無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
こんばんは。二人歩記を歌..
by ひろみつ at 20:13
ひろみつさん、私もCap..
by ゼク at 22:32
ゼクさん、こんにちは。剛..
by ひろみつ at 15:36
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:16
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
JGTOチャンピオンシップ
c0145198_19523526.jpg



今日は男子ゴルフツアーの2つ目のメジャー、ツアー選手権であります。
ツアー選手権とは、現在の男子ゴルフのツアーはJGTOと呼ばれていてPGAから独立した団体である。
1999年にJGTOが出来るまではツアーはPGA(日本プロゴルフ協会)が行っていた。
だからツアーにはPGAの会員しか出ることが出来ずプロテストに合格する必要があった。

ところがアメリカに習ってプロ協会とツアー部門を分けることを提案した倉本プロ等がJGTOを作り
その出場資格を別に作った。今日ではJGTOのQTを通過すればPGAの会員(プロテスト)でなくても
ツアーに出ることが可能である。

一般的にJGTOツアー選手と言うのは昨年の賞金ランキング70位までと、その年のQTの上位者が
翌年のツアーに出れることになる。

JGTOチャンピオンシップとはそのツアーメンバーのNo.1を決める国内メジャーの1つであり
勝者には5年間のシードが与えられる公式戦なのであります。



さて、また日本に有望な若者が誕生した!
小平智選手でまだ23歳であります。
しかも初優勝がメジャーでその重圧に耐えて立派に優勝した。
勝負の決めては1打のアドバンテージを得た17番の2打目だったと思う。
深いラフに入ったティーショット、そして2打目を大きな池越えを勇気を持って9Iで渾身のショットで勝負した。

池に入れば負けが濃厚となる1打だったが見事にグリーンを捕らえた。



この1勝は重いが、ここからが大変でも或る。5年シードを得てアメリカに行きそのまま終ってしまった選手も
少なからずに見て来た。彼はじっくりJGTOで頑張ってもらいたいものである。
by eos1d3 | 2013-06-23 20:12 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード