無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 18:27
おはようございます! ..
by wataru-wata at 07:30
パイロンさん、お久しぶり..
by ゼク at 19:32
今年も終わってしまいまし..
by パイロン at 18:28
wataru-wataさ..
by ゼク at 09:14
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:SF ( 124 ) タグの人気記事
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 その2
c0145198_1834795.jpg

c0145198_1841310.jpg

c0145198_1842549.jpg

c0145198_1843321.jpg


今年のSFを盛り上げてくれたのは紛れもなくガスリーの活躍であろう。
全く走ったことのない日本のサーキット、行ったことも見たこともない日本の風景、
そんな異文化の中で、最初は戸惑っていたが徐々に実力を出し、ついには2勝した。
最終戦を前にトップと0.5pt差まで追いついたが、台風の影響で最終戦を戦う事は
出来なかった。まだ正式なアナウンスはないが、彼はおそらく来年トロロッソの
正規ドライバーとしてF1パイロットとなるだろう。

そのまま、成績を残して何とかレッドブルに昇格しいつかF1シリーズチャンピオンを
取って欲しい。そうなった時にこの写真はまた輝き出すであろう。
by eos1d3 | 2017-10-23 18:09 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦
c0145198_12283284.jpg
c0145198_1228448.jpg
c0145198_12285535.jpg
c0145198_1229987.jpg
c0145198_12292077.jpg
c0145198_12293217.jpg
c0145198_12293969.jpg



2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦は結果として中止になった。
大型の台風が近づいているための処置でこればかりは仕方がない。
しかし、晴れていれば、0.5pt差で追っているF1ドライバーのガスリー選手が
石浦選手をどう追いかけるかが予選・決勝1・決勝2の最大の見せ場だった。
昨年に続き、F2チャンピオンのF1留年先としてSFが選ばれて、実際にF1に乗りながら
同時にSFの選手だったという事に驚いています。

それにしても、台風が憎い!!
本当にガックリの最終戦となってしまった。
ガスリー選手のF1での活躍を祈っております!!
by eos1d3 | 2017-10-22 12:34 | 徒然に | Comments(2)
最終戦は雨で中止
今日は何となく嫌な予感がしたので、朝一のフリーから撮影しました。
ひょっとして予選走らなければ、明日も
中止になると思いガスリーの最後の
走りを撮影しました。

c0145198_19550390.jpg
久々にレインカバーを付けて勇んで
行きましたが赤旗の連続!
路面が走れる状況ではありません!

そして、結局予選も無理やりQ1だけ
放り込んだ形で終了し、予選が終わってから
しばらく経って決勝中止のアナウンス。

あー、最終戦があっけなく終わりました。
ガスリーと石浦選手の勝負をドライで
見たかったです。


by eos1d3 | 2017-10-21 19:33 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
SF最終戦の行方
c0145198_1865735.jpg


ガスリーの最終戦への参戦が正式に決まって断然面白くなった最終戦SF、
何しろ現在TOPの石浦選手とは0.5pt差でどうにでもなる差だからである。

昨年のバンドーン選手や今年のガスリー選手は言わずと知れたヨーローパのGP2の
シリーズチャンピオンである。昔であればGP2のチャンピオンはすぐにF1昇格となったのだが
今は、シートが空かない場合が多く、その場合は留年することになる。
とは言っても、GP2のチャンピオンは次年度には卒業しなくてはならないので、F1のシートが
無い場合はGP2より上でF1より下のSFに来ることが目標になる。
彼らにとって格下のユーロF3に乗る訳には行かず、この日本独自のSFが「体の慣らし持続」には
もってこいなのだ。

さて、最終戦は2レース制である。
いつもなら1位で10ptなのが半分の5ptであるが、なんとボーナス3ptが付いてくるので
8ptという事になる。さらにQ1の結果がれレース1のグリッド、Q3の結果がレース2の
グリッドという事で、Q1から全力で行かなければならない。
2レース制で周回数も少ないので、Q1のPPを取ればPPで1pt、優勝して8ptと計9ptが
ほぼお約束で入ってくる。しかし、しかしである、もしもガスリーがQ1で失敗したらもう
その時点でQ2にも進めずにTHE ENDとなるのだ。

こりゃ、見ごたえがある。
僕としてはガスリーがGP2、SFと連続チャンピオンを取って、来年気持ちよくトロロッソホンダで
走ってもらいと願っている。
by eos1d3 | 2017-10-16 18:18 | 徒然に | Comments(0)
ガスリー凄いな~
c0145198_18484777.jpg
c0145198_18483141.jpg



今、日本のSFに参戦しているピエールガスリーがシーズン途中の
マレーシアGPからF1に昇格して予選Q1を突破した。

つい先週の今頃はSF菅生の予選に出てホテルでディナーをとっていた彼が
今ではF1レーサーである。

一方、昨年も同じことがあった。
彼と同じGP2チャンピオンとして日本にやってきたバンドーン選手がF1に出て
ポイントを獲得して日本のSFも掛け持ちした。
今回のガスリーはその逆の展開である。

このまま来週の日本GPで鈴鹿をF1レーサーとして走り、また最終戦のSF鈴鹿でも
走ればこんなことはもう2度と無い様に思う。

c0145198_185425100.jpg

c0145198_18544145.jpg


今後ともSFがF1と少しでも近づいて相互に参戦できればいいのにと思った。
by eos1d3 | 2017-09-30 18:55 | 徒然に | Comments(0)
ガスリーすごいやん!
c0145198_1826244.jpg
c0145198_18263657.jpg



昨日の2017年SUPER FORMULAのオートポリス大会ですが、
ガスリー選手がもてぎに続き2連勝を飾りました。

彼は、昨年のF1直下と言われているGP2のチャンピオンで今年はF1に昇格すると
言われていましたが、色々あって叶わずに日本で1年間乗ることになったのでした。

2連勝して、ここ数日で期間中F1昇格もあるかもとニュースが出てきました。
こうなれば、ちょっと前のロッテラー、昨年のバンドーンのように、
同一年にF1とSFにエントリーする可能性が出てきます。

ただ、F1ノシートを年内に得れば、最終戦の鈴鹿SFと重なるのでSFはキャンセルですが、
ひょっとして、F1での日本選手権鈴鹿を走るかもしれません!
本当に夢のある話でうれしいですね!!
by eos1d3 | 2017-09-11 18:30 | 徒然に | Comments(0)
KONDO Racing 山下選手 初PP
SUPER Formula第4戦のもてぎの予選でKONDO Racingの山下選手がルーキーとして
初めてのポールポジションを獲得しました。
KONDO Racingとしてのポールポジションは2008年第7戦富士でオリベイラ選手が
ポールトゥウィンしてから以来9年ぶりの快挙でした。

c0145198_16202175.jpg
c0145198_16204649.jpg


これは第2戦岡山で予選2位を取った時のグリッドの写真です。

彼はトムスのドライバーでトヨタのドライバーです。
KONDOは日産系なので、舘さんのところから借りていることになります。
もし、トヨタがF1復帰するなら、若手の筆頭ではないでしょうか。
ゆくゆくは、トムスのメインドライバーになる逸材です。
by eos1d3 | 2017-08-20 16:23 | 徒然に | Comments(0)
昨日のレース
c0145198_18312414.jpg



昨日のSF第三戦富士は家でTV観戦していました。
前戦岡山からKONDOは上向きの感じだったので期待していました。
土曜日の予選では2台ともにQ3に残り6位と7位からのスタートでした。

山下選手はTVで250kmは初めてと言っていたのでどうなるかと思い見ていた。
そもそも国内フォーミュラーではSF以外は通常走り出したらPITに入らずに
走り切ってしまうカテゴリーがほとんど。ようするにカートからFCJやF4、
F3とステップアップしてきたルーキーはフォーミュラーで55周もするような
長い距離を走ったことがないのである。

今回のレースはピットの義務がない250kmレース。
しかし、燃料がどうしてももたないので1回は給油する必要がある。
フォーミュラーレースはGTレースと違い給油中にもタイヤ交換が出来るので
いくつかの作戦が考えられる。

最初は燃料を軽く走りだし、前半でピットに入り燃料入れる分タイヤ2本か4本交換する、
逆に満タンで走り出し後半に同じようにする。一方、タイヤは250km持つので燃料だけでいく。

優勝した石浦選手は終盤に4本タイヤ交換してピットを出た。
KONDOは山下選手がそろそろピットの頃?と思った頃にスローパンクチャーで終了。
もうちょっと早めに入って4本交換していたらと思うと、レースは本当に難しい。
12位から3位に入ったロッテラー選手は序盤に給油のみ行いタイヤ無交換で走り切ったからだ。

さて、私も来月は最後になる鈴鹿の1000kmレースを観戦する。
年々衰えてゆく体力と相談しながら燃え尽きようではないか。
by eos1d3 | 2017-07-10 18:00 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 KONDO Racing
c0145198_13384277.jpg

c0145198_13395449.jpg

c0145198_134079.jpg

c0145198_13404465.jpg

c0145198_13414547.jpg

c0145198_1343328.jpg


昨年からSFのエントリーを大きく変えてルーキー2名をラインナップしてきた。
キャシディと山下の両選手はトヨタのドライバーであるがおそらく舘さんから
近藤監督が預かってる形でトムス契約のドライバーだと思う。

開幕戦の鈴鹿は成績が振るわなかったが、2戦の岡山はいきなり爆発!!
キャシディがレース1で予選3位で決勝3位の表彰台GET,山下選手がレース2で
もうちょっとでPPの予選2位と昔のFN06時代の2008年JP,横溝時代を彷彿とさせる
活躍となった。そのため、監督はご機嫌でグリッドでも会話が弾んだ。

ここ最近のグリッドではSGTも含めて、最高の滞在時間になり、おそろく岡山のこの
グリッドにいたファンの方はみな監督の肉声を聞き満足したことだと思う。
やはりプロは勝たないといかん!次戦からも活躍を祈っています。

それでは、今回はたくさんの監督さんです!

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2017-06-02 13:59 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 RQ
c0145198_184236.jpg

c0145198_1842874.jpg

c0145198_1843376.jpg

c0145198_1843981.jpg

c0145198_1851634.jpg

c0145198_1853091.jpg

c0145198_1855716.jpg



SUPERFomulaのレースクイーンはチーム数に比例してSUPER GTと比べて格段に少ない。
しかも土曜日は来なくて、日曜日のみというレースクイーンもいるので撮影するのも苦労は少ない。
有名なレースクイーンはSGTと掛け持ちしているので、カメラマンがひっきりなしに詰めてゆく。
私も、全員を撮りたいところであるが、その熱意が頂点に達しないのでKONDO Racingの
近くのチームの彼女たちをパチリです。
それにしても、彼女たちは美しい。私も今度生まれ変われるならば、彼女たちのように、
美しく生まれ変わりたいものである。
by eos1d3 | 2017-05-31 18:10 | 徒然に | Comments(0)