無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
永遠のスーパースター・・・・・・・
みなさんも既にご存じだと思いますが米国歌手のマイケルジャクソンさんが昨日亡くなりました。
心からご冥福をお祈りいたします。

つい先日、昭和の歌謡曲の話題をしましたが、国は違えどマイケルジャクソンさんは昭和の
スーパースターだったと思うのです。
今の時代では彼のようなスーパースターは生まれないだろうとさえ言われるように、あの頃は
世界中で「唄」と言うものが流行っていた感じがしました!

洋楽に疎い僕がマイケルジャクソンさんを初めて知ったのは中学3年生の時!
当時の若い先生のグループが「君たちに是非とも見せたいものがある!」と視聴覚室で
「We Are The Wolrd」のビデオを見せてくれました。

理科、体育、国語・・・・・各教科の若い先生が集まって教頭や校長に許可をもらい、授業時間に
その教科とは全く関係のない洋楽のビデオを見せてくれたのです。




日本語の字幕がありましたので中学3年生でも十分にこの曲の趣旨を理解出来ました。
そして24年経った今もこのビデオを見せてもらった事に感謝していますので、この授業は
成功だったと僕は思っています!

初めてみる超スーパースターの面々。
マイケルジャクソン、ライオネルリッチー、ブルーススプリングスティーン、シンディーローパー、
ビリージョエル、スティービーワンダー、レイチャールズ、ダイアナロス、ポールサイモン、ボブディラ・・・・・・・、

洋楽を知らない僕でも知っている人たちがそこにいました!
その時代だからこそ出来たのかもしれませんが、その中心となってマイケルジャクソンは奮闘したのです。

そのビデオを見終わってクラスのみんなは「自分たちも何かしなくては!」と放課後すぐにレコード店に
行ってEP,LPを買いました。国境を超えてそう言う気持ちにさせてくれた素晴らしいものでした!




あれから、24年!
彼にはいろんな事が起こったようですが、逆に言えばそんな事を世界中の人が知るほど彼は
世界的なスーパースターだった訳なのです。そんな歌手はもうこれからは出て来ないでしょうね・・・・。

晩年は歌の世界で満足に活躍が出来なかったかもしれませんが、星になった今、彼の時間は止まりました。
これからは彼が残した素晴らしい「遺産」の全てが次第にまた燦然と輝きだす事だと確信してなりません。
by eos1d3 | 2009-06-27 09:56 | 徒然に | Comments(17)
Commented by abu at 2009-06-27 10:19 x
間違いなく、彼は天才だったと思います。
スティーヴィー・ワンダーが作曲と演奏の天才なら、彼は歌とダンスの天才でしょうか。

たくさんのヒット曲がありますが、私はその中でも彼が14歳のときに歌った「Ben」が忘れられません。
同い年だったこともあり、「なんてすごいやつがいるんだろう」と思ったことを思い出します。

彼が人気・実力ともピークだったのはおそらく二十台半ば、「スリラー」の前後だったろうと思います。
50歳で亡くなったので、ちょうどその人生の折り返し点の時期でした。

前半の栄光、後半の低迷。あまりにも対照的です。
それでも前半の成功による印税収入だけでも年間に20億円は下らなかったといいますから、普通に暮らしていれば生涯安泰だったと思うのですが、何もしないでいるわけにも行かず、いろいろと手を出しては失敗し、金銭的なことで訴えられたりするトラブルが後を絶たず、精神的に不安定になって奇行に走ったりしたのではないでしょうか。

あれだけのスーパースターは今後もなかなかでてこないでしょうね。
少なくとも、音楽に映像をプラスした魅力を最大限にアピールしたのは彼の最大の功績だと思います。
Commented by abu at 2009-06-27 10:25 x
「Ben」の映像が見つかりましたので、ご紹介しますね。
「h」は消してあります。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/funtan906/47041958.html
Commented by ゼク at 2009-06-27 10:37 x
abuさん!このBenという曲は知りませんでした!今度じっくり聞いてみたいと思います!
僕はマイケルジャクソノの曲をほとんど知らないのですがスーパースターであるがゆえに
我々では想像できないような苦労もあったと思います。

曲と言うものは何も考えないで出てくるものが最高で、天才なら自然に歌が出来たと思います。
ところが一旦立ち止まって「いい曲をつくらないと」と思った時点でもう既に後退を始めている
気がします。本人は変わらなくても時代と言うものは人間が作っていくもの、
自分だけが取り残されるということもあり得ますので・・・・・。
Commented by abu at 2009-06-27 10:48 x
ゼクさん、以下は他の方のサイトからの転載ですが、詳しく書かれているので参考になると思います。

一匹のネズミが主人公である映画、「Ben」の主題歌として72年に世にでた曲です。
マイケルが14歳の誕生日の時に初めてチャート1位を獲得しました。
表現力がすばらしく、ファンの中でも人気が高いです。

次に、歌詞と日本語訳をアップします。
Commented by abu at 2009-06-27 10:50 x
【歌詞(オリジナル)】

Ben, the two of us need look no more
We both found what we were looking for
with a friend to call my own
I'll never be alone,and you my friend will see
You've got a friend in me

Ben, you're always running here and there
You feel your're not wanted anywhere
If you ever look behind, and don't like what you find
There's something you should know
You've got a place to go

I used to say I and me
Now it's us, now it's we
I used to say I and me
Now it's us, now it's we

Ben, most people would turn you away
I don't listen to a word they say
They don't see you as I do, I wish they would try to
I'm sure they'd think again
If they had a friend like Ben
like Ben....oh like Ben...
Commented by abu at 2009-06-27 10:51 x
【日本語訳】

ベン、僕たちはもう友達を捜さなくてもいいね
お互いに自分が求めていた人をやっと見つけたんだから。
「友達」と呼べる人がいるから、もう独りになることはないよ
ベン、よく聞いて、君にも僕という友達がいるんだ

ベン、君はいつもあちこち走り回って
誰からも必要とされてないって感じてたんだろう?
いつか振り返った時に、見たくない物を見たとしても
これだけは覚えて置いて。
君には僕という帰る場所があるんだ

僕はいつも「I(僕は)」や「me(僕の)」という言葉を使っていたけど、
これからは「us(僕たちの)」「we(僕たちは)」という表現ができるね

ベン、他の人は君を邪険に扱うけれど、
僕はそいつらの言うことなんか聞かないよ
みんな君の良さをちっとも分からないんだ。
君をきちんと見てみたら、考えが変わるだろうって思うよ
ベンみたいな友達がいれば、人の価値がちゃんと分かると思うんだ。
Commented by ゼク at 2009-06-27 10:59 x
abuさん!日本語訳までどうもありがとうございました!!
ねずみの話だったんですね!1972年と言えば僕はまだ1歳なので知らなかったんだと
思います!
Commented by abu at 2009-06-27 11:11 x
私はミドルティーンの14歳、まさにマイケルと同い年でした。
彼は声変わり寸前の美しいボーイソプラノで見事に「ベンのテーマ」を歌っていました。
声はまだ子供のそれだけれど、その堂々とした歌いっぷりと素晴らしい歌唱力は驚くばかりでした。

1971年に「ウィラード」という映画があり、なかなか衝撃的で怖い物語でした。
1972年の「ベン」はその続編に当たりますが、全作に比べてネズミ「ベン」と少年との友情をテーマにした作品になっています。

ご参考までに、次に「ウィラード」および「ベン」のあらすじなどをご紹介します。
Commented by abu at 2009-06-27 11:12 x
映画「ウィラード」1971年あらすじ

主人公のウイラードは気弱で人付き合いが苦手な青年。父親は会社の社長だったが、アルという男に乗っ取られて死んだ。そしてウイラードは、アルが経営しているその会社に勤めていた。アルの執拗なイジメにあいながらも、年老いた母親(ヘンリエッタ)との生活を守る為、ウイラードは黙々と会社勤めを続けていた。同僚で恋人のジョーンだけが彼を支えていた。

ある休日、ウイラードは母親からネズミ退治を頼まれたが、殺す事が出来ず、密かにパン屑を与えて飼いはじめた。やがてウイラードはネズミたちを自由に動かす事を目指し、調教を始めた。そのネズミたちの中に、目だった印象の白いネズミと黒いネズミがいた。ウイラードは白いネズミをソクラテス、黒いネズミをベンと名づけて可愛がり、やがて会社にも連れて行くようになった。だが、倉庫に隠していた2匹のうちソクラテスが見つかってしまい、アルに撲殺されてしまった。ウイラードはベンとともに復讐を誓い、その夜、数百匹のネズミとともに会社に向かった。

だが、その復讐劇は、ウイラードにとっても悲劇の始まりだった…
Commented by abu at 2009-06-27 11:12 x
映画「ベン」1972年あらすじ

ウイラードの死体が家で発見された。状況から、ネズミに襲われて死んだものと判断され、続いてパトロール中の警官が襲われた。巡査部長のカートランドは市全域に非常線を張ったが、ネズミ達の行方は分からなかった。

その頃、ウイラードの家のすぐ近所に住んでいるダニーという少年が、家に入ってきた一匹の黒いネズミと出会っていた。病弱で友達がいないダニーにとって、そのネズミはかけがえの無い友達となったが、やがてダニーは、そのネズミが、警察から追われているベンであると知った。だがダニーは逆にベンたちにも生きる権利があると思い、母や姉のイブ、そしてカートランドにもベンの存在を隠し通した。ベンもその事を理解した様子で、ダニーだけは信頼していた。しかし、ベンを追う者たちの手は次第に伸びてきていた…
Commented by ゼク at 2009-06-27 11:56 x
abuさん!ちょっと不思議ですね~~。
なぜネズミと仲の良かったウイラードはねずみに襲われたんでしょうか・・・・・・。
ドラマに何か起こったんでしょうね!
Commented by kotodaddy at 2009-06-27 13:28
マイケル・ジャクソンは2回、東京ドームで見ましたかねぇ・・。
晩年は奇行が目立ったりしてましたが、真の天才はそういう面も
持ち合わせていたりするもんなんでしょうか。
だいぶ前になりましたが、アメリカンフットボールのスーパーボウル。
それのハーフタイムで出てきたのが非常にカッコ良かったです。
急に見たくなってきました。Youtubeで探してみよう・・・(笑)。
Commented by abu at 2009-06-27 13:36 x
ゼクさん、それを言ったらネタバレになっちゃいます。(笑)
もし興味があったらぜひ観てみてください。
二本ともなかなか面白い映画ですよ~。
Commented by ゼク at 2009-06-27 15:27 x
kotodaddyさん!そうですか!凄いですね、生のライブを2回も見ているのですか??
僕はほとんど知らないのですが、スーパースターだという事は分かります。
僕でも知ってるくらいですからね・・・・・・。
Commented by ゼク at 2009-06-27 15:29 x
abuさん!そうなんですか(笑)よく分かりました!
Commented by MOGU at 2009-06-27 20:23 x
こんばんは。

確か、小学6年生だったと思います、スリラーを聞いたのが初めての洋楽&マイケルジャクソンでした。
その後どっぶり洋楽に嵌っていた時期がありますので、We are the worldも当然知っていました。

しかし改めて今聞いても良い歌ですね。
そして、殺伐とした現代に同じような試みは難しいのでしょうかね。

非常に懐かしく聞きました。

ご冥福をお祈りします。
Commented by ゼク at 2009-06-27 21:03 x
MOGUさん!やっぱり世界的にもエンターテイメントが多様化して25年前とは
かなり変わっているような気がします。
ですので今、同じようなメンバーを集めるのは難しいことだと思います!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード