無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
SLIK SBH-320(自由雲台)
先日、大型の三脚を購入したがそれには3ウェイ雲台としてSH908を付けている。
三脚は同じくSLIKのカーボンマスター914PROⅡで耐10Kgで1D3+ゴーヨン用の
三脚です。

しかし、普段の70-200mmF2.8LISやサンヨンでは雲台も大きすぎて三脚+雲台でも
相当の加重になる。

そこでこれまたSLIKの評判のいい自由雲台で「高精度機械加工」のSBH-320を購入した。
この自由雲台自体も耐7Kgで1D3とサンヨンでも5Kg行かないので十分です。

この雲台確かに非常に出来がいい!
c0145198_15324686.jpg




この雲台は三脚との取り付けネジもカメラとの取り付けネジもアダプターがあって
小ネジ・大ネジどちらでも対応している(カメラ用アダプターは別売り)
c0145198_15354079.jpg

c0145198_1536345.jpg


そして1D3+EF70-200mmF2.8LISとの写真がこれです。
c0145198_15381156.jpg



ちなみに1D3+EF24-70mmF2.8L(カメラに直接とりつけ)はこんな感じ
c0145198_15402619.jpg



三脚本体と自由雲台との接合部もサイズがバッチリで違和感がありません。
c0145198_15414966.jpg


そして全体図はこんな感じ!
c0145198_15432982.jpg



ちなみに一脚はマンフロットの681Bを使っているがこれは耐12Kg。
この雲台は耐7Kg。しかしおそらく一脚に雲台は付ける予定はないがもし付ければ
こんな感じになります。これもサイズがバッチリで一体感があります。
マンフロット681Bのカメラ取り付けネジは元々大ネジですが押さえつければ中から
小ネジが出てきます。出来る限りオオネジで取り付けた方がいいだろう。
c0145198_15474638.jpg

c0145198_15482589.jpg




しかし、681Bに自由雲台をつけてそれこそ固定を開放して撮ろうとしても、なかなか
難しい。固定して使う分には問題がないが緩めて使う場合は練習が必要となるだろう!
一脚にゴーヨンを直接付ける場合は流し撮りはやややりにくい。真横に流すのならいいが
斜めに流すのは固定部が邪魔をする。やはり何事も練習だろうか!
by eos1d3 | 2007-12-17 15:42 | 機材紹介