無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
丸に橘さん、Thalia..
by ゼク at 09:34
ジュニアユースさん、そう..
by ゼク at 09:30
まさひろさん、やっぱり何..
by ゼク at 09:28
ですよねー。 でも、私..
by 丸に橘 at 06:25
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 20:25
サーキットでカメラを大事..
by まさひろ at 11:24
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:メディア ( 19 ) タグの人気記事
Extreme Pro 16GB と書き込み速度
c0145198_17152366.jpg


以前、鈴鹿のテストの時にSDHCの8GBを落とした話をしましたが、POKKA戦を迎えてやはり
700kmの長丁場と言うことでまた16GBを追加した。とりあえず評判のいいExtreme Pro 16GBにしたのですが、

実際の書き込み速度がどれくらいなのか、以前はよくテストしていたのですが、1D4になって初めてテスト
してみました。

テストしたCFはUDMA対応のExtreme Pro 16GB,Extreme 16GB,Extreme IV 8GB,
Transcend 300* 8GB そして、参考としてUDMA非対応CFのExtreme III 2GB 以上の5枚です。
c0145198_1934472.jpg


テスト方法はこれも毎回同じで、Mモード、カメラのキャップをしたまま、SS:1/250で連写モード、
ISO100で全てのノイズ低減系のカスタムはOFFです。
カメラはEOS-1DMarkIVで全てRAWで撮影。シャッターを押し、連写が止まるまでの枚数と、連写が
止まってからアクセスランプ(メディア書き込み中ランプ)が消えるまでをストップウォッチで計測します。
なお、RAW1枚のデーター量は15.9MBだった。



結果は・・・・・

     CF名      連続枚数---アクセスランプが消えるまでの秒  1秒当りの書き込み量
  
1位 Ex Pro 16GB  (39枚---11.4秒) 54.5MB/S
2位 Ex 16GB     (37枚---13.8秒) 42.6MB/S
3位 Ex IV 8GB   (36枚---16.7秒) 34.2MB/S
4位 Tra 300*8GB (34枚---18.2秒) 29.7MB/S
5位 Ex III 2GB   (31枚---30.3秒) 16.2MB/S

順番を写真で表せばこんな感じ・・・・・
c0145198_19341431.jpg



<<結果>>
やはり、公表の速度の通りの結果になっているが、Proの90MB/Sがもう一つ遅いですね。
Ex 16GBとEx Pro 16GBなら大きく金額も違い、結構張込んだつもりなのに、こんなもんか?という感じです。
次からはEx 16GBで十分ですね(笑)
by eos1d3 | 2010-08-09 06:45 | 機材紹介 | Comments(20)
落としても~たっ
先日、鈴鹿のタイヤテストに行ったときにどうもSDHCを落としたようだ。
実に悲しい・・・・。持っていかなくていいものを持って行ってしかも当たり前のように落としてしまった。


出かける前に、ちょっと気になってこのSDHCカードをプラ製ケースに入れてズボンのポケットに
入れたまでは記憶があるが、さて、現地に着くとどうもそのケースがない。
手探りでポケットの中を探るが一向に指先に絡まない・・・・・・。

c0145198_12334261.jpg



不幸中の幸いは、データーが何も入っていなかったこと。
でも8GBで主力級のカードの紛失は非常に痛いところであります。

キヤノンの1D系ではディアルスロットでCFとSDの2種類のカードを同時に入れて片方が
無くなれば片方に切り換えて記録できたり、CFにRAWをSDHCにJPEGをという風にも使える。

今回、絶対に容量が足りると分かっていながらわざわざ無くすために持って行った感じがして非常に
残念です。追加購入どうしようかな~~、トラの600倍8GBも気になるな~~!
by eos1d3 | 2010-05-25 12:37 | 徒然に | Comments(28)
新型SDHC投入!!
いつの間にかSanDiskのCFとSDHCがモデルチェンジしました。
今まではⅡとかⅢとかⅣとか付いていましたが、CFではProと非Proに分かれました。

そしてSDHCはCLASS6がCLASS10に最低書き込み速度が変わりました。
最高書き込み速度が30MB/sであることは変わりありません。

今回、購入したのSDHCでSanDisk Extreme 8GB 30MB/s CLASS10です。
c0145198_1782921.jpg



そこで、いつものようにメディア書き込みテストをしてみました。参考になれば幸いです。

テスト方法:
EOS-1DMarkIIIを使います。
連写モードにして秒間10コマ打ちます。
MモードでSS:1/250でレンズキャップをします。
シャッターを押すと同時にストップウォッチを計り、連写が止まるまでの撮れた枚数とアクセスランプの
消えるまでを測ります。
ISO100でノイズリダクションはALL-OFFです。
なお、RAWで撮って1枚のデーターは8.6BMでした。

c0145198_171231100.jpg

まず左のSDHCからです。

Transcend CLASS6 SDHC 150*
撮れた枚数               39枚
アクセスランプが消えるまで     32.3秒
書き込み速度は            10.5MB/s


