無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 16:02
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:02
kotodaddyさん、..
by ゼク at 21:47
こんにちは。 画像を見..
by kotodaddy at 14:25
ワガマスさん、どうもあり..
by ゼク at 19:18
こんにちは ずいぶん前..
by ワガマス at 12:10
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!







基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

BLOGリンク
another piece of my life
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:KONDO Racing ( 167 ) タグの人気記事
鈴鹿1000km 12回目
元々サーキットに通うようになったのはKONDO RacingがSUPER GTに参戦したから。
マッチファンだった妻が子育ても一段落ついたので、マッチを間近でみてみたいと、
2006年の鈴鹿1000kmに行ったのだった。
しかし、その頃はまだフィルムカメラで36枚撮るのがようやくだった。
そしてその時に初めてデジタル一眼で撮影する人を見たのでした。

2007年には7月の鈴鹿FNにもフィルムカメラで観戦にきました。
そしてついに2007年8月の1000km大会にはデジタル一眼を購入してやってきたのでした。
それでも、Kiss DXなので連写は出来ませんし、望遠レンズもありませんでした。
そこから今年で連続12回も鈴鹿の1000km(途中700kmの時もあったが)に行き
サーキット通いが始まるなんて思いもしなかったですが・・・・。


c0145198_18453882.jpg

c0145198_18454246.jpg


KONDO RacingはまだZでした。セパンで初優勝し乗り込んだ鈴鹿でした。
監督も若かったです!今の鈴鹿のようにピットウォールにフェンスがないのでよく見えました。
c0145198_1847756.jpg


なによりうちの子供たちも小さかったです。
妻の足から顔を出しているのが当時幼稚園児の息子で姉ちゃんが横にいます。
今では姉ちゃんは大学2年生で息子も大学生となり、とっくに母の身長を越えています。
c0145198_18485695.jpg




改修前の鈴鹿のピットロードは空が高かったです。
昔のサーキットはほのぼのとしてよかったなぁ~。
c0145198_18494328.jpg


そして、キッズピットウォークでは撮影会があり家族で監督や選手と一緒に記念撮影できました。
今年KONDOに戻ってきたJPと荒選手です。レースクイーンは森飛鳥ちゃんです。

こんな時代があって、家族4人で何回もスーキットに行きました。
今は子供たちはついてくることもなくなって夫婦2人の観戦です。
また4人でサーキットに行きたいですが、叶わぬ夢となりそうです。


この後、さらにカッコいい近藤監督を撮影するためにカメラ機材を充実させて、
10年後の今に至ります。すべてはここから始まっています!!
本当に大事な写真たちです!!今後も出来る限りサーキットに行けたらなぁ~~。
by eos1d3 | 2017-06-15 18:54 | 徒然に | Comments(0)
スーパー耐久シリーズ2017 第3戦 SUZUKA“S耐”サバイバル KONDO Racing
c0145198_18311043.jpg

c0145198_1832363.jpg

c0145198_18324033.jpg

c0145198_1833897.jpg

c0145198_18331147.jpg

c0145198_18334248.jpg

c0145198_18334744.jpg

c0145198_18335716.jpg

c0145198_1834191.jpg




今回初めてS耐に行ったのは鈴鹿のシーズンシートを購入したこともあるが、
KONDO Racingがチャンピオンを取ってNo.1を付けて走っている姿を写真に納めたかったし
まさか、近藤監督が来ているなんて思ってもいなかったが、なかなか充実した鈴鹿であった。

惜しむらくは近藤監督のインタビューがレース中にあり、その後のピット作業で無具合が見つかり
かなりのLAP遅れになってしまったことだ。
開幕戦から2連覇しておりSGTのようにウェイトハンディがあるので、3連覇はなかなか
難しい状況になっているが、それでも、2位走行中だった直後の修復作業は残念だった。

さて、次は最後となる鈴鹿の1000kmレースになると思う。
また、会いましょう!
by eos1d3 | 2017-06-14 18:39 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 KONDO Racing
c0145198_13384277.jpg

c0145198_13395449.jpg

c0145198_134079.jpg

c0145198_13404465.jpg

c0145198_13414547.jpg

c0145198_1343328.jpg


昨年からSFのエントリーを大きく変えてルーキー2名をラインナップしてきた。
キャシディと山下の両選手はトヨタのドライバーであるがおそらく舘さんから
近藤監督が預かってる形でトムス契約のドライバーだと思う。

開幕戦の鈴鹿は成績が振るわなかったが、2戦の岡山はいきなり爆発!!
キャシディがレース1で予選3位で決勝3位の表彰台GET,山下選手がレース2で
もうちょっとでPPの予選2位と昔のFN06時代の2008年JP,横溝時代を彷彿とさせる
活躍となった。そのため、監督はご機嫌でグリッドでも会話が弾んだ。

ここ最近のグリッドではSGTも含めて、最高の滞在時間になり、おそろく岡山のこの
グリッドにいたファンの方はみな監督の肉声を聞き満足したことだと思う。
やはりプロは勝たないといかん!次戦からも活躍を祈っています。

それでは、今回はたくさんの監督さんです!

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2017-06-02 13:59 | 徒然に | Comments(0)
3年ぶりの表彰台
c0145198_21352122.jpg
c0145198_21351365.jpg
今日は久々にKONDO RacingのSFの表彰台が見れました。
前回は2014年の開幕戦の鈴鹿でロシターが2位に入ったのを目の当たりにし、
その後はGTでは何度か優勝もしていますが、SFでは本当に久々です。
キャシディ選手、本当におめでとうございます!



by eos1d3 | 2017-05-27 21:39 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦 KONDO Racing
c0145198_18244967.jpg
c0145198_18252736.jpg

c0145198_18255845.jpg
c0145198_18264097.jpg
c0145198_1827092.jpg
c0145198_1827983.jpg
c0145198_18273081.jpg
c0145198_18274176.jpg



昨年はSGTは年間複数回優勝を達成したが、SFの方はなかなか結果が出ない。
JPが富士で優勝したのがもう何年も前で思い出すのも難しい位である。
そんな今年は2人ともSF新人という事で監督も思い切った人選をした。
山下選手はトムスの若手で今後はGT500のレクサスチームを背負う存在に
なる男だと思っている。

スポンサーの関係で今年は青から赤のイメージカラーに変わり、心機一転の
気持ちが大きく思う。エンジニアも有名な方を招集し今年は何とか表彰台を
狙いたい思う。願わくば優勝をしてほしいものである。

近藤監督は今回はトークショーもなく、ピットWにも全く顔を出さなかったので
サーキット内で見るのはSF走行時間にピット周辺で見るにとどまった。
通常であれば、決勝グリッドには必ず出てくるが、今回は最後の最後、
皆が退場する時間に最後尾から歩いてきた。
時間にしてわずか15秒であるだろうか?
運よく数枚撮影さしてもらい、「応援しています」と声を掛けることに成功した。

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2017-04-26 18:37 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
KONDO Racing 初のシーズン2勝目達成
c0145198_1822791.jpg

c0145198_18241688.jpg

c0145198_18245552.jpg


元々は最終戦の1レースだったもてぎ戦ですが、今年は熊本の地震でオートポリス戦が
中止になったので、その代替が土曜日に、そして本来の最終戦が日曜日に行われるようになった。

実際本日は第3戦のAP戦になるのですが、午前中に予選して午後から決勝なので、
調子いいマシンが予選で勝つとそのまま決勝にも勝つというのが面白いところです。


今回もタイヤ無交換でやったりました!
もうこれやったら、F3のように毎回土日の2戦にして、全16戦でどないじゃ??
by eos1d3 | 2016-11-12 18:30 | 徒然に | Comments(2)
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 KONDO Racing
c0145198_1891349.jpg


今回もKONDO Racingを応援に鈴鹿に無事到着しました。
SUPER GTでは菅生で優勝しましたが、SFの方は長く優勝がありません。
ファン共々久々の優勝を待っております。

c0145198_1893483.jpg

c0145198_1895772.jpg



KONDOも2台体制に戻って丸2年でしょうか。なかなか成績が出せません。
ロシターも初戦の鈴鹿で表彰台を取ってからはなかなかです。
ブラー選手もほぼ10位以内に入れずに苦労したシーズンだった。

c0145198_18102145.jpg


c0145198_18103563.jpg

c0145198_1811573.jpg

c0145198_18111339.jpg


さて、監督トークショーではハプニングがあった。
舘、星野、近藤の3監督を迎えて決勝直前の話を聞くというのが、
関口選手の不振でシリーズチャンピオンに暗雲が立ち込めてレース2の打ち合わせが
忙しかったのか、星野監督がトークショーに出てこられなかった。
近藤監督が「いつかドタキャンやると思ってた」と観客を笑わしたが、
今までも不調な時も我慢してトークショーに出てきてたらしい。
でも、今回ばかりは舘さんも「気持ちがわかる」という位のIMPULの不振だったのだ。

c0145198_1810506.jpg


トークショーとしては話も面白く、ロシターの話題になった。
何しろロシターのロッテラーへの尊敬は凄まじく、ロッテラーの後ろを走っていると安心すると
言うらしい。ピットのタイミングもロッテラーが入ったら自分も入りたいという始末らしい。
近藤監督が、ロシターはトムスに返しますと言ったのが冗談とも取れない感じだった。

ロッテラーが今年でSFの引退を仄めかしたのはこの近藤監督の発言とつながっているのか?
どうも、ロッテラーが今年で日本を去り、ロシターがSFとSGTともにトムスに戻るのか?
ロシターはトムスの契約でKONDOに乗っているので「返す」という言葉が出たように思います。

SFの世界はもう既にストーブリーグが始まっているらしいです。
B-MAXがSFにエントリーするので日産系のドライバーが出ると思います。
佐々木選手もきっと出てくるでしょう。来年が楽しみですね!

それでは、今年最後の監督さん~~

監督さ~ん
by eos1d3 | 2016-11-03 18:43 | 徒然に | Comments(2)
眠眠打破キャンペーンでKONDO Racingののキャップ当選
c0145198_18314025.jpg



ツイッターで眠眠打破をフォローすると抽選でKONDOのキャップが当たるという
キャンペーンをやっていまして、応募していました。
そして、そんなことも忘れかけていたある日、当選のダイレクトメッセージが!

このキャップ自体はKONODのドライバーである柳田選手が被っています。
c0145198_18333817.jpg

しかも、鈴鹿のGPスクエアで販売していましたが、結局買いませんでした。

今回の商品は眠眠打破のロゴが入っているので、非売品であることは間違いないです。

c0145198_1835217.jpg


こういった抽選にいつも外れるので、当たってよかったです!!
by eos1d3 | 2016-09-24 18:35 | 徒然に | Comments(0)
2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45th International SUZUKA 1000km KONDO Racing
c0145198_18283681.jpg

c0145198_1829693.jpg

c0145198_18291478.jpg


私がまだフィルムカメラを使っていた2006年の当時POKKA1000km大会に
妻は「マッチがSUPER GTにエントリーしたからどうしても見に行きたい」と言った。

妻は近藤監督のデビュー当時からの大ファンで私もそれをよく知っていた。
しかし1995年に結婚し1997年に長女が2001年に長男を出産し子育ての忙しさの
絶頂を迎えていた妻は監督が現役だった時代や2000年にKONDO Racingを立ち上げて
初年度は自らドライバーとして参戦した時もサーキットに行くことはなかった。

2006年になって息子が5歳になりようやくサーキットに行こうと思い、それまでレースに
全く興味がなかった私を誘って家族で観戦に行ったのが全ての始まりであった。

c0145198_18342757.jpg

c0145198_18345544.jpg

c0145198_1835062.jpg


元々カメラが趣味で車が大好きだった私は初年度こそフィルムカメラだったが、2007年には
デジタル一眼や超望遠レンズを手に入れて、多くの仲間を見つけて一緒に撮影を楽しむようになった。
カメラを始めたのは小学5年生のとき、叔父さんにカメラを貰ってからの趣味であった。

最初はルールもわからなかったSGTですが岡山と鈴鹿のレースを見ているつれて分かるようになった。
ピットウォークやグリッドウォークに参加し、何とか近藤監督のかっこいい写真を妻にプレゼントしようと
必死に撮影して今に続いている。

さて、グリッドでは柳田選手がクルムアドヴァイザーと話しているし、S耐でKONDOから参戦している
平峰選手が監督にあいさつに来たり、同じADVANユーサーの坂東監督が来たりとなかなか面白い。

c0145198_1842931.jpg

c0145198_18421718.jpg

c0145198_18422338.jpg

c0145198_18422784.jpg



さて、肝心の近藤監督ですが、ここ最近はピットウォークにはほとんど出てこられません。
おそらくキッズウォークにも出てきてないと思います。
その分、トークショーやグリッドで何とか撮影しているのですが、グリッドも最後の5分ギリギリに
出てこられて撮影するのも本当に大変です。まぁ、それでも何とか撮影出来ました!

監督さ~~ん
by eos1d3 | 2016-09-02 18:48 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
KONDO Racing Team 菅生 初優勝 SUPER GT
c0145198_17491054.jpg
c0145198_17493228.jpg
c0145198_17495925.jpg





SUGOはまだ行ったことのないサーキットで今日はTV観戦しておりました。
昨日の予選も赤旗が出たためにQ1敗退となりましたが、決勝は何が起こるかわかりません。

今日の勝因は、やはり佐々木選手の粘りがまず挙げられるのではないでしょうか。
SC明けのピットOPENになって1番に選手交代したのがまず良かった。
その後は、やはり昨年のようにピットが混雑したので、その前にピット作業を終えていたのが1つ。
そして、まだピットに入ってなかったデンソーとウェッズに抜かれそうになったが、そこは、
一応同一周回と同じなので(青旗対象ではない)そこでよく抜かれないように踏ん張ったこと。
そして、赤旗直前のラップでZENTを抑えてTOPを守ったこと。

これらが絶妙に絡んで赤旗時にTOPを守っていたことが勝因になった。
それにしても、このまま6LAP走っていたらおそらく、抜かれていただろう。
表彰台は難しいかな?と思っていたが、やっぱりSUGOには魔物がいた。
どんな時も諦めずにプッシュした佐々木大樹選手の若さの勝利だった。

これで、2007、2008、2009、2010年と4年連続勝利してから、昨年5年ぶりに勝利し
また2年連続で勝った。
やはりプロスポーツは勝ってナンボである!!

近藤監督本当におめでとうございます!
by eos1d3 | 2016-07-24 17:59 | 徒然に | Comments(0)