無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
Lレンズと非Lレンズ
c0145198_21113295.jpg


よく言われるのはLレンズはキレイにうつると言う事である。
Lレンズとはキヤノン純正レンズの中でも最上位に位置する高級レンズのことであります。
レンズ1本で10万円以上するものも多く、このLレンズ持つか持たないかで写真を趣味にしているか
どうかの境界線ともいえなくもない。レンズに赤いラインが入っているのですぐ分かると思います。

さて、標準ズームで名レンズの誉れ高きレンズ「EF24-70mmF2.8L」を気に入ってずっと愛用している。
このレンズは僕はカメラを本格的な趣味にしようと最初に清水の舞台から飛び降りた気分で買った
Lレンズの1つだが、やっぱり買って良かった逸品になっている。

もうひとつはカメラを趣味とする前に記録する装置として、フィルムカメラKiss5のレンズキットとして
付いていた「EF28-90mmF4-5.6」である。もちろんLレンズではなく、どちらかと言えば量産型の
普及レンズと言ってもいい部類にはいるレンズであります。

この2本を比べてみます。
お互いに開放値が違うのでちょっとエコ贔屓になりますが、28-90では有利な70mmを使わせてもらい
24-70ではテレ端で不利となる70mmでそれぞれF5とF11で比べたいと思います。

c0145198_21203351.jpg
c0145198_21204147.jpg


それぞれ、5D2を使い等倍拡大して切り取っています。
やっぱり、Lレンズの方が良いのが分かると思います!さすがにF11まで絞れば差は少ないですが、
それでもコントラストと色ノリが違うのが分かると思います!

Lレンズは大きくて重いですが、趣味でずっと写真を撮るなら絶対損はない逸品だと思いますよ~~!
by eos1d3 | 2011-06-28 21:23 | 機材紹介 | Comments(2)
Commented by MOGU at 2011-07-02 17:29 x
これは凄い比較ですね。

明らかに条件有利でもLレンズ圧勝です。
CanonはLでないというのも解かる気がしますが、お財布に厳しいですね。

Nikonは普及価格からそれなりの良いレンズがあるのがありがたい。
Commented by ゼク at 2011-07-02 18:13 x
MOGUさん、やっぱり解像度もありますが色の乗り具合が違うと思います!
下側のLレンズはやっぱりコントラストも高く、色に締りがありますね!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード