無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 20:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:26
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
久々にアプリ購入
iPhoneを使い出して3年以上経ちましたが、最初の頃は有料アプリを結構買いました。
しかし、有料のものでも使っているうちに要らなくなったりで、最近は無料のもので事足りています。

そんな中、久々に500円もするアプリを購入してしまいました。
その名も「Sun Surveyor」と言って、簡単に言えばある場所のある日の太陽の向きが分かるというものです。

c0145198_19113720.jpg



例えば、SUPER GTの最終戦、ツインリンクもてぎでの太陽の向きを知りたいときは、
住所を入れれば、まず地図が出てきます。そして、知りたい日を入力すればその日の
太陽の方向が、地図上に表示されるのです。
c0145198_19133366.jpg


これは最終戦の決勝日の15:00の太陽の位置ですが、細かく場所を指定すると陰の方向も分かります。
これで、逆光になるのか、順光になるのかその場所に行かずして掴み取ることが出来るのです。

こういったアプリは無料版もあるのですがなぜか、場所は設定できても日程は設定できません。
無料版では当日の太陽の向きしか分かりませんが、有料版では日時を指定できるのが大きな違いです。

それと、有料版はカメラに映し出す場所の太陽の場所(位置)を知ることが出来ます。
c0145198_19181046.jpg

試しにやってみましたが、ちょっとずれておりますが、まぁソコソコ合致しております。
この場合はその場所に実際に行ってカメラに写さないと太陽の位置が分かりませんが、
例えば、ここの同じ場所に半年後に来たら太陽の位置はどうだろうか?という感じで使えると思います。


やっぱり、写真を撮るというのは「光」と言うものは最重要要素であります。
その「光」の代表的なものは太陽であります。

太陽は、季節によって時間によって位置が変わるから面白い。
四季折々の風景を相まって太陽の光線具合が変わるから写真はエキサイティングなものになると思う。

そんな、こんなでこのアプリを買ってみました。
果たして、使うことはあるのか・・・・(笑)
by eos1d3 | 2013-08-27 19:23 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード