無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
Martin Guitar
c0145198_18115629.jpg





先月44歳になった誕生日にと自分で自分にプレゼントしようとギターを見に行った。
私は1971年製の44年物なので、同じく探しているのはギターの1971年製である。

ところでご存知の方もいると思うが世界でも最も著明なギターメーカーであるMartinでは
この1971年というのは色々と変貌の時期にあたるのである。
1833年からギターを作り始め1969年をもってギターの重要な部材であるサイドとバックに
使うローズウッド(紫檀)がブラジル産からインド産に変わった年である。

なのでローズウッドを使う2系と3系と4系はこの1969年か1970年かで大きく価格が異なっており
取引の金額が違うのであります。しかし私の1971年では既にインド産のローズウッドに変わって
2年目なのでそこそこの金額に落ち着いているのですが、それでも44年前の製品と言う事もあり
なかなかいい状態で残っているものが少なく、いいものは見つけにくい状況がこれからも
続くと予想されるのです。



さて、どんな感じで金額が違うかと言うと、

        ~1969       1970~
D28     70万円        30万円
D35     65万円        35万円
D41    200万円        45万円
D45  600~2000万円    200万円

とこんな感じであります。

とりわけD41は1969年からのモデルなので1969年製は数十本しかなく見つけたらすぐにでも
手を打たないと二度とめぐり合わないモデルになります。
私の探しているのはD41の1971年で状態が悪いと35万くらいで状態がいいと50万くらいだと思います。

D45は1933年から1942年くらいまで造っていたのが全部で91本。
残っていれば状態が悪くても1000万は下らんでしょう。そして1968年からまたカタログモデルとして
再生産されたのですが1968-69は600万円くらいで1970年は180万円くらいで取引されています。

それにしてもなかなかこの1971年のD41が見つからない!!
自分が見に行ける範囲でしか購入できないので(やはり状態を見てから出ないと買うのは怖い)
毎日ギターサイトを見ていても年間に数本出るか出ないかです。


ギターばかり買っても仕方ないですが、やはり生ギターは面白いですね!
by eos1d3 | 2015-02-08 18:30 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード