無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
ギターのチューニング
c0145198_18311645.jpg




ギターを演奏するにはまずチューニングしなければなりません。そして正しいチューニングを
するには5弦の開放音を110Hzに合わせる必要があるのです。
音叉には大抵440Hzと書いてありますが、それは5弦の5フレのハーモニクスの音です。


私はこの音叉を使うのが生ギターを愛するものの勤めだ!と信じて疑わず、実に10年以上は
音叉のみでチューニングしてきたのであった。

すると、どこからかそんな古臭いもんで音合わせてるんか??と文句が出てきます。
c0145198_18372940.jpg



そこで、チューニングメーターを買うに至ります。
これはエレキもOKなのでピンプラグをさすところがあります。
まぁ、マイクも付いているのでそのまま開放弦を弾けば液晶のメーターが上がり音が合います。

このメーターのいいところは6つの弦をバラバラにチューニングできることから平均的にうまく
合っている状態に出来るのです。


音叉であわせれば、合っているのは5弦だけなので、あとは自力で合わせて行かなければなりません。
このあたりの平均的全体的な音の出来はメーターの方が上だと感じております。


そして、ついに・・・・・。
c0145198_18415045.jpg


時代はクリップ式チューニングメーターへ!(ってもう何年も前からありまんで~~)

ギターのヘッドに挟むと音を拾ってメーターが動きます。
このメーターの優秀なのは、半音落としのチューニングにも完璧にあわせてくれることです。

右上にFLAT1と書いているのがそうです。

ミュージシャンの方も結構いますが、半音落として1カポでレヒュラーになるようにチューニング
している場合があります。まず1つ単純にキーを落とせることと、もう一つは1カポのほうが
弾きやすいかだと2つあると思われます。

私はギターに負担を少しでもかけたくないのでもう何年も前からそうしています。

まぁ、それにしても2500円ほどのこのクリップ式メーター、本当に優秀です。
これだったら、もう一個買おうかな~~。
by eos1d3 | 2016-02-21 18:50 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード