無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
記事ランキング
ブログジャンル
龍谷山 本願寺 御影堂
本願寺の御影堂(ごえいどう)は441枚の畳が敷かれて、同時に1200名もの参拝が
可能ということです。227本の柱が115000枚の瓦を支える世界最大級の木造建築です。

c0145198_17565432.jpg
c0145198_1757668.jpg
c0145198_17573239.jpg
c0145198_17574790.jpg



言ってみれば本願寺派のお仏壇の中に入ったのと同じです。
本願寺派のお仏壇はこの本山の御影堂のミニュチュアです。
ですので本式では本願寺でお札をもらって仏壇の中に張ります。
ここで供養してもらえると言うことは、実は尊いことだと思います。

本願寺派この中に誰でも何時間でも入ることを許しています。
日本人であれば本当に落ち着ける空間ではないでしょうか。
仏壇の中に入っていると同じで、ご先祖様と対話することが出来そうです。

c0145198_181512.jpg
c0145198_182580.jpg


隣にある同じく国宝の阿弥陀堂とは渡り廊下でつながっています。

宗教というものは大事な人を亡くした時、大きな壁にぶつかったとき等に我々を救ってくれます。
夢と希望に満ち溢れた若者には、熱心に・・・とは難しいことです。

何もない時にここに来ても何も感じないでしょうが、大事な人を失った時にここに来れば
きっとあなたを救ってくれると思います。
本願寺とはそんなところだと思います。
by eos1d3 | 2016-09-05 18:05 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード