までたくさん見てきているがこのIQ246の最終回ほど難解な最終回は
なかったように思う。そもそもこのドラマの本筋となるものはIQ246を持つ今日天才の
主人公があまりに暇を持て余し、完全犯罪に立ち向かい推理し解決するというものであった。

何作かは推理に重きを置いた回もあったが、ほとんどが推理自体があまりに貧相だった。
マリアTが出てきて、いったいそれが何者か?彼女は何を目指しているかが、必死に見ていても
最後まで伝わらなかった。IQ300のマリアTが一体どこにいてどう変装して何をしているのか?の
描写もいい加減だし、殺気というものを全く感じなかった。

最後の方に午前様という訳の分からぬ御人が出てきたが、いったい何者で、警視総監までを
操る割にはセリフもなく、なぜ病気でどうなっているのか全く分からない。
結局のところ最終回の1時間に詰め込んだ割には見ている方に全く何も伝わらない駄作となってしまった。

結構な名優が出ている割に、その良さを出せずに終わってしまったのは脚本の悪さだろう。
マリアTは死んだのか生きているのか?最後はどうなっているのか?幻想なのか??
ドラマであるからには何かのメッセージがあるはずなのに、ほぼ伝わらない難解な内容は
作り手だけの自己満足に他ならないだろう。
by eos1d3 | 2016-12-20 18:45 | 徒然に | Comments(0)
2016 秋ドラマ 最終回
今コールのドラマが最終回を迎えている。
最終回までみた感想を書きたいと思う。


火曜日のメディカルチームレディダビンチは4ptのままである。
ここのところ1クールが10回程度に少なくなっているのでどこか最終回に無理があると感じる。
何しろ羊さんの脳みその手術をしてから女の子の手術をするまでの期間が短すぎるのと、
女の子どんだけ待たせんねんっ!と親ならそう思ってしまう。
幻想を見れなくなるのと自分の病気を取る「究極の選択」のような設定も少し安っぽく感じた。
命を扱う医療ものであるから、この辺りの設定はしっかりと詰めておかなければならない。

先週に終わった水曜日の校閲ガールであるが、これはさとみちゃんの可愛さが不変であるから
5ptの満点であるが、内容としてはやっぱり夢にまで見たラッシーの企画書をあれほどまで簡単に
忘れることができるのか?菅田将暉との恋も成就せずおそらく中途半端な終わりだと思ったに違いない。
最近のドラマの傾向として、はっきりせずに曖昧に終わる傾向がある。
少し残念な終わりであったことは否めない。

木曜日のシェフは5ptでいいだろう。ほぼ全員が悪役ではなく最後はいい終わり方だった。
主役の天海祐希が前向きで見ていて気持ちよかった。料理について最後は何が大切か?
「わくわくするか?」これはどんなことについても当てはまることで重要なポイントだろう。
彼女と接した誰もが前向きになり、いい方向に向かえた。
同じテーマでも彼女が感じることで安ぽっさがなくなるのは、やはり宝塚の男役トップスターという
三ツ星俳優であるからだろう。

金曜日の砂の塔は、最終回にぶっこみすぎた典型的な例である。3から2ptにしてもいいほどの
駄作と言ってもいいだろう。金曜日の夜を見ているすべての人を暗い気持ちにさせた陰湿な設定は
最後まで気楽に見ることを許さなかった。最後の10分で親子の情のようなものを説いたが、
それまでのだまし騙しのドラマの見せ方が、視聴者に一気に明るき気持ちにさせるのには
十分な設定ではなかった。菅野美穂演じる亜紀さんの超中途半端な母としての感性は実に
目に余った。ドラマと言えばそれまでであるが、金曜日のこの枠は攻め過ぎであるが
それが十分に視聴者に理解されていないことが残念である。
「私を離さないで」もそうであるが、大きなテーマを持っているように見えているが、それを
十分に伝える術をもっていない展開である。

日曜日のキャリアは3ptのままである。警視庁には警視監が17人もいてさすがに他の道府県に
圧倒して多い。その警視監はもちろん全員キャリアであるが、そのキャリアに対してキャリアの
下っ端が歯向かうことなどあり得ないのである。30万人の警察官のうちキャリアは実に500人ほど。
キャリアの警視正といえばキャリアの中では下っ端なのだから、副総監に口が利ける訳はない。
その辺りの設定がメチャクチャである。ここは警視監より上の階級である日本でたった二人の警察官
警視総監か警察庁長官を使い上手く納めればよかったのでなないだろうか。
by eos1d3 | 2016-12-17 18:43 | 徒然に | Comments(0)