無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
旧西尾家 (現吹田文化創造交流館) 2
さて、中に入るとします!正面に見えているのがお客様が入る玄関のようです。
ここから明治28年(1895)113年前に建てられた主屋に入ります!
c0145198_9343355.jpg


入ってすぐ右を見ると客間(応接間)が見えます。
奥に見えるのが茶室になります!この西尾家には5つの茶室があるのです。
c0145198_9372716.jpg


これはお茶を出すときの言わば炊事場みたいなものです!おそらく蛇口があったので
最近まで使っていたのではないでしょうか!
c0145198_9385392.jpg


びっくりしてはいけませんよ!ここまではあくまでも応接間的空間で、この奥が
要するに座敷になり、お客様にお食事をだし会談もするような場所になっているのです。
お客様といっても政界や経済界の要人がたくさん来られたとのことです。

多い時は20~30人ものお客さんが来られたとのことですのでこの広さは頷けます。
c0145198_9471252.jpg


ずっと奥の間まで進んでいくと、見事な日本庭園がガラス越しに見えてきます。
もちろんこのガラス窓は明治28年当時はありませんでした。おそらく大正末期~
昭和初期に離れを新築したさいに建築家の武田五一の指導で半間ほど増築してその
部分にガラス入れたものと思います。
ようするに明治時代はこの部分は「外」だったということになるのです。
c0145198_953021.jpg

c0145198_9531177.jpg

c0145198_9543191.jpg


この欄間の網の部分がまさしく外と中の堺で虫よけになっています。
昭和に入ってこの部分から半間部分を増築してガラス戸を入れたことになります!!
こういう改築が重要文化財に等しいか難しいところだそうです。
c0145198_957672.jpg


この照明の部分は明治時代は外でした!
c0145198_9574854.jpg


そして驚かされるのは客間のいろんな部分の豪華さと手の込みようです。
欄間にはニカワで作られた菊の花があしらわれています。
ニカワで作ってあるので113年経った今でも全くの欠けもなく残っているのです。
戸袋の絵にも細かい描写がされています。
c0145198_106995.jpg

c0145198_1062868.jpg


まだ何回か続きます・・・・・。

撮影機材
1~5,8---1DMarkIII + EF16-35mmF2.8LⅡ
6,7,9,10,11----EOS 5DMarkII + SIGMA 50mmF1.4
by eos1d3 | 2009-01-31 10:06 | EOS5DMarkII | Comments(10)
Commented by wisteria_apr at 2009-01-31 10:44
おはようございます。
早速、室内の様子が出てきましたね^^

個人的には重要文化財は建物の古さや作りもそうですが、その建物に纏わる
経緯や生活なども含めて財産だと思っています。なので最近まで人が生活
していたと言う事実も財の一つだと思うのですが・・・。

逆にこう言った改修があったからこそ、綺麗な状態で最近まで住めたのだと
思います。雨がまともに吹き込んでいたら、そろそろ腐ってしまいますし。

しかし城か古刹かと言わんばかりの内装ですね^^
Commented by ゼク at 2009-01-31 11:16 x
wisteriaさん!僕も同じように思います!
この大きな屋敷に最近まで人が住んでいたということ自体が重要な文化だと思います。
改修といっても僕の見る限りは明治時代の屋敷の雰囲気を全く壊さないようにしてあります。

確かにガラス戸がなく、雨戸だけでは非常に弱者に厳しい住宅になっていたと思います。

内装も屋久杉の天井板や欅の一枚板等、今では手に入らないものばかりでした。
本当に凄いですよ!
Commented by kotodaddy at 2009-01-31 12:12
ほほぅ、やはり中もすごいものが・・^^; 照明器具なんか非常にいいですね。
私の父方の実家はかなり旧い家屋でして、似た雰囲気があります。
もちろん大きさは全く比べ物にならないでしょうけど・・。
特に2枚目の写真なんかはソックリです。おそらく手前は土間になって
いるんじゃないでしょうか。
Commented by ゼク at 2009-01-31 12:31 x
kotodaddyさん!僕はこのような古い建物を見るのが何より楽しいんですよ!
ちょっと変わってますね。
2枚目の写真の手前は庄屋と言うことで米の計り部屋なっています。
しかも床はレンガがやはず張りで敷き詰められています。
本当にこんな近所に屋敷があるなんてビックリです。

でも逆に言えば、日本全国でこれほどの規模ではなくともまだ住まれている方も
おられると思うと、本当に凄いと思います。
Commented by ThebasicsISO100 at 2009-01-31 16:47
こんにちは。
いやー、やはり内部もすごいですねー!5枚目の畳のシミなんかも歴史感じます!
増築や改装したようには感じませんし、照明もいい味出してますね。
戸棚の絵や菊の花もきれいに保存されいて、とても最近まで人が住んでいたなんて感じないです。
歴代の西尾さんがしっかり守り続けてきたことに頭が下がります。

しかし、シグマ50mm良い味だしてますね~
Commented by ゼク at 2009-01-31 17:14 x
M5さん!中も古いだけではなく格式が高いですね!
特にお客さん用の座敷には格別の材料が使われているようです。
照明やちょっとしたものにも風格があります。

やっぱりこの日はシグマ50mm持って行ってよかったです。
F1.4は本当に役に立ちました!
Commented by F1ましーん at 2009-01-31 23:47 x
こんばんは~!
こんな重要な物を壊して更地にし、売りに出すなんて
もってのほかですね!二度と創れませんよ!
しかし、近所にこのような物があって、無料で
拝観出来るのは羨ましいですね^^
Commented by ゼク at 2009-01-31 23:57 x
F1ましーんさん!僕は何回も行きたくなりましたよ!!
何回来てもいいんですか?と聞いたら、何度でも来て下さいと言ってましたので
早速、また行こうと思っています。

このように全国のいろんな場所でこのような明治の家屋が残っていると思います。
やはり大事にしたいですね!
Commented by パイロン at 2009-02-01 07:23 x
おはようございます。
部屋があって、廊下があって、庭がある。
私は、この廊下が贅沢な感じが凄くします。
今の家は、2重、3重の断熱ガラス窓で快適ですが、この廊下が、断熱ガラスの代わりの空間って事に
なるのでしょうからね。

お写真もお見事です。
Commented by ゼク at 2009-02-01 09:39 x
パイロンさん!確かにこの縁側の廊下は凄い迫力ですね!
この廊下部分が増築されるまでは雨戸だけで、染み込んできたようです。

しかしこれだけの屋敷が近くにあるなんて嬉しくなりましたよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード