無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、最初は..
by ゼク at 20:14
wataru-wataさ..
by ゼク at 20:11
セグさま コメントにお..
by uemura at 22:04
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:57
You actua..
by Cialis online at 17:55
uemuraさん、お久し..
by ゼク at 18:37
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
ゴルフ会員権 2
さて、下の表を見れば1980年頃は今と同じレベルでバブル期に一気に10倍に跳ね上がり、
また急下落し2006年にやや持ち直しますが、今はさらに悪化して最安値を記録しています。

バブル期はゴルフのプレーよりも投機目的に金額の値上がりだけを願って会員権を買ったものでした。
酷い例では、地方の山間部のゴルフ場で1回も行ったこともないのに会員権を持っていると言った例もあったようです。


2枚目の表は2000年に1040万円だった会員権が今では21万円の値打ちしかないことを意味します。
実際、このゴルフ場は1989年に開場して確か1000万円で募集してすぐにバブルに入り最高で
1億円にまでなったそうです。そうなれば、1000万円で買った人が数年で9000万円儲ける事ができたのです。


しかし、バブルの崩壊後、誰も予想してなかった額面割れの事態に直面してきたのです。
そうなれば、誰も会員権を売ることは考えずにゴルフ経営会社に券を返して1000万円の預託金を
戻してもらおうと考えます。

ゴルフ会社は会員から集めた会員権分(預託金)はいつでもプールしておく必要があったのですが、
まさか額面を割ることはないと考えていたので、そのお金で新しいゴルフ場を作ったりして、
既に返すお金は所有してなかったのです。

こうやって、幾多のゴルフ場が倒産したでしょうか。そして預託金は戻らないまま外資系の会社に
ゴルフ場ごと売られたりしたのです・・・・・。

続く・・・。
c0145198_16355134.jpg
c0145198_1636020.jpg

by eos1d3 | 2012-07-03 16:36 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード