無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 18:27
おはようございます! ..
by wataru-wata at 07:30
パイロンさん、お久しぶり..
by ゼク at 19:32
今年も終わってしまいまし..
by パイロン at 18:28
wataru-wataさ..
by ゼク at 09:14
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:38
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:SF ( 124 ) タグの人気記事
2016 Japanese SUPER FORMULA Championship Round1 KONDO Racing

c0145198_1811089.jpg


c0145198_18131055.jpg

c0145198_1811417.jpg

c0145198_18114742.jpg

c0145198_18121395.jpg

c0145198_18122584.jpg

c0145198_1812574.jpg

c0145198_18115957.jpg



先々週のSGT、先週のプリマベーラ、今週のSFと3週に渡り近藤監督に会うことが出来たと
妻は最高に喜んでいた。本年のKONDO SFは最後の最後までドライバーが決まってなかった。
ロシターが他チームに移籍したかったのか、またブラーが乗るかどうか分からなかったのか、
それとも、他の誰かが乗る予定だったのかは想像の域を超えないが、何らかの問題があって
発表が遅れたのだろう。この辺りは同じく発表が遅れたIMPULの1シートとの関係があるのかもしれない。

さて、ロシターの速さは折り紙つきであるが2年前の鈴鹿開幕戦で2位に入ってからはなかなか
上位入賞が出来ないでいる。富士でJPが優勝して以来のトップチェッカーを待っています。

今回の近藤監督は土曜日のピットウォークには出てこられず、さらにキッズピットウォーク前に
帰られておそらくキッズPWにも出てないと思います。
それと今年から、BSからYHにタイヤが変わったSFですがYOKOHAMAブースもなく、
トークショーも無かったことから、日曜日のグリッドにチャンスを残すだけとなった。

日曜日のピットウォークにも監督は出ず、グリッドWも残りの5分でようやくロシターのグリッドに
来られた。表情は芳しくなく、マシンの調子が悪いのか?と思った。
予選順位的にはSGTのほうが悪かったが表情は良かったように思う。

それでは、2日間でたった5分しかなかった監督との時間!

監督さ~ん
by eos1d3 | 2016-04-29 12:00 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
2016 Japanese SUPER FORMULA Championship Round1 Pit Walk
c0145198_1813711.jpg

c0145198_1831125.jpg

c0145198_1831785.jpg

c0145198_1832370.jpg

c0145198_1825099.jpg

c0145198_1824476.jpg

c0145198_1823764.jpg

c0145198_1823330.jpg

c0145198_1825341.jpg




SFのピットウォークでもSGTと同じようにRQさんがたくさんいる。
今回は2輪のRQさんもたくさんいてにぎやかなピットウォークとなった。

それにしても年々カメラを持った人が増えて撮影することが難しくなっている。
フィルム時代では枚数に限りがあるので一眼レフ自体が少なかったが、
デジタルになり、メディアの大容量のものが安く手に入るようになると
コンデジからステップアップして一眼レフを購入するユーザーが増えたのであろう。

たくさんの人がマナーを守り、楽しいカメラライフを送って欲しいと思います。
by eos1d3 | 2016-04-28 13:00 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
2016 Japanese SUPER FORMULA Championship Round1
c0145198_224332.jpg
c0145198_2263159.jpg
c0145198_2274925.jpg
c0145198_2285094.jpg
c0145198_2294140.jpg
c0145198_2211421.jpg
c0145198_22113129.jpg
c0145198_221284.jpg
c0145198_22122587.jpg




SUPER GTに続きSUPER Formulaも開幕戦を迎えた。
今年から全日本選手権スーパーフォーミュラから全日本スーパーフォーミュラ選手権に変わったが
この場こそ、日本の4輪モータースポーツの頂点である。

カートからつながり、F4やF3、SUPER耐久やSUPER GTといろいろあるが、
やはり「個」として戦うフォーミュラーにこそドライバーの意地があると感じる。

予選日PPを取った山本選手に「おめでとう」と声をかけても、表情は険しい。
そのわけが今日分かった。
やはり、世界からも注目され、GP2のチャンピオンも参戦している今年こそ、
純日本のドライバーには絶対に勝ちたい意地があると思うのだった。
by eos1d3 | 2016-04-26 12:00 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
がんばろう!九州
まず、開幕戦の写真を載せる前に思い出すことがある。
それは5年前の3月11日のことである。
そう2011年の3月11日は東北の大震災があった日である。

その日は鈴鹿でFNのテストがあった。
そして私はその撮影をしていたのであった。

もちろんその日に地震があるなど誰にも分からないことである。
実際に鈴鹿では地震の直後「地震があったのでコースを検査します」と赤旗が出た。
その後コースには何もなくまたテストが始まったが、帰りのクルマの中で津波があったことを知り愕然とした。



そして、今年また熊本で大きな地震が起きた。
九州にはオートポリスがあり今回の震源地からも近いことから、関係者は身近に感じている。

c0145198_2029401.jpg

予選日

c0145198_20295513.jpg

決勝日


c0145198_20314256.jpg

2輪・4輪ともステッカー



爆音を轟かせながら、ガソリンを撒き散らしながら走るモータースポーツは見るものにとっては
「一体何が面白いのか?」と思うに違いない。
震災で大変なときに一体何を?と思うに違いない。

しかし、九州のオートポリスにやってくるモータースポーツファンはとにかく熱心なファンである。
そんなファンもこの遠い鈴鹿で開幕戦が行われることを心のより所にしているかもしれない。

来月九州で行われるSGT戦は今のところ延期になったが、また全国のファンが一緒に
爆音を聞きながら楽しめるようになってほしい。
モータースポーツファン全員がそう思っているに違いない。
だからこそ、みなこの表示灯を必死に撮影していたと思う。


九州のみなさんに早く日常が戻りますように心からお祈りいたします。
by eos1d3 | 2016-04-25 20:38 | 徒然に | Comments(0)
決勝はどうなるの??
全日本選手権SFから、全日本SF選手権に名称が変わり、やや格式が落ちた感じがするが、
それでもこのレースを以て日本の4輪モータースポーツの最高峰であることに何の疑いもない。

P.Pは今やホンダのトップドライバーの呼び声高い山本尚貴選手。
そして、セカンドローには新人の関口選手とバンドーン選手が虎視眈々と首位を狙っている。

新人と言っても彼らは普通の新人ではない。
特にバンドーン選手は昨年のGP2チャンピオンとして、さらにマクラーレンのリザーブドライバー
としてアロンソの代わりにF1第2戦バーレーンでチームにポイントをもたらしている。
マクラーレンのF1マシンは完全ではないのは承知のこと、それでもバトンを上回る成績を残し、
十分F1でやっていける実証をしてみせたばかりである。

c0145198_21133262.jpg
c0145198_21134032.jpg



そしてバンドーンのチーフエンジニアは元KONDOの杉崎エンジニアである。
本家のKONDOがもう一つの成績だったので私はバンドーンの優勝を応援している。

そうして日本のグランプリを盛り上げて欲しい!!
どちらにしても私たちがバンドーンをSFで見れるのは今年限りかもしれないのだから!
by eos1d3 | 2016-04-24 14:00 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
5か月ぶりの鈴鹿サーキット
鈴鹿に訪れるのは昨年のSF最終戦から約5か月半を要した。
例年であれば3月のファン感やテスト走行に来るのでこれだけ期間が空くのは珍しい。
SFはSGTと比べて動きがクイックなので撮影は難しい。
しかもドライバーのヘルメットにピントを合わせるのが良いとされているのでさらに難しい。

そんな中、選手たちもBSからYHに変わったタイヤで手こずっているのか、
特にスプーンでのミスが多く感じた。決勝はスプーンで何かが起きるかも!?!?

それにしても、予選中赤旗がたくさん出てドライバーは大変だったに違いない。
集中力を切らすことなく、しかも最高のドライビングをキープし続けた
山本選手が群を抜いて安定している
明日の天候は曇りの予想。路面温度が今日と変わらなければ山本選手のP.TO.WINかもしれない。

c0145198_2141168.jpg


決勝は250kmと短い。
誰が勝っても面白いレースにしてほしいものだ。
by eos1d3 | 2016-04-23 21:04 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
CLUB [F] ついに登場
2ヶ月ほど前に「まだなのか?」と書いた続きですが、ようやく開幕戦まで3週間となった昨日、
新しいファンクラブが発足したようです。


JRPに電話して、開幕戦までには新しいシステムで発足して必ず間に合わせるということだったので
安心していましたが、3週間前になりちょっと不安になったいたところ、ようやくメールがきました。

c0145198_1839184.jpg



担当者に電話したときに聞いてみると、やはりチャージ式の購入方法は面倒で人気が無かったようです。
SGTもかつてはチャージ式でしたが今はクレジットカードが利用できるようになりました。
ただ、クレジットカードを持たない主義の人からすればクレジットカードのみの今回のシステムは
どうかとも思いますが、私はカード主義なのでよかったと思っております。

