無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
川の跡・・・・
私の住む大阪市北部は大阪市に編入したのが一番遅くて(それでも大正末期ですが)、当時でも辺り一帯
農村風景でした。大阪市編入の視察に来た役人からも「こんな千里一望の農村では大阪市には、
入れない」と言わしめたような場所でした。

今でこそ大阪市の中で1・2番を争う人口になりましたが、編入後しばらくは全く拓けずに、昭和30年に
なっても依然かなり遠くまで見渡せる農村風景だったそうです。

と言う事は区内にはたくさんの水路が走っていました。もちろん水田に水を引くためです!
淀川右岸ということもあり水を淀川から引いて各水田に分けていました。

ところが昭和40年代にも入るとドーナツ化現象からか人口が一気に増え水田が住宅地へと変貌していきます。
僕の小学生の時にはまだ川が流れていたのを薄らと覚えていますが、次々とその役目を終えて埋め立てられ道路に変わりました。

これは明治30年に出来た淀川から直接水を引いていた場所です!三千樋と言います。
今は完全に埋められて堤防になっています。
c0145198_1215475.jpg


そして今は畑になっていますが、川が流れていました!!
おそらくこの畑の幅が川の幅だった記憶があります!!
c0145198_12165120.jpg



ですので、至ることで橋の欄干が残っています!!
c0145198_1218639.jpg


意外なところに捨てられたり??もしています・・・・・。
c0145198_1219285.jpg




この辺りは淀川の付け替え工事(明治中期~後期)でギリギリ川に沈まなかったところであります!!
ですので明治18年の地図に載っている道がまだ残っていて散策すると楽しいです!!
目を瞑れば100年以上前の情景が見えてくるような気がします・・・・・・・。

c0145198_1221483.jpg




撮影機材
ALL PHOTO:EOS 1DMarkIII + EF24-70mmF2.8L
by eos1d3 | 2009-06-17 12:22 | EF24-70mmF2.8L | Comments(20)
Commented by tks_naka at 2009-06-17 20:13 x
私が住んでいるところは川を埋め立ててまで何かを作ることはないのですが、最近になって
田んぼを潰して家やら道路になっていますね。長年住んでいると寂しいですね。

記事とは全く違うことですが、「EF24-70mmF2.8L」と「EOS 1D MarkⅢ」の組み合わせって
重くないですか?ヨドバシカメラで持ってみたのですが、なんか「EF100-400」の組み合わせを
持っているみたいでした。
Commented at 2009-06-17 20:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゼク at 2009-06-17 20:43 x
nakaさん!うちの住む街ではもう家を建てる場所がないくらいに人が住んでいます。
50年ほど前は豊かな田園風景が広がっていたとは考えられませんが。
結局、この川は田んぼに水を引くのと、昔は汚水も流していたようです。
田んぼがなくなり、下水道100%になると川も要らなくなるんですね。

24-70Lは非常に重たいです!!約1Kgあります(笑)
しかし僕は最初にこのレンズを買ったのでこれがメインなんです!!24-105L追加も
考えられますがせっかく大三元そろったので重くても自己満足の世界で満足しています。
本当は5D2+24-70Lがいいのですが、この日はチビのソフトボールを撮ってたので
この組み合わせになりました。
Commented by ゼク at 2009-06-17 20:47 x
鍵コメさん!後で東淀川全史(昭和31年発行)を見るとどうも明治42年にあの場所に
来たようです。と言うことは川に近いほうの旧家は当時のもの??100年経っていますね!
もし撮りに行くときは是非ともご一緒させてください!!
普通では理解できないくらいに大きいカメラを首から提げていったら納得してくれるでしょう(笑)
Commented by abu at 2009-06-17 21:14 x
大阪でもそういう場所があるんですね。でも痕跡がわかりやすく残っているあたりがもの悲しい感じですね~。(^_^;)

渋谷のあたりも、以前は川だったところが上に蓋をされて道路になっていたりします。わかりやすいのは東急百貨店の辺りですね。でも実際にそのことを知っている人はほとんどいないと思いますし、痕跡もほとんどありません。

そもそも「渋谷」という地名は低い地形であることを意味しています。だから地下鉄銀座線で渋谷に行くと高架式の駅になっているんですが、あれは渋谷の駅の位置が高いのではなく、地面が低いのです。
Commented by ゼク at 2009-06-17 21:18 x
abuさん!最近僕は府立図書館で明治時代の地図を手に入れてわが町を
探索しています!昔から古い建物が大好きで特に明治時代の道とかを
見つけるとワクワクします。妻からは完全に見放されています・・・・・。
Commented by MOGU at 2009-06-17 21:56 x
私の住んでるところの直ぐ傍で最近では紫陽花を撮ったところですが、
昔はやはり用水路だったようです。それもかなりの川幅があったと
思われます。

その証拠に写真撮ってるところは石垣になっていて、当時で言う堤防
だったんでしょう。

また家の目の前も砂利道(懐かしいですね)だったのを覚えています。
私らの世代は、まだ高度成長と言われてた時に子供だったので、今
思えば随分変わってますね。
Commented by ゼク at 2009-06-17 22:07 x
MOGUさんと僕はおそらく同い年なのでまだまだ昭和の風景が残っていたのをよく
覚えていますよね!記憶的には30年位前から残っていますが、田んぼは少なくなり
昔からあった古い家もなくなってどんどん新しい家が出来ていますね。

今のうちに写真をいっぱい撮って年をとったらそれを見て昔を懐かしみます!
Commented by abu at 2009-06-17 22:15 x
神保町の古書店街でも、最近は古地図の人気が高いようです。現在の同じ場所との比較って面白いですよね。(^^♪

以前、文化文政の頃の江戸の古地図が出ていたので買っちゃおうかと思ったら、すごい値段がついていたのでやめたことがあります。(^_^;)

ちなみに、東京では「○○町」と書いて、ある場所では「○○まち」、別の場所では「○○ちょう」と読み分けることが多いですが、それには一定の法則があります。ご存知ですか?

たとえば御茶ノ水周辺でも「神保町」は「じんぼうちょう」、「小川町」は「おがわまち」です。
Commented by wisteria_apr at 2009-06-17 22:22
こんばんは。
見事に川の跡がそのまま畑になっているのですね。
都市部だと暗渠になって上に道路が残っている事が多いのですが、
この場所は完全に埋めてしまったようですね。

何処も昔からの風景は変わりつつあるようです。
Commented by ゼク at 2009-06-17 22:35 x
abuさん!僕の地図は主に明治時代に入ってからの陸軍の作った地図です。
現在の地図と見比べると残っている道がわかります。旧村の中を通っている道ですが
そこを散策すると意外に面白いのです。

「ちょう」と「まち」の読みわけですか?一体なんでしょうか?検討もつきません(笑)
Commented by ゼク at 2009-06-17 22:38 x
wisteria_aprさん!この部分の川はもう完全に役目を終えたようです。
田んぼももうなくなってしまいました。ですのでこの付近に僅かに残る田んぼは
どこから水を引いているのか不思議です。
この付近はつい10年前まで橋の欄干がありましたが知らないうちになくなってしまいました。
もっと早いうちに写真を撮っておくべきでした・・・・。
Commented by abu at 2009-06-17 23:52 x
明治の陸軍の作った地図ですか!
まさに国土地理院の前身ですね!

東京の「ちょう」と「まち」の読みわけは、江戸時代に武士が多く住んでいた町は「まち」、町人が多く住んでいた町は「ちょう」となります。 町(ちょう)に住んでるから町人(ちょうにん)と呼ぶわけですね。

つまり、「神保町(じんぼうちょう)」は町人、「小川町(おがわまち)」は武士、となります。
他に例をあげると、百人町、末広町、淡路町などはすべて「ちょう」、麹町、信濃町、田原町などはすべて「まち」になります。

以上、ご参考まで。
Commented by ゼク at 2009-06-17 23:59 x
abuさん!なるほどです!!かなり役に立つ話ですね。覚えておきます。

大きな図書館(大阪なら府立中央図書館・・etc)に行けば古い地図をコピーさせて
くれます。自分の住んでいる場所の古くからの地図を明治・大正・昭和と集めれば
結構楽しいですよ(・・って楽しいのは僕だけかも・・・・・)
Commented by abu at 2009-06-18 00:13 x
なるほど、コピーさせてもらえばいいんですね。
賢い方法ですね~。今度捜してみよっと。(^^♪
Commented by ゼク at 2009-06-18 00:52 x
abuさん!関西ではこの陸軍の明治18年の地図が有名みたいです。
僕はこの地図だけで2週間は楽しめます!最高です。
ちなみに大阪府立図書館なら確かA3にコピーするのに30円くらいだったと思います。
Commented by abu at 2009-06-18 05:59 x
それは安い!
ますます捜してみたくなりました!(^^ゞ
Commented by ゼク at 2009-06-18 09:31 x
abuさん!現在は復刻版もたくさんでているみたいですよ!
なかなか高価で手が出ませんが図書館に行けばあると思います!
Commented by 釣キチ三平 at 2016-02-07 19:14 x
なつかしい!
中学生のころマブナ釣りに通ったなー。
でもたいへん治安が悪くて、恐喝されたり、竿を盗まれたなー。
Commented by ゼク at 2016-02-07 20:16 x
釣キチさん、もう50年も前の話ですね!!
その頃は誰も住んでなかったんですけどね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード