無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:37
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:31
ジュニアユースさん、私は..
by ゼク at 18:45
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:25
鍵コメさん、情報をどうも..
by ゼク at 12:44
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:SF ( 119 ) タグの人気記事
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ最終戦 予選2
c0145198_22102075.jpg
c0145198_22104947.jpg
c0145198_22112423.jpg
c0145198_22115591.jpg
c0145198_2212183.jpg
c0145198_22124795.jpg




この日の予選はまさに山本選手のためにあるものだった。
彼はシリーズチャンピオンになるための4つの関門の内、
ここで2つをクリアーしたのであった。
by eos1d3 | 2013-11-11 22:14 | 徒然に | Comments(4)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ シリーズチャンピオン
それにしてもお見事でした!!
レース1ではPPから逃げ切って優勝。
レース2は3位までに入ればシリーズチャンピオンが決まるところ終盤まで苦労した。
最後の3周ほどは再びの雨でスリックタイヤのマシンはダランダラン状態!!

それでも、なんとか3位に入り見事シリーズチャンピオンに輝きました!!

c0145198_22574867.jpg
c0145198_22583928.jpg



本当に苦労したFN~SFだったけどおめでとう!!
by eos1d3 | 2013-11-10 22:58 | 徒然に | Comments(0)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ最終戦 予選
先日書いたBLOGで山本選手がロッテラーを超えるにはPPを両方とった場合、決勝1位と2位なら
文句なしでシリーズチャンピオンになれる。

その筋書き通り今日の山本選手は圧巻でした。
特にレース2のグリッドを決めるQ3、残り1分を切ったところで国本選手がクラッシュしなんと赤旗。
この時、山本選手は6位だったのでこのまま予選が終わってレース2は厳しいと思っていた。

ところが何の計らいか時計は残り3分まで戻った。
これなら1周アタックチャ~~ンスだ!!(アタック25風に)

本当にこのチャンスをコースレコード更新を引っ提げて獲得した。

c0145198_2051371.jpg


SFの予選日はガラガラだけど、来ているファンは熱い人ばかりだ。
サーキット全体から思わずその走りに拍手が起こった。

さて、赤い絨毯は敷かれつつある。
明日は午後から雨模様。さて、どうなるのかっっ!!
by eos1d3 | 2013-11-09 20:52 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ最終戦
この前、開幕戦に行ったと思ったらもう最終戦です(笑)
今年はSGTに1戦、SFに1戦行っただけで過去最低の観戦数です。

さて、2013年のSFはロッテラーがぶっちぎりのポイント1位だが、2位のディバルとともに
WEC出場の為に最終戦は欠場、現在3位の山本選手にのみ逆転の可能性があるという、
本当に盛り上がらない展開になっております。

注目のチャンピオン争いはA・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)が37ポイント、L・デュバル
(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)が31ポイント、山本尚貴(TEAM無限)が24ポイントとなり、この3
人がタイトルの可能性を残して、鈴鹿サーキットでの最終決戦を迎えるが、ロッテラー、デュバルの2人は
WEC(世界耐久選手権)参戦のため、鈴鹿ラウンド欠場が決まっている。デュバルはロッテラーを上回ること
ができず脱落。山本だけが逆転タイトルをかけて鈴鹿で戦うことになった。
鈴鹿ラウンドは2レース制で行われ、チャンピオンシップポイントは通常の半分だが優勝のみにボーナスポイ
ント3点が与えられ8ポイントとなる。さらに予選PP(ポールポジション)に1ポイント与えられる。ロッテラーとの
差は13ポイント。山本の逆転タイトルの条件は2戦連続PPを獲得してレース1優勝、レース2、2位。2連勝な
らPPがなくても逆転できるが、かなりハードルが高いのも事実。今シーズン3位表彰台を3回記録している
が、まだ優勝はないのだ。



ようするに、最終戦は2レース制なのですが両方に勝ったら逆転可能ですよ!見たいな感じです。

ちなみに予選はQ1の結果がレース1のグリッドろQ1~Q3の結果がレース2のグリッドを決める。
と言う事は2戦連続PPと言う事はQ1を1位通過してQ2をクリアーしQ3でも1位を取らなければならない。
こりゃ、難しい~~~~。

最終戦は決勝中の給油義務はなし。しかしレース2のみタイヤ4本交換義務がある。
レース1は20LAPなので行ったきりのレース、レース2はタイヤ交換に費やす時間分の燃料を
(毎秒2.3L給油できるらしい)差し引いてスタートか?それとも1周目でピットに入りタイヤ交換し
クリアーな場所で追い上げるかである。


c0145198_18572143.png



今回は息子が行かないのでキッズPWには行けない。
よって土曜日は15:00で終了!!
日曜日も16:00にはサーキットを脱出できそうである。

どちらにしてもFN09型がこれで見納めなので悔いの無い様に写真撮影したいと思います!!
by eos1d3 | 2013-11-07 19:01 | 徒然に | Comments(4)
もう最終戦
c0145198_18564077.jpg




4月に開幕した国内最高峰モータースポーツSUPER Formulaですが、
あっっっ、と言う間に11/9.10で最終戦である。

考えてみれば、今年はサーキットに行く機会がめっきり減りました。
さて、来年はどうなることやら・・・・。
by eos1d3 | 2013-10-21 18:59 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
今年のSuper Formula
c0145198_1944690.jpg




今日はTVでSUPER FORMULAのもてぎ戦を見ていたが、どうも勝負感がないレースに思えた。
今年のSUPER Formulaは今までと比べてオーバーテイクシーンが少ないように見えるし、
実際に少ないと思う。それにはいろんな事情があると思うのだが、歴代チャンピオンである、
ロッテラーやディバル選手は今年はSUPER GTには参戦せずに主にヨーロッパで戦っているはずだ。

しかしレース日程からSUPER Formulaは参戦出来そうで、そのときだけ日本に来て戦っている状況だ。
彼らはルマン24時間でも総合優勝しその実力は既に世界に認められている。
そんな彼らが日本にSFの時だけ戻ってきて、優勝を簡単に持っていてしまうことに日本のドライバーは
失望しているのではないのか。もちろん実力の世界であるし、ハンディシステムがない統一基準で戦う、
Formulaレースなのでそれが醍醐味なのだが、日本人ドライバーがやややる気を失っている感じが
するのは大きく外れていることはないだろう。

レースを行っているJRPもいろいろ考えているとは思うが、どれも機能しているとは思えない。
オーバードライブシステムボタンもF1のDRSと比べると即効性はないし分かりにくいシステムである。

今日のレースは中嶋・ロッテラー・ディバル・JPの4台以外は本当にただ走っているような状態だった。
もちろんそれぞれに限界に挑みチームも選手も一つでも順位を上げようと必死なのは理解できるが、
興行として大事な「観客を喜ばせる」と言う意味においては、どうもそれを伝えるのが下手なように思えてならない。

以前のように2レース制にしてリバースグリッドにすれば少しはオーバーテイクシーンが増えるだろうか?
2レースでは周回数が減るのでなかなか迫力あるシーンは期待できない。
本当になかなか難しい問題であるが、商売としてやっている以上やはり「ドキドキ」する
レースをみてみたいと思うのは私だけではないと思う。
by eos1d3 | 2013-08-04 20:00 | 徒然に | Comments(2)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ開幕戦 KONDO Racing編
そもそも私がなぜサーキットに行っているかを、初心に戻って整理しなければならない。
それは、KONDO Racingを応援するためであった。
まだ何も知らなかった私は2006年真夏の鈴鹿サーキットに行った。
その年からSUPER GTに参戦したKONDO Racingを応援するためだ。
もちろん企画したのは妻である。

妻は監督のデビューからの大ファンで、就職、結婚、出産と監督の現役レーサー時代は
サーキットに行くことが出来なかった。そこで監督が2005年に芸能25周年を記念して
活動を再開したことをきっかけに、今まで行けなかったサーキットにも足を延ばそうと決意したのだった。


それから、私は見るだけでは事足りず、カメラ機材を買って撮影を初め、2009年国内初優勝岡山SGT
2010年開幕戦鈴鹿SGTにも現地観戦でき、2013年を以ってしても出来る限り現地応援しようと
考えているものであります。

c0145198_1102132.jpg
c0145198_112288.jpg

c0145198_11242348.jpg



それにしても、サーキットでは監督を身近で見る機会が何度かある。
ピットウォークやグリッドウォークのときである。
しかし、そういった時でさえ実際は監督を見ることはもちろん、写真撮影などはもっと難しいものになる。
c0145198_11834100.jpg

ひとたび監督が出てくるとこういった状態になるからである。
色紙や、パンフレットを持ったファンが殺到し現場は凄い状態になる。


さて、そんな中で何とか監督の表情を撮ることが出来た。
時間にして僅か2~3分かもしれないが言葉が伝わってくるようである。

監督さ~ん!!
by eos1d3 | 2013-04-21 11:46 | EOS1DMarkⅣ | Comments(5)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ開幕戦 グリッドW&決勝
c0145198_19291628.jpg
c0145198_19285088.jpg
c0145198_1929424.jpg
c0145198_19291742.jpg
c0145198_1930208.jpg
c0145198_19305533.jpg
c0145198_19314243.jpg
c0145198_19322960.jpg




開幕戦を制したのは伊沢選手。
ファイナルラップ直前までレースをリードした小暮選手はマシントラブルで3位に!
しかしこれがレースだ。それより小暮選手の活躍が嬉しい。
小暮、松田というベテランが頑張れば頑張るほど盛り上がる!!

c0145198_19353925.jpg

c0145198_19354738.jpg



撮影機材
1-4:EOS-1DMarkIII + EF16-35mmF2.8LII
5:EOS-1DMarkIV + EF70-200mmF2.8LIS
6.9.10:EOS-1DMarkIV + EF500mmF4LIS
7.8:EOS-1DMarkIV + EF500mmF4LIS + EF1.4*II
by eos1d3 | 2013-04-19 19:40 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ開幕戦 日曜日フリー
c0145198_18281142.jpg
c0145198_18282773.jpg
c0145198_18291084.jpg

c0145198_18294438.jpg
c0145198_1831743.jpg





日曜日の朝は激感エリアに!!
フリー走行直前に着くと全く隙間がないほどのカメラマンが!!

フリー走行は決勝直前の大事な時間。
各チームがそれぞれのメニューを消化した。
by eos1d3 | 2013-04-18 18:33 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
2013年 全日本選手権 スーパーフォーミュラ開幕戦 ピットウォーク
c0145198_17312621.jpg
c0145198_17312874.jpg
c0145198_1733342.jpg
c0145198_17325175.jpg
c0145198_17332680.jpg
c0145198_17341060.jpg
c0145198_17342863.jpg
c0145198_17344726.jpg




よく考えたらなんか縦位置ばっかりで撮ってる・・・(笑)

開幕戦は選手にとっても開幕戦であるが、レースクイーンさんにも開幕戦である。
SUPER GTと比べるとチーム数が少なく土曜日は来ないRQさんもいるが、それでもサーキットに
彼女達の存在は不可欠であることは否めない。うん、断じて否めない。



ALL PHOTO
EOS-1DMarkIV + EF70-200mmF2.8LIS
by eos1d3 | 2013-04-17 17:38 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)