無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
1940's Smiths Pocket Watch
c0145198_18220857.jpg
ついにここまでやってきた。
Smithsの懐中時計を買って2つ連続不良品、そして3個目でなんとか成功。
Smithsの懐中時計でも通常手に入るのはEMPIREモデルといって、昔のブリキで
出来た目覚まし時計と同じ構造のものらしい。
ようするに、オーバーホールせずに使いすてにするタイプの若者用のである。
MINIのショップでもよく見かけるが、中には1日も動かずに止まるものも多い。
そこで、時計店に持って行くとまず部品がないから修理できないというのと
この時計が修理するように作ってないというのだ。
私も、このEMPIREモデルの修理に出すと部品を入れて4万円と言われた。
7千円の時計に修理が4万円、そういう理由で故障品だけが残るのである。

上の写真の時計はSmithsのdeluxeと言われる15石のムーブメントを使った時計であり
当時の高品質の時計である。石が使われているので修理しやすく、オーバーホールしながら
代々使われてきたと予想される。

c0145198_18221859.jpg
竜頭の部分もEMPIREモデルと全然違って美しい。
c0145198_18223083.jpg
c0145198_18223646.jpg
手前がこの15石の珍しいSmithsの懐中時計で、奥の2つがEMPIREモデルで普通に手に入るものである。
ちなみに重さは15石の方が92gで置くのが62gと1.5倍の中身である。
この懐中時計をもって、もう買うのを止めようと決める!!
何個も何個も懐中時計を集めるつもりなかったのに~~~。




by eos1d3 | 2018-12-06 18:32 | 機材紹介 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード