無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
2013 大阪国際女子マラソン 撮影後記
今年で4年連続の大阪国際女子マラソン撮影でしたが、今回は長居競技場からコース上で一番遠い
北浜まで行くことに挑戦した。あらかじめ、女子マラソンの公式HPで選手の予想通過時刻を把握しておき
プランを練る。当然、競技場から地下鉄の駅、地下鉄の乗り換え時間、地下鉄を降りてから撮影ポイントを
事前に調査しておき、地下鉄の出口番号も調べておく。

まず、スタートするのが12:10である。選手は2周ほどして競技場を出る。
先頭集団が競技場を出たのが12:12である。それと同時に多くの観客が競技場を出る。
その波に飲まれないように歩いて10分ほどの地下鉄長居駅に走る。
c0145198_1955767.jpg




今度は地下鉄で競技場から一番遠い地点の北浜駅に向う。時間にして約30分である。
この地点の選手通過予想時間は13:10~15である。
無事に12:50に到着し、撮影ポイントとなる場所に移動。
ここで、先頭集団を撮り、すぐにまたトンボ帰りである。
13:25には北浜を出て、長居に戻る。
c0145198_1957332.jpg




長居には13:55頃到着、そのまま競技場に走り、ゴール地点が見渡せる場所に陣取る。
14:10(スタートして2時間)には準備完了。ここで、昼飯に用意していたおにぎりを食べる。
やがて、先頭の選手が戻ってくる。14:33がゴール時間だった。
c0145198_2012720.jpg




僕が、地下鉄で全力で移動しても選手はすぐに僕に追いつくほど速い。
休憩する事無く、移動してちょうどいいくらいである。
選手は本当に速い。そして、一人でこれを撮影するのは本当に孤独な行為である。
地下鉄には超望遠レンズをそのまま担いで乗り、周囲から失笑をかう。

それでも、生身の人間が渾身の力を込めて闘う、競技と言うものは純粋な気持ちで感動をもらえる。
何の偽りも無い、純白のキレイな情景を収めるためにまた来年もきっと行こう。
by eos1d3 | 2013-01-29 20:08 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード