無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:機材 ( 285 ) タグの人気記事
EOS-1D X MarkII 1年レビュー
c0145198_18182468.jpg


EOS-1D X MarkIIを購入して1年が経った。
この1年間にモータースポーツに息子の陸上競技にと撮影の場があったが、
それほど多くの撮影機会があったわけではない。
そんな中でですが、使ってみた感想を書きたいと思います。

まず、第一にその前から使ってきた1D4とはAFのシステムが一番進化していたと思う。
より複雑化したAFシステムが十分に使えたら最高の道具になると感じた。

特に、3型のテレコンを使うと合成F値が8でも61点全点のAFが可能なのが
このカメラや後進の5D4の大きな特徴である。とはいっても、あまり暗い状況では
AFが迷って使えない場面もあり、この辺りは1.4倍のテレコンに換えてトリミング
するという柔軟な対応も必要である。

F8で対応するのはソフトの問題で、実際には暗さ自体は変わっていないので
明るいシーンでは十分であるが暗いシーンはその撮影が保証できないので今まで
ソフトでロックを掛けていたのだろう。

第2に、CFastカードが使えるらしいが、私はまだ使ったことがない。
多くの写真をRAWで撮るとすぐに64GBはいっぱいになる。そして、PCへの
書き出しも時間がかかる。そういった意味でもCfastカードは有利であろうが、まだまだ
普及しているとは言えないだろう。CFカードとの互換性がないところが大きい問題である。
今後、このカードが普及するかどうかは難しい問題ではないだろうか。

第3に、カメラ前面についたボタンが使いやすい。
1D4までは撮った写真の確認はカメラ後部のボタンでしかできなかったが、
1DXからは前面についたボタンに割り当てることが出来るようになった。
私は、上の方に再生ボタン、下の方に拡大ボタンを割り当てて、撮った瞬間
手をグリップから話すことなく画像が確認できるので非常に便利だと思っている。

さて、価格であるが、カカクコムでは58万円程の値を付けている。
その下位モデルである5D4が33万円、今度出る6D2が22万円である。
この25万円、36万円の差が撮影者にとってどれくらいの価値があるものなのかが
購入に至る最大の焦点であろう。
正直言ってカメラに58万円は常識を逸脱していると言われても仕方がない。
58万円だと、たくさんの家電が買えるのではないだろうか?
それがiPhoneの写真全盛の時代に58万円である。
・・・とそう考えてしまったらもうこのカメラは買えない。

アマチュアである私たちは、まず撮る事の楽しさと機材を持つ喜びと満足感を達成しようとする。
ところが価格がその気持ちを大きく抑え込む。その葛藤の中で、自分自身の適正なカメラを
購入することが大事であろう。
by eos1d3 | 2017-07-06 18:00 | EOS-1DXMarkII | Comments(2)
EOS 6D Mark II 発表
c0145198_19174657.jpg



キヤノンが新しいフルサイズ一眼を発表した。
1DX2と5D4に続きここ2年ほどでフルサイズラッシュである。
液晶は可動式のバリアングルになったのがフルサイズの入門機という所か・・・。

c0145198_19254317.jpg


このカメラは元々1Ds系が1DXになって1Dsと1Dがフルサイズに1本化されて、
さらに元々ある5D系のフルサイズの廉価版として6Dが発売されたのだ。

初代6DはAFがひし形9点で非常に使いにくい初期型のAFだった。
それが、今回は進化して1DXや5D系を引き継ぐ形になった。

c0145198_19411332.jpg


45点のAFは中央部分がF8対応になっているのが新しい。
元々はF8には対応してなかったが、今回初めて対応したとのこと。

一方1DX2と5D4はそのさらに2歩前を行っているAFである。
c0145198_19431681.jpg


私はメイン機は1Dx2であるが、なんと合成F値8でも全点61でAF可能なのである。
もちろんキヤノンも機材を売るためにテレコンⅢ型に限り有効になるようにプログラムを
仕込んでいる。ゴーヨンに2倍テレコンⅠ型やⅡ型ではだめなのである。

そう考えると、6D2はAF45点で狭いことからそこまでのマニアックな使い方は
最初から頭にないのかもしれない。そういう人には1DX2や5D4を使って、
バリアングルで気楽に家族写真や風景写真を撮るという人に向いているカメラかもしれない。

カカクコムでは6D2や22万円で5D4が32万円で約10万円の差がある。

6D2は動きものはそれほど使わずにテレコンを装着した望遠撮影しない方。そして、中央付近で
AFが使えればOKという人向き。

5D4はテレコン2倍を使っても全点AF使用可能だし、全ての被写体に対応できるが、
1DX2ほどの使い方はしないという方

という棲み分けでどうだろうか。
by eos1d3 | 2017-07-02 18:00 | 機材紹介 | Comments(0)
そろそろストロボ・・・
私はストロボを多用する。
やはり、顔面が逆光で暗くなったら困るからである。
しかし、前回購入したのが既に9年近く前の2008年である

もちろん、ピットウォークでお姉さんも撮るが、実際は近藤監督を
撮るときにも重宝する。くっきり映るが、本人は眩しいと思っているに違いない。

さて、そんな9年使った430EXIIであるが、今でも十分使用可能だ、
でも、やはりもう少し光量の大きいものが欲しくなった。
ストロボは純正が基本なので、一択だ。
c0145198_1751892.jpg


そうだ、600EXIIである。
実は、娘が今年20歳になるので、その着物を着た記念写真を我が家で撮ってやろうと
考えている。そのために、ストロボを2台にして背景の白いシーツも注文して、
しっかりと撮ってやろうと思う。

着物(振袖は)はもう届いているので、あとはこのストロボを買うのみだ!!
大蔵省(古かった!財務省か??)の許しが出るまでもう少しの我慢だ!
by eos1d3 | 2017-05-10 17:53 | 徒然に | Comments(2)
Peak Design SL-L-2
c0145198_17475746.jpg


またもやストラップを買ってしまった!!
最近、買いだすと止まらなくなるっ!
ずっと同じキヤノンの赤いストラップを10年近く使っていたので
この辺りで心機一転や!
なんか、ややこしいストラップを付けてたら上手く見えそう。
c0145198_1750472.jpg

この商品も8110円もしたけど、パッケージもかっちょええ。
この商品の最大の特徴はストラップ自体を外せるということ。
防湿庫にしまうのにストラップがあると非常に嵩張る。
そんなときに、外してストラップを別に保管したり、雨の日はストラップだけを
乾かすことも可能であります。
c0145198_1752064.jpg


こんな感じでこの部分を取り付けて、ストラップ自体にぱちっとはめる感じです。
c0145198_17524993.jpg


他にも何かついています。
c0145198_17531886.jpg


色もエンジでいい感じでかっこいいです。
簡単に外せるのでカバンにしまう時も嵩張りません。
このピークデザインの商品は、手持ちのストラップにつけるキットも売っているので
2500円くらいしますが、今気に入ってるストラップがある場合は、それにつけて
みるもの良いでしょう!
by eos1d3 | 2017-05-05 17:55 | 徒然に | Comments(2)
BLACKRAPID クロスショット ブリーズ
c0145198_18452096.jpg


c0145198_18462126.jpg


長々とクランプラーのCANONロゴの入ったストラップを使ってまいりましたが、
ちょっと面白いストラップを見つけたので、3本ほど買ってみました。
どうしてもサーキットで2台体制で撮影するのに、もうちょっと機動的に撮影出来ないかと思い、
ヨドバシカメラでサンプルがあったので購入してみました。
c0145198_18491924.jpg

c0145198_18493332.jpg


とにかく、このストラップは肩の部分のグリップが効いていますし、
ストラップのカメラとの接点が可動式なので、スムーズにカメラを動かせます。
なので、狭い所で撮影するのに適していると思います。
c0145198_1851427.jpg


ただ、三脚座に固定するタイプなので強度が???です。
三極座は文字通り、三脚に載せるためにある訳ですが、こんな風に逆さに
吊って、しかも重たいレンズを付ける訳なので、その辺りが心配なところであります。
c0145198_18532183.jpg

by eos1d3 | 2017-04-30 18:53 | 徒然に | Comments(0)
Canon 超望遠 比較
c0145198_18253534.jpg


ちょっと前に、私の持っているCanonのISの1型ゴーヨンの部品保有期限が迫っており
買い替えをどうしようか考えているという記事を書いた。

ゴーヨンを買った時とは状況が違っている。
それはカメラのセンサーがAPSHからフルサイズに変わったことにより
その望遠効果がなくなったことである。
ご存知1D4までのAPSH機は1.3倍機と呼ばれ500mmは650mmとして使えた。
今の1DX2は文字通り500mmのままである。

そう考えると、次に選ぶのは同じ感覚で使える600mmという事になるが、問題になるのは
その大きさである。写真で分かるようにロクヨンは一番大きな超望遠なのである。

そもそも光学的に400/2.8に1.4倍テレコンで560/4となる。
つまり大きさは500/4<560/4(400/2.8)<600/4となる。
ここでF5.6まで考慮すると、400/2.8=800/5.6でゴーヨンは700/5.6、ロクヨンは840/5.6だ。
並べると、700/5.6(ゴーヨン)<800/5.6(ヨンニッパ=ハチゴロク)<840/5.6(ロクヨン)
とこうなる。

やはり光学的に600mmでF4の明るさのレンズは300mmならF2の大きさなのだ。

そこで、ロクヨンにしたとすると、キャリーバックや三脚や対応する備品もすべて買い替えになる。
こりゃ、悩ましい。このまま、APSC機の7D2を買ったらどうか??

いやいや、問題は旧型ゴーヨンが来年には修理不可になることだ。
2020年の東京五輪ではISもさらに進化した3型の超望遠がでるかもしれない。
そこまで3年間、大事に使って3型に賭けるのがいいかもしれない!
by eos1d3 | 2017-02-25 18:39 | 機材紹介 | Comments(0)
岐路
2007年からモータースポーツを撮るようになりちょうど10年経ち、
今年で11回目のシーズンが訪れる。
2007年の11月に購入したゴーヨンも何時しか旧型になり、月日の経つのは早いもので
今年の11月で部品保有期限のリミットがくる。

ようするに、11月までは故障しても部品があるが、11月を越えると部品の在庫が
なくなれば修理できないという事になります。
という事は、USMの故障等、致命的な故障が襲えばTHE ENDとなるのである。

c0145198_17323624.jpg


2007年11月に購入した時に、小学生からの夢だったキヤノンの超望遠を手にして、
興奮して記念撮影した。

2020年の東京五輪に向けてさらに新型が出るかもしれないが、ここはISの1型超望遠を
持っている人は同じ悩みに苛まれるだろう。
1DX2になり、フルサイズなのでゴーヨンと同じ感覚ならロクヨンなのか?
それとも、壊れるまで使って2020年を待つか??

シーズン初めに色々と悩まされるのであった。
by eos1d3 | 2017-02-23 17:36 | 徒然に | Comments(2)
工具箱
c0145198_1934396.jpg



たびたびこのBLOGにも出てくるこの道具箱、スナップオンの名前が見えるが
実はスナップオンのツールケ^スではなくプレートを張っただけである。

この道具箱を買ったのは大学生の時だから、すでに25年ほど経つだろうか??
少しずつ少しずつ中身も増えてきて、会社に数年置いていたこともあったが、
ここ何年かは自宅に鎮座している。

家の何かが壊れた時、私の場合はまず自力で修理できるかどうか見定める。
ただ、この見定めるという文字の中には「見積額」は入っておらず、
しばしば自力で修理したばかりに買い替えるより高くつくことがある。
しかし、ここの忘れてはならないのは「愛着」という言葉である。
今の子供たちは、ものが溢れて何でも揃っているので、大事にしたり愛着を持つことが少ない。

モノを修理したり改造して何度も使うことは「貧乏くさい」とも言い放つ。
私の家の家具も電化製品もたくさん手が入れてあり、確かに貧乏くさいかもしれない。
でも、ものを大事にして最後まで使ってあげることが一番といつも子供たちに言っている。

買ってくれた人、それをくれた人、自分が買ったとしてもそれを購入した理由が何かあるはずである。
そんなものの思い出も一緒に、ずっと暮らしていけたらと思う。
by eos1d3 | 2016-12-22 19:43 | 機材紹介 | Comments(0)
ハクバ セーフテック ドライクーリエ L インプレッション
c0145198_18412978.jpg



先々週に購入しこのBLOGにも載せたハクバ セーフテック ドライクーリエ Lですが、
日曜日の息子の陸上競技に持って行きました。
この日は台風16号から続く雨雲が近畿地方まで伸びて時折大雨になりました。
ゴーヨンにはキヤノンレインカバーLをつけて100-400にはレインカバーS、
そしてバックはダライクーリエという最善の仕様で臨みました。

キヤノンの純正レインカバーは薄いながらも完璧にレンズにフィットしいつも通り問題なし!

このバッグも染み込みそうな素材ですが、中には全く水滴は入ってきませんでした。
ただ、防水をより完璧なものにするためにフラップが折込形状になっており、
しっかりと折り込まないと閉まらないのです。生地も分厚いので慌てているときは閉めるのに大変です。
c0145198_1850135.jpg


この写真でよくわかると思います。
折り込んで蓋をすることで粉塵や水滴から守ってくれます。
完全防水生地なので、安心感は抜群ですよ!

サーキットでの雨ざらしの中でどうなるのか??
SF最終戦は雨かな??
by eos1d3 | 2016-09-23 18:51 | 機材紹介 | Comments(0)
APPLE Care
c0145198_18385784.jpg



妻が2度目のiPhoneのiPhone6を機種変更して2年が経とうとしている。
その時にAPPLE Careに入っていたのでとりあえずバッテリーの消耗が激しい事を
言って交換してもらえるように電話してみたら?と進言した。

すると、なんと新品に交換してくれると言うではないか!!

私の時はバッテリーのチェックをして消耗度が50%を切っていないのでバッテリー交換は
無理と言われたのに、妻はバッテリーどころか本体を新品に交換してくれると言うことだった。

そして、待つ事3日間ほど!
昨日の夜になってAPPLEからメールがきて、新しいiPhoneが発送されましたと書いてあった。
すぐにPCにフルバックアップして、宅急便の人にSIMカードを抜いた古いiPhoneを渡す。

そして、新しいiPhoneにSIMカードを入れてアクチベートし復元した。
1つのアプリ、1つの写真もなくなることなく復元できて妻もご満悦でした!!

これで、あと2年使ってくれ!!

ちなみに同じ日にiPhone6を購入した長女はめんどくさいからいらん!とのことでした!
by eos1d3 | 2016-09-17 18:48 | 機材紹介 | Comments(0)