さっそく、入会し(昨年までのクラブFは自動的に退会しているようだ)開幕戦の鈴鹿の
ゲストパスを購入することが出来ました。
ゲストパスは無力な私をグリッドに連れて行ってくれる唯一の方法であります。

グリッドに入ると、こんな写真が撮れます。
c0145198_18474999.jpg

c0145198_1847376.jpg



今月はSGTとプリマベーラとSFと予定が立て込んでいます!!
by eos1d3 | 2016-04-05 18:48 | 徒然に | Comments(0)
まだなのか??
c0145198_14314145.jpg



一昨年の後半より始まったSUPER Formulaの公式ファンクラブである「F」ですが、
開幕戦がもう2ヶ月というのにまだ「内容詳細は未定」になっています。
実際は申し込んでから約1ヶ月後にチケットが送られてくるのでギリギリ間にあうのですが、
それでも、まだ新規も更新も出来ない状況です。

この「F」は鈴鹿や岡山でグリッドウォークに入るために必要なゲストパスを購入することが
出来る唯一の方法だったのです。

このままではおそらく本年度の「F」はなくなりましたとなりかねません。
一昨年後半戦にこの「F」が出来るまではグリッドウォークに入るには年間パスを買う意外なかったです。

どちらにしても今月中に何らかのアナウンスがないと心配になってきます。
希望としては、現在のSGTの公式クラブのようにクレジットカードでチケットが買えるようになることです。

関係者のみなさん、なんとかよろしくお願いします。
by eos1d3 | 2016-02-20 14:40 | 徒然に | Comments(0)
SF 鈴鹿 ルーキーテスト
c0145198_18414460.jpg




11月25~26日に行われる鈴鹿のルーキーテストですが、
肝心のルーキーの名前がまだ書いてありません。

確かこの日程では富士で同等のテストがあったけど、今年は鈴鹿に移ったのか?

7号車にはディバルが復帰しています。元々の8号車がディバルだったけど
可夢偉が乗っているので平川選手とシェアかな。

KONDOは4号車がTBN、昨年の岡山テスト同様に佐々木選手が乗るかも。
DOCOMOの2台もTBNでホンダ系のルーキーが乗るのかな??

この日は仕事で行けませんが、誰が乗るのか楽しみですね~~。
by eos1d3 | 2015-11-19 18:46 | 徒然に | Comments(0)
2015 全日本選手権スーパーフォーミュラ第7戦 鈴鹿サーキット KONDO Rasing
c0145198_18325875.jpg
c0145198_18334391.jpg
c0145198_18353141.jpg
c0145198_18363436.jpg
c0145198_18374284.jpg
c0145198_1838034.jpg




今年もSGTの岡山開幕戦から始まって、SF鈴鹿開幕、SF岡山、SGT鈴鹿、SF鈴鹿最終戦と
5戦の観戦と撮影を行った。2006年のSGT1000kmレースからちょうど10年の節目であるが
APや菅生といった「遠征」に行くことは今年も叶わなかった。
例年であれば、富士には1回は行っているが、今年もニスフェスも含めて行かずに終わってしまった。

さて、KONDO Racingを応援しているのは妻が監督のファンであることに他ならないが、
ここ最近はサーキットでもなかなか監督を見ることが出来ない。
今回はトークショーがあったのでしっかりと見ることが出来たが、やはりファンにとっては寂しいものである。

息子が一緒で無いのでキッズピットウォークには暫く参加していなが、監督は出てこられてないようである。
以前は、ファンと記念撮影に応じてくれて満足のいくものであったが、本当に残念であります。

SFでは久々の2台体制(2008年以来)であったが、監督曰く、昨年より結果は悪くなったと
言う事で間違いないだろう。スタッフの大幅な変動がありチームにとっても監督にとっても
今年は勝負&チャレンジの年であったと思う。
SGTにおいては2010年開幕鈴鹿以来の優勝があり、ファンにとっては嬉しい瞬間であった。

来年のチーム体制はどうなるのか?今後が楽しみであるが、佐々木選手はロシター選手は
残留して欲しいと思う。まぁ、セパンのタイヤテストでだいたいが分かると思う。

それでは、今年最後の監督さん、行ってみようではありませんか!

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2015-11-11 18:55 | EOS1DMarkⅣ | Comments(4)