無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
2016 春ドラマ 2
c0145198_1834989.jpg




最終回を迎えたドラマもあるが、ほとんどは佳境を迎えている今クールである。

月曜日のラブソングは視聴率は低いが私としてはそこそこ面白い。
実際の作曲者としての福山氏がドラマの中でも実際に作曲しておりうまく出来ている。
実際に親子ほどの年齢差の2人が恋愛関係になるか?と評判悪いが、
そんなもんほっといたれ!!

火曜日の重版出来は今クールでは1番の出来だろう。まず、大きな悪者が存在せず、
編集者と作家の人間模様をメインに描かれており、温かみのある内容である。
特に主役の黒木さんの役作りとその演じ方に好感が持て見ていて全く嫌味がない。
天皇の料理番で見せた昭和の女房という感じも好演しており、女優として素晴らしいと思う。

水曜日は世界一難しい恋はいけませんね。
内容がもうめちゃくちゃ過ぎて、大人の見るドラマではありません。
嵐ファンの大野君ファンのためのドラマであります。

木曜日はここにはないが捜査一課長を見ている。
毎回劇中に2~3回ほど「被害者の無念を晴らし、必ずホシをあげる!!」というセリフが心強い。
ただ、1時間の中に盛りだくさんのコネクリを入れるので、実際の犯人が超脇役ということが多く、
「そりゃないだろう」といつも思ってしまう。きっと作家がへんこものなのだろう。

グットパートナーは視聴率こそ10%前後であるが、夫婦の弁護士と同時進行の内容だ。
ストーリー自体は普通であるが、夫婦の2人が何を理解しどう仲直りするのかが今後の焦点だ。

金曜日はドクター調査官を見ていたが、これもいけません。
まず主人公が最後に言う「命にうそをつくな」で全てが解決してしまう有様には興ざめの連続である。
最終回の津川雅彦のいきりにもこのセリフで残り1分をねじ込んで無理やり終わらす強引さには参った。
マネにみる凡作であろう。


土曜日の火の粉は途中からなんかおかしくなったぞ!!
最終的に、ユースケが本当に殺したのかどうかが分からなくて、決定打に欠ける内容だった。
最後に青酸カリ入りのバームクーヘンを誰がどう食べるか?が焦点となったが、思ったとおりの
結末に???となった。弁護士や蕎麦屋のだんなさんも本当に死んでいるのか?
ちょっとその辺りの表現が不親切であった。


日曜日の99.9%は、ようやく動き出した感があるが、視聴率の割にはそれほどストーリー性がない。
今後最終回の向けて楽しみにしておこう!
by eos1d3 | 2016-06-04 18:51 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード