無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 20:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:26
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
2015 夏ドラマ4 最終回特集2
ドラマが最終回を迎えている。

デスノートは過去のドラマや映画は全く見たことが無く、原作も知らないままに最後まで見たが、
窪田君の鬼気迫る演技力は、過去にあった刑事のまなざしで熟知していたのであるが、
よだれを垂らしながらの熱演には少々恐怖も感じるほどであった。
結局この話は、悪いヤツは死ななきゃ治らない、死刑だ!というハンムラビ法典の
眼には眼を歯には歯を理想とするのか、罪を憎んで人を憎まずとして、教育を繰り返し、
人間形成を進め、もう一度社会奉仕に戻らせるのかを問うものなのかと感じた。

c0145198_18554194.jpg



リスクの神様は、最終回かなり走りすぎて白川専務が違反行為をしている件が非常に
分かりにくかった。内容は悪そうに見えた人が悪くなく、よさそうに見えた人が悪かったという
典型的な筋書きであったが、どう考えても1話少ないような最終回であった。
そして堤のオヤジは実際は病気だったのかフリをしていたのか?それも分かりにくい。
病気でないのであれば、自ら30年前の事件を発する力もあるのだから、
息子に「それでいい」と締めないで、一緒にやればいいと思った。


探偵の探偵は、麦ちゃんが死神であることは間違いない内容であるが、前半でその話は
きっぱりと終ってしまい、あれほどに死神を追いかけていたのに「それだけかいな!!」と
TVに向って言ってしまった人も多かったと思う。妹のサクラを死に追いやった張本人なのに
もっと、つもり積もった話はなかったのか!!
警察も、あれだけ不可解なことがあったのに麦ちゃんが腹から血を流して階段から落ちてるのに
事件化せずにそれで終わりなんてありえるだろうか??
ここまで引っ張ってきたドラマであるが、死神への憎しみは消えたのか、最後のシーンで
「探偵の探偵だから」と探偵の不法行為を許さないはまるでモモレンジャーが
「行くわよ、いいわね??」とハート型のイヤリング爆弾を投げるかのようなエンディングであった。
by eos1d3 | 2015-09-18 19:05 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード