無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 20:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:26
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
お盆の中日
c0145198_19085339.jpeg
家の会社は8月11日~15日までがお盆休み。今日はちょうど中日である。
子供たちが大きくなってからは家族4人でお盆休みを過ごすことはほとんどない、
娘はバイト仲間と日本海へキャンプに、息子は高校の同級生と東京へ行ってしまった。
夫婦2人で私の大好物の小豆の氷を食べに行き、その後食料品を買いに行くと言う
至って通常の休みの行動をしたに過ぎなかった。

元々、私たち夫婦の実家は100mほどしか離れていないので帰省すると言う行為がない。
私が子供の頃は父の故郷の高松に必ず帰省していた。
あの頃まだ、明石大橋も瀬戸大橋も鳴門の橋もないころだった。
淡路島経由のフェリーで四国上陸か、岡山の宇高国道フェリーで四国上陸か、はたまた神戸の
青木港から4時間フェリーに乗るか、3択であった。
昔は帰省が凄い人で、フェリー待ちも3~4時間はざらだった。
スマホも携帯も何もない時代、ただただ待つだけの時代。

でも、なぜか35年以上前のそんな頃が非常に懐かしい。
行きも帰りも同じ目的の帰省に人たちにまみれながら、身動きすら出来ない
フェリーで雑魚寝しても、誰も文句ひとつ言わない暖かい時代。

もうあんな昭和のような時代は決して訪れないと、やや懐古する日々であった。




by eos1d3 | 2018-08-13 19:18 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード