無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:22
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 09:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 09:28
Energy Slim ..
by GregoryDax at 02:57
wataru-wataさ..
by ゼク at 13:26
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
Martin o-18(1949)
このギター1949年製のMartin O-18というモデルであります。
今年でもう66歳になってます!どえらいです!!

みなさんが良く見るギターの形とは違うと思います。
一般的にギターと言うのはタイプが分かれていて、D,OM,OOO,OO,Oという順番で小さくなっていきます。
Dはドレッドノートと言い普通の形のギターです!
僕のこのギターはO(シングルオー)といい、一番小さいタイプになるのです!
c0145198_195481.jpg


もちろんボディーが小さくなるに従って音量は小さくなります!
しかし66年も使われているとギター全体が乾燥しきって実に素晴らしい音がなるのです!

このギター、数年前に超有名なルシアーさんに全面リフレッシュしてもらいました。
ネックリセット、フレット全交換、ほかナットサドル作成&調整
今でも絶好調で12Fの弦高が2.0mmを保ち、季節によって木の動きがすくないです。

糸巻きもオリジナルです!ようするに60年経ってます!
この糸巻きですが、微調整は難しいような形状ですが、以外によく合います。
c0145198_1955459.jpg




Martinと言うのは憧れのギターです!そしてこの小さなギターはこれからもずっと弾き続けるでしょう!
c0145198_2011590.jpg



このギター、ストロークで弾くには音量不足かもしれませんが、ちょっと爪弾くには
最高にいい音が出ます。決して手放さないギターと思っています。
c0145198_2022864.jpg



撮影機材
ALL Photo:EOS 5DMarkIII+ EF24-70mmF2.8L
by eos1d3 | 2016-01-13 18:47 | 徒然に | Comments(2)
Commented by 丸に橘 at 2016-01-14 06:59 x
きれいなギターですねえ。と同時に、ゼクさんの写真の撮り方の素晴らしさ。すばらしいカメラと腕前をお持ちで。。。
1949ですか。まだ戦争が終わったばかりの頃のものが、よくぞ日本にあったものです。それこそが驚きです。
私もいずれはそういうのを持ちたいですね。
Commented by ゼク at 2016-01-14 10:49 x
丸に橘さん、どうもありがとうございます。
写真は出来るだけきれいに撮ろうと一眼レフで撮ったりします。

18系はマホガニーなのでまだまだそんなに高騰していません。
特にシングルオーは狙い目かもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード