無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
通り慣れた橋・・・・・
大阪府北部にお住まいの方は中央環状線の淀川に架かる鳥飼大橋を何度も通った事があると思います。
この橋、実は近々取り壊されてしまい55年に渡って活躍したその雄姿に終止符が打たれます。

みなさんはご存じないかと思いますが、この場所は最初は木製の橋が架かっていました。
それは戦時中から戦後にかけて作られた橋のなのですが、大型バスが通ると揺れて本当に危険だった
為に、大阪府が国から3億以上のお金を借りてここに鉄製の大きな橋を作る計画をしたのであります。

その3億円を返すのには有料橋にする方法がとられ、ここに国内初の有料橋が1954(S29年)に開通したのです。
そして、10年後に無事借金を国に返し終えて、無料開放されて現在に至ります。

ここに、当時の珍しい写真があります。
ちょっと写真が小さいですが、まだ左側に木製の橋が写っています。その右側に現在のトラス橋が
架かっていますが、見て分かるとおり、最初はこの橋が1本だけで片側の1本で両方から渡れたのですね。
その後大阪万博の時にさらに新しい橋が架かったり近畿道が出来たりして今はこの頃の面影はありません。
しかも現在では西行きの2車線になっていますよね!
それにしても開通当時は川向うの摂津市(当時は味生村か?)には何もなかったのですね。
c0145198_17193740.jpg



僕もこの橋は何回渡ったか分かりません。初めて免許を取って買った軽自動車に乗って走った20年前を
今でも昨日のことのように思い出します。

現在は、取り壊しを前に、左側に新しい3車線の橋が架かっています。もう近いうちにこの橋に付け替えられる予定です。
c0145198_17301643.jpg

c0145198_17303022.jpg

c0145198_1731377.jpg


このリベット接合のトラス橋ってなんか温かみがあるんですよね~~!
55年間本当にお疲れ様でした!!


撮影機材
ALL:EOS 5DMarkII + EF 24-70mmF2.8L
by eos1d3 | 2009-09-14 17:38 | EF24-70mmF2.8L | Comments(6)
Commented by SGT-40D at 2009-09-15 00:17
おおっ
ここの橋が新しくなるんですか~
実家にいたころはよく通ることがあったんですが
最近はごぶさたです・・・(^_^:
昔木製の橋が架かってたとはビックリです!!

付け替えで快適になるのはいいんですが
古い橋にもなんか愛着がありますね♪
新しくなる前に一度行ってこようかな・・・
Commented by 新之介 at 2009-09-15 01:01 x
この橋はよく利用してましたが
しばらく通っていない間にこんな事になっていたんですね。
ビックリです。
見納めに行かないと。
Commented by ゼク at 2009-09-15 09:19 x
SGT-40Dさん!この橋、たしか来年には切り替わると思いますよ。
この橋、確かに上で渋滞の時に止まっていると限りなく揺れるんですよね、
やっぱり老朽化が進んでいるんでしょうね。
新しい橋もすでに出来ていて、世代交代の時を待つだけです。
Commented by ゼク at 2009-09-15 09:21 x
新之助さん!この橋って、やっぱり何度も渡っていますよね??
今となっては小さくて心細い橋ですが、当時は凄い大きな橋だったんでしょう。
新橋につながる道も半分くらい出来ていますので、あと1年以内には間違いなく
切り替えられると思います!
Commented by abu at 2009-09-15 17:35 x
リベット打ちで造られているというのも撤去される原因の一つでしょうね。
東京タワーもリベットが多用されていますが、現在ではあれほど上手にリベットを打てる職人さんは存在しないのだそうです。つまり何かあった場合に補修が出来ない。したがって、耐用年数がきたら他の技術で作り変えてしまったほうが安く上がる、という図式のようです。

現在、押上に東京タワーに代わるべく新タワーの建設が始まっていますが、一時は東京タワーを改修するという案もあったものの、リベットの件などを含めてかなりのコストがかかるため、場所を変えて別の作り方をしたほうが手っ取り早いということで、意見がまとまったとのことです。

お城の石垣などもそうらしいですが、昔の人の技術って凄いですよね。
Commented by ゼク at 2009-09-15 17:46 x
abuさん!僕も既に建築をやっているときはリベットはもうなかったです。
橋の下で釜でリベットを焼いてはさみで掴んで上に投げる!上の職人はそれを掴んで
素早く打ち込んで片側を丸める。何しろここまでの作業が一瞬でやらないと鉄が固まってしまいます。
本当に熟練を要した作業だったんですね。高力圧ボルトに変わって誰でも簡単に締め付けられる
ようになったのは科学の進歩だと思います!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード