無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
さらば!! 大阪工業大学 4号館 (建築学科校舎)
c0145198_18185619.jpg

c0145198_1819927.jpg



母校の同窓会事務局にメールアドレスを登録しているので今回の4号館の解体の事は
知ることが出来ました。実際にここに戻ってくるのは平成6年に卒業してから24年ぶりです。
おそらく、クラブやサークルに入っていない人は大学への愛着は少ないと思いますが、
私も例外に漏れずその一人でした。

私の場合は家から自転車で15分ほどの距離で何度も近くを通っているので、
おそらく行く事がなかったんだと思います!遠くに住んでる人はきっと何度か来ているかも
しれませんね。

まず、この24年で大きく変わったのが、レンガタイルの茶色に統一している事です。
平成2年入学の私は、ちょうど6号館(一番高い建物)の建て替えのど真ん中でした。
1年の前期までが旧6号館(1階が食堂でした)、その後は大成建設が新6号館を
建てる間、なくなった食堂はキャンパスのわずかのスペースにプレハブとして建てられた
仮の食堂でした。
6号館は今でも白いタイルですが、メモリアルゲートなる物が出来た時にそれが初のレンガ
色の校舎になりました。初代校長が大阪中央公会堂の設計者ということで、そこから
大阪工大の建物は建て替わるたびにレンガ色になっているのです。

さて、真面目に大学に行っていた卒業生方は緑のスペースに何もないことに気付くでしょう!
そうです、ここにはかつて3号館と呼ばれて応用化学学科があったのでした。
比較的大教室が多かった3号館は一般教養の授業がたくさん開講していました。
その3号館も既にありませんし、レンガ色の新しい校舎になる前にそこにあった、
2号館(旧短大)も1号館もすでにありません。

c0145198_18294124.jpg

c0145198_18295085.jpg

c0145198_18295764.jpg


4号館は建築学科と土木学科の共同の校舎でした。正面から見て右側が建築学科です。
懐かしいですね~~。工大の建築学科の卒業生は見ればわかるでしょう!!
ほんと今見ても、建築学科の校舎の割にな~~んも面白くない設計です。

c0145198_1832876.jpg


ちなみに古い卒業生は知っていると思いますが、校舎の前のこの敷石は、大阪市電の
敷石を移設したモノであります。工大の真ん前にある阪神高速守口線が出来る前は、
その場所に川が流れて、さらに地下鉄谷町線が出来る前は市電が走っていたのです。

c0145198_18343076.jpg

c0145198_18343913.jpg


4号館は完璧な中ローカの意匠です。なので、蛍光灯が常に点いていました。
階段は少しでも採光を取り入れようとしたのか、吹き抜けになっています。
今、思い出しました。そういえば階段は吹き抜けでした。

c0145198_1836312.jpg


5階には設計教室があります。かつては製図版が全員分並んでおり、そこに学生が
座ってT定規と三角定規で設計図面を書いていました。今は何も置かれておりません。
ここで仲間と製図を書いたりエスキースをチェックしてもらったり、
設計課題を提出したものこの教室でした。

c0145198_18381782.jpg

完全に忘れていましたが、6階には大教室が2つありました。
463とか462と呼ばれてます。ここで、竹内先生の授業を大勢の建築学科の学生と
聴いた記憶があります。

c0145198_18392982.jpg


同じく6階には絵画演習でヌードを書いた、決して忘れることが出来ない教室がありました。
c0145198_1840663.jpg


きっと、この中に私が書いた石膏モデルがあると思います!

c0145198_18403331.jpg


この場所に着いて24年前の記憶が蘇りました。
そうです、この壁にヌードのモデルが立って、学生が扇形に取り囲んでデッサンしました。
みなさん、思い出してください!!

c0145198_18414811.jpg


最後に1階の材料学に教室と実験室があって、今回中には入れませんでしたが、
外に繋がっていて、粗骨材、細骨材、セメントがきっとこの中にあったと思います。
水中養生したコンクリートのテストピースを週ごとに圧縮破断させて強度のチェックを
しました。私は材料学の方に行きたかったのですが、ミスってしまいました。



私がいた平成2年から平成6年はバブルからバブル崩壊と凄い時代でした。
入った時には景気のいい話がありましたが、卒業してからはずっと今まで建築不況です。

教わった先生は、
計画系
 光崎先生、篠塚先生、増田先生、
構造系
 大場先生、西村先生(現学長)、鈴木先生、堀家先生、竹内先生、福島先生
材料系
 松原先生、二村先生

今はこれくらいしか思い出せません。
特に福島先生は私達が最後の教え子で、最後の授業を受けました。

結局私は、卒業後大手ゼネコンに入りましたが、ギブアップして地元の小さな
建築会社に入りなおし、5年間ほど勤めた後に、家業を手伝って今に至ります。
ずっと、ゼネコンにいたらどうなっているだろうか?他の設計士になっていたら
どうなっていただろうか?時間が戻せるならば、平成2年に戻ってもう一回
やってみたいようにも思えます。

そう考えると、ここは建築を学んだ原点なのかもしれません。
建築は今でも大好きで、建築を学んで良かったと思っています。
そんな、私の原点の最後の姿を残せて良かったと思いました。
by eos1d3 | 2018-03-03 18:54 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード