無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
壊れたプラモデル
c0145198_18025577.jpeg

ここにボロボロになったMorris Mini Cooper S Mk-1のプラモデルがある。
私が中学生の頃に作ったものだ。
その後、数年後にRover Mini Cooper1.3iを購入し、嬉しさのあまり、
ダッシュボードに置くと、たった1日で真夏の暑さに負けてヘッドライトや
エンジングリルが取れたのだった。
こりゃいかんと、家に持って帰りそのまま25年ほど本棚に仕舞っておいた。

そして今度はBritish Leyland Mini Cooper S Mk-3を購入するので
25年ぶりに表舞台に帰ってきた。

こんなボロボロのプラモデルにも大きな物語があるんですね~~。



# by eos1d3 | 2018-08-16 18:08 | 徒然に | Comments(0)
平成最後の戦没者追悼式
c0145198_18121661.jpg
平成最後の戦没者追悼式である、と同時に平成の昭仁天皇の最後の追悼式になる。
戦後73年経ち、いよいよ戦争の経験者が減ってくるが、それでもまだご健在の方もいて、
「戦時中」が完全に過去のものではない事に気付かされる。

しかし、私の子供たちのように平成生まれになれば、戦争はもう完全に過去のもので平和は当たり前と
思っているに違いない。私の場合は、ばあちゃんと父が満州生まれであるので実際に経験談を聞いて
戦争はまだ無関係でない場所にいる。

昭和元年生まれのばあちゃんと昭和20年9月2日生まれの父は旅順生まれである。
旅順とは二〇三高地で乃木大将が取ったあの旅順である。
ばあちゃんは旅順に生まれ旅順に育ったが、敗戦し引き上げ命令が出た時に
まだ生まれたての長男であった父を紐に括り付けて満州鉄道の線路を歩いて、
駅に向かったと言っていた。長男しかいなかったので、必死に連れて帰ったが
子供がたくさんいる人は中国人に子供を預けて長男だけ連れて帰ったらしい。
残った子供たちが俗にいう「中国残留孤児」である。

そんな話をたびたび聞いていたので、子供ながらに戦争は遠くない話とおもっていた。
平成になり30年、その平成も終わり新しい時代へ。
人口減からの国力の低下が避けられない。
戦争がなくても、国は亡ぶと本当に考えさせられる時代に突入する。
平和は大事であるが、安心して暮らせる日本国をなんとか維持してもらいたいものである。



# by eos1d3 | 2018-08-15 18:24 | 徒然に | Comments(0)
LUCAS 608 Room mirror
c0145198_16174211.jpg
c0145198_16175264.jpg
c0145198_16175588.jpg
またまた念願のルームミラー LUCAS608を手に入れた。
LUCASはミニだけではなく古き良き時代の英国者に供給していたので
ジャガー等にこのミラーは用いられていたようである。
この6つのリベットが目印の人気のミラーである。

c0145198_16202186.jpg
c0145198_16202893.jpg
c0145198_16180983.jpg
早速取り付ける。取り付けネジは41mm幅のMK-3用のボルトオンタイプに変えられている。
オリジナルの樹脂製のMk-3ミラーも捨てがたいが幅がワイドなので後方が非常に見やすいではないか!
イメージは高級ぽくなったが、ミニに似合わない事はない。

試しに走ってみたがややミラーとアルミのカバーが干渉するがそこは我慢!!
1970年のいい雰囲気が漂うミニになりました!



# by eos1d3 | 2018-08-14 16:25 | 徒然に | Comments(0)
お盆の中日
c0145198_19085339.jpeg
家の会社は8月11日~15日までがお盆休み。今日はちょうど中日である。
子供たちが大きくなってからは家族4人でお盆休みを過ごすことはほとんどない、
娘はバイト仲間と日本海へキャンプに、息子は高校の同級生と東京へ行ってしまった。
夫婦2人で私の大好物の小豆の氷を食べに行き、その後食料品を買いに行くと言う
至って通常の休みの行動をしたに過ぎなかった。

元々、私たち夫婦の実家は100mほどしか離れていないので帰省すると言う行為がない。
私が子供の頃は父の故郷の高松に必ず帰省していた。
あの頃まだ、明石大橋も瀬戸大橋も鳴門の橋もないころだった。
淡路島経由のフェリーで四国上陸か、岡山の宇高国道フェリーで四国上陸か、はたまた神戸の
青木港から4時間フェリーに乗るか、3択であった。
昔は帰省が凄い人で、フェリー待ちも3~4時間はざらだった。
スマホも携帯も何もない時代、ただただ待つだけの時代。

でも、なぜか35年以上前のそんな頃が非常に懐かしい。
行きも帰りも同じ目的の帰省に人たちにまみれながら、身動きすら出来ない
フェリーで雑魚寝しても、誰も文句ひとつ言わない暖かい時代。

もうあんな昭和のような時代は決して訪れないと、やや懐古する日々であった。




# by eos1d3 | 2018-08-13 19:18 | 徒然に | Comments(0)