無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
丸に橘さん、Thalia..
by ゼク at 09:34
ジュニアユースさん、そう..
by ゼク at 09:30
まさひろさん、やっぱり何..
by ゼク at 09:28
ですよねー。 でも、私..
by 丸に橘 at 06:25
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 20:25
サーキットでカメラを大事..
by まさひろ at 11:24
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:S-GT ( 480 ) タグの人気記事
待ち遠しい
c0145198_18593855.jpg



今年はかぁちゃんが鈴鹿のファンシート購入したらしい。
しかもドえらい金額で!!
何やら10年間、皆勤で鈴鹿に通った自分へのご褒美らしい!
そういえば、鈴鹿で行われるSGTとFN、SFは2007~全戦観戦しました。

今年はクーラーの効いた部屋で観戦できるらしいし、子供入れて6人まで入れるらしいよ!
駐車場も、もう取らんでも近くに確保出来てるらしい!
あ~、待ち遠しいなぁ~~!!
by eos1d3 | 2017-02-21 19:03 | 徒然に | Comments(0)
JRPA 写真展
c0145198_17104118.jpg



何年かぶりにJRPAの写真展にいってきました。
JRPA会員の鉄谷プロがおられたので色々と解説いただき
有意義な時間が過ごせました。

青空や夕焼け、いろんな風景を絡めた写真が目立ちました。
しかしモータースポーツの写真はあくまでも風景写真ではありません。
風景写真であれば、その思った風景が目の前に広がるまで何日でも待つことが出来ます。
その中に、マシンを置くことで一気に制約が出来、一瞬の判断でマシンの中に
背景として写し込まなければならないのです。

今年も、いよいよシーズンが始まります。
どんな写真が撮れるのか?楽しみです。
by eos1d3 | 2017-02-20 17:16 | 徒然に | Comments(0)
日産 2017年のモータースポーツ活動を発表
c0145198_17512051.jpg



日産自動車株式会社およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
は17日、日産/ニスモの2017年モータースポーツ活動を発表しました。

予想通りの結果でした。
特にセパンでのテストで走っているためにほぼその通りのドライバーが走ります。
毎年のお決まりですが、あっと驚くサプライズはなかったです。

我がKONDO Racingは昨年2勝した柳田選手をからJP選手に代わりました。
佐々木選手はそのまま残って新しい組み合わせ、佐々木・JPコンビとなりました。

JPは2010年まではKONDOに所属していたので、今でも他人のようには思えません。
c0145198_1755576.jpg


この写真は安田選手がKONDOに来た最初の開幕戦でJPと共に勝利した記念写真です。
あれから7年も経ったようには思えませんが、また佐々木選手と組んで表彰台の
一番上に上がってもらいたいものです!
by eos1d3 | 2017-02-19 17:57 | 徒然に | Comments(0)
TOYOTA GAZOO Racing、2017年の活動計画を発表
c0145198_1854108.jpg


本日、トヨタレクサスチームの2017年活動計画の発表があった。

驚くべき内容は少ないけれども、何点か挙げると、
まず、伊藤大輔選手が監督になり、正規ドライバーから外れた。
2007年にホンダでチャンピオンを取ってトヨタに移籍してからは、思ったように
活躍できなかったのではないか?そのままホンダに残留したほうが良かったのでは?と
思うファンもいるかもしれない、寂しい幕切れであった。

それと、SFには長年に渡りSGT,FN,SFとシートを守ってきたインパルのJPオリベイラ選手の
名前が外れていた。GTでは古巣のKONDOに戻るのでは?と予想されており、
近藤監督のラジオでも、セパンのテストではJPと一緒だったという事から、ほぼ佐々木大樹選手と
JPの組み合わせは確定していると思っている。

そうなると、JPはSFもSGTもインパルを外れたことになり、今まで相思相愛だった星野監督との
関係に確かなものがなくなったと思わざるを得ません。
どうも、先に外れると思われていた安田選手は残留の方向のようです。

また。KONDOのSFはトヨタエンジンということで、レクサス関係のチームという事になるが、
一気に2名のドライバーを新人の山下健太選手と、ニックキャシディーに変更して
再起をかけることになった。

ロシターは素晴らしいドライバーであるが、ロッテラーを尊敬に敬愛するばっかりに、
ロッテラーの後ろを走っていると安心して勝負しないと近藤監督がトークショーで嘆いていた
事から、今回契約をしないとは思っていた。
それと、同じくブラーも成績を残せないままにチームを離れた。

2017年のKONDOのSFは楽しみであるが、少々不安も付きまとう・・・・。
by eos1d3 | 2017-02-02 19:05 | 徒然に | Comments(0)
2017SUPER GTサポーターズクラブ
c0145198_18375370.jpg



2017 SUPER GTの新しいサポーターズクラブ会員を更新した。
また、このシーズンが始まります。
しかし、例年なら更新4120円だけど今年は5500円ほどかかりました。

「なんでやねん!」
私は叫びました。

一体何に5500円もかかんねん!!

ゲストパスで入る実質3000円分のグリッドウォークも客を客とは思わない運営方針。
正直言って殿様商売に呆れている。言葉は丁寧でも誠意は全くない。

いつもいつも、進行が遅れているのでグリッドウォークは10分で終了ですって
入り終わるまでに5分かかってマシンの止まってるところまで行くのに5分でもう終わりや。
そんな進行プログラムあるんかい!!

名前はGTAのゲストという事になっているのに、そのゲストパスを持っているひとばかり
だからプレミアム感もなければ、運営側もお客意識もない。
3000円分のグリッドWが実質5分程度なんて、しかもそれをノウノウとハンドマイクで
「10分しかありません」なんて、どんな神経や!

スタート進行始まって、約12分マシンが3周位走ってピットに戻ってくる。
そして決勝のタイヤに履き替えて、もう1周しダミーグリッドへ並ぶ。
この時点でプレスは入って写真を撮影。これは仕事だから当然しかたない。
そして、最初にプレミアムチケットの人からグリッドに入り、最後にゲストパスの入場。
この時点で10分しかない。そら、そのあと、メカさんも出ていって監督とエンジニアと
何人かのメカさんで国歌斉唱してすぐにフォーメーションラップ。

問題は、プレスが入ってゲストが入るまでの時間を短くするか、もう少し全体のグリッド公開の
時間を長くするかだ。なんども言うが、ここに入会するのはゲストパスを買う為だけ!
その分余分な5500円と、10分3000円のグリッドWでほとんどお得感なし、
それでも、入会せずには年パスもゲストパスも買えない。ほんまどんな運営や!!

また苛立つあの瞬間がくると思うと滅入ってくるなぁ~。
by eos1d3 | 2017-01-14 18:54 | 徒然に | Comments(0)
KONDO Racing 初のシーズン2勝目達成
c0145198_1822791.jpg

c0145198_18241688.jpg

c0145198_18245552.jpg


元々は最終戦の1レースだったもてぎ戦ですが、今年は熊本の地震でオートポリス戦が
中止になったので、その代替が土曜日に、そして本来の最終戦が日曜日に行われるようになった。

実際本日は第3戦のAP戦になるのですが、午前中に予選して午後から決勝なので、
調子いいマシンが予選で勝つとそのまま決勝にも勝つというのが面白いところです。


今回もタイヤ無交換でやったりました!
もうこれやったら、F3のように毎回土日の2戦にして、全16戦でどないじゃ??
by eos1d3 | 2016-11-12 18:30 | 徒然に | Comments(2)
DRAGO CORSE 及び Drago Modulo Honda Racing 終了
c0145198_18252541.jpg
c0145198_18253474.jpg



2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦中のDRAGO CORSE(ドラゴ・コルセ)および2016年SUPER GTシリーズに参戦中のDrago Modulo Honda Racing(ドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシング)は
、今シーズンをもって両カテゴリーにおけるチーム活動を終了することを発表しました。
2016年11月11日(金)~13日(日)にツインリンクもてぎで開催されるSUPER GTシリーズ
もてぎラウンドがチームとして最後のレースとなります。

との発表がありました。

道上さんがドライバーを引退して監督になって面白くなってきたと思った矢先の残念なニュースです。

日本のモータースポーツ界は、世代交代の時期に来ております。
昨年いっぱいで、脇阪寿一氏が引退し、監督になりましたし、立川氏もGTは現役でありますが
SFでは監督です。星野さんの長男、カズキングもGTは現役ですがSFはIMPULを手伝っています。
そろそろ世代交代かもしれません。

F3やF4の若いドライバーがGT500に乗って成績を出す時代です。
しかしながら、GT500やSFのシート数は限界があるので、ベテランが譲らないとそのメーカーの
若手ドライバーがいつまでたっても成長しません。
日産では、本山選手、JP,柳田選手、松田選手、この辺りがそろそろ若手にシートを譲っても?と
思います。来年は結構大きなドライバー交代があると思っているのですが・・・・。
by eos1d3 | 2016-11-09 18:32 | 徒然に | Comments(0)
SUPER GT  編集後記
c0145198_18373333.jpg



10年如きサーキットに通っているだけですが、色々と感じるところがあります。
モータースポーツとサーキットは切っても切れない関係で表裏一体です。
道交法に違反する車を公道で走らせることはできないので、必然的に専用のレース用の
道路が必要になり、それがサーキットとなるのですが、レース開催には当然この
法定外の速度で走るマシン競争を見るためにお金を払ってやってきます。

しかし、それ以外のファンも存在します。
それはモータースポーツには全く興味のないファンの方々です。
例えば、選手のファンや監督のファンでレースは見ない方々です。
そしてレースクイーンさんのファンでレースクイーンさん達を撮影するためにやってくるファンです。

