無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
D28
c0145198_20222242.jpg




MARTIN D28(1967)

この年代のMARTINはローズ系はブラジル産を使用している。いわゆるハカランダである。
このギターを購入したのは2007年だったか、どうしてもハカランダの時代のD28が欲しかったのである。

MARTIN社では1969年まではブラジル産のローズウッド(ハカランダ)、
1970年以降はインド産のローズウッドが使われている。

このギターはインドローズと間違えるような完全な柾目のブラジリアンローズが使われている。
c0145198_20261924.jpg


現在は1969年までのD28はそれ以降のものとは一線を置かれていて高値で取引されている。


何しろこのD28こそフォークギターのスタンダードといわれていて日本のギターメーカーも
~~28と銘打った機種をたくさんでしているほどだ。

さて、私は最大で12台のギターを持っていたがそれぞれのサドルやブリッジピンを保存している。
c0145198_20301468.jpg
c0145198_2030291.jpg


一時はギターを買うとすぐにオリジナルサドルとピンは外して象牙で特注した。
音の違いはほとんど分からないがやっぱり拘りである。

とはいいながら使っている弦はエリクサーのエキストラライトである(笑)
c0145198_20315373.jpg


この弦を半音下げてチューニングしているから、私は弱っちい男であることは否めない(笑)
by eos1d3 | 2014-03-16 20:33 | RICOH GR | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード