無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 09:07
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
ドラマの最終回
今クールは毎日何らかのドラマを見ている話は既にしたが、
先週からそろそろ最終回を迎えるドラマも出てきた。
今までの数々のドラマが最終回の出来によって記憶に残るドラマとなるのか
それとも???となるドラマになるのかが分かれる最も大事な回となる。

1時間の中で詰め込みがちにドタバタに過ぎてゆく最終回は残念だし、
そう言うことが無い様に最近は最終章として最終回を2回に分けて放送するドラマも多い。


さて、先週金曜日は「クロコーチ」の最終回だった。
警察の闇の組織である桜吹雪会自体が検挙されるのか?三億円事件が解決するのか?と
期待したが、結局は三億円関連の事件と桜吹雪会自体がやはり闇に封じ込められたという
結末になった。ドラマのテーマである「何が善で何が悪かわからない」というものが、
最終回を経てもなお不透明であったことが残念で仕方がないと感じた。


月曜には「刑事のまなざし」が最終回であった。
このドラマはいつもよくストーリーが練られており感心していた。
最終回も見ごたえがあったが、最後に主人公の夏目刑事の娘を襲撃した犯人が
捕まらなかったことがやや残念であった。しかしこのドラマは今クールのNo.1だと言えるだろう。


火曜日は「陰陽屋へようこそ」が最終回だった。
もうこれは謎の美少女の三井さんがどんだけの美少女なのか?それだけが
楽しみのドラマになってしまっていた。それが分かっただけで最高だった。
そして予想に反しない美少女だったので安心した。


今後は、「ドクターX」、「ミス・パイロット」の最終回を楽しみに待とうとしよう。
by eos1d3 | 2013-12-18 18:59 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード