無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、お久しぶり..
by ゼク at 00:10
楽しまれてますね~。SF..
by パイロン at 22:40
Hello. And B..
by RodrigocooFf at 04:21
ジュニアユースさん、本当..
by ゼク at 18:54
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:35
wataruwataさん..
by ゼク at 20:32
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
CooperSは全然違う
c0145198_19230898.jpg

私は新車のローバーミニに乗っていた。
それも1992年にキャブからインジェクションになった1発目のミニクーパー1.3iというモデルだ。
今後はインジェクションになって、さらに地球にやさしいミニになると言う触れ込みで、キャブの
クーパーの残りを買いに行ったつもりがインジェクションの最初のモデルを買う事になった。

クーラー付のインジェクションなので基本的に中身はかなりの進化です。
キャブ調整もないしサーモ取り換えも何もありません。
エンジンも結構静かでした。

それが、今回のは何せ本物のクーパーSです。
レースするためにBMCのワークスとしてレースに出場するために作った車です。
ショップのオーナーも「これは普通のと全然ちゃうで~」との話でしたが、

もう納車の後に乗って帰るだけで「ほんま、全然ちゃうわ~」と思っていました。
納車後4か月経って、今思う事は、乗れば乗るほど全然違うという事です。
1.3iのエンジンはそもそもローバーメトロの1271ccの61psエンジンで特にチューニングされていません。
なので、1.3iクーパーは名前だけのクーパーで通常のノーマル1.3iも同じエンジンでした。
というか、1271ccのエンジン1種類で販売されていたのです。

ジュンクーパーチューンもSのエンジンは1275ccの76PSです。
元々のエンジンの設計も何もかもが違うので走りも違うのは当たり前です。
エンジンをかけて、アクセルを踏んだ瞬間から全然違います。
人生の間でこの経験が出来たことは最高の幸せだと思う瞬間です。

他人から見たらたかが小さな古ぼけた車です。
しかしファンにとってはそこには大きな大きなロマンがあるのです。




by eos1d3 | 2018-10-06 19:46 | 徒然に | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード