無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
久々に鈴鹿に来られていた..
by 御多忙男 at 10:03
セグさま、コメントありが..
by uemura at 23:30
uemuraさんお久しぶ..
by ゼク at 19:32
ご無沙汰しています。 ..
by uemura at 23:13
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:42
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:徒然に ( 640 ) タグの人気記事
手作りパン10年
c0145198_1984120.jpg
c0145198_1985377.jpg



ホームベーカリーの機械を買って約10年が経ちました。
10年間ずっと妻がこの手作りパンを焼いてくれます。

このパンはどこのパンより旨いです。
とにかく添加剤や余分なものが全く入っていません。
だから残すところがありません。
今までの売っているメーカー製のパンは全て「ミミ」を残していましたが
このパンは全部食べれます。
毎朝、1枚ずつ食べることが1日の始まりなのです。
by eos1d3 | 2017-04-13 19:12 | 徒然に | Comments(0)
SNSの凄さと脆さ
c0145198_20125921.jpg



息子が高校の入学式に行ったときに、初めて会うのが入学式でそれまでに
一度も会ったことがないのに、みんなが会ったことがあるかのように挨拶している光景を
目の当たりにしたときに、それがSNSの恩恵を授かっていると瞬時に分かった。

彼らは入学が決まると、LINEやツイッターで仲間を検索し既に組織を構成しているのだ。
駅で待ち合わせしたり、顔も知らなくても意外と早く友達になれていいのかもしれない。


さて、昨年十数年ぶりに小学校6年時の担任に会った時に聞いた話が頭を離れない。
先生はまだ若かったが、既に定年されていて、私たちが最初の卒業生でその後6回の
卒業生を送り出して2年前に定年退職した。
卒業生を経験するごとに、それぞれが思い出のタイムカプセルを埋めて、8年後の
20歳になった時に、皆で集まって掘り起こそうと誓って小学校を巣立っていく。

しかし先生、曰くタイムカプセルを20歳の時に皆で集まって掘り起こしたのは、
7回の卒業生の中で、君たちだけだと言うのだ。
私たちが卒業したのは1983年で、昭和の時代である。
もちろん、携帯電話もPCも何もない時代である。平成に生まれて、気が付いた時から
ネット環境が出来上がっている今の高校生とは全く情報伝達の観念が異なる。

そんな我々がなぜタイムカプセルを掘り起こせたのか?
それは、SNSでは繋がっていなくても気持ちで先生とまた同級生とつながっていたからだ。
それからともなく20歳になったときに、皆で集まろうと言いだして、連絡を回して
ついにタイムカプセルを掘り起こしたのだ。

一方SNSでガチガチに繋がっている現代っ子は、実は心までは繋がっていない希薄な
関係なのではないだろうか?
SNSの発達は確かに凄いけれども、実は非常にもろい、そんな繋がり方なのかもしれない。
by eos1d3 | 2017-04-09 20:27 | 徒然に | Comments(0)
座布団ありません
先週の土曜日ですが、うちにお客さんが2名来ました。
そこで、1階にある私の部屋に入って貰ったのですが、3人入るにはちょっと狭い。
椅子を置くことも出来ないので妻に、座布団を3枚用意してくれとLINEで頼んだ。

するとしばらくたって返事が来た。

「座布団ない」

なんと寂しい返事であろうか!?

もちろん妻が座布団の読み方が分からないのでは?と思いもう一度。
「ざぶとんやで?」
と再確認した。

すると、
「だから、ない」
「あんたの部屋に1枚あるだけで、他には1枚もない。そんなんも知らんのん?」

こりゃいかん!!まさか、自分の家に座布団がないとは・・・。

時間もないので、すぐ近くの実家に電話するし母に、
「座布団2枚貸してや?」というと、
「何枚でも持って行き」と言われ安心した。



c0145198_18362625.jpg


その時の写真がこれ!!!

