無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
一枚の写真
c0145198_11171047.jpg

                           「焼き場に立つ少年」(1945年 長崎 撮影 ジョー・オダネル




=============================================
目撃者の眼  報道写真家 ジョー・オダネル

1999年現在76歳になるジョー・オダネル氏は、アメリカ軍の
報道写真家として第2次世界大戦後の日本を撮った。

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺め
ていました。すると白いマスクをかけた男達が目に入りまし
た。男達は60センチ程の深さにえぐった穴のそばで作業をし
ていました。荷車に山積みにした死体を石灰の燃える穴の
中に次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。お
んぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は
当時の日本でよく目にする光景でした。しかし、この少年の
様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼
き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも
裸足です。少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目
を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすり眠
っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひも
を解き始めました。この時私は、背中の幼子が既に死んで
いる事に初めて気付いたのです。男達は幼子の手と足を持
つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえま
した。

まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ちました。真っ赤な
夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を
赤く照らしました。その時です、炎を食い入るように見つめる
少年の唇に血がにじんでいるのに気が付いたのは。少年が
あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、
ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。夕日のような炎が
静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を
去っていきました。(インタビュー・上田勢子)


[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋]

==========================================


写真とは時に残酷である。
それは写真が事実を伝えるものだと誰もが知っているから。
それだけに一枚の写真が持つ力は偉大だ。

偉大な写真には撮影者の魂が宿ると思えてならない、オダネル氏が撮った65年前の
この写真はこれからも未来永劫に色褪せる事無く真実を伝えて行くだろう。
最初にこの写真を見たときは震えが止まらなかった。
一枚の写真が持つ力は偉大である。あらためてそう思う!
by eos1d3 | 2010-11-17 11:27 | 徒然に | Comments(15)
Commented by ゼク at 2010-11-17 16:54 x
さきほどメールフォームで貴重なご意見をいただいた方、本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。   ゼク
Commented by Aero08 at 2010-11-17 21:27
>それだけに一枚の写真が持つ力は偉大だ。
それが写真の魅力かもしれませんね。
1枚から想像する事は、人一人ずつ違うけれども、
今も昔も、本当に良い写真は良い写真ですからね~。決して嘘は写しませんから。

モタスポの写真も、興味が無い人が見ても、
興味をそそる様な写真を撮りたいと思うこの頃です・・。
Commented by MOGU at 2010-11-17 21:56 x
この写真をみた時、赤ん坊があまりもと思いましたが、最後まで読んで解りました。

やはり平和が一番です。
このような悲劇が二度とないように、受け継がれてほしいと思います。
Commented by sky at 2010-11-17 22:31 x
写真を見た瞬間に、亡くなっているような気がしました。
非常に悲しいことです。
二度とこんな光景が撮られることが無いように
切に願います。
Commented by ゼク at 2010-11-17 23:31 x
Aeroさん、写真は真実を伝える貴重な資料ともなります。
この写真も凄い力を放っていますね。

僕も、力のある写真が人生で1枚でも撮れれば嬉しいです!
Commented by ゼク at 2010-11-17 23:33 x
MOGUさん、僕もこの写真を初めて見た時は凍りつきました。
悲しい写真ですが、実に力のある写真です。

現在のデジタル写真とは違って、クリアーさはありません。
でも、凄い力を放っています。写真とは時として凄いパワーを持っています。
Commented by ゼク at 2010-11-17 23:34 x
skyさん、昔から百聞は一見にしかずと言います。
写真は真実を伝えます。やはり写真って凄いですね!
Commented by group_c at 2010-11-18 00:34
こんばんは。
この写真、定かではありませんが
以前にどこかで見たか本で見た事がありました。
その事を忘れていましたが、
ここを見た瞬間パアッと記憶が蘇ってきました。
背負った子が既に亡くなっている事も・・・

なんとも悲しい写真ではありますが
ただ悲しむのではなく、写真に刻み込まれた思いを
ひとそれぞれ考える事が重要なのでは?と思うのです。
もちろんひとりひとり違う考えがあっていいと思います。
Commented by パイロン at 2010-11-18 00:57 x
こんばんは。

言葉では表現できないものを持った写真ですね。
Commented by ゼク at 2010-11-18 01:00 x
group_cさん、その通りですね!
この一枚の写真が伝える真実は見る人にいろんな思いを抱かせます。
戦争の醜さや無力さ、悲惨さをこの一枚の写真は語ってくれます。

たかが写真、されど写真・・・。
それは真実を写した紛れも無い本当のことですので・・・・。
Commented by ゼク at 2010-11-18 01:02 x
パイロンさん、そうです。
この写真には言葉を超えた、凄さがあります。
写真は見る人にいろんな思いを抱かせます。
力のある写真は時として残酷ですが、たった一枚で全てを伝えることが出来ます。
Commented by korosuke at 2010-11-18 16:25 x
初めまして、毎日楽しみに拝見させていただいております。この写真を見ていて、自由と平和という すばらしく人間にとって一番大事なものに どっぷりマヒした日本人に今一度 人間は義務と責任を果たしたものにしか、自由と権利は与えられないと言うことを教えられるように思いました。いつまでもでも今の平和な日本を続かせるためにも....
Commented by ゼク at 2010-11-18 18:25 x
korosukeさん、どうもはじめまして!!
そして書き込みどうもありがとうございます!!
今からわずか、65年前のこととは理解できないほどの写真ですね。
写真って本当に凄いと思います!
Commented by heyden at 2010-11-19 07:27 x
セグさん、初めまして
毎日楽しく拝見させていただいてます。
この画像はトランクの中の日本という本に掲載されている写真ですね
初めて見たときは涙が止まりませんでしたよ
Commented by ゼク at 2010-11-19 11:14 x
heydenさん、こちらこそはじめまして!
そしてカキコミありがとうございます!!
僕も初めて見た時は凍りつきましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード