無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
こんばんは。二人歩記を歌..
by ひろみつ at 20:13
ひろみつさん、私もCap..
by ゼク at 22:32
ゼクさん、こんにちは。剛..
by ひろみつ at 15:36
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:16
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
2回目のカワセミ撮影
2週間前にカワセミ初撮影に行きましたが、今回またまたゴーヨン+1D3でカワセミ撮ってきました。
来週の鈴鹿の予行演習も含めて駐車場から500mくらいの道のりを、まず
1、 車の中で1D3にゴーヨンをつけて一脚にセット
2、 三脚+カメラバックを担ぐ

結局、一脚にゴーヨンをつけて三脚とカメラバックだけで行きました。

鈴鹿では三脚がいらないので、もっと楽と思いますが他のレンズ等もいるのでどうなるでしょうか!!

さて、今回は前回の一脚と違い三脚+自由雲台での勝負です。
家で練習してから行きました。ホバーリングと水中獲物捕獲図の撮影です。

結果的に500mm+1.4×で700mmですが遠い方が狙いやすいですが小さく写ります。
そしてカワセミに寄ると大きく撮れますが今度はファインダーに入れるだけでも難しいです。
みなさんBLOGで簡単に画面一杯撮っているようにみえますが、かなりの腕が必要です。
なにしろどこに飛び込むか分かりません。といいながらファインダー越しに追うのは本当に
難しいです。手持ちのサンヨンの方がいいかもしれません。
今回の普通の自由雲台では限界があります。やはりビデオ雲台?のようなものが必要だと
つくづく思いました。う~~ん、これは難しい、カワセミ君はサービス旺盛に何回も飛び込んで
くれましたが私がいけないのです・・・・・・。


今回初めて背中から撮れました。
碧い美しい羽です。おそらくこの美しさにみなさん虜になっているんでしょうね。
c0145198_18582822.jpg



これはトリミングしていますがなんとかピンボケながら捕らえました。
c0145198_18595160.jpg



おそらく5秒くらい止まっていました!すごい!距離は40mくらいでしょうか。
c0145198_1904795.jpg



本当に背中からみると美しいですね!
c0145198_1914369.jpg




これは珍しいでしょうか??水中から出てくると魚を2匹くわえていました。
こいつは漁が上手ですねぇ~~~
c0145198_1933185.jpg




よし!!次の3回目はもっとバッチシ頑張るぞ!!
by eos1d3 | 2008-02-24 19:04 | EF500mmF4LIS | Comments(12)
Commented by wisteria_apr at 2008-02-24 19:42
ホバリングまでしてくれるとは、サービス精神旺盛なカワセミですね^^
何度か行くポイントはホバリングしているのを見た事ないです・・・。

鳥に比べると、本当に鉄道は楽だなぁと常々思いますよ。
Commented by ゼク at 2008-02-24 20:38 x
僕も今回、ホバリングを撮ってみて、こんなに難しいとは思いませんでした。SUPER GTでもある程度動きが予測できますので対応することが出来ますしモノが大きいので枚数撮ればHITもありますが、このカワセミだけは動きが全く読めません。飛び上がったと思ったら異次元の方角に飛び込みます。この間、1秒くらいです。ファインダー越しに見ていると飛び上がったことも分からないときがあります。そして水中に潜った瞬間にレンズを見てるともう既に魚を獲って木に留まっているんです。
偶然に撮れたものは飛び込み地点を予測して待っていたために撮れました。なにしろ30mくらい離れていてスズメほどの大きさを狙うのですから難しいに決まってますね!
Commented by take_c at 2008-02-24 21:10 x
うわぁ、いいなぁ。カワセミ!
なんかもう表情もきちんと撮れてますし、、すっかりコツをつかんじゃったみたいですね。
自分はまだ2度目のカワセミ撮影機会に恵まれていません。何度か出会ってはいるのですけれども、カメラを構える前に逃げられちゃうんです。;_;
「縄張り」らしき枝とか岩は何箇所か確認しているので、風邪が治ったらリベンジの予定・・・
Commented by tks_naka at 2008-02-24 21:21 x
2回目にして飛び物を撮影されましたか。
私はカワセミの飛び物を成功したことがありません・・・。orz
やっぱりカワセミにはゴーヨンなのかな。
Commented by ゼク at 2008-02-24 21:52 x
take_c さん、今回2回目にして何とかホバリングを奇跡的に撮れました。それも今日は5時間同じ場所にいたんですがだいたい同じ場所に現れ何回も飛んだり飛び込んだりしてくれました。
しかし、不規則に飛ぶカワセミを捕らえるのがこんなに難しいとはおもいませんでした。雲台もマンフロット503や516といったようなビデオ雲台がいいみたいです。それと集中力です!場合によっては5分も木に留まって飛び込まないときもありますので忍耐も必要です。
take_c さんも必ずやホボリング成功して下さい。
Commented by ゼク at 2008-02-24 21:55 x
tks_nakaさん、飛んでいるところは本当に難しかったです。
5時間もいて、しかもチャンスだらけで撮れたのは数カットだけです。
それと留まり物にはロクヨンがいいかもしれませんが、トビモノには
ゴーヨンがいいかもしれません。なにしろ振り回さないといけませんから。
写りは1.4×を噛ましてもバッチリですよ!
Commented by wisteria_apr at 2008-02-24 23:31
こんばんは、マンフロット503の件でコメントを頂くとは・・・^^;
ゴーヨン+20D+縦位置グリップでなら余裕で使えました。恐らく重量的にも
差は余り無いので、Mark3とゴーヨン+テレコンでも大丈夫だと思います。

ただカワセミのトビモノを追うような動きには使った事が無いので、確実に
大丈夫とは言えません(そこまで試した事が無いので・・・。)

一応メーカーの推奨する耐荷重ですと、503は若干足らないかもしれません。
あの記事くらいのカメラなら余裕なんですけど・・・。
※ちなみにあのカメラ、tks_nakaさんのKissDNですw

ちょっと明日、撮影にはいけませんが実装して確認してみます。
Commented by saito at 2008-02-24 23:46 x
こんばんは、いや~素晴らしいですよ、凄いです。
しかも500mmに×1.4ですか、ゴーヨンの写りはテレコン噛ましても流石の写りですね。
でもあの万博に2度行って2度とも会われるなんて凄いですね、私もチンケナ300mmF4持って探してみたくなりました。
どのお写真も感激しました~
Commented by ゼク at 2008-02-25 00:03 x
wisteria_aprさん、早速ありがとうございます。
503は耐重8Kgみたいですので1D3+ゴーヨンで5Kg強だからどうかと思いまして。今日撮ってみてやはりSLIKの自由雲台ではグラついて飛んでる瞬間を捕らえられませんでした。カワセミの留まっているものは一脚でも十分OKですがホバリング&獲物捕獲は雲台がしっかりした三脚が必要だと思いました。503の上に516や519があるようですが高価になりますので・・・・・・・。やはり雲台って大事ですね!
Commented by ゼク at 2008-02-25 00:12 x
saitoさん、ゴーヨン+1.4×でもピントさえ気をつければほとんど劣化がないような気がします。ジャスピンになるように常に気を張ってないとダメですが。AFスピードが落ちるのとF5.6になるのがやや痛いです。
でもやはりゴーヨンはいいです。最後の魚を食べている写真も日陰でもクッキリですから!
それと、万博のカワセミですが1時間もいれば1回は遭遇出来ると思います。一番近いところに留まった場合はサンヨンで十分狙えます。
逆に手持ち可能なサンヨンの方がトビモノできるかもしれません。
ゴーヨンは手持ち可能といいますがカワセミに限って言えばホバリングは無理と思います。なにしろ飛び立つまで5分かかる時もありますので、そんなに持続して持ち続けるのは無理と思います。
もし良かったら行ってみて下さい。
Commented by kotodaddy at 2008-02-25 07:51
うわ、やりましたね、ゼクさん。素晴らしいですよ。
うるさくなりがちな雑木の背景もキレイにボケてくれて、カワセミがくっきり
浮かび上がっているじゃないですか。捉えた瞬間の満足度は如何ほど
なんでしょう。ウチの近くにも狙える場所ないものかなぁ・・。
Commented by ゼク at 2008-02-25 09:12 x
ついにやりました!しかし500枚撮ってトビモノは数枚がかろうじてピンボケで捕らえれたというところです。カワセミ君をなめたらあきません!
20m以上離れたところからあんなに小さいカワセミ君を狙うのは非常に難しいです。次回は雲台を手に入れて再チャレンジです。
ところで怪しいSDHC4GBを今回使いましたが、全く問題なかったです。
連写も開放近くを使っていたので秒間8コマは出ていたと思います。
それで3秒ほど24コマくらい撮りましたが(JPEG-Lですが)問題ないレベルでした。データーの乱れもなしです。結論的に、人生の大事な行事(お子さんの卒業式、運動会、お知り合いの結婚式等)以外はOKではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード