無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:徒然に ( 687 ) タグの人気記事
昭和のヒーロー 欽ちゃん
c0145198_18192317.jpg


昨日TVを見ていると、おじゃMAPに欽ちゃんが出ていた。
そして、香取慎吾ちゃんと欽ちゃんの写真のようなアドリブコントを見た。
平成生まれの子供たちにはわからないだろうが、昭和生まれの我々40代、50代は
ずっと欽ちゃんをTVで見て育ってきた。
インターネットもスモホもパソコンも何もない時代、夜ご飯を食べるとTVを見るしか
楽しみがなかったあの時代のスーパースター。
欽ちゃんは37年ぶりに欽どんやるって言ってたけど、やっぱりあの頃の生き生きした
表情がよみがえっていた。現在の作り込まれた番組と違い、新鮮に映ったのだった。

娯楽TVを作り上げてきた巨人である巨泉さんや欽ちゃんは、いくら歳を取っても、
いつまでも光り輝いているように思えた。
by eos1d3 | 2017-10-19 18:33 | 徒然に | Comments(0)
有馬 山椒彩家
私は歳を取ってから山椒がかなり好きになってきた。
このBLOGにも書いたことがある。

今日は、神戸の方にドライブに行ったのでその帰りに一度行きたかった山椒の専門店
「山椒彩家 川上商店」に寄った。このお店は有馬温泉の中にあるきれいなお店である。

c0145198_18213083.jpg
c0145198_18214732.jpg

c0145198_18221442.jpg

c0145198_18223255.jpg

c0145198_18225450.jpg

c0145198_18232232.jpg


秋には幾分暑すぎる初夏のような陽気でしたが、有馬はいつもながらに賑わっておりました!
by eos1d3 | 2017-10-09 18:24 | 徒然に | Comments(2)
急に寒くなった
c0145198_1894112.jpg



大阪は昨日から急に寒くなった。
日本に住んでいる限り四季の中に暮らすので暑さ寒さは十分理解しているが
つい1か月前まであんなに暑かったのにと思うと何となく不思議な気持ちになるのである。

同じ時間でも空の明るさが全く違う。
今頃は18時になれば真っ暗である。これは科学的に自転軸が傾いているからに他ならない。
自転軸の傾きが太陽の光を受ける角度に影響して一日の太陽の当たる時間が変わる。
それによって、日本では6月に夏至、そこからどんどん気温は上がり夏になる、
そして、9月中頃には昼と夜の長さが同じになり寒くなってゆく。

最高気温が20度を切ると寒くなり15度を切るともう冬服の準備だ。
最近は温暖化か冬の方が過ごしやすく感じるが、歳を取ると、やっぱり堪えるものである。
by eos1d3 | 2017-10-06 18:17 | 徒然に | Comments(0)
なぜ滅びの呪文があるのか?
c0145198_19365290.jpg



天空の城ラピュタは1986年に公開し、その後何度もTV放送されているが、
ツイッターが普及し始めた2011年頃からの放送では何故か、滅びの呪文である
「バルス」のところになると一斉にツイートするのが恒例となっているようである。

そもそも、この映画が公開された1986年当時はまだまだ昭和の時代で、
私も高校1年生であった。その前に公開された「風の谷のナウシカ」とともに、
宮崎駿が描く世界平和や環境保護に対するメッセージ色が強い映画であった。

さて、あまりに有名すぎる映画の内容な割愛して、ラピュタにはなぜ滅びの呪文があるのか?
数百年前に空の上から地球を支配し栄華を極めたラピュタが何かのきっかけで綻びを初めて
ラピュタを捨てて地に戻ることになる。
この辺りは、シータが最後のシーンで語る


ゴンドアの谷の歌にあるもの
「土に根を下ろし風と共に生きよう
種と共に冬を越え鳥と共に春を歌おう」
どんなに恐ろしい武器を持っても
沢山の、かわいそうなロボットを操っても
土から離れては生きられないのよ!

に集約されている。

国が滅んで王だけが生き残って滑稽とも言っている。

そこで誰もが思いつくのはラピュタを離れて地上に降りた時に滅ぼさずに
復活のセリフや結界を説く呪文を代々教えて言ったのだろうという事だ。

いつか数百年後にラピュタが人の役に立つと思ったのだろうか?
結果は、映画の通り、欲と権力に血迷った亡者達を前に真の王位継承者である
シータに一瞬にして滅ぼされたのだった。その間、時間にして数時間だろう。
そうだ、ラピュタは何百年にも渡り王位継承者に滅ぼしてもらうためだけに
無人で浮かんでいたのだった。

この映画は2~3度TVで見た後は、後味が悪く決して見る気にならない映画になった。
その後、宮崎駿の作品も全く見る気がなくなった瞬間であった。
私にはこのバルスが分からない。なぜ滅ぼしてから地上に降りなかったのか・・・。
その全てはゴンドアの谷の歌にあるのだから・・・・。
by eos1d3 | 2017-10-01 18:00 | 徒然に | Comments(0)
区政会議委員 任期満了
c0145198_18363370.jpg



巷ではいま、衆議院の解散総選挙の話題で持ちっきりであるが、
私も委員をしている我が区の区政会議の本会が本日最終日となる。

区政会議委員とは区の作成する区政方針に対し、その立案から区民の立場として
意見を言って参考にしてもらう委員の事である。
議員と違う所はまず第一に選挙で選ばれていないので、区民の意見を代表している
訳ではないことと、多数決にて何かを決定することも出来ない事だ。
もちろん、全くの無給ボランティアで1銭たりとお金は貰えないのである。

ただ、区政の更新時期が4月なのに対して委員は10月に改選と、ちぐはぐである。
大阪市のどこの区も、今時分は平成30年度の区政運営方針の素案が出来ていることだと思う。
ここで、一気に改選し続きをするのは新しい委員で、彼らが30年度の決定案を出すわけだから
途切れてしまうわけだ。

委員は2期連続まで出来るので私は10月から2期目に入る訳であるが、
何かの足跡を残せたらと思うのであった。
by eos1d3 | 2017-09-28 18:00 | 徒然に | Comments(0)
不当要求防止責任者講習
c0145198_17445537.jpg



今日は仕事で大阪府庁・大阪府警察本部周辺にある研修会場に
上記講習を受けに行ってきました。

この講習は仕事上で不当な要求をされたときにどう対処するか?
という研修を警察を通して公安委員会に登録し3年に1度の講習を受けるというものである。

それにしても、ロールプレイングでやる四課の警察官の不当要求の実演はうまかった!!
by eos1d3 | 2017-09-26 17:47 | 徒然に | Comments(0)
彼岸花
c0145198_2194765.jpg



そろそろ彼岸花の季節になった。
この写真は3年前に琵琶湖湖畔に行って撮ったものであるが、
もうあれから3年も経ったなんて時間が経つのが本当に早いと感じる今日この頃だ。

しかし、花というのは時計もカレンダーも持ってないのに、本当にいつも1年の同じ時期に
咲くことが出来る。彼岸花も本当にお彼岸に咲くのである。
世界的に暖冬や温暖化の影響から地球の平均気温が上がっていると言われている。
にもかかわらず、彼岸花は必ず彼岸に咲く。
彼らは決して自分の名前を裏切らないように必死に咲いているのだろう。
by eos1d3 | 2017-09-23 18:00 | 徒然に | Comments(0)
ルーツ
c0145198_18513160.jpg



今日、母から1名の写真を手渡された。
えらく古い写真に色が付けてあることがまず第一印象。
そして次には右の女性は私が10歳の時に亡くなった祖母だとわかった。
という事は左は3歳の時に亡くなった祖父であろう。

母は、弟が(私の叔父)古い写真を整理していて両親の若いころの写真を見つけ
今の技術で色付してもらいさらに引き延ばしたやでぇと私に告げた。

母方の祖父は明治35年生まれで祖母は大正2年生まれである。
この写真は祖父30歳で祖母19歳くらいではないか?という話だ。
となると昭和4~5年くらいかな??85~6年前??

どちらにしても、この二人から母が生まれ私がいるのである。
祖母は記憶に大いにあるが、祖父は全く記憶がない。
この写真を見れば、私と顔が似て入ることが一目瞭然だ。

古い写真をみて自分のルーツを知る。
今夜はこの写真を子供たちに見せよう。
by eos1d3 | 2017-09-16 19:15 | 徒然に | Comments(0)
iPhone X
c0145198_18342620.jpg



先日iPhoneの新しい機種でiPhone 8とiPhone Xが発表された。
8の方は今までの正常進化版でXの方は豪華版らしい。

私のスマホ生活は家族の先陣を切って2010年9月より始まった。
その後、娘と妻が最後に息子が全員iPhoneを使っているが、現時点で私が一番古いiPhone5Sを
使っている。ちなみに妻と娘はiPhone4Sから同じ時期にiPhone6に息子は高校デビューに
iPhone6Sからのスタートだ。

さて、2010年9月にiPhone4で始まった私は2013年10月にiPhone5Sに買い換えて4年経った。
全体的にガタがきてバッテリーも一度交換したが、新しいアプリの反応速度が遅いのと、
音楽をすべて削除しても32GBでは少なすぎて困っているのである。

前評判では8はあまり変える必要なないほど退屈な進化らしい。
それに比べてX(テン)は前面液晶や顔面認識機能と今までのiPhoneとは違った進化だ。
どうせ買うならやけくそでXの256GBを買ってやろうか!!

ほとんど使いこなしていない私はこのまま中古のiPhoneSEでおとなしくしている方がいいのか
う~ん、悩める秋だ~~。
by eos1d3 | 2017-09-15 18:42 | 徒然に | Comments(2)
懐かしい写真
物を探していて、その探していたものとは違った物が出てくることってありますね。
古い本棚の引き出しを探していると、20数年前の懐かしい写真が出てきた。
そうだ、これは大学を卒業して新卒で就職した会社の新入研修での写真だ。

1994年4月に私は人生の船出である社会人になった。
今も忘れない前日の3月31日に実家を出た時はもう二度と家族とは住めないと覚悟した。
新大阪まで父に送ってもらい「頑張ってこいよ」と言われ、涙ながらに東京に出発した
ことを覚えている。

その日のうちに東京に着き、入社式を明日に控えた新入社員255人が集まって
バスに乗り虎ノ門の本社から富士山麓の西湖湖畔の研修施設まで行った。

次の日、また255人全員でバスにのり虎ノ門の本社の最上階で当時の柴田平社長から
入社の祝辞を受けて、また富士山にもどり14日間の研修が始まった。

写真はその14日間の研修の合間に撮った若き私の写真とその仲間である。
2週間の研修が終わり、各々が全国の支店に分かれてその場で別れた。
赴任地につき、しばらく経ったころ一通の封筒が届いた。
私は四国支店、同部屋の彼は東北支店と離れ離れになったが同期の桜である。
その中には、研修中に撮った写真と、将来頑張って本社で会おうと書いてあった。

結局、私は辛抱が続かずに辞めてしまい、地元大阪に戻ったわけであるが、
この写真が見つかったことから彼の名前を検索してみたら、まだその会社でしかも
地方の営業所長として頑張っていることがわかったのだった。

c0145198_1836521.jpg



実は、富士スピードウェイに行った2008年に、この研修所を訪れていた。
名前こそ変わっていたが、そのものの建物があり懐かしく思ったものだ。

私にしては、人生の苦い記憶であるが、まだあれから23年経った今もほとんどの
同期がそのまま頑張っている事と思う。今でも、その会社の会社社章を見ると、
気持ちがビチッとなるほどの会社である。
あのまま、我慢して勤めていればとたまに夢で魘される日もあるそんな過去であった。
by eos1d3 | 2017-09-13 18:39 | 徒然に | Comments(2)