無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
こんばんは。二人歩記を歌..
by ひろみつ at 20:13
ひろみつさん、私もCap..
by ゼク at 22:32
ゼクさん、こんにちは。剛..
by ひろみつ at 15:36
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:16
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
薬師寺へ
c0145198_1822664.jpg




今日は19歳のときから25年ぶりに薬師寺に行ってきました。
薬師寺はわが家から1時間もかからない奈良の中心部にあるのになかなか行く機会がありませんでした。
それもこれも、先日行った平山郁夫展のおかげでございます。

その25年前に祖母の弟が薬師寺に奉公しているというので法事で薬師寺にきた。
その時に高田好胤管主に今、玄奘三蔵の伽藍を作っていてそこに平山画伯の絵を飾るんや、
21世紀になる2000年12月31日に最後の筆入れをして出来上がるんですという説明を聞いた。


c0145198_1874096.jpg
c0145198_1874698.jpg
c0145198_1875629.jpg



そんなご縁で私は平山郁夫先生の絵を知ることになったのだった。
そして既にその玄奘三蔵院伽藍が出来て久しくなり、ここに平山先生が描いた大きな壁画がある
ことを思い出し、ようやく25年を経て再びここにやってきたのだった。


c0145198_181224.jpg



私も建築学科の学生であったので、薬師寺の西塔と東塔と金堂には裳階(もこし)と呼ばれる
意匠の層があることを知っていた。なので6重の塔に見えるが構造上は3重の塔である。
それと遥か彼方の白鳳時代に建てられて現存する東塔以外は戦火等で既になくなっていて
高田好胤先生の写経による復興事業の末にようやく再建されたものだと知っていた。

その1000年以上に渡りずっと今も残っている国宝の東塔は現在改修中で見れなかった。

c0145198_1821065.jpg



残念ながら各建物の中と平山先生の絵は撮影できないが、それでも多くのありがたい国宝を
見ることが出来る。金堂の中にある国宝の薬師三尊像は西暦697年と言う途方も無い昔に作られた
銅製の像でありながら、昨日作ったかのような美しさがあった。
戦国時代に金堂が焼けたときも融けずに残り、雨ざらしのまま70年そのままになりながらも
仮設のお堂を作って厚く保護された。現在の金堂も高田好胤管主たちの写経勧進により
再建されたものである。仏さんもたいそう喜んでいるに違いない!!

こういった寺院建築が残っていくのはまず平和でなければならない。
平和が長く続き、我々の大事な宝をずっと思って行きたいとここを訪れた人たちはそう考えている!
by eos1d3 | 2015-11-22 18:28 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード