無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 20:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:26
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
餅つき大会規模縮小
c0145198_1958514.jpg


我が町会では例年12月の中旬に餅つき大会が行われる。
今年もきっと行われることだと思うが、規模が縮小らしい。

~らしいと言う事は、断言的な言葉でない。
と言うのは私は昨年度いっぱいで地域の役員を退任したから、会議等には一切出ていないから
実際の決定事項が分からないからである。


それにしても、今までの餅つきは凄かった。
何しろ、町会の全戸にお餅を配布するので180kgという膨大な量を突いていた。
まさに「一石米」である。

町会役員は平均年齢60歳は到達するのではないかと、勘定するにも身震いするような高齢者揃いであり、
41歳を迎える中年のこの私が最年少と言う、現在の日本国を象徴するかのような、超高齢化集団であった。

そんな、集団であるから180kgを突くにも焚き火専門が多く、一向に先に進まない。
12~3個のセイロを代わる代わる蒸して行く様は爽快感を与えるが、実際に突く本人は絶望感さえ感じた。

なんせ、突くのは3人であったので、180kg突くのに朝の6時から14時まで8時間の修羅場を経験
しなければならず、年末にこの体験は真面目で通っている私でさえ、仮病を使って寝込んでしまうのに
十分な程の苦行であった。

結局、全戸配布し、食べに来る子供たち、持って帰る人たちを十分に満足させるには180kgは町会長が
どうしても譲れない数字だったようだ。

私は、毎年の餅つき大会前々週に行われる「参謀会議」で幾度と無く、数量の削減を提案した。
突き手が少なすぎることと、返し手の高齢化、何より8時間にも及ぶ時間が体力と気力を消耗させることが
一番の理由だった。

しかし、その度に「今年だけは全戸配布でやってみような、何とかなるで~、突き手も探してくるさかいに」
と言う町会長の言葉に全員が、かろうじて首を縦に振ったのだった。


さて、冒頭に書いたように今年はどうも、ついに数量を削減し全戸配布とお持ち帰りをなくしたようだ。
私が抜けたからかどうか分からないが、これも高齢化町会の時代の行く末だと感じる。

6年間役員を経験した私が、ただ一つ言いたいことは、
餅つき自体は実に素晴らしい日本の文化で、子供達も本当に楽しそうに突いていると言う事である。
毎年、餅つき大会を楽しみにして、お餅を食べに来る子供達の為に数量は減らしても大会自体は
続けて欲しいと思う。

きっと、我が町会の子供達は、大人達と餅つきをしたことを一生忘れないだろうし、
そうやって、またその子供達が大人になった時に、お餅を突いていて欲しいと思う。
by eos1d3 | 2012-12-04 20:22 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード