無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 16:02
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:02
kotodaddyさん、..
by ゼク at 21:47
こんにちは。 画像を見..
by kotodaddy at 14:25
ワガマスさん、どうもあり..
by ゼク at 19:18
こんにちは ずいぶん前..
by ワガマス at 12:10
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:家族 ( 362 ) タグの人気記事
鈴鹿1000km 12回目
元々サーキットに通うようになったのはKONDO RacingがSUPER GTに参戦したから。
マッチファンだった妻が子育ても一段落ついたので、マッチを間近でみてみたいと、
2006年の鈴鹿1000kmに行ったのだった。
しかし、その頃はまだフィルムカメラで36枚撮るのがようやくだった。
そしてその時に初めてデジタル一眼で撮影する人を見たのでした。

2007年には7月の鈴鹿FNにもフィルムカメラで観戦にきました。
そしてついに2007年8月の1000km大会にはデジタル一眼を購入してやってきたのでした。
それでも、Kiss DXなので連写は出来ませんし、望遠レンズもありませんでした。
そこから今年で連続12回も鈴鹿の1000km(途中700kmの時もあったが)に行き
サーキット通いが始まるなんて思いもしなかったですが・・・・。


c0145198_18453882.jpg

c0145198_18454246.jpg


KONDO RacingはまだZでした。セパンで初優勝し乗り込んだ鈴鹿でした。
監督も若かったです!今の鈴鹿のようにピットウォールにフェンスがないのでよく見えました。
c0145198_1847756.jpg


なによりうちの子供たちも小さかったです。
妻の足から顔を出しているのが当時幼稚園児の息子で姉ちゃんが横にいます。
今では姉ちゃんは大学2年生で息子も大学生となり、とっくに母の身長を越えています。
c0145198_18485695.jpg




改修前の鈴鹿のピットロードは空が高かったです。
昔のサーキットはほのぼのとしてよかったなぁ~。
c0145198_18494328.jpg


そして、キッズピットウォークでは撮影会があり家族で監督や選手と一緒に記念撮影できました。
今年KONDOに戻ってきたJPと荒選手です。レースクイーンは森飛鳥ちゃんです。

こんな時代があって、家族4人で何回もスーキットに行きました。
今は子供たちはついてくることもなくなって夫婦2人の観戦です。
また4人でサーキットに行きたいですが、叶わぬ夢となりそうです。


この後、さらにカッコいい近藤監督を撮影するためにカメラ機材を充実させて、
10年後の今に至ります。すべてはここから始まっています!!
本当に大事な写真たちです!!今後も出来る限りサーキットに行けたらなぁ~~。
by eos1d3 | 2017-06-15 18:54 | 徒然に | Comments(0)
長男 高校初体育祭
今日は息子が高校になって初めての体育祭に行ってきました。
6月に行われるためにまだ入学して2か月しか経っていなく大丈夫かな?と
思っていましたが、意外に1年生も新しい高校に溶け込んで楽しんでいた様子です。
c0145198_20594837.jpg



昔の運動会なら「素晴らしい、さわやかな秋空の下」と書きたいところですが、
梅雨入りして2日後の晴天の空の下とでも書きましょうか、そんな快晴の天気でした。
そもそも9月の暑さを回避するための6月の体育祭ですが、とんでもなく暑かったです。


さて、息子は中学時代の陸上部からソフトボール部に変わって久々にリレーで走るそうです。
しかも親泣かせのプログラム1番と最後と6時間相手のエントリーです。
最初から最後までがっつり観戦させていただきました。
c0145198_2134876.jpg

c0145198_2135521.jpg


最初の70m走は、学年関係なくタイムの良い者同士が走るらしく3年生も一緒で
息子がおそらく学校の運動会で初めて負けたと思います。
テープを切る前に横をみており、おそらく3位だったのではないかと思います。
息子の高校が体育科があるために彼らに勝つのはほとんど無理なようです。
はっきり言って体育科のための体育祭です!
c0145198_2162845.jpg

坊主にしているのは体育科の生徒で、それぞれ陸上部、野球部、サッカー部に所属しています。

c0145198_2161857.jpg

最後の団対抗リレーにも選ばれて、久々のリレーです。
やはり走るのが好きなようで、楽しそうでした。
c0145198_2183297.jpg


我が家で初めての私学での体育祭。
私たち夫婦も娘も公立高校だったので、勝手がわかっていました、私学は
全部設営を業者がしてくれます。テント張りから椅子並べまで!
保護者全員が座っても余るくらいの椅子なので立ち見の人はいません。
公立なら、半分以上が立ってみています。
それと、お茶、お水、スポーツドリンクが生徒、保護者ともに飲み放題のサービスです。
元々の男子校なので、女子の比率は3割ですが、それでもどの子もみんな行儀よく、
一生懸命に走ったり飛んだりして、若者らしい素晴らしい体育祭でした!!
by eos1d3 | 2017-06-09 21:13 | 機材紹介 | Comments(0)
長男16歳
c0145198_1816229.jpg
c0145198_18162831.jpg



もう、同じような瞬間を何年撮り続けたであろうか?
ついに息子も16歳になった。
息子が生まれた時に引っ越してきた家も同じく16年になる。
この家で、ずっと育ったと思うと感慨深い。
私は、16歳までにはすでに3~4度の引っ越しをしていたので、
生まれてずっと高校まで同じ場所に住んでいるって少ないのでは?と思う。

ケーキもまた毎年恒例の妻手作りのチョコケーキである。
このBLOGの5月22日あたりをずっと遡ってみてみると、同じシーンを見つけることが
出来るだろう。そう、何もなく絶え間なく続くこのシーンこそが何気ない毎日の証明。
普通の幸せではないだろう。
by eos1d3 | 2017-05-24 18:20 | 徒然に | Comments(0)
愛犬チョコが10歳に
c0145198_1823199.jpg



先月、我が家のかわいい愛犬チョコが10歳を迎えた。
うちの家にやってきたのは2007年の6月なのでもう少しで10年だ。

ワンコの10年はおそらく人間の6倍で60年だと思う、
よちよち歩きの2か月の時に我が家に来たチョコは私が36歳から46歳になる間に
先に還暦に飛び込んだということだ。

さりとて、チョコも私たち夫婦もこの10年でそれほどの変化はない。
まぁ、おっさんにはなったが、10年の変かはおっさんがちょっとおっさんになった程度である。
しかし、長男にしてみたら、幼稚園の時に愛犬が来てその後10年間で小学校、中学校、高校と
4つの学校を成長とともに歩んできたのである。
身長の伸び幅も一番だろう。きっとチョコも大きくなったと心の中で思っているに違いない。

犬の寿命が10~15年としたら、もう折り返しにきているだろう。
そして、私たち夫婦が飼う、最初で最後の犬になることは間違いないと思う。
あのとき、ペットショップでたくさんいた犬の中から娘が選んだチョコちゃん。
10年間変わらないかわいさを我が家に与えてくれました。
今後も、なんとか健康で長生きしてほしいものである!!
by eos1d3 | 2017-05-18 18:31 | 徒然に | Comments(0)
糖尿病網膜症
c0145198_18401510.jpg



父は、ずっと昔の若いころから糖尿病を患っていました。
若いうちはそれでも何もなかったけれども、70歳を超えると目にきました。
昨年の9月ごろ、急に眼が見えなくなったと言いだして近くの眼科にいくと
すぐに、「こりゃあかんがな~、大きな病院を紹介するわ」と言われました。
もうちょっとほっておくと失明まで行くほどの病状で一時はどうなるかと思いましたが、
昨年11月に右目を施術してもらい、半年で1.0までに回復しました。
そして本日残りの左目を施術し成功しました。
視力が回復するのには半年かけてゆっくりですが、おそらく1.0まで回復するでしょう。
私の目は2003年にレーシックを受けた時は1.0の1.0でしたが、最近では
0.2と0.5に落ちました。僕より目が良くなって凄いです!僕の目も手術してほしい!
by eos1d3 | 2017-05-17 18:56 | 徒然に | Comments(0)
娘もJAF会員に
c0145198_18245854.jpg


3月に車の免許を取った娘。
そこそこ車に乗り続けているが、ここでJAFの会員に入会させた。
とはいっても、私の家族会員である。

JAFって何??
今の子供たちは、車に興味がないのでそれに付随するものにも同じく興味がない。
だから、タイヤ、バッテリー、オイルと言ったような消耗品にしてもほとんど知らない。
日本車がいくら優秀と言っても、完全にメンテナンスフリーな訳ではない。