お客さん用の座布団普通何枚かはあるでしょう?
6畳の和室があるのに、座布団がないなんて・・・・・。
by eos1d3 | 2017-04-06 18:37 | 徒然に | Comments(0)
写真の贈り物
先週叔父さんの古希祝いに一泊の温泉旅行に行きましたが、
そこで写真を撮ることを頼まれて、151枚ほど撮影しました。
全部で7家族がきているので、その151枚から選択してチェックです。

c0145198_184839100.jpg


どれが何枚かを確認するために、こんなチェック用紙を作成しました。
これで、番号ごとに何枚印刷したらいいかわかります。

それでも、チェックに軽く1時間、プリントに3時間(計200枚弱)、
アルバム作成に2時間と、結構な時間とお金と労力がかかりました。

c0145198_18553757.jpg


今は、写真を撮る行為自体は、スマホの台頭により以前より増えていると思います。
ところが、こうやってプリントにしてアルバムを作成することはどうでしょうか?
昭和時代のカメラがまだフィルムを使っている時代は、写真を撮ることは同時に
写真屋に現像に出すので、プリントとして手元に残る行為でした。

今は、スマホの小さい画面で見るだけで「物体」としての写真とはなりません。
写真撮影の醍醐味は、後でいつでも気軽に手軽に懐かしむことが出来ることではないでしょうか。

そんな、思いを込めて私は、お世話になった人たちに写真を送ることにしているのです。
by eos1d3 | 2017-04-05 19:01 | 徒然に | Comments(0)
目的意識
世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、
一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。
旅人はその男のそばに立ち止まって、

「ここでいったい何をしているのですか?」
と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。
朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。
あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、風の強い日も、
日がな一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、
まったくついてないね。もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。
先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。旅人は尋ねた。

「ここでいったい何をしているのですか?」

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。
ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。
俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。
大変だなんていっていたら、バチがあたるよ」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、もう少し歩くと、別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

「ああ、俺達のことかい?俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、また元気いっぱいに歩き続けた。




イソップ童話で有名な、3人のレンガ職人の話である。
同じレンガを積む「行為」であっても気持ちの持ちようでモチベーションが違うという教訓である。

簡単な仕事でもそうである。
一つの仕事に関して、この仕事が将来どんなことに繋がっているのか考えることで、
そのやり方さえ変わっていくのである。

超一流の人はやはり、新人の時から簡単な仕事でも手を抜かずに一生懸命その意味を考えて
やったから今があるのである。

ゼネコンの新入社員は仕事が分からないから、とりあえず箒をもって掃除させられる。
大学の工学部を出て、なんで毎日掃除ばっかり?と不満に思う者も多い。
しかし、出来るものは、掃除しながらいろんな職人に仕事を見て覚えるのである。
職人に声を掛け、そこで親しくなり仕事の上手い進め方を掴みのである。

その仕事の基本の基本の中にこそ、その仕事の神髄が隠れているものなのである。
by eos1d3 | 2017-04-03 18:38 | 徒然に | Comments(0)
老松
c0145198_15522487.jpg



叔父さんの古希祝いをやったのは有馬の有名な旅館でした。

そうです、SMAPがアポイントなしに泊まったところです!
TVで見た人はいるでしょうか??

息子はめちゃくちゃSMAPファンだったので、感無量です!!
そして、この部屋がSMAPが泊まった部屋で、実は次の日は、
5人がそれぞれ1つずつ部屋をとってもう1泊したらしいです!!
by eos1d3 | 2017-04-01 15:54 | 徒然に | Comments(0)
花粉が飛びすぎてる~~
c0145198_17485069.jpg




騙しだましやってきたが、もう限界である!!
スギ花粉が猛威を振るって大阪市内まで完全に到達している!

黒いボディの我がジュリエッタは3日ほどで花粉を浴びてまっ黄色に。
目はかゆく、花は詰まって寝苦しい。
昨年から花粉症デビューした妻も、今年はいち早く反応を見せ、鼻がこそばいと言っている。

今まで何ともなかった人が40代半ばで花粉症にかかると言うのだから
人間の免疫システムもいい加減なものだと思う。

こんなに国民病となっているのだから、間違いなく効く治療法を確立してほしい。
そうすると、製薬会社が儲からないからダメなのかな?
by eos1d3 | 2017-03-23 17:53 | 徒然に | Comments(0)
今の子供たちは凄い
c0145198_2083075.jpg



中学を卒業して2日経つが、すでに2回目の打ち上げ会を行っている息子たち。
昨日は3年生の、今日は2年生のという具合に簡単に仲間が集まる。
それは、SNSなどのコミュニケーションツールの発達とそれを使い切れる子供たちの凄さだ。

私の息子は2001年生まれで、昭和生まれの僕らがずっと言っていた21世紀の子である。
彼らは生まれた時から、家にPCがあり携帯電話がある中で育っている。
文字を覚える前に、ローマ字表を見ながら幼稚園に行く頃には既にキーボードを叩いていた。

やがてスマホの時代に移ったとしても彼らは生まれつきそんな中で育っているので、
簡単に使用方法を飲み込める。
ほぼみんながLINEを入れており、その中でグループ化されて、卒業しても簡単に
招集を掛けれるのだと言う。

私の時代、そう30年前はどうだったろうか??
黒い電電公社の電話が玄関の下駄箱の上に鎮座する時代だ。
卒業してしまえばもう連絡を取るにもこの電話をみんなにかけていくしかないし、
集合場所などどうやって瞬時に周知できようか?

彼らは新しいツールを自分たちの形で上手に取り込んでいる。
もちろん使い方を間違えれば武器にもなってしまうSNSであるが、
今のところ、卒業したらもう二度と会えなくなるなんて言うのは、
昭和時代の詭弁かもと反省せざるをえないのだ。
by eos1d3 | 2017-03-16 20:18 | 徒然に | Comments(0)
3.11
c0145198_184877.jpg



3.11  あれからもう6年が経った。
6年前のこの日は鈴鹿サーキットでFormula Nipponのテスト走行の撮影に行っていた。
お昼休みが終わり私は鈴鹿のグランドスタンドにいた。そこでKONDO Racingのピット作業を眺めていた。

するとなぜか分からないが場内は赤旗が出されて走行が中止された。
すぐにマシンはピットに戻り、マーシャルカーがゆっくりとコースに出た。

場内のアナウンスは「東北で大きな地震があり鈴鹿も大きく揺れたのでコースの点検の為に
赤旗中断とします」と言った。

撮影中の我々は揺れたことに気付かなかった。
しかし、その後大きな津波が来て家から実家の母から電話があった。
東北は大きな津波で大変な事になっている。鈴鹿も海から近かったら危ないから気をつけろと!!

いつもと全く変わりのないサーキットだったので実感がなかった。
そして予定通り撮影を終えて車に戻りTVを見てようやく実情を把握した。


海の向こうに太陽が沈んでゆくのが見える。
地球が誕生して数十億年、地面は僅かながらでも決して休む事無く地殻変動を続けている。
ハワイ島が毎年何cmか日本に近付いていることはその証拠である。
日本海溝に岩盤が沈みこみ、その摩擦に耐え切れなくなった時に地殻は大きく元に戻り大地を揺らす。
と同時に海面は盛り上がり、それは大きな大きな波紋が作り、やがて津波となる。
これが地球が今まで絶える事無く続けてきた地殻変動の全てである。

海の向こうに今日も太陽が沈む。
もう何億回もただただ繰り返されている。
そして、今日もこの瞬間、地球は地殻変動を続けるている。
事実として、今日も、明日も、そして明後日も地球はただ地殻変動を続けているだけである。
by eos1d3 | 2017-03-11 18:52 | 徒然に | Comments(0)
ペットボトルがダイエット
c0145198_18433159.jpg



うちの会社にはダイドーの自動販売機がある。
そこで毎日ミルクコーヒーを買ってこれを1日かけて飲むのが日常だ。

今朝も同じようにミルクコーヒーを買うと、どうしようもない違和感に苛まれた。
昨日までのペットボトル(左側)と比べると一目瞭然!!
飼い主は痩せへんのにペットボトルはウエストがぐっと締まって見事にダイエット
しとるやないかい!!

しかも450ccから430ccと20ccも目減りしとる!!
ダイドーの見事な戦略に感服した瞬間だった!!

これで、飲む量も毎日20cc減ってダイエットに役立つかな??
by eos1d3 | 2017-03-09 18:47 | 徒然に | Comments(0)