無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
こんばんは。二人歩記を歌..
by ひろみつ at 20:13
ひろみつさん、私もCap..
by ゼク at 22:32
ゼクさん、こんにちは。剛..
by ひろみつ at 15:36
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:16
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
母のステント手術
c0145198_208424.jpg



今日は母のカテーテルによるステント手術が行われた。
前回書いたようにバイパス手術はする必要がないという事だったのでした。

心臓には大きな動脈が3本流れています。
右側に1本と左側に2本です。
特に右側の冠動脈は重要らしく、ここが完全に詰まると虚血性の急性心不全となり
ほぼ即死ということです。そして、左の2本も重要で父はこの3本全部にステントを入れました。

母の方は左側は狭窄しているものの、血流はそれほど落ちていなくてここにステントを入れても
それほどの効果がないという事であった。

今日は右冠動脈のステント手術ですが、狭窄部分が2か所あり約2時間かかりました。
それでも、十分にバルーンで膨らませてステントを入れたので造影剤を入れての撮影では
狭窄部分が見えないほどに広がっていました。

これで、今年は様子見で、来年は心臓の静脈部分の心房細動についての治療が始まります。
これもカテーテルによって患部を低温やけどさせて心臓の余計な震えを(微細動)を
制御するそうです。この手術は4泊5日で予定されています。
上手くいけばいいのですが・・・。
by eos1d3 | 2017-12-08 20:17 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード