無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
iPhone5S Lightningケーブル
iPhone5Sになって(実際はiPhone5からであるが)充電&データー通信用の
ケーブルが以前の30ピン端子から裏表関係ナシの8ピンのLightningに変わった。

c0145198_20281784.jpg



今まで使っていた30ピンのものは使えなくなる。
家での充電用もそうだし、車でのシガー用電源もそうだ。

そこで、なんとか旧タイプを使えるように工夫しようとする。

もともとUSBと30ピンで充電もデーター通信も出来るのであれば、新型のLightningケーブルも
USBとなんら変わらないものであると考える。
結局、USBからMiniUSB、さらにはMicroUSBからLightningに変換しようとも充電も通信も可能だ。
c0145198_20321010.jpg
c0145198_20315948.jpg



あまり継ぎ足して行くのはよくないが、MiniUSBをMicroUSBに変換し、それをLightningに変換する
アダプターを購入し使おうと思っている。

USBの規格も2.0から3.0に移行しているし、どうにか互換性があるような方法模索して欲しいものである。
by eos1d3 | 2013-12-11 20:33 | 徒然に | Comments(2)
YAMAHA L-5
長いことフォークギターを弾いていると、買うことも見ることも好きになる。
そこでギターの材質についていろいろ調べるのだが、現在一番高価とされているのは
ブラジル産のローズウッドである。ブラジリアンローズウッドと呼ばれ通称ハカランダとして
現在では最高級ギターとされている。

一般的に昔のギターは普通にハカランダが使われている。
最も有名なMartin社では1800年代からギターを作っているが、ずっとハカランダが
使われている。それは、一番簡単に手に入り、いい音がするからに他ならない。

ところが、あまりにハカランダばかりを伐採するために枯渇の道に行き着いてしまった。
それが、ちょうどMartin社では有名な1969年である。
この年を境にブラジル産ローズウッドはインド産ローズウッドに移行されて現在に繋がっている。

日本のギターメーカーも現在でハカランダを使ったギターを販売しているのは数少なく、
YAMAHAではLL86というギターが150万円以上にもなっている。



さて、表題のYAMAHA L-5と言うのは既に40年近く前のギターですが、カタログではコーラルローズと
明記されている。40年前と言うと1973年でこの頃既にハカランダは高級木材になっていたので、
日本製のギターもそれにならった。
このL-5はLシリーズの中でも一番安いモデルだったのでバック材は合板であるが、
コーラルローズと呼ばれるローズの中にハカランダが若しくはハカランダに近いローズが含まれていると
昔から勘ぐっている。


c0145198_1951921.jpg


c0145198_19594193.jpg

この同じL-5を見ると上のものはよりハカランダに近く下のはコーラズローズそのものに見える。

この上位機種のL-8はパリサンドル単板でL-10はハカランダ単板であることから、
その上位機種には成りえなかった木材の一部をラミネートにして合板にしバック板に使ったと思っている。

そう言う風に見ると、ギターも非常に楽しい。
逆に、ハカランダと書いていても、「これが本当に??」と思うものも多い。
間違いなくハカランダを使っているのは、1969年以前のMartin 21系,28系,D35,D41,45系である。
これらの木をたくさん見ることにより、どれがハカランダかそれとも他の木材かなんとなく分かる気がする。


どうでも、いいことかもしれないが趣味とはそう言うことで、たくさんのハカランダのギターをWEBで
見ながら、夜長を楽しむのも悪くはないだろう。
by eos1d3 | 2013-12-10 19:57 | 徒然に | Comments(0)
サムピック
c0145198_18493723.jpg




私の部屋にはたくさんのアコースティックギターがあるのですが、それらを弾くのに
サムピックと言うものを使用します。

c0145198_18501531.jpg



こういう形のものです。
使い方はサム=親指と名前の通り親指にはめて弦を弾きます。
c0145198_18511529.jpg


しかし、同じように見えてもサムピックにはいろいろな形状がありサイズも存在します。
僅かにフィットしないだけで思うような音が出せないばかりか、親指の血が止まり真っ青に
なったりします。そこで、買うときは実際に親指にはめて感触を確かめるのですが、
やはり家に帰って弾いてみると思っていたのと違ったりします。

今回は5つ買いました。
真ん中の大き目のやつが最も期待値が大きかったのですが、実際に弾いて見ると音が
ミュートされ死んでしまいます。
結局、一番期待してなかった左下のタカミネのものが一番キレイに音が出ました。

いつも探しているのはアーニーボールのサムピックですが、これはなかなか売っていないです。
昨日も梅田の島村楽器、石橋楽器、ナカイ楽器と行きましたがなかったです。

おそらく僕の一番長く続いている趣味なので、今後も長く付き合っていければと思います!
by eos1d3 | 2013-12-09 18:58 | 徒然に | Comments(0)
wrapsol ---ラプソル---
今日は久々に梅田ロフトに行きました。
息子がクリスマスパーティーで使う仮装グッズが欲しいと言うので
私もそれに便乗し、買い物籠に黙ってこの商品をほおりこんだ。




ようするに多重層になったフィルムを貼ることによりiPhone5Sのガラス面を保護し割れなくすると
言うものであります。

c0145198_1944968.jpg
c0145198_1944280.jpg
c0145198_1951178.jpg



実際に貼ってみると、結構貼り難い!!
フィルム自体が結構な厚みでクリアーで高い透明度とあるがどちらかと言うとギラギラしたタイプ。
ただ、衝撃吸収力はあるようで爪で軽く傷をつけても時間が経てば元に戻っている感じです。


残った気泡も24~48時間経てば消えるらしいので楽しみにしときます。



ヒカキンも応援中!
by eos1d3 | 2013-12-08 19:33 | 徒然に | Comments(0)
2013 NISMO FESTIVAL その5 KONDO Racing編
c0145198_19124255.jpg



考えてみればサーキットに通いKONDO Racingを追いかけて6年の月日が経った。
その間にSGTの表彰台は何度か撮影出来たが、いまだにFormulaの表彰台には
立ち会うことが出来ていない。

FN06型まではKONDOも2台体制で参戦しその最後の2008年は富士でJPが優勝した。
しかしながらFN09型になってからは参戦もままならず松田次生選手をもって最参戦したが
スポンサーの関係か1台しか走らせることが出来ず、上位に入ることは難しくなっている。

そんな中、KONODのエースドライバーである安田選手が昨年からFormulaのシートを獲得し
初ポイントを齎した。来年はSGTもSFも新型車両になるが、私はFormulaの表彰台を撮るまでは
頑張ってサーキットに通うとしよう!

c0145198_19191350.jpg

c0145198_19195983.jpg


c0145198_19351045.jpg
c0145198_19363944.jpg
c0145198_19382738.jpg



それでは今年最後の監督さ~~ん

かんとくさ~~ん
by eos1d3 | 2013-12-07 19:20 | 徒然に | Comments(2)
2013 NISMO FESTIVAL その4
たくさんのトークショーを堪能した後、昼食を食べて休む間もなくグリッドウォークに向いました。
グリッドウォークの待ち列は凄まじいほど多く長かった・・・。
どんだけの人が入るねん!とピットウォークとともにいつも感じます。

そんな事を考えながら目指すはKONDOのグリッドです。
グリッドウォークはその辺でうろうろしてRQを撮ってなんかいたらたちまち係員から
「グリッドウォークの時間は終わりですので速やかにコース上から退出してください」攻撃を受ける。
この案内は丁寧な言葉を使ってるようだが、実際は愛情もなにもなく、大阪弁で言うと
「もうグリッドウォークの時間は終っとんじゃっ、お前ら早よコースから出て行かんかい!!
そこのカメラぶら下げたオッサン!(←私のこと)、いつまで撮っとんねん!早よ行けや~」
と言った威圧感に満ち溢れたアナウンスをぶち込んでくるのである。

c0145198_19172657.jpg
c0145198_19181443.jpg
c0145198_1919845.jpg
c0145198_19194319.jpg


張り切ってKONDOグリッドまで行くと、監督がいない!!
今年最後にかっこいい監督の一枚をカメラに納めようと意気揚々とRQは一切撮らずに向ったが
あれっっ?監督は星野さん達と放送席からのTVに映っているではありませんか!
どうも、最後のレースの解説の為に星野監督ともどもグリッド上にはいないようだ・・・。

それにしても、この時期の富士のメインストレートは1コーナー側から見て逆光になり路面が光りきれいだ!
c0145198_1926797.jpg
c0145198_19254242.jpg



ニッサン車だけのレースもあっと言う間に終わり、グランドフィナーレを迎えました。
2014年型SGT仕様のGTRから降り立つのはワークスチームドライバーの柳田選手だ。
c0145198_19295751.jpg


最後はニスモ社長が来年の健闘を誓って無事に閉幕するのでありました!!
ちなみに右に止まっている派手なGTRは2014型GTRで先日クルム選手がニュルで市販車最速記録を
達成したばかりの実物である。確か600psまでに出力がアップしているはずだ!

c0145198_19335146.jpg


c0145198_1934364.jpg

by eos1d3 | 2013-12-06 19:34 | 徒然に | Comments(0)
2013 NISMO FESTIVAL その3
監督トークショーはいつも本当に楽しい。
日産自動車大学校のトークショーでは近藤監督も少々表情が堅かったが、
さすがに何十年と付き合いがある星野さんや亜久里さんが一緒なので
表情も柔らかく本音が聞ける。

c0145198_1923870.jpg



今年はスペシャルゲストとしてATRAの鈴木亜久里監督も参加した。
亜久里さんは、このニスフェスの数日前に惜しくも逝去された、初代ニスモ社長難波さんには
非常にお世話になったらしく、F1ドライバーを終え日本に戻ってきたときにうちに来いと声を
掛けてもらって大変感謝していると話していました。

このトークショーの毎年のネタとしては星野監督の足が短くて、足を組む事が出来ない話が恒例である。
上の写真はまさにその話で近藤監督が「星野さんは足を組むと足が滑って組めないんだよ」と言っている
ところであります。
それと、亜久里さんの来ているニッサンのレーススーツは星野さんに借りたらしく、腹回りはブカブカと
思っていたのが、着てみると自分にちょうどでショックだったと笑いをとっていました。

c0145198_1914181.jpg

c0145198_1917449.jpg


MOLAチームの大駅監督はGT500デビューから超順調にシリーズ2連勝を飾ったが、
今年は選手が入れ替わり、本山選手と関口選手の相性があまり良くなかった事など苦労した
話を暴露(笑)、勝つのがこんなに難しかったとは・・と言うと、星野監督や近藤監督、亜久里さんから、
「あんな順調な方がおかしいっっ」と突っ込みを入れられるシーンも!!

それにしてもこのトークショーは満員御礼で凄い人でした!
星野さんの、「柿元さんを見るためにこんなに見に来てくれてありがとう~」は最高でした!



c0145198_19162342.jpg




最後に、柿元総監督が、「今年は日産フサンにとっても我々関係者にとっても非常に苦労した年であった。
来年は新型車両になって心機一転、必ずシリーズチャンピオンを取ってこの場に戻ってきます」と
約束してトークショーを終えました。

c0145198_19192524.jpg

by eos1d3 | 2013-12-05 19:20 | 徒然に | Comments(0)
2013 NISMO FESTIVAL その2
c0145198_1842425.jpg


オープニングの後、パドックに向かい各イベントの確認をした。
c0145198_18434490.jpg


今回は日産大学校にイベントで監督のトークショーが11:10~と12:40~の2回ある。
しかもその間の11:50~はメインステージでGT監督トークショーもあり盛りだくさんだ。

日産自動車大学校に隣接してKONDO Racingのブースがあった。
ニスフェスに行った事がないファンの方!これが普通のレースでは見れないKONDOの
公式ブースでこの中に、CLUB KONDOで売っている逸品がたんまりと飾られているのです。
c0145198_18474619.jpg


日産自動車大学校のトークショーは珍しく立ったままのスタイルでした。
ですのでもちろん観客も立ったままで、本当に目の前に出演者が立っている感じでした。
もしも来年も同じトークショーがあるのでしたら、やはりもう少し大きめのステージを作ったほうが
いいと思いました。これは日産の取り組みなのだからもうちょっと予算が欲しいですね。
c0145198_1854283.jpg



c0145198_18543961.jpg


今回はマシンを撮る時間がなかった。
歩きながら1枚だけパチリ!

今回は13年型GTRが最後に、来年からは14年型の2Lターボになるので、
マシンも撮りたかったなぁ~~~。
by eos1d3 | 2013-12-04 18:58 | 徒然に | Comments(0)
2013 NISMO FESTIVAL その1
c0145198_19555936.jpg
c0145198_1956728.jpg



いつものようにオープニングのリハがあり、その後毎年のように始まるかと思ったら
去る11月27日逝去されたニスモ初代社長である難波さんを偲び、選手監督関係者、
そして来場の観客全員で1分間の黙祷が捧げられた。

その後、代表としてモチュールニスモドライバーの柳田選手が挨拶した。
c0145198_2012198.jpg


それにしても星野監督の楽しそうな笑顔を見るとほっちまで楽しくなります!
c0145198_203497.jpg



オープニング終了後、私も当日の行動予定を立てた。
近藤監督のトークショーが3つあった。
GT監督トークショーと日産大学校のトークショーが午前午後と1回ずつ。
そして、その後にグリッドウォークがあるので、昼食をいつ食べるかを相談し動き出した。

ニスフェスは1日しかないがあまりにスケジュールが盛りだくさん過ぎていたるところで、
何かしらやっている。全てを見ることは不可能で自分の予定をはっきりしておかないと
あっという間にエンディングになってしまう!!

それにしても、当日は素晴らしい天気だった。
2年ぶりのニスフェスでしたが、本当に良かったです!!
by eos1d3 | 2013-12-03 20:09 | 徒然に | Comments(0)
僕の戦利品
ニスモフェスではその年の各チームが使ったものや、エアロパーツやホイル等の
「部品」関係も各ブースで売りに出されており、それを楽しみにやってくるファンも多い。

朝一番の開場と同時にお目当てのブースに行き、それぞれの狙っていたものを
購入し、満円の笑みを浮かべながら、ピンポンパンのおもちゃの入った木の中から
自分の好きなおもちゃを持ってきた子供のように勝ち誇った顔で闊歩していた。

そんな中、私の戦利品をご紹介しよう!

c0145198_196138.jpg



もちろんKONOD Racingのブースに行き、お宝を購入した。
決して、「しょぼい」とは言わないでください(笑)

KONDO Racingのロゴ入りの小物入れと、5000円以上購入すると入れてもらえる
KONDO Racing特別買い物バックである。

やっぱり買い物は楽しいなぁ~~。
by eos1d3 | 2013-12-02 19:10 | 徒然に | Comments(2)