無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ジュニアユースさん、こん..
by ゼク at 22:23
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:18
丸に橘さん、全部合板なん..
by ゼク at 22:51
Gibson J-160..
by 丸に橘 at 19:33
ジュニアユースさん、やっ..
by ゼク at 15:36
まったく、おっしゃるとお..
by ジュニアユース at 22:36
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:鈴鹿サーキット ( 358 ) タグの人気記事
SUPER GTにおける鈴鹿1000kmは今年で終わり
c0145198_18391037.jpg
c0145198_18394488.jpg
c0145198_18411724.jpg
c0145198_18414625.jpg
c0145198_18425560.jpg
c0145198_18433369.jpg

c0145198_18541668.jpg



私が最も楽しみにしている鈴鹿の1000kmレースが今年で終了するらしい。
2006年に初めてSGTを見たのも鈴鹿POKKA1000kmだったし、そこから昨年まで
連続で観戦してきた。もちろん、日没後も走っていた数年前、ヘッドライトを灯して
走るGTカーをカメラ仲間とともにカメラに必死に収めた。

来年からはGT300やS耐、FIA GT3既定のマシンが走る10時間耐久レースとなるらしい。
鈴鹿のSGTとしての1000kmレースは今年で終了だ。
きっと、いろんな大人の事情があるのだろう。
しかしSUPER GTの最大の見せどころであるGT500マシンが走らない10時間耐久は
あまりに寂しいではないか。

GTAの話ではどこかにSGT鈴鹿戦は行うと言う事なので、また開幕戦に戻るのか、
それとも、秋ごろになるのか見当がつかないが、GT300が参加する10時間耐久が
8月にあるのであれば、8月のSGT開催は難しいだろう。

出来ればSFと同じく最終戦をもてぎから移してSGT最終戦鈴鹿300kmレースをいきたい
ところである!
by eos1d3 | 2017-03-04 18:51 | 徒然に | Comments(0)
ファン感謝デー
c0145198_18272794.jpg
c0145198_18273665.jpg



モータースポーツの開幕を知らせるファンの感謝デーがそろそろ始まる。
まずは鈴鹿サーキットのファン感謝イベントが3月3~4日、
岡山国際サーキットでは3月18~19日に行われる。

特に3月18~19日の岡山国際サーキットではGTA(SUPER GT)の
公式テストが行われて、4月開幕のSGT車両のほとんどがテストを行う。

スポンサーが決まっていれば企業のイメージカラーを纏ったカラーリングの
施したマシンを見れるだろう。

数年前までは私も両方のイベントに挙って参加したが、最近はちょっと遠ざかっている。
どちらにしても、シーズンの開幕に向けて西日本に住むモータースポーツファンにとっては
目の離せないイベントとなることだろう。
by eos1d3 | 2017-02-17 18:34 | 徒然に | Comments(0)
SUPER Formula 鈴鹿テスト
c0145198_18383078.jpg



明日は鈴鹿のSUPER Formulaの合同テスト・ルーキードライバーテストがある。
現時点でエントリードライバーは驚くべきほどでもないが、実際に明日乗るドライバーが
来年に乗る可能性が高いのである。



これは2年前の岡山でのSFテストの写真です。
このときは小林可夢偉がテストすると言ったので勇んでいきました。
この時点ではまだSFに正式に乗るとは言ってなかったのですが、やはり正式にドライバーになりました。
c0145198_184242100.jpg

c0145198_18444178.jpg
c0145198_18445443.jpg



さて、明日の鈴鹿ではKONDOに乗るドライバーは今のところTBNであるが、
近藤監督が最終戦のトークショーで言っていたようにロシターはきっといないと思う。
そうなると、いったい誰がテストを行うのか??
日産系の佐々木大樹か、またまたトムスの選手なのか??

明日の鈴鹿からのツイッター発信は見逃せない!!
by eos1d3 | 2016-11-23 18:46 | 徒然に | Comments(0)
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 KONDO Racing
c0145198_1891349.jpg


今回もKONDO Racingを応援に鈴鹿に無事到着しました。
SUPER GTでは菅生で優勝しましたが、SFの方は長く優勝がありません。
ファン共々久々の優勝を待っております。

c0145198_1893483.jpg

c0145198_1895772.jpg



KONDOも2台体制に戻って丸2年でしょうか。なかなか成績が出せません。
ロシターも初戦の鈴鹿で表彰台を取ってからはなかなかです。
ブラー選手もほぼ10位以内に入れずに苦労したシーズンだった。

c0145198_18102145.jpg


c0145198_18103563.jpg

c0145198_1811573.jpg

c0145198_18111339.jpg


さて、監督トークショーではハプニングがあった。
舘、星野、近藤の3監督を迎えて決勝直前の話を聞くというのが、
関口選手の不振でシリーズチャンピオンに暗雲が立ち込めてレース2の打ち合わせが
忙しかったのか、星野監督がトークショーに出てこられなかった。
近藤監督が「いつかドタキャンやると思ってた」と観客を笑わしたが、
今までも不調な時も我慢してトークショーに出てきてたらしい。
でも、今回ばかりは舘さんも「気持ちがわかる」という位のIMPULの不振だったのだ。

c0145198_1810506.jpg


トークショーとしては話も面白く、ロシターの話題になった。
何しろロシターのロッテラーへの尊敬は凄まじく、ロッテラーの後ろを走っていると安心すると
言うらしい。ピットのタイミングもロッテラーが入ったら自分も入りたいという始末らしい。
近藤監督が、ロシターはトムスに返しますと言ったのが冗談とも取れない感じだった。

ロッテラーが今年でSFの引退を仄めかしたのはこの近藤監督の発言とつながっているのか?
どうも、ロッテラーが今年で日本を去り、ロシターがSFとSGTともにトムスに戻るのか?
ロシターはトムスの契約でKONDOに乗っているので「返す」という言葉が出たように思います。

SFの世界はもう既にストーブリーグが始まっているらしいです。
B-MAXがSFにエントリーするので日産系のドライバーが出ると思います。
佐々木選手もきっと出てくるでしょう。来年が楽しみですね!

それでは、今年最後の監督さん~~

監督さ~ん
by eos1d3 | 2016-11-03 18:43 | 徒然に | Comments(2)
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 バンドーンGrid etc.
c0145198_1836446.jpg

c0145198_18372489.jpg



土曜日のお昼、ちょうど予選の始まる前の一瞬のひとときに
プレッシャーに押さえられた一人のドライバーがトークショーを行った。
彼の名前は関口雄飛選手。

この時点まではポイントランキングで2位に4点近くの差をつけるトップを走っていたが、
それでも、大きな緊張感に包まれて、夜中に何度もうなされて目が覚めたと言った。
彼は一見ビッグマウスかもしれないが、実は緻密に戦略を考える知的なドライバーだ。
直前の走行は4位だったが、なにか違和感があったか不安に苛まれている感じだった。

そして、予感が的中したのか、予選は大苦戦しそのまま這い上がることはできなかった。
私は、このポイントシステムは大反対である。簡単に言うと、優勝選手に3点のボーナスPtが
付くと言うものである。そもそも通常1レースで勝って10PtでコツコツとPtを積み上げてきた選手にとって
最終戦は脅威でしかない。
何しろQ1の結果がR1のグリッドを、Q3の結果がR2のグリッドを決めるのだから、
Q1でミスすればほぼもう終わってしまうのである。
勝てばハーフで5Pt+ボーナス3Ptは大きすぎる!!
せめて面白くするとしてもボーナスは1Ptで十分だと感じている。

まぁ、それにしてもこのトークショーはバンドーンの日本最後のトークショーも重なり
AKB8にも決して負けないファンが陣取った。ここに集まるファンは間違いなく
モータスポーツのファンであろう!


c0145198_18471549.jpg

c0145198_18475032.jpg

c0145198_1848676.jpg


41号車に乗るのは、来年F1が決まっているバンドーン選手である。
グリッドでレーシングスーツを着込む姿をカメラに納められた。
F1ドライバーになるとこんな写真は撮れるはずがない!いやっ、彼は現時点でも現役F1ドライバーだ。
本当に良い瞬間が撮れて、来年からのバンドーン選手の活躍を心から祈っている!

c0145198_18512021.jpg

by eos1d3 | 2016-11-02 18:53 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 Pitwalk
c0145198_1832166.jpg

c0145198_18322064.jpg

c0145198_18322579.jpg

c0145198_18323651.jpg

c0145198_18331285.jpg

c0145198_18335149.jpg


最終戦になってバンドーンの人気もあるのか、ピットウォークも凄い人です。
SGTと比べるとレースクイーンさんも少ないですが、それでも賑わっております。

ドコモのお姉さんはRQさんかどうか分かりませんが凄い脚線美でびっくりしました。



c0145198_1834428.jpg


寿一さんは、SGTのドライバーは引退しましたが86のプロカテゴリーには出場していました。
やっぱりどこにいても人気者です!!


写真よく見てみたら全部縦位置やぁ~~。
by eos1d3 | 2016-11-01 18:40 | 機材紹介 | Comments(0)
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦
c0145198_19595411.jpg

c0145198_2001589.jpg

c0145198_2135336.jpg


c0145198_200407.jpg

c0145198_2013138.jpg

c0145198_206597.jpg

c0145198_2061450.jpg

c0145198_213558.jpg


c0145198_2065816.jpg

c0145198_207848.jpg

c0145198_2071928.jpg

c0145198_2072484.jpg

c0145198_2073279.jpg

c0145198_2074317.jpg

c0145198_2074968.jpg

c0145198_208153.jpg



つい最近、鈴鹿にSF開幕戦を見に行ったと思ったらもう最終戦が終わった。
関口選手がチャンピオンを取るかと思っていたが、予選のミスがあり、
結局はGT500でのチームメイトである国本選手がシリーズチャンピオンを獲得。
F3チャンピオンも獲得している国本選手には実はドライバーの兄貴がいる。
きっといろんな人に支えられての日本の頂点!!本当におめでとう。

そして、来年はF1への昇格が決まっており日本でのレースは今日までとなる
バンドーン選手もレース2でルマンチャンピオンであるロッテラーの追撃を抑えて
岡山に続き日本で2勝目を飾った。
ルーキーで来て大きな置き土産を日本のファンに与えてくれた。
直前のトークショーで、日本での1年は非常に勉強になったと、
来年はマクラーレンホンダのF1ドライバーとして鈴鹿に帰ってくると誓った。

バンドーンがトップでコントロールラインを切った時、同時に彼の日本での時間が
終わりを迎える。今年は本当にエキサイティングなシーズンだった!!
そして、楽しかった!!
by eos1d3 | 2016-10-31 20:20 | EOS-1DXMarkII | Comments(4)
意地を見せろ!!
c0145198_20463141.jpg




昨日のお昼のトークショーで関口選手は超弱気な発言。
緊張で眠れないとか、予選がうまくいかなくて負ける夢をみて
夜中に魘されて目がさめるとか・・・。

しかし、予選の結果はその通りになりました。
チームメイトのJPも予選悪かったので、おそらくマシンがそれほど決まってなかったんだと思います。
彼が言うには、1秒以内に10台近くがひしめくSFなので、ちょっとの調整ミスが響くらしい。
Q1とQ2の間だけでのセッティングが変わってどうしようもなくなったり、とかで我々一般人に
その微妙なニュアンスはわかりません・・・・。

それでも、現時点でランキングTOPにいるのは関口選手です。
R1の挽回は難しいかもしれませんが、R2はタイヤ交換を伴うピット作業が必要です。
1周目に入って、クリアーな位置で走って追い詰めることも可能です。

まだまだ諦めてはいけません!!
僕は応援していますよ!!
by eos1d3 | 2016-10-30 08:45 | 徒然に | Comments(0)
王者の逆襲
c0145198_20344521.jpg



最終戦のSFを見に鈴鹿に来ております。
ほんと久々の快晴で、雨具の心配すらありません!!

サーキットの注目はこのところ向かうところ敵なしの関口選手が、
予選Q1とQ3を両方取って完勝するのではと思っていましたが、
ライバル達は強かったです。

Q1は13位、Q2は13位とこれで明日のR1もR2も13番グリッドからと
シリーズチャンピオンに暗雲立ち込めてきました。

逆に昨年の王者、石浦選手はQ1,Q3ともP.Pを獲得!!
R1,R2ともに勝てる可能性が大きくなりました。

特にR1はピットなしの19LAPなのでほぼ普通に走れば勝てるでしょう。
c0145198_20451554.jpg



明日の決勝が楽しみになりました!!
by eos1d3 | 2016-10-29 20:45 | 徒然に | Comments(0)
サーキット10年
2007年の11月当時フォーミュラーニッポンだった日本のTOPフォーミュラの
最終戦に行ったのが本格的なレース写真を撮る最初だった。
実は2006年からサーキットには通っているが、その時はフィルムカメラで、
2007年の8月のPOKKA戦からデジタルカメラに移行して、それでも
キヤノンの入門機であるKiss DXで撮っていた。

その後、本格的に撮りたいと思いプロ機であるEOS-1DMarkIIIを購入した。
しかしまだ500mmは持っていなくて300mmF4でっ撮ったのがこの写真だった。

c0145198_1939112.jpg


元々最初のサーキットへの目的は近藤監督をかっこよく撮影する事。
この日ももちろん、撮影していました!!若いですね~~。

c0145198_19401143.jpg

鈴鹿は当時改修前で逆バンクから向こう側が見渡せました!


FN06型と呼ばれるこのマシンにはKONDO Racingとして2台体制で、
JPオリベイラ選手と現GT500ドライバーの柳田選手がドライブしていました。

c0145198_1942182.jpg

JPの鋭い眼光が覗いています。

KONDO Racingとしては元々、このFNの方が歴史があります。
チーム立ち上げた初年度は近藤監督自らFN車にのっていました。
2005年にSGTがGT選手権から発展して、KONDOは2006年から参戦です。

c0145198_19442267.jpg


この写真は、逆バンクから生まれて初めてと撮ったKONDO 柳田選手の3号車です。
今は、ロシターが乗っているKONDOのエースマシンですね!

柳田選手の最後のTOPフォーミュラですね。



明日の最終戦で9年間10シーズン通ったことになります。
いまだに、目的はもちろん近藤監督のかっこいい写真を撮ることは何一つ変わっていませんよ(笑)
by eos1d3 | 2016-10-28 19:48 | 徒然に | Comments(0)