大きく分けてサーキットにはこの2通りのファンが存在します。
レースメインのファンはレースを見るのが目的ですので観戦券のみ購入して観戦席にいます。
問題は、レースクイーンさんを専門に撮影する個々の集団です。
レースクイーンさんを撮影するには観戦券だけでは撮れないので、必ずピットウォークや
グリッドウォークに参加する必要があります。観戦券が5000円としたら3倍以上の価格がします。
そんな購入チケットを購入しピットウォークやグリッドで美しいRQを撮影したい気持ちは男性なら
誰でも理解できます。
しかし、年々そのマナーが失われつつあります。
とにかく順番になるべく多くのRQさんを撮影することに必死で周りはほとんど見ていません。
高級カメラを持っており大きなリュックでねじ込んできます。
撮影が終わると周囲を押しながら出てきます。
本当に危険です!小さな子供たちは視線に入っていないのでぶつかっても分かりません。

ピットウォークは選手や監督、マシーンを見るのが本来の姿ですが、上記の通りこのチケットを
持っている多くのファンはRQさんを撮る人ではないでしょうか?
グリッドウォークも然りです。
あと数分でフォーメーションラップに入る緊張に満ちたスタッフやドライバーの表情を見ることが
グリッドウォークの醍醐味です。しかし、実際はグリッドでのカーナンバーボードを持つ
RQを撮影するために何重ものカメラマンが連なり中も見れない状況があります。

どっちのファンがどっちってことはないのですが、大きな事故がいつか起きそうな気がします。
それほどに最近のピットウォークやグリッドウォークはモータースポーツ以外のファンに
占められている気がしてなりません。
by eos1d3 | 2016-09-03 18:55 | 徒然に | Comments(2)
2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km KONDO Racing
c0145198_18283681.jpg

c0145198_1829693.jpg

c0145198_18291478.jpg


私がまだフィルムカメラを使っていた2006年の当時POKKA1000km大会に
妻は「マッチがSUPER GTにエントリーしたからどうしても見に行きたい」と言った。

妻は近藤監督のデビュー当時からの大ファンで私もそれをよく知っていた。
しかし1995年に結婚し1997年に長女が2001年に長男を出産し子育ての忙しさの
絶頂を迎えていた妻は監督が現役だった時代や2000年にKONDO Racingを立ち上げて
初年度は自らドライバーとして参戦した時もサーキットに行くことはなかった。

2006年になって息子が5歳になりようやくサーキットに行こうと思い、それまでレースに
全く興味がなかった私を誘って家族で観戦に行ったのが全ての始まりであった。

c0145198_18342757.jpg

c0145198_18345544.jpg

c0145198_1835062.jpg


元々カメラが趣味で車が大好きだった私は初年度こそフィルムカメラだったが、2007年には
デジタル一眼や超望遠レンズを手に入れて、多くの仲間を見つけて一緒に撮影を楽しむようになった。
カメラを始めたのは小学5年生のとき、叔父さんにカメラを貰ってからの趣味であった。

最初はルールもわからなかったSGTですが岡山と鈴鹿のレースを見ているつれて分かるようになった。
ピットウォークやグリッドウォークに参加し、何とか近藤監督のかっこいい写真を妻にプレゼントしようと
必死に撮影して今に続いている。

さて、グリッドでは柳田選手がクルムアドヴァイザーと話しているし、S耐でKONDOから参戦している
平峰選手が監督にあいさつに来たり、同じADVANユーサーの坂東監督が来たりとなかなか面白い。

c0145198_1842931.jpg

c0145198_18421718.jpg

c0145198_18422338.jpg

c0145198_18422784.jpg



さて、肝心の近藤監督ですが、ここ最近はピットウォークにはほとんど出てこられません。
おそらくキッズウォークにも出てきてないと思います。
その分、トークショーやグリッドで何とか撮影しているのですが、グリッドも最後の5分ギリギリに
出てこられて撮影するのも本当に大変です。まぁ、それでも何とか撮影出来ました!

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2016-09-02 18:48 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km YOKOHAMA
c0145198_1817697.jpg

c0145198_1818860.jpg

c0145198_18174621.jpg

c0145198_18181497.jpg

c0145198_18184687.jpg



昨年くらいからADVANブースが元気になった。
以前はADVANトークショーが盛大に行われていたがここ数年はブースもなくなって
さみしい思いをしていたが、ADVANユーザーのチームのトークショーがまた復活!
主に土曜日はGT300で日曜日はGT500のチーム監督やドライバーが出てくる。
ブースの中では前々回の菅生の優勝した時の写真が飾ってあります!
監督のサインもありました!


ピットでもエアーコンプレッサーのホースかな?今回からニスモチームは新しいものに
変更されていた!特にGTRでADVANユーザーはKONDOだけなのでYOKOHAMAの
文字は目立っている!
by eos1d3 | 2016-09-01 18:24 | 徒然に | Comments(0)