せめて娘には、高速に乗る前に空気圧を見たり、5000km毎にオイルを換えたりと
昭和人間ならだれでも知っているようなことを教えて行きたい。
by eos1d3 | 2017-04-28 18:29 | 徒然に | Comments(0)
初の私立高校入学式
c0145198_18401097.jpg



桜の花が満開の中、今日は息子の高校の入学式に行ってきました。
私たち夫婦も、長女も公立高校だったので、私学の快適なホールでの
入学式は初体験でした。

公立高校では体育館で寒い中、長時間パイプ椅子に座っているのが通常でしたが
冷暖房の完備されたホールでほわんほわんの椅子に座っての1時間でした。

これから、3年間よろしくお願いします。
by eos1d3 | 2017-04-08 18:43 | 徒然に | Comments(0)
古希祝い
c0145198_1953396.jpg



「古希」
酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり

c0145198_19112872.jpg


日本では平均寿命は長らく50歳を超えることはなかった。
ようやく50歳を超えたのは戦後の話で、それ以降は右肩上がりで現在は
女性86歳、男子80歳となっているのは周知のとおりである。

昔の日本では(少なくても昭和20年より前では)還暦を迎えるのも結構な長寿であった。
当然、平均寿命は医療の向上や戦争の有無で明治や大正期は嬰児がたくさん亡くなったので
全てが丸ごと長生きできなかったのではないと思うが、70歳の古希は言葉通り、
「古くから稀なこと」だったに違いない。

ちなみに単純計算では平均83歳として83÷50=1.66でそれに70掛けると116歳となる。
嬰児の死亡率が高かったとしても、明治や大正の70歳は今の105歳くらいが適当な数字では
ないだろうか?

そら105歳になればかなりの長寿である!
しかし、現代では70歳でもまだバリバリと働いている人もいて、感覚が違うのだなと感じる。

さて、私の母の弟も古希を迎えた。
そこで、お世話になった親戚一同を招待して祝いをしたいとなった。
私の両親は両方とも70をとっくに越えているがそういえば何もしなかったなぁ~。

それにしても、母の弟の親戚という事で、久々の顔が集まった。
そして同時にどの顔も歳を取った。
そらそうだ、私が小学生の時に会った以来の人もいる。
35~40年前の話である!特に叔父さんの配偶者の親戚は私にとっては遠い親戚になり
血縁関係ではないが、40年近くはよく会ったのだった。

人の繋がりとは不思議なもので、会った瞬間に40年が吹っ飛ぶ。
やはり、なかなか会えなかった人たちに会えることは人生においても素晴らしいことの一つだろうと
感じるのであった。
by eos1d3 | 2017-03-31 19:28 | 徒然に | Comments(0)
久々の有馬
c0145198_19274812.jpg



明日は2009年から8年ぶりに有馬温泉へ行ってきます!
有馬温泉や城崎温泉は全国的にも有名な関西の温泉ではないでしょうか?
しかしながら有馬はあまりに近いのでほとんど行く事がありません。
しかも高級旅館が軒を連ね、たまにしかいけないのです!!

明日は叔父さんの古希祝いです。
親戚一同が集まりますので、その成長も楽しみです!
by eos1d3 | 2017-03-28 19:31 | EOS5DMarkII | Comments(0)
アルバム作成
c0145198_19251288.jpg



明日は2年ぶりに友人ファミリーと食事です。
このファミリーとは私たち夫婦とその奥さんが高校の同級生という事で
そして妻同志が高校の時から仲が良かったので、高校を卒業しても
こんなにも長く、それぞれが家庭を持つまでになってもお付き合いしているのです。

それぞれが結婚する前からずっとクリスマス会を続けて、
やがてうちに長女が出来、お互いに家族が増えても続けてきました。
4人が5人、5人が6人、最後には9人でのクリスマス会になりました。

この1年間はそれぞれが高校や大学の受験と重なり持ち越しになってきましたが
ようやく明日2年ぶりに少し遅い新年会です。

私は写真が趣味なので、2007年からはデジタルカメラを購入しずっと撮影してきました。
その懐かしい写真たちをアルバムにして感謝のプレゼントをしたいと思います。
私に出来ることは写真を撮る事だけです。

アルバムには私の写真はありませんが、その写真の裏側にはファインダーを覗いている
私の笑顔があるのです。
by eos1d3 | 2017-03-25 19:33 | 徒然に | Comments(0)