無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 21:17
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:31
ジュニアユースさん、私は..
by ゼク at 18:45
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:25
鍵コメさん、情報をどうも..
by ゼク at 12:44
wataruwataさん..
by ゼク at 12:11
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:KONDO Racing ( 171 ) タグの人気記事
2017 AUTOBACS SUPER GT Round 6 第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km KONDO Racing編
c0145198_1824464.jpg

c0145198_18242655.jpg

c0145198_18243548.jpg

c0145198_1825187.jpg

c0145198_18252596.jpg

c0145198_182614.jpg



最後の鈴鹿1000kmレースでKONDO Racingは初PPを獲得した。
予選が始まると逆バンクに行き、Q1、Q2と撮影しながら実況を聞くのがいつものパターン。
今回も同じようにやっていると、いつもは苦しむQ1を楽々突破し、JPがアタックした
Q2でなんとPPを獲得、すぐにピットの方に走ったが、以外に逆バンクからは遠く、
間に合わなかった。それでも、KONDOの国内初優勝の岡山から2010年の鈴鹿開幕戦までの
3勝は全て現地観戦しており、今回もPPを見れたことは運が良かったと思う。

KONDO Racingは2014年から新体制をしいており、エンジニアやメカニックが多く変わった。
近藤監督曰く、十分なチーム力を得るために敢えて厳しく人事したらしい。
その結果が昨年の年間2勝であり、今回のPPであり、SFでの活躍であると信じる。

逆にファンの前に出てくる回数は極端に減り、トークショーがなければほとんど
サーキットでお目にかかることはない。トランポがないころには、監督は普通にパドックを歩いていた。
やはり、各チーム積極的にトランポを手に入れたことで露出傾向が減ったのである。

さて、来年の鈴鹿は6月に300kmのレースを予定している。
そうなると、4月の開幕戦岡山に続いて、前半戦に固まる私の参加スタイルだ。
ずっと前は、開幕戦が鈴鹿で夏にもあったので2回見れたが、どうにも残念である。

監督さーん
by eos1d3 | 2017-09-01 18:41 | EOS-1DXMarkII | Comments(2)
KONDO Racing初PP
私の記憶が正しければSUPER GTでのKONDO RacingのP.Pは初めてだと思う。
Formulaでは近藤監督がドライバーをしながら初年度は2000年からだったが
SGTはGT選手権から2005年にSGTになった時には参戦していなくて、
1年遅れて2006年からの参戦であるから、おそらくPPはなかったと思う。

本日の予選をいつもの通り逆バンクで観戦しながら撮影していると、なにやらQ2最後の方に
JPがセクターベストを出しているとのアナウンスが入り、なんとコースレコードでPP獲得。
私はこのチャンスをたまたまサーキットで納めることが出来て良かった。

c0145198_239482.jpg
c0145198_2395911.jpg
c0145198_2310914.jpg


まぁ、PPはプレスの報道カメラマンでないと近くまで行って撮れないのが悔しいが
それでも、JPの鬼気迫る最終ラップを撮ることが出来ました!

決勝は1000kmの173周の長丁場、まずは丁寧に最後まで走りきれるように、
慎重に走ろう!!
by eos1d3 | 2017-08-27 10:00 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
KONDO Racing 山下選手 初PP
SUPER Formula第4戦のもてぎの予選でKONDO Racingの山下選手がルーキーとして
初めてのポールポジションを獲得しました。
KONDO Racingとしてのポールポジションは2008年第7戦富士でオリベイラ選手が
ポールトゥウィンしてから以来9年ぶりの快挙でした。

c0145198_16202175.jpg
c0145198_16204649.jpg


これは第2戦岡山で予選2位を取った時のグリッドの写真です。

彼はトムスのドライバーでトヨタのドライバーです。
KONDOは日産系なので、舘さんのところから借りていることになります。
もし、トヨタがF1復帰するなら、若手の筆頭ではないでしょうか。
ゆくゆくは、トムスのメインドライバーになる逸材です。
by eos1d3 | 2017-08-20 16:23 | 徒然に | Comments(0)
昨日のレース
c0145198_18312414.jpg



昨日のSF第三戦富士は家でTV観戦していました。
前戦岡山からKONDOは上向きの感じだったので期待していました。
土曜日の予選では2台ともにQ3に残り6位と7位からのスタートでした。

山下選手はTVで250kmは初めてと言っていたのでどうなるかと思い見ていた。
そもそも国内フォーミュラーではSF以外は通常走り出したらPITに入らずに
走り切ってしまうカテゴリーがほとんど。ようするにカートからFCJやF4、
F3とステップアップしてきたルーキーはフォーミュラーで55周もするような
長い距離を走ったことがないのである。

今回のレースはピットの義務がない250kmレース。
しかし、燃料がどうしてももたないので1回は給油する必要がある。
フォーミュラーレースはGTレースと違い給油中にもタイヤ交換が出来るので
いくつかの作戦が考えられる。

最初は燃料を軽く走りだし、前半でピットに入り燃料入れる分タイヤ2本か4本交換する、
逆に満タンで走り出し後半に同じようにする。一方、タイヤは250km持つので燃料だけでいく。

優勝した石浦選手は終盤に4本タイヤ交換してピットを出た。
KONDOは山下選手がそろそろピットの頃?と思った頃にスローパンクチャーで終了。
もうちょっと早めに入って4本交換していたらと思うと、レースは本当に難しい。
12位から3位に入ったロッテラー選手は序盤に給油のみ行いタイヤ無交換で走り切ったからだ。

さて、私も来月は最後になる鈴鹿の1000kmレースを観戦する。
年々衰えてゆく体力と相談しながら燃え尽きようではないか。
by eos1d3 | 2017-07-10 18:00 | 徒然に | Comments(0)
鈴鹿1000km 12回目
元々サーキットに通うようになったのはKONDO RacingがSUPER GTに参戦したから。
マッチファンだった妻が子育ても一段落ついたので、マッチを間近でみてみたいと、
2006年の鈴鹿1000kmに行ったのだった。
しかし、その頃はまだフィルムカメラで36枚撮るのがようやくだった。
そしてその時に初めてデジタル一眼で撮影する人を見たのでした。

2007年には7月の鈴鹿FNにもフィルムカメラで観戦にきました。
そしてついに2007年8月の1000km大会にはデジタル一眼を購入してやってきたのでした。
それでも、Kiss DXなので連写は出来ませんし、望遠レンズもありませんでした。
そこから今年で連続12回も鈴鹿の1000km(途中700kmの時もあったが)に行き
サーキット通いが始まるなんて思いもしなかったですが・・・・。


c0145198_18453882.jpg

c0145198_18454246.jpg


KONDO RacingはまだZでした。セパンで初優勝し乗り込んだ鈴鹿でした。
監督も若かったです!今の鈴鹿のようにピットウォールにフェンスがないのでよく見えました。
c0145198_1847756.jpg


なによりうちの子供たちも小さかったです。
妻の足から顔を出しているのが当時幼稚園児の息子で姉ちゃんが横にいます。
今では姉ちゃんは大学2年生で息子も大学生となり、とっくに母の身長を越えています。
c0145198_18485695.jpg




改修前の鈴鹿のピットロードは空が高かったです。
昔のサーキットはほのぼのとしてよかったなぁ~。
c0145198_18494328.jpg


そして、キッズピットウォークでは撮影会があり家族で監督や選手と一緒に記念撮影できました。
今年KONDOに戻ってきたJPと荒選手です。レースクイーンは森飛鳥ちゃんです。

こんな時代があって、家族4人で何回もスーキットに行きました。
今は子供たちはついてくることもなくなって夫婦2人の観戦です。
また4人でサーキットに行きたいですが、叶わぬ夢となりそうです。


この後、さらにカッコいい近藤監督を撮影するためにカメラ機材を充実させて、
10年後の今に至ります。すべてはここから始まっています!!
本当に大事な写真たちです!!今後も出来る限りサーキットに行けたらなぁ~~。
by eos1d3 | 2017-06-15 18:54 | 徒然に | Comments(0)
スーパー耐久シリーズ2017 第3戦 SUZUKA“S耐”サバイバル KONDO Racing
c0145198_18311043.jpg

c0145198_1832363.jpg

c0145198_18324033.jpg

c0145198_1833897.jpg

c0145198_18331147.jpg

c0145198_18334248.jpg

c0145198_18334744.jpg

c0145198_18335716.jpg

c0145198_1834191.jpg




今回初めてS耐に行ったのは鈴鹿のシーズンシートを購入したこともあるが、
KONDO Racingがチャンピオンを取ってNo.1を付けて走っている姿を写真に納めたかったし
まさか、近藤監督が来ているなんて思ってもいなかったが、なかなか充実した鈴鹿であった。

惜しむらくは近藤監督のインタビューがレース中にあり、その後のピット作業で無具合が見つかり
かなりのLAP遅れになってしまったことだ。
開幕戦から2連覇しておりSGTのようにウェイトハンディがあるので、3連覇はなかなか
難しい状況になっているが、それでも、2位走行中だった直後の修復作業は残念だった。

さて、次は最後となる鈴鹿の1000kmレースになると思う。
また、会いましょう!
by eos1d3 | 2017-06-14 18:39 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 KONDO Racing
c0145198_13384277.jpg

c0145198_13395449.jpg

c0145198_134079.jpg

c0145198_13404465.jpg

c0145198_13414547.jpg

c0145198_1343328.jpg


昨年からSFのエントリーを大きく変えてルーキー2名をラインナップしてきた。
キャシディと山下の両選手はトヨタのドライバーであるがおそらく舘さんから
近藤監督が預かってる形でトムス契約のドライバーだと思う。

開幕戦の鈴鹿は成績が振るわなかったが、2戦の岡山はいきなり爆発!!
キャシディがレース1で予選3位で決勝3位の表彰台GET,山下選手がレース2で
もうちょっとでPPの予選2位と昔のFN06時代の2008年JP,横溝時代を彷彿とさせる
活躍となった。そのため、監督はご機嫌でグリッドでも会話が弾んだ。

ここ最近のグリッドではSGTも含めて、最高の滞在時間になり、おそろく岡山のこの
グリッドにいたファンの方はみな監督の肉声を聞き満足したことだと思う。
やはりプロは勝たないといかん!次戦からも活躍を祈っています。

それでは、今回はたくさんの監督さんです!

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2017-06-02 13:59 | 徒然に | Comments(0)
3年ぶりの表彰台
c0145198_21352122.jpg
c0145198_21351365.jpg
今日は久々にKONDO RacingのSFの表彰台が見れました。
前回は2014年の開幕戦の鈴鹿でロシターが2位に入ったのを目の当たりにし、
その後はGTでは何度か優勝もしていますが、SFでは本当に久々です。
キャシディ選手、本当におめでとうございます!



by eos1d3 | 2017-05-27 21:39 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦 KONDO Racing
c0145198_18244967.jpg
c0145198_18252736.jpg

c0145198_18255845.jpg
c0145198_18264097.jpg
c0145198_1827092.jpg
c0145198_1827983.jpg
c0145198_18273081.jpg
c0145198_18274176.jpg



昨年はSGTは年間複数回優勝を達成したが、SFの方はなかなか結果が出ない。
JPが富士で優勝したのがもう何年も前で思い出すのも難しい位である。
そんな今年は2人ともSF新人という事で監督も思い切った人選をした。
山下選手はトムスの若手で今後はGT500のレクサスチームを背負う存在に
なる男だと思っている。

スポンサーの関係で今年は青から赤のイメージカラーに変わり、心機一転の
気持ちが大きく思う。エンジニアも有名な方を招集し今年は何とか表彰台を
狙いたい思う。願わくば優勝をしてほしいものである。

近藤監督は今回はトークショーもなく、ピットWにも全く顔を出さなかったので
サーキット内で見るのはSF走行時間にピット周辺で見るにとどまった。
通常であれば、決勝グリッドには必ず出てくるが、今回は最後の最後、
皆が退場する時間に最後尾から歩いてきた。
時間にしてわずか15秒であるだろうか?
運よく数枚撮影さしてもらい、「応援しています」と声を掛けることに成功した。

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2017-04-26 18:37 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
KONDO Racing 初のシーズン2勝目達成
c0145198_1822791.jpg

c0145198_18241688.jpg

c0145198_18245552.jpg


元々は最終戦の1レースだったもてぎ戦ですが、今年は熊本の地震でオートポリス戦が
中止になったので、その代替が土曜日に、そして本来の最終戦が日曜日に行われるようになった。

実際本日は第3戦のAP戦になるのですが、午前中に予選して午後から決勝なので、
調子いいマシンが予選で勝つとそのまま決勝にも勝つというのが面白いところです。


今回もタイヤ無交換でやったりました!
もうこれやったら、F3のように毎回土日の2戦にして、全16戦でどないじゃ??
by eos1d3 | 2016-11-12 18:30 | 徒然に | Comments(2)