無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:31
ジュニアユースさん、私は..
by ゼク at 18:45
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:25
鍵コメさん、情報をどうも..
by ゼク at 12:44
wataruwataさん..
by ゼク at 12:11
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:車 ( 107 ) タグの人気記事
アルファロメオ ジュリア 発表
ついにアルファロメオの新型セダンであるジュリアが発表された

価格は、思っていたよりもちょっと高めでやはり本国では設定のある6MTが日本には
導入されなかったようである。日本はAT大国でMTは全くと言って売れなく、
アルファロメオもかつて設定されていたミト6MTもじゅりえった6MTも日本への
導入はなくなっている状況である。

c0145198_10411863.jpg



日本へはガソリン仕様の3車種が送り込まれる。
200psのモデル、280psのモデル、そしてクアドリである最上級車の510psのモデルだ。
イタリア本国では510psの6MTもあり、M4やAMGが対抗馬となっているらしい。
エンジンは当初フェラーリーチェーンと言われていたが、アルファ独自の設計となっている。

あ~、6MTの右ハンドルがあり、さらにお金もあればM4よりジュリアクアドリにのりたいのだが・・。
by eos1d3 | 2017-09-07 18:00 | Comments(0)
Alfa Romeo GIULIA 発表
c0145198_18444653.jpg


Alfa Romeo GIULIAがいよいよ9月6日に発表されますが(本国では既に売っている)
アルファオーナーのために簡単なパンフレットが送られてきました。
金額も何も書いていませんし、グレードもクアドリしか載っていません。

しかし残念なのはイタリア本国では6MTがあるのに対して、
日本導入の右ハンドル仕様は6MTの設定はありません。
その他にも3グレードあると言われていますが、本国にはMTがあるのに対して
日本仕様は全て非MTです。

もしも、クアドリ(510馬力)で右ハンドルの6MTがあれば売れていたかもしれません。
BMWのM4をも上回る性能ですので、きっと購入する人もいたはず・・・。

日本人はどうもMT車が嫌いなようで、どんどんMT車が無くなっていきます。

次期日産フェアレディにも6MTは無くなる方向です。
同じエンジンを使っていたスカイラインクーペは最終モデルまで6MTありましたが、
次期モデルにはありません。本当に面白くない日本車ですね・・・。
by eos1d3 | 2017-08-17 18:54 | 徒然に | Comments(4)
車 塗装修繕
娘が車の免許を取って数か月がたち、それほどではないが祖母の車を借りて運転している。
今まで無事故で何とか乗っているが、最近うちのセレナを乗る機会があって、颯爽と出て行った。
私が、「セレナはいつも乗ってるやつより長いから気を付けて」と言うと、「わかった!」と
軽い返事をした。

2時間後に娘が帰ってきて、なにやらおかしい。
「ママ呼んで」と、こういう時は必ず妻の出番である。
数分後、2人で「家を出ていくときにうちのブロックで擦った」と告白した。

c0145198_19164937.jpg


塗装を剥いで、下地が見えるほどの擦り方だ。
まぁ、8年も経った車なので諦めもつく。
仕方ない、とりあえず上手くは行かないだろうが、スプレーで修理しようとやってみた。
この手の、タッチアップペンやスプレーは思った以上に上手くいかないのは何度も経験済みだ。
それでも、このままだと錆びてくるしやらないよりマシなのも分かっているのだ。

c0145198_19195986.jpg
c0145198_19201548.jpg


スプレーは日産のホワイトメタリックで色ナンバーはエンジンルームのプレートに書いてある。
そして、この色にはクリアーを上塗りしなければならないのでそれも購入する。

まず、最初に400番のペーパーで擦って、その後コンパウンドで調整し、脱脂する。
脱脂は簡単にウエットティッシュ風の脱脂専用商品を購入した。

c0145198_19231679.jpg


新聞を当てて適当に吹いていく。
うーん、なかなか難しい。新聞をあてて飛び散らないように・・・。
c0145198_19241152.jpg



まぁ、うまくは行かないが、遠めに見ればわからないだろう。
やはり、スプレーは難しいと思った夏の一日でした。

c0145198_1925328.jpg

by eos1d3 | 2017-08-06 19:25 | 徒然に | Comments(0)
娘もJAF会員に
c0145198_18245854.jpg


3月に車の免許を取った娘。
そこそこ車に乗り続けているが、ここでJAFの会員に入会させた。
とはいっても、私の家族会員である。

JAFって何??
今の子供たちは、車に興味がないのでそれに付随するものにも同じく興味がない。
だから、タイヤ、バッテリー、オイルと言ったような消耗品にしてもほとんど知らない。
日本車がいくら優秀と言っても、完全にメンテナンスフリーな訳ではない。

せめて娘には、高速に乗る前に空気圧を見たり、5000km毎にオイルを換えたりと
昭和人間ならだれでも知っているようなことを教えて行きたい。
by eos1d3 | 2017-04-28 18:29 | 徒然に | Comments(0)
アルファロメオ ジュリア クアドリ 売ってる!
c0145198_196222.jpg



日本ではまだ正規輸入されていないアルファロメオジュリアが既に
並行輸入で入ってきている。
ジュリアはジュリエッタに続きフィアットグループがDセグで勝負をかける
重要な位置づけの車である。
しかも最高峰のクアドリフォリオベルデは510psのフェラーリーチューンの
イタリアスポーツの正当な血を引くエンジンである。
おそらく、マセラッティのGTなどのエンジン音に近い「フェラーリーの音」と
思っている。残念ながら今のところ日本に正規輸入される予定の右ハンドルには
6MTの設定はないようであるが、このモデルがヨーローパ仕様なので
左ハンドルの6MTである。BMWのM4やM3がライバルとするなら、
この金額はそんなに高くないだろう!
by eos1d3 | 2017-04-12 19:11 | 機材紹介 | Comments(6)
タイヤのFuji
c0145198_17313626.jpg



先日、車のタイヤが交換して6年が経過したので、溝はまだ残っているものの交換しました。
高速道路を年に何度か通行するので、やっぱり劣化したタイヤでは気持ち悪いです。

タイヤ交換となると、うちの家ではFujiしかありません!!
大阪では箕面に1件あります。
もちろんタイヤのFujiは近藤真彦氏がそのHPやCMにも出ているあのFujiです。
c0145198_18331497.jpg


おそらく、ジャニーズのタレントとしてではなく、KONDO Racing Teamのオーナーと
してCMに出ていると思います。そして、FujiはKONDO RacingのSUPER Formulaでの
メインスポンサーであります。

交換するタイヤはもちろんYOKOHAMAタイヤです。

さて、新品タイヤにも交換し、あとはシーズンを待つだけとなりましたが
早速、岡山のSGT開幕戦は行けなくなり出端をくじかれました・・・。

c0145198_18373072.jpg

by eos1d3 | 2017-03-13 18:35 | 徒然に | Comments(0)
1927BNC 527 MONZA
c0145198_18113071.jpg
c0145198_18113741.jpg
c0145198_18114582.jpg




近藤真彦氏のラジオ番組「COME ON! ROCKIN' ROAD」の中で、
ここ最近の一番の買い物は?の質問に1927 BNC 527 MONZAという答えが返ってきた。

「うん? 聞き覚えがあるぞ!」と思い、プリマベーラで撮影した車たちを見ていると
ありました!!しかも色もマッチが言っていたのと同じなので、この車と同じ感じだと思います。

プリマベーラにはアルファのジュリエッタで参加しているのですが、
ひょっとすると、今後は1927BNC 527 MONZAで参加されるかもしれませんね!!
それにしても昭和2年式の車なんてすでに今年で90歳!!
部品が残ってないので、自作するか、世界中の同系車種のオーナーから譲ってもらうしかない。
そんな難しい車なので、一体どうなるのか??今年のプリマベーラが楽しみである!
by eos1d3 | 2017-01-10 18:18 | 機材紹介 | Comments(0)
アイサイト
最近TVニュースで高齢者の自動車運転による事故をよくみかける。

つい先日も、ご主人を見舞いに来た80代の女性がアクセルとブレーキを間違えたのか
30代の男女をそのまま轢いてしまい死亡させたという事故があったばかりだ。

この手の事故は、被害者とともに、加害者にとってもその家族にとっても、
以後の生活に大きく傷を残す結果となるだろう。

もうすぐ、自動運転が始まるからこういった事故は減少するという意見もあるが、
実際に、超高齢化の波はそこまできていて待ったなしなのである。

c0145198_1928275.jpg


ここは、やはりSUBARUのアイサイトのような自動ブレーキシステムの標準装備のほうが
時間も速く、また開発も速く搭載可能ではないかと思っている。

サーキットにいくと、このアイサイトの乗車実験をよくやっているが、なかなかいいものである。
今回の事故も、この装備があれば手前でブレーキがかかり、死亡事故までにはならなかったかもしれない。
もちろん、どんなモノに対してブレーキがかかるのか分からないが、日本の全車に搭載されれば、
うっかりの事故も防げそうでならない。
by eos1d3 | 2016-11-18 19:33 | 徒然に | Comments(0)
BMW M2クーペに6MT
c0145198_18334581.jpg


BMWジャパンは2016年10月25日、「BMW M2クーペ」に
6段マニュアルトランスミッション車を設定し、注文の受け付けを開始した。
2017年1月からの納車が予定されている。

M2クーペは、BMWの高性能モデルを手がけるBMW M社が開発したスポーツクーペである。
エンジンは最高出力370ps/6500rpm、最大トルク47.4kgm/1400-5560rpmを発生する
3リッター直6ターボ.

日本仕様車のトランスミッションには、これまで7段デュアルクラッチATのみが用意されていた。
今回、新たに採用された6段MTについては、シフトダウン時に自動でエンジン回転数を上げる
スロットルブリッピング機能により、ドライバーのスムーズなギアチェンジをアシスト。

ハンドル位置は右のみ。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円安い768万円。


ついにM4に続きM2にも6MTがラインナップされた。
金額的にはM240iより100万円ちょっと高いだけだ。
しかも右ハンドルで日本向けに適応されている。

M4は手が届かなくてもM2は手が届くのか??
いやっ、たいしてかわらんか・・・・。

こういった6MTのFR車は日本車ではほぼラインナップされてない。
トヨタの86やスバルのBRZが代表的な車である。
やはり日本では6MTは売れないのであろう。
スカイラインクーペも次期モデルにはMTは消滅しているそうだ。

1年前に出たトヨタのマークXの100台限定3.5Lの6MTが
カタログモデルになればきっと楽しいと思う。
by eos1d3 | 2016-10-25 18:40 | 徒然に | Comments(0)
BMW M240iクーペ発売
c0145198_1817091.jpg




BMWのM240iがM235iより進化し発売になった。

「M140iとM240iクーペは、BMWの「1シリーズ」と「2シリーズ クーペ」の
「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモービルズ)」。
Mパフォーマンス・オートモービルズとは、パワートレインおよびシャシーに、
「M3」「M5」ほか高性能モデルを開発するBMW M社がスポーティーなチュ
ーニングを施し、さらに専用デザインを採用したモデルである。
今回のM140iとM240iクーペには、BMW M社がチューンした3リッター
直6ターボエンジンが搭載される。
最高出力は340psで、最大トルクは51.0kgm。
従来の「M135i」「M235iクーペ」に比べ、14psと5.1kgmの上乗せとなる。
8段AT搭載モデルの場合、0-100km/h加速に要する時間は4.6秒(6段MT車は4.8秒)。
JC08モードの燃費値は、M135i/M235iクーペ比で10%優れる
13.4km/リッターを実現した(6段MT車は12.7km/リッター)。」



ラインナップと価格は、以下の通り。
・M140i(8AT):578万円
・M240iクーペ(6MT):613万円
・M240iクーペ(8AT):627万円

なぜこの車をBLOGにするかと言うと、この車格のMT車が国産車ではほぼ存在しないからである。
ここで、「ほぼ」と書いたのは、昨年トヨタからマークXの特別車3.5Lの6MTが100台限定で出たからである。
その他はスカイラインクーペの6MTがほぼ末期モデルとして存在しているにとどまっている。
その下の2L格の6MTはトヨタ86やスバルBRZ等少し選択の余地が残っているが、
3L以上となればほぼ無いに等しいのであります。

BMWはこのクーペ(2シーターではない)モデルに3Lターボの340psをぶち込んできた!
しかも6MTが用意されているではないか!!
アルファのジュリアがもうすぐ日本でも発表になるだろうが、どうもMTモデルは正式輸入がないようだ。
これで、BMWはこのM240iと通常の3シリーズ、それとM4にMTのラインナップがある。
ベンツにはSLK200にMT車が用意されているが、排気量は1.8Lである。

私もアルファのジュリエッタQVの6MTに乘っているが、次も出来れば6MTと考えている。
しかしやはり出来れば国産がいいのだ。外車は何かと維持費もかかるし、メンテの上でもややこしい。
オイル一回換えるのに12000円、バッテリー4万円と割高なのである。
狙うは、マークX6MTの中古しかない!!
by eos1d3 | 2016-10-01 18:31 | 徒然に | Comments(0)