次に真ん中のカード
SanDisc CLASS6 SDHC ExtremeIII 30MB/s
撮れた枚数               39枚
アクセスランプが消えるまで     29.8秒
書き込み速度は            11.3MB/s


最後は今回購入のカード
SanDisc CLASS10 SDCH Extreme 30MB/s
撮れた枚数               39枚
アクセスランプが消えるまで     24.2秒
書き込み速度は            13.8MB/s


*書き込み速度 = 枚数 × 8.6MB ÷  アクセスランプが消えるまでの時間

<<結果>>
やはり新型SDHCのほうが1.29倍の書き込み速度があります。
CLASS10とは毎秒10MBは最低書き込めるという表示に偽りはありませんが、30MB/sまでは
出ていないというのが今回の結果です。
旧型のSDHCやトラ製のSDHCと比べると3割増しの性能です。
僕の持っている他のあらゆるSDHCより旧型San SDHC CLASS6が早かったのですが
今回は大幅にその性能を上回りました。

ですので、買っても失敗はないと思います。
by eos1d3 | 2009-11-23 17:22 | 徒然に | Comments(6)
メディア書き込みテスト UDMA対応編
僕の持っているCFは6枚。その内一応UDMA対応となっているのは3枚である。
非対応は3枚の計6枚です!
c0145198_20412617.jpg


今回購入したEOS 5DMarkIIはUDMAに対応しています。

以前 EOS 1DMarkIII(UDMA非対応)で計測した結果と比べてUDMA対応機種が
どれだけ早くCFに書き込めるか測ってみました。

結果はやはりUDMA対応のCFは5D2では非常に早く書き込めるということです。

測定方法
1D3、5D2ともにレンズキャップをしてSS1:250、RAW、連写モード、ノイズリダクションOFF

以上でカードをその都度初期化して連写が鈍るまでの枚数とシャッターが止まってから
アクセスランプが消えるまでの時間を測定。

今回のテストCFは、それぞれは写真で判断してください。
UDMA対応   SanDisk Ex4 ,Transcend 300,SILICON POWER 200
非対応      SanDisk Ex3, Lexar Pro 133,SanDisk Ultra2

まず1D3では1枚のデーターは8.71MB、5D2では19.7MBとなった。


1D3(非UDMA)   1枚のデーターは約8.71MB

1位  San Ex3   28.6秒   43枚    13.1MB/S
2位  San Ex4   25.6秒   37枚    12.3MB/S
3位  Lexar Pro  29.9秒   42秒     12.2MB/S
4位  Tra 300   33.0秒   42枚     10.9MB/S
5位  San Ul2   45.2秒   40枚     8.9MB/S
6位  SILICON  56.8秒   41秒     6.3MB/S

-------------------------------------------------------------------------------------

5D2(UDMA対応)  1枚のデーターは約19.7MB

1位  Tra 300   5.5秒   17枚     60.9MB/S
2位  San Ex4   6.8秒   17枚     49.2MB/S
3位  SILICON  14.0秒   16枚    22.5MB/S
4位  Lexar Pro  14.5秒   16枚    21.7MB/S
5位  San Ex3  15.5秒   16枚    20.3MB/S
6位  San ul2   30.0秒  15枚     9.8MB/S


この結果をみて やはり1D3と5D2では順位が大きく変わった。
5D2では60MB/Bという数字が出ているがこれは僕のやり方が悪いのかもしれない。

実際にシャッターを押して連写に入った瞬間からアクセスランプは点灯している。
でも僕はこの時間は測定していない。測定しているのはあくまでも連写が鈍ってからである。
その点を踏まえても、書き込み速度自体の優劣は変わらないと判断しました。

書き込み速度は単に1枚のデーター量を枚数と掛けて連写が鈍ってからアクセスランプが
消えるまでの時間で割った、あくまでも「参考」の数字であることに留意していただきたい。



やはりUDMA対応の、特にTraの300倍はかなり早い!
シャッターを押している間、ずっと連続して絶え間なく書き込んでいる感じである。
5D2で使うのはコストP的にもTra300倍がいいと勝手に判断しました!
by eos1d3 | 2008-12-05 21:09 | 機材紹介 | Comments(4)
SILKYPIX 作例
SILKYPIXを購入したことは既に書きましたが、ここでちょっと実例をだしてみようと思います。


元画はEOS 1DMarkⅢ + EF500mmF4LIS(×1.4Ⅱ) 700mm F5.6 SS1:500
一応ゴーヨンに1.4倍テレコンを付けて開放でフェンス2枚越しに狙った写真です。
これはJPEGの撮ったままの状態でWBはオート、PSはスタンダードとなっています。
c0145198_14253281.jpg



それをDPPで露出をややアンダーにコントラストを上げて夕陽の感じを出すために
RGBタグで苦労したモノがこれです!シャープネスも上げています。
やはりアンダーにするだけで画像が締まります!ところがRGBタグでのWB調整は
難しく黒い部分もコントラストを強めると全体がメリハリつき過ぎてしまいます。
c0145198_14283998.jpg




その点SILKYPIXではJPEGでもWBの調整が可能、しかもガンマ、黒レベルの調整でき
コントラストとは別のタグで黒のみを引き締められます。
これでDPPよりは自然な赤みが出ました!
c0145198_14324362.jpg




さらにガンマ、黒レベルを強調するとこうなります。
もちろんこれは暗過ぎますが、ヘッドライトを点けて向かってくる様子が分かります。
c0145198_14344493.jpg




こんな感じでDPPと比べると調整が簡単に早くできます!
もちろん今回は分かりやすくするためにかなり誇張しています。

その他、SILKYPIXにはDPPにはないいろんな機能があり、例えばカラーモードでは
「記憶色」「美肌色」「フィルム調」と言うのが何種類かありJPEGでもそのままテイストを
変えれますし、DPPにあるPS的なテイストパラメーターと言うのもRAWでなくとも使用可能です。

まぁ、興味のある方はSIKLYPIXのHPで30日間の使いたい放題の試用版があるので
これで16000円は高い!と思うかDPPやったらタダやのにこんなんいらんわ!と思うか
一度試してみてください!
by eos1d3 | 2008-11-15 14:45 | 機材紹介 | Comments(16)
メモリーカード追加
先日、8GBのSDHCカードが破損し認識出来なくなった事をお知らせしました。
そして今回EOS 5DMarkIIを予約した為にUDMA対応の最速のCF、SDCHを追加しました。

CF: SanDisk ExtremeIV 45MB/S 8GB
SDHC SanDisk ExtremeIII 30MB/S 4GB
c0145198_21134179.jpg

以前はここにもありますが
「45MB/秒の高速転送に対応した「SanDisk Extreme Ducati Edition」だったが、このモデルは年内で終了となる。」とのことでした。それでコイツを購入したという経緯です。
それと1D3を使う上でSDHCも必要なので4GBを追加しました。
5D2はご存じの通りSDHCには対応していないのでUDMA対応のCFを購入する事になると思います。

さて、いつものように同じ条件でカメラ(1D3)からメディアへの書き込みテストをしました。
c0145198_21193019.jpg

ところがショックなことにSDHCの方は全てのメモリーカードの中での最速を示し満足したものの、
CFはExⅢにも負けているではありませんか!!
というよりほとんど早くない!と言ってもいいくらいです。
もちろん1D3がUDMAに対応していないため仕方ないかもしれませんが、San ExⅢの方が
早いなんてやはりショックです!!

次に高速転送可能のライターでPCへの書き込みテストをしました。
さすがにPCへの書き込み速度は
c0145198_2125575.jpg

こういう順番でした!
ちなみにSan ExⅣとTranscend 300* が23.4MB/Sでした。
ここではSan ExIIIはUDMA対応でないので15.6MB/Sでした。
ただ、SDHCのSan ExIII(30MB/S)も17.0MB/SのPC書き込み速度でした。

どちらにしてもリーダーがSanDiskの純正でないため各45MB/S(CF),30MB/S(SDHC)
の転送速度は確認できませんでしたが、格安リーダーでここまで書き込めたら良しとしましょう。

結論として、
1D3で使うにはSDHCのSan ExIII(30MB/S)が一番早いような気がします。
ただPCへの転送速度を考慮するならUDMA対応のEx4 or Tra 300*だと思いますが、
コスト的にもノーマルExIIIでも十分な気がしました!!
今度、5D2でもチェックしてみたいと思います!!

参考:購入金額
San ExIV(45MB/S)8GB CF 15000yen
ExIII(30MB/S)4GB SDHC 4500yen
*購入店
楽天市場 アーキサイトダイレクト


,
by eos1d3 | 2008-09-26 21:34 | 機材紹介 | Comments(9)
いきなり 消滅
このところメモリー関係に関してはツイていない。

先週、4年間使っていたXPのPCが逝きました。
それもご主人様にその「前触れ」も見せないで・・・・・・・。

あっ、と言う間に画面が暗くなりセーフモードでの起動画面が出ました。
そのままどうやってもセーフモードでも起動せずに帰らぬ人(PC)となってしまいました。

HDDにはまだたくさんのコピーしてない情報があったのに・・・・・・。
PCなんていつ壊れるかもわからないからデーターだけはコピーしておくのわかってたのに!

言っても仕方がない!たまたまヨドバシの5年延長保障に入っていたので、無償修理できましたが、
HDDは交換されて赤ちゃんの状態で帰ってきました!!



それとSDHCもいきなり逝ってしまいました。

ご存じの方もおられると思うんですがSD(SDHC)カードには裏側の違いで2種類あります。

c0145198_8323399.jpg

c0145198_8325612.jpg


見ておわかりかもしれませんが、上のモノは左から4番目5番目の端子がやや他に比べて長いです。

下のモノは全部端子が同じ大きさです。

このことが原因かどうわかりませんが、この下の端子が全部同じ長さのモノが突然全部
消えてPCでもカメラでも認識されなくなりました。もうどうやっても無理です。
中身は8枚ほどどうでもいい写真が入っていたので良かったですが、やはり永久保証の
メディアが多い中これでは意味がない。
「メモリー」は文字どおり「記憶」できて意味があるのである。

おそらくこの4・5番目の長い端子が先に本体側と接しないとよくないらしい。
電源か何かになっているんだろう。

今後はこの4・5番目が長いものしか使わないようにしようと思う。

ちなみにメモリーを追加発注しました!!
サンのEX Ⅳ(45MB/S)8GBのCFと、EX Ⅲ(30MB/S)4GBのSDHCです。
どちらも新発売なので期待していす。
到着したらまた速度計測してみたいと思います!
by eos1d3 | 2008-09-25 08:37 | 機材紹介 | Comments(14)
SD & SDHC
昨日注文しておいたSDカードとSDHCカードが到着しました!!

c0145198_12253661.jpg


SDHCは真ん中のA-DATE CLASS6 4GBです。
SDは右の漢字が書いてある上海問屋 150× 2GBです。

ちなみに左はずっと前に買ったSDHC 上海問屋CLASS6 8GBです。

そしていつものように転送速度を測ってみた!

SDHC A-DATE 4GB(CLASS6)は 4.1MB/S
SD 上海問屋 2GB(150*)は   2.5MB/S

と驚くほど遅いではありませんか!!
まぁSDの方はコンパクトデジカメが非SDHCなので購入したから転送速度は関係ないのですが
150倍って言うのは???でした。

次にSDHC A-DATEの方もCLASS6の割に4.1MB/Sしか出ていません。
CLASS6は本当は6.0MB/Sは保証しているはずなんですが・・・・・・。

ちなみに上海問屋で買った大成功品(左の写真のSDHC)の速度は
何回測っても11.6MB/S出ています。約3倍の速度です!!

上海問屋のものは中身が毎回変わっているのかもしれません。
確定ではないですが購入されたいろんな人の話を聞くとどうも同一商品とは思えないものがあります。

参考になればいいですが・・・・・。
by eos1d3 | 2008-09-16 12:35 | 機材紹介 | Comments(8)
エラー99の修理終わりました
本日、エラー99による修理が完了し取りに行きました。
予定では10日間ですが1週間で終わったようです。
c0145198_18162614.jpg

c0145198_18164786.jpg


やはりシャッターチャージユニットの交換でした。その部分のどこが問題があったかは
教えてくれませんでしたがシャッター部分を新品に換えたようです。
なお、ここまでのシャッター数は11190回!本日新品になりました!!!

帰ってきてまず、ピント(AF)のずれがないかチェックしました。
前回のAiサーボのリコールのミラー調整のさい全部のレンズは前ピンになった経験が
ありますので今回は事前に聞いていました。

「この修理でピントは狂いませんか?」
「はい、今回は大丈夫です」

結果は、大丈夫でした。
修理前にあったAFピントDATEと比べて特に問題がなく満足いくものでした。
この分なら何かあってもAFマイクロアジャストメントで調整できそうです。

1D3では充電する毎に1回の充電で何枚撮ったかわかりますので、今回からカウントしたいと
思います。

ちなみに先日購入した Transcend CF 4GB 300×(UDMA)ですが
早速メディア書き込み速度テストしました。
結果は 10.98MB/Sでした。
ぬぅわぁんと上海問屋のSDHC 8GBにも負けているではありませんか!!

c0145198_18391821.jpg

う~~んショック!
やはりSanDisk ExtremeIIIが1D3にはいいかもです。
by eos1d3 | 2008-05-19 18:28 | EOS1DMarkIII | Comments(19)
Transcend 300* by UDMA 4GB
またもやメディア追加です。
初UDMA対応のCFを購入しました!!

Transcend 300* by UDMA 4GB
c0145198_1329581.jpg



1D3はUDMA対応ではないですがPCへの書き込みが早いかもしれません。
金額も6,980円(送料込み)と安かったので購入しました!!

1D3が修理から返ってきたら他のCF・SDHCとの比較をしてみたいと思います。

前回のテストでは・・・・。
by eos1d3 | 2008-05-16 13:16 | 機材紹介 | Comments(6)