無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
Secure Tabs ..
by Innodenix at 12:56
Levitra Mit ..
by Innodenix at 06:26
まるまるさん、全くの素人..
by ゼク at 18:41
すごいです。プロの時計師..
by まるまる at 20:22
garagekizaki..
by ゼク at 09:33
関西オートは日英よりレア..
by garagekizaki at 17:56
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!


アクセスカウンター


基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています








_c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


_c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227

_c0145198_230687.jpg




_c0145198_12414357.jpg
精工舎懐中時計EMPIRE


お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石
このEXTRA FLATは終戦後、軍需需要がなくなった精工舎が経済的にも逼迫しそれでも一早く、
時計を作らねばならぬと言う状況の中で出来たもののようです。
1946年というので物資不足の真っただ中で頑張って作ったのだと思います。

さて、精工舎の本で見るとこの個体は針とケースがオリジナルではないと思います。
今までと違って角穴車と丸穴車が隠れていてナルダンと似ています。
見た目もすっきりしていてかっこいいですね。

分解掃除のためにバラすと、油が飛び散るほど多く差されています。
しかし香箱内はほぼ油切れでした。そんなに遠くない最近に誰かが分解掃除したか、
或いは思いっきり注油した形跡があります。
いったん全部ベンジンで洗い落とし各ホゾの錆を取り組みなおすと綺麗に回りました。
しかしテンプ下の石カバーのネジが取れずに掃除できませんでした。
EXTRA FLATは幻の10石もあるようですが、見たことはありません。

17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13171199.jpg
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13172055.jpg
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13174210.jpg
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13175321.jpg
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13180175.jpg
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13181134.jpg
17型 SEIKOSHA EXTRA FLAT 7石_c0145198_13181768.jpg


タグ:
# by eos1d3 | 2020-07-22 13:19 | 時計 | Comments(0)
SEIKOSHA MINISTER 15石
SEIKOSHA MINISTERは戦前の精工舎懐中時計の中でもとりわけ人気のあったモデルです。
昭和9年から製造されています!!
ムーブメントは昭和9年式EMPIREと全く同じです!
しかしケースだけは17型ケースに入れているので一回り大きいです。
7石、10石、15石とあり15石の販売実績が高いという事です。
SEIKOSHA RIGHTと比べるとオーソドックスな機械で文字盤側の部品もEMPIREと共通であり、
こちらの方が格下であることは明白です。銘々式と言っても精工舎のガンギ、4番、3番の受けは
決して銘々になってなくくっ付いているのが仕様です。
こうなるとやはりSEIKOSYA RIGHTの特別感が光ります。
MINISTERはEMPIREとほぼ互角の懐中時計と言ってもよいでしょう。

SEIKOSHA MINISTER  15石_c0145198_16285736.jpg
SEIKOSHA MINISTER  15石_c0145198_16295683.jpg
SEIKOSHA MINISTER  15石_c0145198_16292224.jpg
SEIKOSHA MINISTER  15石_c0145198_16293824.jpg

タグ:
# by eos1d3 | 2020-06-28 16:30 | 時計 | Comments(0)
精工舎 SEIKOSHA RIGHT
SEIKOSHA RIGHTは文字盤にRIGHTとだけ書かれている懐中時計とは全く違う時計です。
高級セイコーナルダンと同じスワンネック微動緩急装置を装備、EMPIREとは各部品の仕上げが全く違います。
実際にばらしてみるとテンプの天輪も巻き上げヒゲの、温度調整付きです。
昭和6年からの発売ですが、既に腕時計の方にスイッチしており販売の主流にはならなかったとの事です。

ヤフオクで購入しましたが写真が掲載されていなかったのが幸いし11000円で買えました。
稼働品とだけあり、何も書いていない不親切出店者のおかげで通常4~5万?
と言われている価格より大幅に安く手に入りました。
しかも2番に石が入る16石仕様で眺めても良しの素晴らしい時計!

ナルダン以上に正確との記事もアリ、私の主力になる懐中時計です。
筒カナも筒車もEMPIREとは共通ではありません。
そしてEMPIREでは小鉄車しかありませんが、RIGHTは大鉄車もあります。
昭和に入り19型SEIKOが出来、明治期の設計のEMPIREはばらして組んでも
やはり古い設計で数字が出ません。このナルダン式とRIGHTは昭和に開花する、
SEIKOの高品質ムーブメントの先駆けとして素晴らしい記憶となるでしょう!
 日差20秒です!


# by eos1d3 | 2020-06-25 18:47 | 時計 | Comments(0)
精工舎 懐中時計 EMPIRE
最近は精工舎(現SEIKO)の懐中時計の収集と修理に凝っています。
2年ほど前から懐中時計や腕時計の分解掃除を趣味で始めたのですが、
何か目的がないとつまらないと思い、ここは国産最初の懐中時計をつくった
精工舎のEMPIREという懐中時計を集めて直そうと決めたのでした。

精工舎は明治時代、主要部品を輸入して懐中時計制作を始めましたが、
明治42年になって非常に高性能な旋盤機を自社開発できたので。
日本人の日本人のための懐中時計を全て自社で設計から行うことに決めたのです。

精工舎 懐中時計 EMPIRE_c0145198_12294924.jpg
これがEMPIREの初代で明治42年の製造です。
ケースはこの頃まだステンレスもメッキもないので銀無垢ケースになっています。
精工舎 懐中時計 EMPIRE_c0145198_12305145.jpg
三つ折りのこんな変わったケースです。
機械も単純な機械で修理も簡単に出来ます。

このEMPIREはモデルチェンジをして昭和9年まで作られて、昭和4年に製造開始された19型SEIKO(鉄道時計)にバトンタッチし
その役目を終えるのです。
その全てを集めようとHPも作りました。完全な稼働品を作るにはもう部品がないのでジャンクを掛け合わせて作るしかありません。
そんな事も書き綴ってゆこうと思います。

https://shashinphoto.jimdofree.com/  (精工舎懐中時計EMPIRE)



タグ:
# by eos1d3 | 2020-06-13 12:34 | 時計 | Comments(0)